無料ブログはココログ

経済・政治・国際

2020年9月20日 (日)

我が国の天皇は、西洋的価値観でいう、王でもなければエンペラーでもありません

ーー以下「ねずブログ20/9/19」より抜粋編集

「二極化」という言葉があります。

その二極というのは、最近よく耳にするようになった米中の二極というだけでないのです。

富者と貧者の二極化
メディアと目覚めた日本人(つまり情弱と情強)の二極化
既存の権力と新たな権力を求める人々との二極化
目覚めた人と目覚めないで眠ったままの人との二極化

と、二極化の切り口が、実に多いことに気付かされます。

つまり「二極化が進んでいる」と言いつつ、実は世の中が多極化していることを、暗に認めているのです。

(現象のほとんどすべてが2進数で表現できるというのが、コンピューター(オンオフのデジタル)で現象が解析できる原理になっている)

ーー

「神によって選ばれた者だけが次元上昇する」などという話もあります。

しかし、すべての人がこの世に生を受けているのです。

ーー

人というのは「霊(たま)と肉体(しひ)を玉の緒で結合したもの」というのが、古事記の思想です。

肉体は霊の乗り物です。

人が死ぬということは、玉の緒がほどけ、肉体と霊が離れるということ、だからこれをほどける(ほとけ)、漢字では逝去(せいきょ)と言います。

「逝」というのは、分離して離れていくことで、玉の緒がほどけ肉体と霊が分離することを表現できている。

ーー

「神によって選ばれた者だけが次元上昇する」ということは、選ばれなかった者は、永遠の生命を得るのでしょうか。

ーー

世の中は多極化しています。

そしてその多極化の流れは、すべてにおいて、右か左か、上か下かといった極端な二極ではなく、すべてがその両極端に正規分布するものであると思います。

次元上昇というのは、時間や空間を自在に行き来できるようになるのではなく、多極化が認められる社会へと、世の中が変化することなのであろうと思っています。

ーー

多極化社会というのは、従来の秩序感では、なかなかわかりにくいものです。

たとえば会社組織はピラミッド(三角)型に例えられますが、昭和型の上意下達だけでは、平成世代は付いてこれなくなっています。

ひとつの価値観だけでは、現代に対応できなくなっているからです。

ーー

昭和型組織であったとしても、社の重要な意思決定は役員会の合議によっていたものと思います。

では、すべての社員が役員と同じであったとするならば、その組織はどのようなものであるでしょう。

それが高天原(たかまがはら)の組織体制です。

ーー

これは例えていえば、ボールのような球体であるといえます。

球体には、中心核があります。

これがアマテル神(あるいは天之御中主神)です。

ーー

そしてすべての社員は、中心核から当距離にあります。

球体の表面に中心点はありません。

逆に球体の表面では、どこをつまんでも、そこが中心となりえるのです。

ーー

これと同様に、すべての人が、それぞれの役割の中で、主役となって自分の人生を生きる。

別な言い方をすると、多極化であり、日本の古い言い方ですと、八百万の神々の存在です。

八百万の神々は、一柱(ひとはしら)ごとに、それぞれ異なった役割があり、その分野では、それぞれの神が第一人者です。

それぞれの神が役割を果たされることで社会が成り立っている、これを古い大和言葉で「シラス」と言います。

ーー

これまでの日本を除く世界は一極型です。

シュメールやエジプト文明から、現代に至るまでのすべての国の王朝、あるいは現代における国家の構造も、一極型です。

ですから組織(その最大単位が国ですが)は、トップに立つ人の意向で、いかようにも変化します。

ーー

とりわけ王権時代においては、王は、神から神の代理人としての権限を与えられていると考えられてきました。

王は絶対権の所有者だったからです。

王権の根拠が神から与えられたものならば、その神は唯一絶対神でなければなりません。

「いやあ、他にも神様はおいでになりますよ」などと言い出されたら、王権が崩壊してしまうのです。

ーー

だからすべての権力は、王に一極集中します。

王国のキングも、帝国のエンペラーも同じです。

このことは、実は、国民によって選ばれたとされる大統領や書記長、総理大臣であっても同じです。

政治権力には必ず頂点があり、その頂点の意向によって、国の形が変わるのです。

ーー

大統領は、その就任時に神よる大統領就任の儀式が行われます。

このことは、新しい王が戴冠するときも同じです。

大統領も国王も、等しく国最高の権力者ですが、その権力には、かならず権力を委ねる権威が必要だからです。

ーー

我が国の天皇は、西洋的価値観でいう、王でもなければエンペラーでもありません。

なぜなら天皇は国の最高権力者ではないからです。

日本では、国の権力は、国会、内閣、裁判所に三権分立していますが、それぞれの長にその権力を授けるのは、天皇のお役目です。

つまり天皇は、国家最高の権威である、ということです。

ーー

国の最高権威(天皇)のもとに、すべての民衆(これを臣民といいます)があります。

そして天皇の民(臣民)は、天皇の「おほみたから」です。

ーー

たとえば我が国の律令体制において、太政大臣は国の最高の権力者ですが、ウチの畑に何を植えるかは、ウチの家族の決定事項です。

田畑の手入れが家の男たちの役割なら、その男たちのお昼のお弁当を作って運ぶのは女たちの仕事です。

この場合、男たちに弁当の選択権はありません。

女たちが作ってくれたお弁当を、おいしくいただくだけです。

天皇の民に上下関係はなく、すべては役割分担なのです。

ーー

日本は、球体構造の国で中心に天皇を持っているのです。

臣民はすべて天皇とは等距離の球体の表面に存在している。

それを無理して、球体の表面に三角形の組織図(上下関係)を描こうとするから、わからなくなります。

ーー

私(ねず)は新しい時代の社会は球体構造をしていると考えています。

球体の表面にある臣民は、それぞれの役割を自覚し、その役割を果たします。

球体の表面に上下も左右もなく、天皇からすると等距離に位置する存在なのです。

(例えば日本の鉄道が運行できているのは労働者全てが素晴らしいからでこれは他国では真似できないのです)

ーー

このことは球体の表面に、三角形を書いてみたらわかります。

紙の上なら、それは見事な三角形だし、上が頂点です。

けれど回転する球面上では、右と書いたところが頂点になったり、左と書いたところが頂点になったりするのです。

ーー

おそらくこのことが、従来の上下関係の秩序という固定観念に縛られた頭では、多極化、あるいは(たくさんの)二極化というように見えてしまうのだと思います。

ーー

数年前から、古事記が注目されるようになりましたが、それは単に1300年祭だったからということだけでなく、実は、古事記の知恵が、新しい時代をひらく鍵となっていたからであったからだともいえます。

民衆は球体の表面に居て、その分野やポジションにおける主役です。

これが八百万の神々という思想です。

ーー

ひとりひとりが神であるということは、すべての人が輝くということです。

どうすれば輝くことができるのかといえば、答えは簡単です。

それぞれの人が、いまいるポジションで、周囲の人たちと力を合わせて働く(はた(隣人)を楽にする)ことです。

これを「中今(なかいま)に生きる」と言います。

日本の神道の根幹にある考え方です。

ーー

神道は「言挙(ことあ)げせず」と言いますが、それは神道が、神官が偉いという思考を持たないからです。

誰もがかがやくべき存在なのだという、球体構造の考え方が根幹にあるからです。

これが日本精神です。

ーー

その日本精神のことを、戦前は国民精神と呼びました。

いまの時代なら「アイデンティティ」です。

世界の社会はこれからおそらく日本のような球体社会へと向かうはずです。

ーー

けれどそのためには、中心となる核が要ります。

人々がそれに気づくまで、世界は様々な二極化があるとする錯覚が広がり続けます。

そして世界の人々が、球体社会の原理を理解するようになったとき、人類は新しい時代を迎えるはず。

それが、いわゆる次元上昇であろうと思います。

つまり次元上昇に最も近い位置にあるのは、私達日本人です。

ーー

次元上昇したいのなら、何もむつかしいことはありません。

日本人であることを自覚し、天皇の御存在ゆえに、我々は皆、平等で、それぞれが与えられた役割を果たして自己実現できる。

このありがたさを、みずからの魂で感じ取る、それだけで、自分を取り巻く世間(社会)が変わります。

2020年9月19日 (土)

早期の解散総選挙は、反日マスゴミに負けずに国民のための仕事ができる党勢を得るための、まれにみる好機である

ーー以下ttensanブログ20/9/17より抜粋編集

菅義偉閣僚人事で注目すべきは総務の武田良太と行革担当の河野太郎です。

菅総理はかつて、総務大臣としてテレビでデマ等を流したときの処罰等の法整備を、マスゴミ族議員やその仲間に阻止され大臣を追われた過去があります。

第三者によるチェック機関を作らせないために、マスゴミは、共同出資のBPOという「自分たちの言いなりになる」団体を作りました。

つまり既成言論メディアは、マスゴミのままで誰からも批判されない第4の権力として存在し続けることにしたわけです。

ーー

それに対して、国民は「NHKから国民を守る党」や「テレビ改革党」に投票することで、マスゴミ批判を強めています。

ーー

安倍前総理はマスゴミ対策よりも防衛庁を防衛省にし、陸海空自衛隊の統合幕僚長を設けるなど、直球で安全保障問題への取り組みを最優先にしました。

しかし菅総理は河野太郎氏を行革大臣にすることで、マスゴミが支配する電波行政を中心にした行革を最優先にする姿勢をはっきりさせたと言っていいでしょう。

是非とも電波自由化などのマスゴミ改革を進めてもらいたいと思います。

ーー

官房長官として安倍総理をずっと近くで見てきて自分だったらどこに重点を置いてどこの問題を優先課題とするかと菅義偉カラーの出ている組閣人事だと思います。

ーー

さっそく、今日未明になった会見で河野大臣がちくっと刺していましたので以下。

ーー2020/9/17 アベマタイムスより引用

【河野行革相、深夜の閣僚リレー会見に苦言】

河野太郎行政改革担当大臣は17日未明の会見で、「前回に担当大臣をした時は無駄を削ぎ落とす行政改革だったが、今回は国民から見ても価値を創造する規制改革をやらなければならないと思う」「霞が関の人材の問題、ブラックなところを是正しないと、良い人材が集まらず、逃げていってしまうことを心配している」と話した。

また、自身の会見の開始時間が延びていたことについてTwitterで「とうとう50分遅れ」と発信していた河野大臣は、「この記者会見も大臣が各省に散ってやっていれば、今頃みんな終わって寝ているはずだ」と述べ、

「ここで延々やっているのは前例主義、既得権益、権威主義の最たるもの」「こんなもの、さっさとやめたらいい。ぜひご協力をいただきたいし、これを皮切りにやっていきたい。SNSでも発信していきたい」と述べた。

ーー引用ここまで

この記事では詳しく書かれていませんが、各大臣の会見を一斉にそれぞれの省庁で行おうとせず、記者クラブが指定した部屋で一人ずつ順番に行うのでこのようになっています。

大臣が会見
 ↓
担当の記者クラブのメンバーが順番に質問をしていく
 ↓
会見終了、大臣が退室
 ↓
記者クラブ側もメンバーを次の大臣の担当記者に総入れ替え
 ↓
入れ替えて準備ができ次第大臣入室、会見開始
 ↓
会見終了、大臣が退室(以下、繰り返し)

マジでこんなアホで効率の悪い話なんてないですよ。

ーー

でも記者クラブ側はこれで今までもやってきたので変える気は無かったようです。

深夜1時過ぎになっていた河野太郎も2時前くらいの会見になっていた平沢勝栄も眠そうでした。

河野太郎大臣の言うとおり各省庁に散って一斉にやっていればさくっと終わっていた話でしょう。

ーー

記者クラブが仕切る旧来のやり方そのものをもうやめるべきだと思います。

ーー

そういえば昨日、台湾経由の中国の工作員こと旧姓村田蓮舫がなんかまた余計なことを言っていたようで・・・。

ーー2020/9/16 スポーツ報知より抜粋引用

【蓮舫氏、菅政権スタート初日にチクリ】

立憲民主党の蓮舫参院議員(52)が16日、自身のツイッターを更新。この日スタートしたばかりの菅政権をいきなり舌鋒鋭く批判した。

この日午後、首相指名のための臨時国会開会早々、「衆議院本会議が始まります。この後、13時40分頃に参議院本会議」とリポートした蓮舫氏。

「たった3日間。首班指名選挙、総理を選ぶだけの臨時国会です。所信表明演説も大臣所信も予算委員会も行わないというのが、安倍政権を継いだ新総理の意思です」とつづると、「その意思にも、会期の短さにも反対です」と、菅義偉新首相(71)を就任早々、批判していた。

ーー引用ここまで

「首班指名選挙、組閣」そのためだけの国会なので議院運営委員会で与野党が合意して3日間としたものでした。

ところが開会直前になって立民がゴネはじめたものの与野党協議の結果やっぱり3日という事になったのです。

ところが旧姓村田蓮舫はマスゴミがそういう事を報じないのをいいことにこのような批判をしたのです。

ま、旧姓村田蓮舫なら調べもしないで批判のための批判をしているだけなのでしょう。

ーー

ブログ主としては早期に解散、総選挙突入が理想のシナリオだと思っています。

寒くなりふたたび武漢伝染病がぶり返しはじめる可能性も考えれば、早いうちに解散をして米国の次の政権に確実に対応できるように体制を整えておくべきだと考えているのです。

ーー

反日マスゴミはまた「この解散には大義がない」と批判することでしょう。

現在の日本国民の大義は、自由・法治・民衆政治を守ることであると考えています。

その大義を守るためには、米国側について米中冷戦に勝つことが求められる。

ーー

「俺達に都合が悪いからこの解散には大義が無い」というマスゴミには、利己心しかなく、それこそ大義などないのです。

それに野党が政権を取るためには、この日本国では総選挙を経るしかない。

つまり野党の立場は、もし政権与党になることをめざしているのなら、いついかなるときに解散されても、政権交代のための準備ができているというものでしょう。

ーー

「来た!総選挙来た!これで勝てる!」

くらいの姿勢でなきゃお話になりませんが、政権批判しかできない野党にはその気構えどころか、総選挙に備えた体制作りすら全くできていないのではないでしょうか。

つまり与党にとって早期の解散総選挙は、反日マスゴミに負けずに国民のための仕事ができる党勢を得るための、例えば嘘つきマスゴミに鉄槌を下す、まれにみる好機であると言えるのです。

2020年9月18日 (金)

消費税に反対している奴らの正体はこれか

ーー以下「正しい歴史認識ブログ20/9/17」より抜粋編集

ーー9/16(水) 17:49配信、産経新聞

当選8回で初入閣の平沢氏「今まで空振りしたが…」

16日夕に発足する菅義偉内閣で復興相として初入閣が決まった平沢勝栄元内閣府副大臣は同日午後、首相官邸で記者団に「今まで随分空振りした。いろいろな思いはあるが、こうして入閣させていただいてありがたい」と語った。平沢氏は当選8回。入閣適齢期は当選6回とされる中で、平沢氏はこれまで、たびたび入閣候補に名前が挙がっていた。

平沢氏のもとには入閣が報じられた15日夜からお祝いの連絡が相次いだという。平沢氏は「特に地元で私を支援してくださった方々で、涙を流して喜んでくれた方が大勢おられた。そういった方々のご恩の気持ちを忘れないで、しっかり頑張っていかなければいけないと思う」と述べた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c22d45ad4a4befce22cac5955e209ff17e96b0f3

ーー引用ここまで

平沢勝栄が当選8回しても入閣できなかったのは、公明党(創価学会)から非常に嫌われていたためだ!

平成8年(1996年)、自民党公認の平沢勝栄は総選挙で東京17区から出馬して初当選した。

激しく当選を争った相手は、当時の新進党(旧公明党系)の山口那津男だった!

次の平成12年(2000年)の総選挙では、同じ東京17区から、共に与党となった自民党の平沢勝栄と公明党の山口那津男が「与党対決」をして、再び平沢勝栄が勝った!

ーー

平成14年(2002年)、平沢勝栄は、著書「日本よ国家たれ」で、創価学会(公明党)をぼろ糞批判した!

ーー「日本よ国家たれ」平沢勝栄著 2002.9.1より引用

私自身も、2度の選挙の際に不当ないやがらせを受けた。対立候補が公明党だったため、誹謗・中傷のビラを選挙区内の全戸に何度となくまかれた。聖教新聞のコラムには「葛飾の友よ、悪魔との戦い、断固戦え、勝て、勝つことが正義だ」とまで書かれた。

宗教団体なのに「悪魔」「正義」などと感情をからめた言葉を使って選挙で信者を煽動する。いかにエキセントリック(普通でない)な面を持つ特異な宗教であるかは疑問の余地がない。

ーー引用ここまで

これらからわかるように平沢勝栄は、公明党代表の山口那津男に憎み恨まれてきたのだ!

『日本よ国家たれ』には、創価学会員が警視庁にも深く潜入している証拠として、さらに以下のようなくだりがある。

「私が警視庁防犯部長だったとき創価学会絡みの事件を扱ったが、捜査の中身が相手方に筒抜けになったのでびっくりした」

ーー

さて「パチ屋から税金とってない」は有名な在日特権の1つだが、知らない日本人が多いことに驚く!

平沢勝栄議員は著書「警察官僚が見た『日本の警察』」でその辺の事情を以下のように記している。

ーー「警察官僚が見た『日本の警察』」より

家族や親類を北朝鮮に残して日本に来たものにとって「祖国に送金しろ」という命令には逆らえない。身内を人質に取られているようなものだからだ。パチンコ業者の中には、かつて一人で数十億円も寄付した者までいた。昔は、1億円以上寄付したものには全員勲章が与えられ、名前が北朝鮮関係の雑誌に出た。祖国に貢献した人々として、パチンコ業者の名がズラーッと雑誌のページに並んでいたのである。

北朝鮮系のパチンコ店に対しては、国税の取り立ても甘かった。かつて国税局が北朝鮮系のパチンコ店に査察で入ったとき、朝鮮総連がその国税局に、デモ隊を組織して批判のシュプレヒコールをあげたことがあった。この一件で、国税局はすっかり怖じ気付いてしまったからだ。

そして、北朝鮮系の店舗の税金問題は、必ず朝鮮総連系の在日朝鮮人商工連合会に相談するという約束まで交わしてしまったのことである。

北朝鮮の組織としては「北朝鮮系のパチンコ店は、我々のおかげでいくらでも金がごまかせるようになったじゃないか。そのごまかした金を我々に送ればいいだろう」という論法で、パチンコ業者に催促していると聞いた。

http://blogos.com/article/324400/

ーー引用ここまで

宇佐美典也氏が上記のBLOGOSで引用した平沢勝栄議員の著書「警察官僚が見た『日本の警察』」は1999年に出された本であり、私などは「何を今さら?!」と思った。

ところが、私は5ちゃんねるのスレッドの書き込みを見て驚いた!

日本国民の多くが「国税庁はパチンコ屋(在日朝鮮商工人・在日韓国商工人)から税金をとっていない」、「在日朝鮮人や在日韓国人は日本で法人税を支払っていない」という有名な在日特権の事実を知らないのだ!

ーー

http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1536724901/
「国税庁はパチンコ屋から税金をとっていない」 平沢勝栄が暴露 

4、名無しさん@涙目です。(茸) [US]2018/09/12(水) 13:02:27.86ID:jRH/ZXAw0>>797

消されるぞ

6、名無しさん@涙目です。(茸) [ニダ]2018/09/12(水) 13:02:42.08ID:/Ly0rrcK0

>>1
マジかよ

11、名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [DE]2018/09/12(水) 13:03:57.65ID:rqDOaScT0>>630

やっぱりパチカスは北朝鮮の協力者か

16、名無しさん@涙目です。(茸) [US]2018/09/12(水) 13:04:45.57ID:I/DS84x90

払ってないのかよ

ーー

38、名無しさん@涙目です。(兵庫県) [GB]2018/09/12(水) 13:14:39.81ID:inGPcgJu0

>>1
まさかの国税庁が国民に対して背信行為してたとか・・
税金払い損感半端ないなぁぁぁ・・
消費税に反対している奴らの正体はこれか

ーー

在日のいわゆる「脱税特権」は、「特別永住資格」(犯罪者も国外追放無しなど)や「通名特権」などと並ぶ代表的な「在日特権」の1つである。

私は、これほど多くの日本国民が今もなお当該「在日特権」について知らなかったことに驚き、ショックを受けた。

そこで、念のため、改めて在日の「脱税特権」についてのマトメを掲載しておく。

ーー【在日コリアンの脱税特権】

在日朝鮮人と在日韓国人の商工人(会社経営者や自営業者)は、税務署に確定申告をしていない!

これは、嘘のような本当の話だ!

私も国税局職員の友人に確認した紛れもない事実(現実)だ!

では、在日朝鮮商工人たちは、どうしているのか?!

在日朝鮮商工人たちは、税務署に確定申告をせず、在日朝鮮商工会に申告しているのだ!

ーー

その際に、在日朝鮮商工人たちは、朝鮮総連への寄付や、不当な接待費(買収費用や賄賂費用を含む)や、旅行や高級車などにかかったカネを「必要経費」として申告する。

すると、在日朝鮮商工会の税理士は、在日朝鮮商工人たちの朝鮮総連への寄付、不当な接待費(買収費用や賄賂費用を含む)、旅行や高級車などに費やしたカネをアッサリと「必要経費」として認めてしまう。

「朝鮮総連への寄付」や「不当な接待費」などは、日本人の商売人では絶対に認められない「必要経費」だ。

その結果、在日朝鮮商工人たちは、法人税を殆ど払っていない。

ーー

在日朝鮮商工人が、何か他に余ほど悪い事をして、調査されない限り、そのような脱税行為は発覚しないことになっている。

ーー

不当な接待費(買収費用や賄賂費用を含む)などが「必要経費」として認められて法人税を払わずに済む在日朝鮮人の企業と、日本人の企業が商売で競争したら、間違いなく在日朝鮮人の企業が勝つ!

【在日朝鮮商工人は、在日朝鮮商工会が在日朝鮮商工人の確定申告を取りまとめて行い、在日朝鮮商工人たちの使ったカネを何でもかんでも必要経費として認める】

このいわば『脱税特権』は、1976年(昭和51年)、社会党の立会いのもとで、国税庁が在日朝鮮人商工連合会と交わした驚くべき合意によって可能となっている。

ーー

当該『脱税特権』に関する資料は次のとおり。

ーー

1991年2月に朝鮮総連が発行した朝鮮語冊子「朝鮮総聯」の中に以下のように記されている。

「総聯は日本当局の不当な税務攻勢を是正させ、税金問題を公正に解決するためにねばり強く闘争した。この努力の結果として、1976年に在日朝鮮人商工連合会と日本国税庁の間で税金問題解決に関する5項目の<合意>が成立した。その基本内容は、在日朝鮮商工人の税金問題はすべて朝鮮商工会と日本税務当局との合意によって公正に処理するというものである」

ーー以下『日本外交はなぜ朝鮮半島に弱いのか』佐藤勝巳著より引用

1967年(昭和42年)、東京在住の総連商工人、具次龍氏の脱税容疑で、国税当局は氏の取引先である朝銀の前身、同和信用組合に資料の提出をもとめた。

同和信組はこれを拒否した。国税局は強制捜査をおこなうことにした。ところが同和信組はシャッターをおろし捜査を実力で阻止した。国税局は機動隊をともなって、バーナーでシャッターを焼き切り、強制捜査を実施した。

これを契機に総連は、全国の総連系在日朝鮮人多住地域の税務署に「抗議行動」をかけた。各地の税務署で業務妨害が発生した。このとき日本政府は、国家公務員たる税務署員にたいする公務執行妨害でこれを取り締まろうとしなかった。

国税局と具次龍氏との脱税に関する和解は1976年(昭和51年)に成立した。その後、国税庁と朝鮮商工会との税金に関する「合意」なるものが交わされた。

この具次龍氏の事件以来、総連は気に入らないことが起きると行政官庁やマスメディアなどに「抗議」という名の「暴力」を公然とふるうようになった。

私は1967年の「抗議行動」を、第2次世界大戦後、日本が総連の暴力に屈した恥ずべき日と記録している。

ーー引用ここまで

2020年9月17日 (木)

中国の経済危機の根本原因は、この腐敗した政治体制にある

ーー以下「大紀元時報20/9/15」より抜粋編集

米国に亡命した李伝良氏が大紀元時報の取材に答えた。

記者「地方の民営企業の実情をお話しください」

李「中国東北部の各レベルの地方政府が職員の給料を支払えず、財政破綻に近い状況にあり、地方の民営経済はほぼ壊滅している」

(彼は、中国黒龍江省鶏西市の元副市長であった)

ーー

記者「しかし北京共産党政府は、巨大経済圏構想「一帯一路」政策などを通じて、国内外に中国経済が繁栄していると吹聴しているが」

李「北京共産党政府は深刻な景気悪化、地方民営企業の倒産ラッシュ、人々が安心して暮らすことができない現状を隠している」

「一部の地方政府は公務員への給料支払いや、貧困層への救済金給付を延滞している」

「解雇された労働者は、最低限の生活を維持する給料さえももらえない状況だ」

ーー

記者「中国の重要な工業地帯だった東北部が長年、経済不振にあえいでいるが、その理由について聞きたい」

李「地方政府から中央政府までの根強い腐敗が経済不振の原因だ」

「政府の腐敗によって、民営経済が発展できず、むしろ今は破滅的な状況になっている」

「地方政府のトップが民間企業の経営者に賄賂を強要した場合、経営者が贈賄を拒否すれば、濡れ衣を着せられて拘束されてしまう」

「すると経営ができなくなるため、拘束されないために、民間企業の経営者らは次々と賄賂を渡している」

ーー

「例えば、黒龍江省伊春市の著名な実業家、馮永明氏がそうだ」

「政府は2008年、汚職の容疑で馮氏と兄弟2人を拘束し起訴した」

「2011年、伊春市中級人民法院(地裁)は馮氏に対して、執行猶予付きの死刑判決を、また、兄弟2人に対して無期懲役をそれぞれ言い渡した」

「さらに、3人は政治的権利を終身はく奪され、すべての個人財産も没収された」

ーー

「馮一族は地元で「光明家具」という家具会社を経営しており、地元に1万人以上の雇用機会を提供し、政府には毎年巨額の法人税を納付していた」

「しかし、当時、伊春市トップである市党委員会書記の許兆君氏(のちに同省鶏西市党委員会書記に就任)は、馮氏らの財産を自分の所有にするため、不法経営や脱税という罪名で馮氏らを拘束した」

「馮氏らが有罪判決を言い渡された後、光明家具の資産はすべて競売にかけられ、許兆君氏の知り合いの実業家が落札した」

「馮永明氏らが遭遇したことは、中国の企業家がたどる末路の典型例だ」

ーー

「このような腐敗が蔓延する環境で、民営企業はほとんど消滅した」

「経営者らはビジネスをしたくても、いつか当局の取り締まりの対象になると常に不安を持っているからだ」

「つまり、中国の経済危機の根本原因は、この腐敗した政治体制にある」

ーー

「また地方政府による経済データの水増しも地方経済の悪化を招いた一因となっている」

「すべての経済データはうそだ」

「実績を上げようとする役人らは、必要性や地方の財政状況を考えずに、見せかけの工業区や特別開発区を建設してきた」

「現実にそれらの大半はゴーストタウンになってる」

ーー

「しかも、この状況を指摘し、監督管理しようとする人がいない」

「中央政府から地方政府まで、すべての幹部が利益でつながっているため、不正行為について、他の幹部は見て見ぬふりをしているのが実情だ」

ーー

記者「李氏は長年鶏西市財務局で勤務して、鶏西市の財務状況をご存じのはず、その実情はどうだったのか」

李「東北部の各地方政府の財政資料に目を通したことがある」

「財政資料によると、すべての県レベルの地方政府は、30億~40億元(約465億~620億円)規模の負債を抱えていた」

「地方政府は古い債務を返済するために、新しい借り入れをするという悪循環に陥っている」

「結局地方政府負債は、全部不良債権になっている」

ーー

「市レベルの地方政府は、少ないところで100億元(約1549億円)ほど、多いところは300億~400億元(約4647億~6196億円)の債務を抱えている」

「負債規模が1000億元(約1兆5490億円)を上回る市政府もある」

「地方政府の深刻な負債問題に関して、国民には何も知らされていない」

ーー

記者「李克強首相は景気悪化の対策として露店経済を提唱したが、それについてはどう考えるか」

李「露店経済を通して現在の失業、賄賂など一部の問題は解決されるが、長期的な打開策ではない」

「欧米各国が中国を世界経済から分離しようとして、その動きを加速している今、中国独自の技術革新や資金調達などの問題が解決されなければ、経済は良くならない」

ーー

李伝良氏が鶏西市の副市長だった当時、前述の許兆君氏の汚職行為を上層部に告発した。

李氏の試算では、許氏が収賄・横領した金額は数十億元規模にのぼる。

しかし、当局が許氏を摘発し調査した際、汚職金額は「数千万元」にとどまり、許氏への処分は軽かった。

黒龍江省元トップの王憲魁氏と賈慶林・元中央政治局常務委員が、許兆君氏の後ろ盾となり、同氏をかばっていたのだった。

「許氏が汚職で摘発処分されても、地元には許氏と利害を同じくする勢力が残り続ける、つまり汚職構造は変わらないということになる」

(記者・徐綉恵、翻訳編集・張哲+縦椅子)

2020年9月16日 (水)

普通の日本人に完璧に否定されるようでは、たいしたことないな

ーー以下「片隅速報20/9/15」より抜粋編集

1: 蚯蚓φ ★ 2020/09/15(火) 13:23:24.24 ID:CAP_USER

百済東城王の死で王位に上がった武寧王は蓋鹵王の息子であり昆支王(困支)の養子だ。462年、倭地にある奈良百済に行く途上にある各羅島で生まれ、名前は隆だ。生まれた後も続けて奈良百済で成長したので日本語でシマ(島)またはサマと呼ばれた。それで彼を斯麻王とも言う。

これは倭地にもう一つの百済があったことが分る部分だ。それが奈良百済だ。奈良百済は近肖古王(クンチョゴワン)の時に建国されたが当時、近肖古王は大陸百済、韓半島百済、倭地の奈良百済の三地域を統治した大帝国の皇帝であった。

大陸と韓半島は距離が近いが倭地は大陸から遠く、当時は海上交通が発達していない時代で倭の奈良百済を自治的に統治する王を置いたが、これを天皇と呼び総督の様なものだった。サマは生まれるとすぐに生母とともに大陸百済に戻ったが、政治的状況が非常に不安で奈良百済にある昆支に再び送られた。

ーー

このように百済王室が王子を勝手に倭地の奈良百済に送ったり連れてきたりしたのは、奈良百済が百済が支配する領土だったからだ。百済は王子だけでなく、百済の文物を倭の奈良百済に伝達するために百済住民を大挙移住させた。403年(応神14年) 2月、百済の縫衣工女が奈良百済に渡り、これが日本列島で衣縫の元祖だ。

工女が一人で行ったわけではなく大移住集団の一員として行ったが、移住集団は日本列島全域120余りの県に散って暮らしながら百済の文物を伝播した。

当時、倭は衣服もない新天地島で、このような先進文化を持つ百済の大民族集団が移住した事実はすなわち百済が日本列島を開拓し、さらには日本列島全域を建設したことを立証する。

ーー

文字もなく衣服もない原始生活をする原住民世界に文字や各種の技術、馬など高度な先進文化を持つ百済の大移住集団が日本列島に上陸したとすれば、当然この集団から統治者である王や天皇が出なければならない。史録によれば、倭の奈良百済・応神天皇も百済住民大移住集団から出た天皇であり、同時に奈良百済初の天皇だった。

475年、高句麗の攻撃で百済の都城が崩れ蓋鹵王が捕えられて死ぬ時、彼の王子はみな死んだがサマ(島)は倭の奈良百済にいたので死をまぬがれて王位に上がることができた。

ーー(中略:半島百済の歴史)

倭地の奈良百済も小王国と戦って領土を拡張しながら日本国建設の土台を用意していった。この時、奈良百済の領域は四国島と向かい合う本州の凸のように出ている奈良県が中心だった。

このような記録を見れば日本の文物は百済が伝播したことは明らかに見える。

クォン・ウサン命理学者・歴史小説家

釜山経済新聞(韓国語)
http://www.bseconomy.com/news/view.php?idx=36358

ーー抜粋引用ここまで

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1600143804/

2chの反応

5: 神酒@酔っ払い ◆GRtMqdcAzGQG 2020/09/15(火) 13:24:42.69 ID:m/kGG4Gl

李氏朝鮮て、世界の最貧国だったよね

8: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/09/15(火) 13:25:38.24 ID:9piYxuG8

世界の認識は、百済は唐・新羅連合軍によって滅ぼされた、つまり今の下朝鮮は当時の百済とは何の関係もない

ーー

15: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/09/15(火) 13:27:38.58 ID:cCz342x1

それならなんで日本人は、記録にある1300年前から朝鮮語使ってないんだ?

23: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/09/15(火) 13:29:46.82 ID:wH+VwnYM

小説家って、妄想を書くじゃん、でも過去の証拠となる記録を何も提示できなければ単なる妄想語りとして馬鹿にされるだけだよな

25: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/09/15(火) 13:30:00.10 ID:2wrzdDhH

妄想小説が面白いことは認めるが、他国の歴史を改竄するのはルール違反、しかも普通の日本人に完璧に否定されるようでは、たいしたことないな。

ーー

36: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/09/15(火) 13:31:05.21 ID:hdVyYXsr

>文字も衣服もない

お前らの歴史書「三国史記」ができたのは1145年だろ、今じゃ漢文で書かれているから読めないだろうけど。

衣服?縄文人は3万年も前から冬にも凍死せずに東北地方に住んでいたけど、もちろん縄文人と呼ばれているように衣服を身につけていたよ🎵

いまでは縄文時代は世界屈指の豊かな文化として知られるようになってんのになw

12世紀になってようやく自分たちの歴史書が出来た劣等民族に言われたくないわ

46: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/09/15(火) 13:32:27.18 ID:61w5/9ss

>>36
中学生の時、世界史でそれ知って衝撃受けた、鎌倉時代まで半島には「歴史書」なかったのって。

ーー

41: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/09/15(火) 13:31:43.79 ID:0q2e0gj9

奈良百済w

43: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/09/15(火) 13:32:00.07 ID:6n4jlXaM

また妄想歴史w日本の属国だった百済が何だって?

45: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/09/15(火) 13:32:21.03 ID:kKS8r8v7

日帝に併合される前の世界最貧国の暮らしも直視できないで小説がよく書けるな、そうか妄想を書いているのか

2020年9月15日 (火)

「この発言はよくない!」などと、この連中は何様のつもりでしょうか? 

ーー以下「中杉弘ブログ20/9/14」より抜粋編集

佐々木千夏区議会議員に左翼議員が手紙を持ってきました。

「議会を利用したヘイトスピーチや歴史を歪曲する発言をやめるように求めます」と。

ーー

この手紙を出したのは、「杉並区議会議員 太田哲二、川野たかあき、山本あけみ、ひわき岳、関口健太郎、山田耕平、くすやま美紀、金子けんたろう、富田たく、酒井まさえ、野垣あきこ、新城せつこ、けしば誠一、そね文子、奥田雅子、松尾ゆり、奥山たえこ、ほらぐちともこ」です。

連名で佐々木千夏議員に対して手紙を持ってきたのです。

ーー引用開始

2020年9月9日 杉並区議会議員 佐々木千夏様

議会を利用したヘイトスピーチや歴史を歪曲する発言をやめるよう求めます

貴職は、杉並区議会第二回定例会一般質問において、「教科書問題」として質問を通告をしながら、実際には教科書に関わる質問ではなく、昨年に続く歪曲した歴史を語り、それを区立学校で教えるよう求める主張を続けました。

具体的には、冒頭で「日本社会の病根の原因は、誤った歴史的事実を教える戦後教育の誤りにある」と断定し、「日本は侵略戦争をしていない」「従軍慰安婦はなかった」「創氏改名は強制していない」「『日韓併合』は、韓国側が求めてきた対等合弁」などと、歴史の事実を捻じ曲げた主張を繰り返したことです。

議長から「質問をしてください」と何度も制止なされながらも、それに従わず最後までその姿勢に終始したことは看過できません。

ーー

杉並区には、朝鮮半島に生まれて植民地時代に日本で暮らすことになった方たちが、戦後間もなく阿佐谷に朝鮮第九初級学校を創立しました。

その後二世、三世、四世の子どもたちが75年にわたり朝鮮の言葉や歴史を学び、杉並第一小学校の児童や保護者をはじめ地域の方々との交流を深め、信頼関係を育んできました。

また杉並区は韓国ソウル特別市瑞草(そっちょ)区と友好関係築き上げ、職員の派遣や議員間の交流を行ってきました。

この取り組みは、国と国との軋轢があるなかで、歴史を教訓に地域から理解と和解をすすめ、平和友好をはかるためのものです。

ーー

このような背景を持つ杉並において、区議会という公的な場で、昨年の第3回定例会の一般質問で貴職が行った発言が、ヘイトスピーチとして議会内外からの厳しい批判にさらされたのは当然と言えます。

議事録からの削除を貴職ご自身も認めざるを得ませんでした。

それにもかかわらず、今年第2回定例会で質問に名を借りて、日朝・日韓の友好関係を踏みにじる発言を繰り返したことは、許容できません。

ーー

杉並区議会に在籍するものとして、国の「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」いわゆるヘイトスピーチ解消法や東京都の「オリンピック憲章にうたわれる人権尊重の理念の実現を目指す条例」に鑑み、意図的な歴史歪曲や人種差別偏見に基づいたヘイトスピーチを、公的な場でこれ以上繰り返さないよう強く求めます。

杉並区議会議員

太田哲二、川野たかあき、山本あけみ、ひわき岳、関口健太郎、山田耕平、くすやま美紀、金子けんたろう、富田たく、酒井まさえ、野垣あきこ、新城せつこ、けしば誠一、そね文子、奥田雅子、松尾ゆり、奥山たえこ、ほらぐちともこ

ーー引用ここまで

まず、言論テロの定義は、人の発言を制止しようとすることです。

議会で何を発言しようと自由です。

人の自由の発言を制止しようとすることは、テロリズム以外のなにものでもありません。

ーー

「この発言はよくない!」などと、この連中は何様のつもりでしょうか? 

左翼の左巻きの連中は、おごり高ぶっているのです。

「これはヘイトスピーチだ!」と言っているのですが、佐々木議員の発言のどこがヘイトスピーチなのでしょうか?

ーー

まず第一に「貴方は朝鮮人ですか?」と言ったならば、これはヘイトスピーチなのでしょうか? 

ーー

「貴方はアメリカ人ですね」と言ったら、ヘイトスピーチなのでしょうか? 

「貴方はドイツ人なのか?」と言ったら、これもヘイトスピーチなのでしょうか?

「貴方はフランス人なのか?」と言ったら、ヘイトスピーチなのでしょうか?

「君は中国人なのか?」と聞いたら、ヘイトスピーチなのでしょうか? 

違うでしょう、ヘイトスピーチにもなりません。

ーー

何故、「朝鮮人なのか?」と言っただけでヘイトスピーチなのでしょうか? 

この理由を考えたことがあるのでしょうか? 

「朝鮮人だ」ということがヘイトスピーチのわけがありません。

ーー

朝鮮人だけが「ヘイトスピーチだ!」と思うのは、「朝鮮人」と言われることを嫌っているのです。

何故、「朝鮮人だ」と言われることを嫌うのか?

答えは、朝鮮人は日本国民であったにもかかわらず、日本が戦争に負けたと知ると反旗を翻して「我々は日本人ではない、朝鮮人だ」と言ったのです。

ーー

GHQに「我々は戦勝国に入るべきだ」と言った、この資料はたくさんあります。

そして、朝鮮人は至る所で暴力事件を起こしたのです。

新聞に掲載されているだけでも300件以上の朝鮮人による事件が起きています。

ーー

朝鮮人は戦後、日本人を襲ったのです。

「俺は朝鮮人だ。お前らは敗戦国民だ。敗戦国民が生意気なことを言うものではない!」

と言って威張って歩いたのです。

だから嫌われているのです。

ーー

戦後、日本人は買いだしに出かけるので満員電車にもかかわらず、朝鮮人は「この車両に日本人は入るな。第三国人さま専用スペースだ!」と言ったのです。

このようなことをやったのです。

ーー

駅前の土地はどうして朝鮮人が持っているのでしょうか? 

新宿の歌舞伎町の一等地は、ほとんど朝鮮人が持っています。

一部、台湾人が含まれます。

新宿、銀座、新橋、吉祥寺もそうです。

ーー

朝鮮人は駅前の土地を買ってなどいません。

お金を出して買ったのではありません。

どうして、駅前の土地は、朝鮮人のものになったのでしょうか? 

ーー

終戦後、天皇陛下の御命令により日本人は武器を全て捨てたのです。

そこへ朝鮮人がやってきて、「コノヤロウ、叩き殺せ!」と言ったのです。

当時、新宿でもそうですが、銃撃戦が行われたのです。

朝鮮人は日本刀を持ち、拳銃を持ち、小銃を持っていたのです。

ーー

その証拠が川崎市役所に残っています。

川崎市の税務署に朝鮮人が押し掛けて来て、「俺たちに税金をかけるとは、敗戦国民のクセに生意気だ! ぶっ殺せ!」と襲ったので、2人殺されたのです。

神奈川税務署員殉職事件で、今でもその殉職の碑が残っています。

ーー

「朝鮮人は税金など払う必要はないのだ」と言って、待ち伏せして税務署課長を叩き殺したのです。

ーー

田岡さんの有名な『山口組三代目 田岡一雄自伝』という本がありますが、それも実話に基づいているのです。

朝鮮人は徒党を組んで、そこら辺を歩いている女をみんな犯してしまったのです。

子供のいる主婦でも構いません。

道端で女を犯したのです。

ーー

それを聞いた田岡さんは、「これはひどすぎる」と怒ったのです。

それが始まりです。

そから、新宿の尾津組事件では、朝鮮人が機関銃を持って乗り込んできたのです。

警察は武器がないから、尾津組の親分に頼んで銃撃戦をしてもらったのです。

ーー

朝鮮人は駅前の土地に縄張りを張って盗ったのです。

それが今の新宿・新橋・銀座・吉祥寺などの駅前の土地を全国で抑えたのです。

ーー

日本人が「朝鮮人か?」と聞くのは、怖くて言ったのです。

終戦後、日本人に武器は何もありません。

朝鮮人はみんな武器を持っていたのです。

朝鮮人はやりたい放題やってきたのです。

ーー

「朝鮮人」と言うと日本人は、それを思いだすのです。

だから、朝鮮人は「朝鮮人か」ということを言ってもらいたくないのです。

悪事がバレるからです。

佐々木議員にグチャグチャと書いてきた連中は、これをどのように説明するのでしょうか? 

ーー

闇市に縄張りをして、商売を始めて、闇市がダメになると、日本人からブン盗った土地を自分の名義にしたのです。

土地の持ち主の日本人を誘拐したり、殺してきたのです。

だから、朝鮮人が全国の駅前の土地を持っているのです。

これをどのように説明するのでしょうか?

ーー

「朝鮮人」と言うと日本人は、そのようなことをイメージするのです。

だから、それを言わせないために「朝鮮人は差別用語だ!」と言うのです。

朝鮮人だけが日本人に対してヒドイことをやったのです。

これをどのように説明するのでしょうか? 

事実、朝鮮人の事件・暴動は300件以上、新聞に掲載されていたのです。

ーー

「またもや、朝鮮人の暴力か」と朝日新聞に掲載されていたのです。

終戦後、朝鮮人は暴れまくってきたのです。

日本の一等地はみんな朝鮮人が奪ったのです。

日本人はそのようなことを忘れません。

ーー

土井たか子が言ったように「朝鮮人は差別されてお可哀想な民族だ」など、とんでもありません! 

実際は「俺達は戦勝国民だ」と言って威張りまくったのです。

武器を持つ朝鮮人を丸腰の日本人警察官は取り締まれなかった。

ーー

朝鮮人はGHQに「我々を戦勝国民にしてくれ」と頼んだのです。

「朝鮮人は日本人として一緒に戦ってきたのだから、戦勝国にはなれない」とGHQに言われて作った名称が「第三国人」です。

石原慎太郎が東京都知事の頃、「三国人」と言ったら、朝鮮人が怒鳴りこんできたのです。

ーー

朝鮮人は「第三国人」という腕章を腕に巻いたのです。

「我々は戦勝国でもない、敗戦国でもない、第三国人だ」という意味です。

そんなことをやってきたら、嫌われて当たり前です。

2020年9月14日 (月)

日本では国富は、あくまでも民衆のものと認識されます

ーー以下「ねずブログ20/9/11」より抜粋編集

これまではカネのある一部の人達が、情報機関(エンジン)を支配し、自分たちにとって都合の良い偽(いつわ)りの情報を流すことで戦争を起こしたり、国冨を巧妙に収奪してきました。

ところがネットの普及で、情報化社会になり、彼らも情報機関を支配することで民衆を思い通りに動かすことができなくなってしまった。

例えば自分たちにあまりにも都合よく新コロ報道をしてきた結果、新コロ報道の欺瞞が世の中で明らかになる頃には、もはや既存メディアは二度と信用されないでしょう。

ーー

メディアや国会では、よく「議論をする」といいます。

しかし議論によって相手を説得して納得させるというのは、学校では可能かもしれませんが、国会などの政治の場における与野党の議論は、どこまでいっても常に平行線です。

たとえ相手を合理的な根拠を提示して論破したとしても、論破された側は納得しない。

このことは、国会での議論、あるいは対中国問題である南京大虐殺問題、対朝鮮韓国問題である慰安婦問題などの議論をみても明らかです。

議論の相手は、客観性、公平性、公共性がある内容を提示しても、決して受け入れようとしない。

ーー

だから多数決原理が機能しなければ何も決まらないのです。

そしてこのことは、民衆政治が成立している国ではむしろ常識です。

というのも民衆は一人ひとり譲れない独自の利害関係を持っているからです。

与野党は、理論や正邪ではなく、利害による対立で感情的になり、結果として妬(ねた)み、恨(うら)み、嫉(そね)み、足の引っ張り合いばかりになる。

ーー

そもそも現在見られるような民衆政治democracyが登場したのは18世紀のフランス革命からです。

フランス革命が起こったのは1789年、なので現在の民衆政治が登場してからまだ231年しか経っていません。

ーー

フランス革命は、貧しい民衆を顧みることなく贅沢三昧をしている王侯貴族による支配、それに対する民衆の反乱として扱われることが多いです。

しかし王侯貴族が贅沢な暮らしをし、民衆が貧困に置かれていたのは、何もルイ16世やマリー・アントワネットの時代だけのことではありません。

よくよく歴史を紐解くと当時のフランス王国は、王侯貴族の維持費などよりも、イギリスから独立するために戦争をしていた米国支援に、はるかに大きな支出をしていたのです。

ーー

王妃が現在の貨幣価値で150億円もする宝石を買ったという話がなされていますが、もとをただせば商人が売ったと嘘をついていた事件にすぎません。

そんな高価な宝石を扱う商人がいたわけで、これはつまり市民の方がカネを持っていたことの証でもあります。

また王妃は、米国の独立戦争支援のために財政が逼迫(ひっぱく、ゆとりがない)し、お金がない王宮において、小トリアノン宮殿で、野良着に着替えて、みずから食材を育て収穫し自分たちの食を賄っています。

これは、母のマリア・テレジア譲りの「民衆を愛し、農業を大切にする」という姿勢の実践でもありました。

ーー

果てしない殺し合いが続いたフランス革命を正当化するためには、斬首刑にした王妃を派手好きでどうしようもない高慢な女としなければならなかったのでしょう。

しかし、公平な目で見ればマリー・アントワネット王妃は、まさに王族の女性にふさわしい威厳と自己犠牲を厭わない優しさを併せ持った魅力的な女性であったわけです。

ーー

また民衆が王権に立ち向かったということにされていますが、民衆というのは、その日の自分たちの暮らしのことで手一杯なものです。

社会に不満があっても、日々の生活があるから、仕事や商売を放ったらかして、武器を手にして暴れまわるというようなことは、普通はできることではありません。

だから「民衆がそこまで追い詰められていたのだ」といわれるのですが、本当に追い詰められたら、民衆は略奪をはじめたり、逃散をしてしまうものです。

ーー

「啓蒙家が、平等思想を民衆に啓蒙した」とも言われますが、王権を廃し共和制にするという思想的なものはもっと古い時代からあったものですし、そもそもキリスト教では、王も民衆も「父なる神よ」と祈るように誰もが平等に神の子です。

ではどうして、そのような民衆が革命を起こしたのか。

つまり何か仕掛けがなければ革命に至ることはまずありません。

ーー

一言でいうなら、資本家が大量のカネを民衆の革命資金として活動家に提供していたのです。

その資本家たちにとって、15世紀から17世紀にかけては、王権は金儲けのために利用価値のあるものでした。

なぜなら王の名のもとに利権が保証され、隣国の商売敵となる相手を、王の軍によって討ち滅ぼすことが可能だったからです。

ーー

ところが18世紀になると、資本家たちにとって王権は、自分たちの金儲けにむしろ邪魔なものになってきました。

というより資本家たちの経済力が増し、国王の財力では、資本家たちの欲を満足させることができなくなってきたのです。

つまり資本家たちの財力が、王の財力に勝るようになっていたわけです。

ーー

そこで自由・平等・友愛を実現しようと活動する人達に運動資金を渡し、啓蒙家らにその気にさせられたパリ市民に武器を持たせて王権の打倒を図ったのがフランス革命です。

この革命には王を倒すことで自分が権力を握れると勘違いした一部の貴族も加担しています。

王が倒れて共和制が敷かれた後、国家会計の全ては、それまでの王の管理から、資本家の管理へと移り変わりました。

ーー

つまり表向きの政治は、共和制民衆政治ですが、民衆から選ばれた政治家らは、民衆のためではなく資本家らのために働いていたのです。

これは、政治家はいわば舞台俳優であり、台本もプロデューサーも監督もスポンサーも、すべて資本家という仕組みです。

そして資本家らの金儲けのために、数々の戦争が行われたのが19世紀から20世紀までの世界です。

ーー

要するに、やや極端な言い方をすれば、議会の議論など結論が出なくても良いのです。

どちらに資本家が金を出すかによって、議会の趨勢が決まるからです。

ということは、民衆政治は、実は資本家の金儲けのためにとても都合の良い仕組みであるということになります。

ーー

このことを、大きく転換させたのが実は20世紀の日本です。

大日本帝国は英・仏・蘭による500年に及ぶ植民地支配から東アジア諸国を開放し、大東亜共栄圏を設立するために大東亜戦争を起こしたのです。

そしての世界初の航空母艦を持つ大日本帝国連合艦隊は、マレー沖海戦で世界最強の英艦隊と戦い、大勝してしまった。

大英帝国最新鋭の戦艦プリンスオブウエールズが大日本帝国海軍によって撃沈されるのを見たアジアの人々は、日本が米国に負けた後もそれぞれ英・仏・蘭と独立戦争を戦い独立し、大東亜戦争の目的は達せられたのです。

ーー

独立した後も貧困にあえいでいた東亜の諸国に、敗戦後20年足らずで経済大国となった日本は経済支援を行い、大手企業の工場を移設し、それぞれの国の所得の向上に寄与してきました。

すると、それまでただ押さえつけられ、収奪され続けてきただけの諸国が、経済的に成長し、その成長によって巨大な消費市場を形成したのです。

それは、かつての植民地時代の国内総生産GDPを何十倍も上回る巨大な市場となった。

ーー

つまり日本のやり方である、植民地から収奪をするのではなく、共存共栄を図ること(大東亜共栄圏を築く)が、結果として共に豊かになれることが立証されたのです。

ーー

ただ、世界は日本とは異なります。

日本では国富は、あくまでも民衆のものと認識されます。

けれど欧米やその影響を受けた一部の有色人種国では、例えば共産党が支配する中国では、国富は支配層(共産党員)のものと認識されているのです。

北京共産党政府にとっては、共産党員以外の民衆の生命・財産・利益など、どうでもいいのです。

ーー

さらには「これからの世界は地球主義globalismだ」つまりヒト・モノ・カネが自由に経済活動できるように国境をなくさなければならないと宣伝し、金持ちが税金を払わなくてもよい環境を作り、大儲けをたくらむ人たちがいた。

このことにNOを突きつけたのが、前回の大統領選におけるドナルド・トランプ氏です。

ーー

そして2020年11月の大統領選で、一部資本家たちは、地球主義を訴えるジョー・バイデン氏を、メディアを総動員して一押しも二押しもしていますし、得票予測もバイデン氏優勢と報道させています。

しかし前回の選挙でもギリギリまで地球主義者のクリントン女史優勢という報道でした。

日本の評論家なども、クリントン女史が政権を取るだろうという予測ばかりしていたのです。

ーー

が、蓋を開ければトランプ氏の圧勝でした。

おそらく今回の大統領選でも、同じことが起こるであろうと予測しています。

なぜなら米国の民衆も、情報化の促進によって、もはや一部の資本家による偽りの情報操作に惑わされる人が減ってきているからです。

ーー

そしていま、世界を揺るがしている問題は、金の力による民衆の支配という18世紀以来の世界の形が、果たして人類にとって、本当に幸せを呼ぶ社会制度なのかどうかということです。

そして行き着くところは、「みんなで稼いだ富は、みんなの豊かさと安全と安心のために活用しよう」という社会体制への変化であろうと思います。

ーー

古代から、これを実現してきた国が日本なのであります。

日本は、旧石器時代から縄文弥生を経由して現代に至るという、世界一長い連続する歴史を持つ国です。

天皇にしても、神武天皇が初代ということになっていますが、天皇家の血筋は、そのままおよそ6千年も遡ることができるという説もあります。

ーー

現在中国と呼ばれている場所で興亡した諸国は、現在とは人種も言葉も違っていたのですが、その昔、我が国を「東夷(ひがしの未開人)」の中の「倭奴(背の低いやつ)」や「邪馬台国」など蔑字をもって蔑称してきました。

が、宋の時代になると、日本については、日本書紀に基づいて描くようになり、日本の各地名も本来の日本名で記すようになりました。

宋の第二代皇帝の太宗(在位976〜997年)は、「太古の姿がそのままの形で受け継がれているのは日本だけであり、日本こそ古道の国である」(欽定宋史 491巻 列伝第250)と述べています。

古道とまでいかなくても、飛鳥時代の聖徳太子以降、大化の改新から律令体制以降の日本社会については、記録が残されています。

大化の改新(645年)を基準点にしても、日本は連続する世界最古の国なのです。

ーー

その日本が、どうしてそのように長く日本という国の根幹となる社会制度を保持できたのかといえば、権力よりも上位に国家最高権威を置くという、世界に類例のない社会体制を構築したことによります。

そして政治の世界においては、民衆政治ではなく、明確な責任体制《仮にこれを責任政治と名付けます》を敷くことで、権力には、常に責任が伴うという政治体制を築きました。

ーー

富の概念も異なります。

日本では、8世紀のはじめに和同開珎がつくられ、貨幣が経済に用いられるようになりましたが、その後もおよそ千年にわたって、貨幣経済ではなく、米経済を採用してきました。

理由は簡単で、貨幣は溜め込むことができますが、お米は溜め込むことができないからです。

つまり米経済である限り、その年に民衆が生産した富(米)は、コメに黴が生えて使い物にならないうちに社会の皆で消費してしまわなければならないのです。

ーー

そして政治の責任者は、世襲です。

責任者は、何かあったら責任をとって腹を切らなければならないのです。

腹を切るというのは、そんなに簡単にできることではありません。

ーー

某国の右翼が、カッコをつけて切腹の真似事をしたことが以前ありましたが、お腹の薄皮一枚に刃を入れただけで、悲鳴をあげて病院に収容されました。

腹を切るというのは、幼い頃から私心を持たず、どこまでも公益を優先するという強い明確な信念を持って育てられ、しかもそれを実行しうる血統がなければ、現実には不可能なことなのです。

その証拠に、現代の世界の政治や行政の世界で、何かあったとき、責任をとって腹を切れる者など誰もいません。

腹を切るというのは、それほどまでにたいへんだし、恐ろしいことだからです。

ーー

その恐ろしさに耐えうるだけの精神性というのは、ただのカッコつけでできることではありません。

代々、そのように躾けられ、それがDNAに染み込むようになったとき、はじめて実現できることです。

ところが、そうしたDNAを持った優秀な政治家や官僚たちが、戦後は、まさに次々と故意に責任を仕掛けられて失脚していきました。

結果、残ったのは、責任性などまるで意に介さず、ひたすら口に綺麗事を並べて、裏で金儲けだけを企む痴れ者たちばかりになりました。

ーー

そういうことが起こらないよう、古代においては弾正台(だんじょうだい)、つまり私心に動く政治家を問答無用で一刀両断するための役所が置かれていましたが、いまではそれさえもありません。

(弾正台の家系であった信長は織田弾正忠信長と称して、「天下布武(日本を武力で正す)」を掲げています)

ーー

米国は、トランプ大統領のもと、産業の国内回帰を進めて、みんなで働いて豊かになろうとしています。

日本もまた、これまで在日・反日勢力に支配されていた日本社会を、日本人の手に取り戻すために大きく変わろうとしています。

それは日本の社会は、天皇の「おほみたから」である民衆の幸せのために機能すべきであるという考えからきています。

そして、我々の先人がそれを実現してこられたのですから、我々日本人には間違いなくそうする力が備わっているのです。

2020年9月13日 (日)

小沢(一郎)さんの言葉はなぜみんなに響かないのだろうか

ーー以下「丁寧語とかブログ20/9/11」より抜粋編集

小沢一郎が自民党に激怒 「図に乗るなよ」「権力の維持しか眼中にないのか」「国民の苦しみを甘く見るな」

https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1599743511/

3 名前:ダクラタスビル(新日本) [ニダ][sage] 投稿日:2020/09/10(木) 22:12:40.05 ID:GEUw2TKm0

小沢さんの言葉はなぜみんなに響かないのだろうか

311 名前:ザナミビル(東京都) [US][age] 投稿日:2020/09/10(木) 22:47:15.99 ID:01hG2xFr0

>>3
震災の時に雲隠れしたド屑

415 名前:ホスアンプレナビルカルシウム(茸) [US][sage] 投稿日:2020/09/10(木) 23:13:06.97 ID:SmVHCDQ/0

>>3
まずは、自民党時代の保守本流から、今の極めて左翼的な立ち位置への変遷について、本人が一度も合理的な説明をしたことがない、これでは彼の何を信じていいのか分からない。

彼こそまさに主義主張なんて生きるための方便としか考えてない人間の代表と思う、あと震災時に自分だけ逃げた件とかね、そういうときに本性でるから人間は。

601 名前:ラルテグラビルカリウム(沖縄県) [US][] 投稿日:2020/09/11(金) 00:58:18.91 ID:1k0RU0ey0

>>3
新生→新進→自由(その間に自自・自自公連立→離脱)→民主→国民の生活が第一→未来→生活の党と山本太郎となかまたち→自由(新)→国民ミンスと渡り歩いてるところを見ると、流石にふざけんなとしか言いようがない

ーー

67 名前:ラミブジン(東京都) [US][sage] 投稿日:2020/09/10(木) 22:19:00.84 ID:eh88CW5o0

放射能が怖くて地元に帰らず、ミネラルウォーターでパンツを洗っていたやつが偉そうに言うな。

奥さんにここまで言われているのに、これでよく偉そうにしゃべれるよね。

ーー

「三月二十一日「東京の水道は汚染されているので料理は買った水でやって下さい」と書生が言いに来ました。しかしそのような情報は一切発表されていませんでしたので、私が「他の人と同じ様に水道水を使います」と言いましたら、それなら先生のご飯は僕達で作りますと断ってきました。それ以来、書生達が料理をし、洗濯まで買った水でやろうとしていました。」

「かつてない国難の中で放射能が怖いと逃げたあげく、お世話になった方々のご不幸を悼む気も、郷土の復興を手助けする気もなく、自分の保身の為に国政を動かそうとするこんな男を国政に送る手伝いをしてきたことを深く恥じています」

http://blog.goo.ne.jp/kanayame_47/e/d3a715f00d53f27600ebf9015d83face

ーー

240 名前:ラルテグラビルカリウム(ジパング) [JP][sage] 投稿日:2020/09/10(木) 22:37:40.56 ID:7XjMEgxN0

選挙しないと政権取れないのに何で選挙したくないの?

2020年9月12日 (土)

この日本軍の降伏による米国への統治権移譲が起きたのは1945年9月9日だった

ーー以下newsus20/9/10より抜粋編集

ーー20/9/9(水) 14:46配信 中央日報日本語版より

駐韓米軍、朝鮮総督府国旗掲揚台の日章旗を降納し星条旗を掲揚する写真を公開

在韓米軍が1945年9月9日に、朝鮮総督府の国旗掲揚台に掲揚されていた日章旗を降納し星条旗を掲揚する写真を公開した。

駐韓米軍第8軍は9日、フェイスブックに「韓国南部に駐屯中の日本軍がソウルで降伏した」として日米代表の降伏文書署名式の写真を掲示した。

ーー

第8軍は「韓国で30年間の日本統治が幕を下ろし、降伏文書署名式がソウルの朝鮮総督府建物で開かれた」とし「記念式典中に日章旗が降納され、星条旗が掲揚された」と説明した。

公開された写真は米海軍が撮影したものだ。

国旗掲揚台の日章旗に代わって星条旗に掲揚されると、米軍将兵が国旗に向かって敬礼する様子や日米代表らが署名式に出席した様子が写真に含まれていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b3e98a837176d4442ab2eb7ae3ae89a0b20a481f

ーー

つまり日本軍の降伏による朝鮮の米国への統治権移譲が起きたのは1945年9月9日だった。

1945年8月15日には朝鮮人らは主権を取り戻していなかった。

要するにこの記事によって1948派が主張する歴史までもが崩れ去ってしまったわけだ。

ーー

1948派って、1948年8月15日に独立をしたという主張をしてる人ですよね?

ーー

その独立の根拠となったのが光復節という言葉で、1945年8月15日に日本に奪われた主権を朝鮮が取り戻したという彼らの“史実”が背景になっている。

ところが実際には8月15日は日本が降伏しただけで主権は朝鮮には戻っていなかったわけだ。

ーー

じゃあ、光復節はウソだったんですね!韓国は、またウソをつきましたね・・・。

ーー

当時の大日本帝国が連合国に降伏した記念日“降伏節”ならまだ意味的には通るかもなww 

ーー

ネット百科事典を見てますが、「主権」の意味が日本語と韓国語で違うのでは?

ーー

米国統治なら主権があって日本統治だと主権がない、みたいな歪んだ考えでもない限り矛盾は解消できんよ。

韓国が米国の州として機能するような話でもあるまいし、いずれにせよ韓国民が主権を取り戻したのは1948年8月15日以降であって1945年ではないことは確かだ。

ーー

ネットユーザーの反応でも、その部分で盛り上がってますね!

・1945年8月15日には韓国という国はありませんでした(XBさん)
・1945年8月15日朝鮮には主権がなかった(TLさん)
・韓国は抗日戦ではなく、アメリカ軍によって独立を得た(OOさん)
・韓国が日本から独立した、という歴史はありません(EBさん)
・この写真の公開は、韓国政府に対する脅しですか?(MIさん)

ーー

1945年8月15日に主権を取り戻した(光復節)というのは、まさに韓国政府が自ら掘った墓穴だね。

中央日報がなぜこの写真を意気揚々とアップしたのかは分からないが、完全に韓国民の歴史観を叩き壊すものと言える。

愛国的な中央日報も最終的には韓国民を裏切って米国側につくかもね。

ーー

確かに・・・セントラル日報、ですよね?

ーー

そういうこと、自称愛国日報だからな。

セントラル日報からのメッセージということだろう。

なかなか強烈な一撃だと思う。

ーー

まあそういうわけで韓国では1919派はおろか1948派の歴史観までもが否定されてしまったわけだ。

が、これはつまり韓国という地域そのものが国として成立していないという解釈に拡大されることも示唆していると言える。

これから朝鮮半島地域で何が起こるかが現在の関心事だ。

ーー

ネット百科事典を見てるんですけど、北朝鮮では「解放記念日」になってるみたいです。

こっちの方が、正確な歴史ですよね?

ーー

ソ連のスターリンが送り込んだ「抗日戦を指導していた自称金日成」が北朝鮮を日本から解放したと主張しているだけだ。

が、形式的には、抗日戦を経て独立したことになるから、素晴らしいね。

金一族が朝鮮半島全体を統治するならば日本も止めることはないだろう。

それで関係もなくなるしね。

ーー

いいと思いますが、今や北は、台風8、9、10号によって、食い物もなくなり、災害復興支援に出向いた北兵士らが、食料を求めて民家を襲うなんてことになっています。

韓国の皆さん、北を本格的に支援しないと、飢えた北兵士らに襲われますよ。

そして北と一緒にみんなで憧れの李氏朝鮮のような世界最貧王国を築いてください!

2020年9月11日 (金)

政策議論ができない噓つきの集団?

ーー以下ttensanブログ20/9/10より抜粋編集

辻元清美は、2017年10月8日、自分の公式サイトで【(検証)辻元清美をめぐる「3つの疑惑」嘘を作り上げられ拡散される手法についての検証(スタッフより)】という記事を出しています。

ですがこんな後付けの検証の半年ほど前(2017/3/28)に産経が出したこの記事であっさり否定されています。

半年前に嘘だとばれているのに「デマだ!デマだから拡散するな!拡散したら法的措置も辞さないぞ」と辻元清美事務所はSNSなどでの拡散を防ごうとしていたのです。

ーー

当時彼女が所属していた民進党としても辻元清美を守るために「デマだから拡散するな」と主張していました。

ーー2017/3/28 産経新聞より抜粋

【民進・辻元清美氏に新たな「3つの疑惑」 民進党「拡散やめて」メディアに忖度要求】

学校法人「森友学園」(大阪市)の国有地払い下げ問題をめぐり、民進党の辻元清美元国土交通副大臣に関する「3つの疑惑」が新たな争点に浮上し、日本維新の会などが追及姿勢を示している。

学園の籠池泰典氏の妻、諄子氏が、安倍晋三首相の昭恵夫人とのメールのやりとりで、辻元氏に複数回言及したからだ。

民進党は誤った内容だとメディアに情報を広めないよう「忖度(そんたく)」を求めるが、籠池氏の発言に依拠して首相らを追及しながら、都合の悪い妻の言葉は封じようとする矛盾に陥っている。(水内茂幸)

ーー

維新の足立康史衆院議員は25日、自身のツイッターでこう表明した。

「辻元清美議員のやらせ、を明らかにしていきます」

1つ目の疑惑は、1日の諄子氏のメールにある辻元氏が「幼稚園に侵入しかけ 私(わたし)達(たち)を怒らせようとしました」(原文ママ)と記載された部分だ。

民進党役員室は24日発表の見解で「そのようなことは一切なく同議員は塚本幼稚園の敷地近くにも接近していない」と否定した。

辻元氏は2月28日、民進党視察団のメンバーとして豊中市の小学校建設予定地などを視察。

辻元氏は21日の党視察団にも参加したが、同日の視察団は大阪市の塚本幼稚園を訪れ、籠池氏に面会を断られている。

ーー~以下省略~抜粋引用ここまで

1、幼稚園に侵入しかけて籠池夫妻を怒らせようとした

辻元と民進党の主張「一切そんなことはない。塚本幼稚園の敷地に近づいてもいない」

事実:2017年2月28日に辻元清美は民進党視察団メンバーとしてテレビカメラとともに小学校建設予定地などを視察、塚本幼稚園も訪れて籠池に面会要求をしている。

よって辻元清美と民進党の主張が嘘。

ーー

2、小学校建設現場に作業員として関西生コンの人間を入らせた

辻元と民進党側の主張「籠池諒子氏の指摘した作業員は辻元と面識はない」

この件は事実不明。

従ってこれまでの辻元清美が国会でやってきた難癖と同じ理屈ならば「怪しい!疑惑はさらに深まった!やっぱり辻元清美が嘘をついてる!」
と言われても文句が言えないかと。

ーー

3、野田中央公園の土地の14億円値引きは辻元が関与

辻元と民進党側の主張「平成21年度補正予算(2009年5月に予算化)で決められたものだから辻元が副大臣の期間とは関係ない、だからデマ」

事実:地下埋設物調査報告書がまとめられたのは2010年1月(辻元が副大臣在任中)。野田中央公園用地の売却額決定に使われた不動産鑑定書の日付は2010年2月19日。近畿財務局と豊中市の売買契約は2010年3月10日。

麻生政権で予算化しましたが、その後に土地の地下埋設ゴミなどの調査結果が判明したのは辻元清美の国交副大臣在任中です。

ーー

民主党政権になってから地下埋設ゴミという問題があることが正式に裏付けられたわけです。

それなのに国側が補助金を満額で出して、14億円の値引きで実質的に3000万円弱で豊中市が土地を手に入れる形に決めたのは辻元清美が副大臣の時です。

さらに言えば瑕疵担保責任までついてたりして、豊中市としてはこんな美味しい話はなかったろうと思います。

ーー

予算を組んだのは確かに麻生政権時代でしょう、でもその後問題が発覚したのに豊中市にとって最高に都合の良い内容で話を決定させたのは民主党政権時代なんですから。

辻元側の主張がペテンだと言っていいでしょう。

ーー

今回取り上げた産経新聞の記事が出た後に辻元清美と民進党は産経新聞に対して「法的措置を検討する」と書いた抗議文を送付して記事を撤回させようと圧力をかけています。

産経は嘘を書いているわけではないので撤回しませんでした。

ーー

たとえ明らかな事実であっても「デマ」「嘘」と言い切る。

そしてそれでも言う事を聞かない相手には「法的措置を取るぞ!」と脅す。

こんな堅気の日本人が決してやらない事ができるのは、彼女が堅気ではなく嘘をつき慣れているからなのだろうと思います。

ーー

だいたい、関西生コンから献金はもらってないという明らかな嘘までついてました。

産経に対して明らかな脅しをかけていたことを産経グループも忘れていなかったので

ーー2018/9/21 夕刊フジ、一部抜粋

【辻元清美氏と関西生コンとの関係… 大阪府警が組合員16人逮捕 週刊朝日「献金」報道に事務所「収支報告書の通り」】

週刊朝日は当然、武被告とのつきあいや、「連帯」から献金を受けたことを問い合わせたが、辻元事務所は「ご指定の人物、団体から献金を受け取った事実はありません」と回答していた。

だが、夕刊フジが改めて官報を確認したところ、98年分収支報告書に「政治資金パーティーの対価に係る収入」として、「全日本建設運輸連帯労働組合」から50万円を受領していたことが記されていた。

99年分の収支報告書では、個人の寄付として、連帯労組や関生支部の関係者とみられる5人から50万円ずつ、計250万円を受け取ったとの記載もあった。

ーー

捜査拡大を受けて、夕刊フジでは18日午後、辻元事務所に対し、(1)週刊朝日への回答で、献金の受領を否定しているが、間違いではないか(2)連帯労組や関生支部との関係(3)関生支部側から献金を受けたことの認識-などを質問状でただした。

辻元事務所は19日夜、書面で「18日にいただいた問い合わせの件については、すべて収支報告書に記載された通りです」と回答した。

ーー抜粋引用ここまで

辻元清美は関西生コンから献金を受けた事実はないと否定していたものの夕刊フジによって証拠を突きつけられたら辻元清美事務所が「収支報告書の記載の通りです」と事実を認めています。

都合の悪い話は事実であろうと「デマ」と先に言い張り、相手が弱い立場の人間なら訴訟をちらつかせて口を塞ぐ。

それが辻元清美の基本的なやり方だと考えておいた方がいいでしょう。

ーー

いまだにマスゴミは関西生コンの件をきちんと報じませんし、テレビでは辻元清美と関西生コンについて触れようとしません。

大量の逮捕者を出している反社会勢力と政治家の癒着というスキャンダルですよ。

しかも知名度の非常に高い辻元清美ですよ!これをネタにしないなんて、そりゃ今のテレビが数字とれないわけですよ。

ーー

さて、お次は辻元清美の所属政党のボス「討論と政策議論が苦手な」枝野幸男の記事。

ーー2020/9/9 産経新聞より抜粋

【枝野氏、菅義偉長官の「自助」主張を批判 「責任放棄だ」】

立憲民主、国民民主両党などが結成する合流新党の代表選に立候補した立民の枝野幸男代表は9日、日本記者クラブ主催の討論会で、自民党総裁選に出馬した菅義偉官房長官が「自助・共助・公助」を訴えていることを批判した。

「政治家が自助と言ってはいけない。責任放棄だ」と述べた。

枝野氏は「自助や共助ではどうにもならない時が人生にはある。政治の役割は公助だ。私たちとは明確に政治姿勢が違う」と語り、対決姿勢を鮮明にした。

ーー抜粋引用終わり

主に立憲民主党や共産党を支持する頭のおかしな人達が菅官房長官の「自助・共助・公助」について噛みついているので枝野幸男も深く考えず批判に回ったようです。

しかも批判の内容もまるで的外れ。

ーー

自助・共助・公助は自民党が以前から言ってきた事です。

自助や共助でだめなら公助でという至極当たり前の事を言っているに過ぎません。

それを枝野幸男は知ったかぶって「自助や共助ではどうにもならない時が人生にはある。政治の役割は公助だ。私たちとは明確に政治姿勢が違う」なんて批判をしているのですから笑えます。

ーー

ところが志位和夫やパヨさん達は自助と共助を批判して最初から公助という事を主張しているようです。

最初から税金にたかることを大前提にしているあたり、さすがはパヨだなと思います。

ーー

で、枝野幸男ですが、2005年7月29日 年金制度をはじめとする社会保障制度改革に関する両院合同会議より

ーー引用開始

枝野幸男

民主党の枝野でございます。今、福島先生のお話を伺っていて、あれっと思ったんですが、生活保護のかわりを年金にさせるのではないか、私はそれでいいんではないか。つまり、生活保護という仕組みは、本来は、なければない方が望ましい制度なんだ。まさに自助、共助、公助であって、本来は、各個人が自分の責任と自分の努力で生きていければ一番いいんだけれども、ところが、人間社会というのは必ずしもそうはできない。

そうした中でお互いの助け合いという共助の仕組みがある。そして、そういうやり方の中でもどうしても救えないケースが出てくるからこそ、最後のベースとしての生活保護が存在をしているのであって、できるならば自助と共助の世界の中で、生活保護という仕組みを受ける人がいなくなる社会が我々の目指すべき社会なのではないか、私はそういうふうに思っています。

ーー引用終わり

まさに菅官房長官が言っていた自助・共助・公助の立て付けどおりの事を説明していて公助の部分が必要なくなる社会を目指すべきだと言っています。

一貫性がなくその時その時で言う事が変わる。

結局、枝野幸男は、政策の軸というものを、あるいは政策自体を持っていない、それが政権批判しかできない理由なのです。

より以前の記事一覧

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30