無料ブログはココログ

旅行・地域

2020年7月18日 (土)

梅雨の晴れ間の奈良薬師寺・唐招提寺

奈良薬師寺の東塔の平成の修復がこの3月に終わり、10年間覆いの中にあった東塔が姿を見せた。

1300年もの間に、伽藍が失われてもなお東塔が凛とした佇(たたず)まいのまま残ったのには、理由があったのだと、そのさまざまな地震や風雨への対策を熱く語る人たちがいる。

我々はただ、それに感心しながら耳を傾けるばかりである。

が、その東塔があったおかげで、昭和の好景気の時に往時の大伽藍の再建を発願した人物が現れて、写経と寄付を訴え、それに応えるように全国から写経と寄付の申し込みが相次ぎ、伽藍再興が成った。

ーー

この6月中頃から、東塔修復が終わり覆いが取り除かれて、姿が見られるようになったことが報じられて、一目見ようと時期を探っていたのだが、梅雨の雨に邪魔されてなかなかその機会が訪れなかった。

それにおどろおどろしい武漢伝染病による外出を控えなさいというお上からのお触れも耳にしていたこともあって、ようやくこの7月16日に行くことになった。

奈良は当日、珍しく晴れ、真夏の日差しと、蝉の声が聞かれた。

ーー

普段は、クマゼミの騒々しい声なのに、ここ薬師寺では子供の頃によく耳にしていたニイニイゼミとアブラゼミの声がして、思わず、ほらニイニイゼミが鳴いていると従弟に耳打ちしていた。

再興なった藥師寺では、真新しい西塔・金堂・大講堂・回廊で構成された大伽藍の中に、東塔が屹立していた。

東塔の回りは、まだ工事が残っているのかブルーシートで囲われてはいたものの、その三重の屋根とそれぞれの少し小さめの裳階(もこし)に欄干をめぐらした白壁が生える全容は見ることができて、青空を背景にそびえる姿には、さすがに心打つ美しさがあった。

ーー

金堂の中の白鳳時代の国宝たち、薬師如来、日光・月光菩薩は金色の大きな光背の中央で、堂々と座りまた腰をひねっており、もう何度も目にしているのに今回もまた圧倒されてしまった。

かつて金堂完成直後に見た薬師三尊はもっと間近に見ることができたように記憶している。

当時三尊は、火災に会われて金箔が溶け落ちた後の黒々と光沢があるお姿と、如来の台座の青龍・白虎・朱雀・玄武の4神も、見ることができた。

今日は、それほど近くで見ることができず、南面しておられる如来の後ろ側、つまり北側から、如来の台座に浮き彫りにされた玄武のみを確認することになった。

ーー

大講堂の弥勒(みろく)は、弥勒如来(にょらい、悟れし人)としておわす。

弥勒は現在兜率天(とそつてん)内院にいて、菩薩(ぼさつ、修行者)であり、釈迦入滅後56億7千万年後に如来として人類を救うために現れるというのが弥勒信仰のはず。

ということは人々の救われたいという願いが、弥勒を如来にしてしまったのだろうか。

ーー

薬師寺は、興福寺と共に法相(ほっそう)宗の大本山で有り、釈迦入滅後千年の5世紀ごろに、その教義である唯識論を大成した無著(アサンガ)・世親(ヴァスバンドゥ)兄弟を、ブロンズ像で作り、弥勒如来の両脇に安置し弥勒三尊としている。

無著は執着の無いことを意味し、アサンガが神通力で兜率天に行きマイトレーヤ(弥勒菩薩)から大乗仏教でいう空(唯識)を、直接学び会得していたことを示す。

しかしそのブロンズ像は、興福寺にある木造のそれとは違って、見るからに現在でいう外国人の像で有り、残念なことに仏像としては場違いの存在に見えた。

ーー

その後、従弟(いとこ)の希望で唐招提寺にも行くことになった。

武漢伝染病で、案じていた通り周辺の食事処は休業状態で、持参していたコンビニのおむすびを食べた後、薬師寺から約1kmというので秋篠川(あきしのがわ)土手を北へ徒歩で出かけた。

以前来た時には、参拝料を節約して、外から金堂を眺めるだけで帰ったが、今回は一人千円の参拝料を払って参拝することにした。

ーー

金堂は外から金網越しに、内部を間近に見ることができる構造になっている。

中央に本尊・盧舎那(るしゃな、毘盧遮那・光明遍照)仏坐像、向かって右に薬師如来立像、左に千手観音立像の3体の巨像を安置するほか、本尊の手前左右に梵天・帝釈天立像、須弥壇の四隅に四天王立像が安置されている。

仏像はいずれも国宝で盧舎那仏、薬師如来ともに巨大だが、特に千手観音には、その535.7㎝という大きさに圧倒された。

ーー

金堂の背後(北側)には、講堂があって、堂内には本尊弥勒如来坐像(重文、鎌倉時代)と、持国天、増長天立像(国宝、奈良時代)が安置されている。

この本尊の弥勒(みろく)も如来になっている。

講堂の北側の小高い丘の上には有名な鑑真和上の像が安置されているお堂が建っている。

その教科書で見るお姿は、丘の下からもガラス越しに見ることができる。

このころには、歩き疲れて、従弟ももう動けないというので、まだ多くを見残したまま帰途に就いた。

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30