無料ブログはココログ

心と体

2020年5月13日 (水)

男性の側から結婚を幸せなものにするための秘訣

ーー以下「大紀元時報20/5/5」より抜粋編集

米国ブラウン大学教授、精神病学専門家のスコット・ホルツマン氏は新書「結婚を幸せなものにするための秘訣」を書いた。

ホルツマン氏は、長期にわたり結婚について研究し、この新著で、男性が結婚生活を成功させ保持する秘訣を述べた。

ーー

一般的な婚姻治療カウンセリングでは、男性に対してもっと自分の気持ちを妻に話し、妻の気持ちを理解してあげるなどのアドバイスによって、男性をより女性化にする方法を取っている。

しかし、この方法は失敗に終わるという。

というのも、男女には、性差による脳の構造の違いがあるからだ。

ーー

女性は精神的な交流を重視し、男性は実際の行動を重視する。

例えば、女性は事の具体的な内容および心情をよく記憶しているのに対して、男性の場合は、ベランダのサイズなど実際的なことをよく記憶している。

それは、男性の場合は、大脳皮質を使っており、女性は大脳視床下部を使うからだという。

ーー

氏は、男性たちに対して、結婚生活を円満に保つための秘訣として8項を挙げた。

1.結婚を仕事と見なす

男性は普通、仕事に対してはとてもまじめに取り組むことができるものだ。

仕事に取り組む気持ちや方法を結婚生活に応用するとよい。

愛、尊重、感情と肉体上の忠誠、
先入観なしに耳を傾ける、
妻が提案した計画を支持する、
妻は異なる状態に置かれていることを理解しようとする、

如何なるときでも誠実であり、約束を守る、
子供の面倒および家事を分担する、
恋愛していた当時と同様にユーモラスで楽しい雰囲気を作る、
妻に関心を寄せ、常に愛情にあふれていること。

これらは長期にわたる仕事であり、その報酬は幸せである。

ーー

2.妻を理解する

妻のことはよく理解していると思っていても、実際、妻のことはあまり気にしていない。

時間をかけて妻のことを理解しようと努力すること。

ーー

3.すぐに帰宅する

多くの男性は早く家へ帰りたくない。

しかし、結婚生活を成功さすためには、妻と共に費やす時間を確保することが必要。

ーー

4.突如の出来事を予測し、対処する心構えが必要

いざこざは不可抗力であるが、それを意識することでうまく扱える(コントロールできる)ようになる。

いざこざを解決する方法は、喧嘩をし続けることではない、解決するのだと決意しあらゆる知恵を振り絞るのだ。

その際、感情に支配され激怒に身を任せると良い知恵が出ない、冷静になるために何が問題なのかを箇条書きにしてみるとよい。

ーー

5.耳を傾けること

男性は相手の話を聞くことより、実際に行動する傾向が多い。

しかし、相手が何を考えているのかが聞き出せれば、相手を理解し、自分が相手に何ができるかが分かる。

ーー

6.妻を楽しくさせる

それが仕事であると見なすことができれば、男性は妻との人間関係をよりうまく構築することができる。

ーー

7.夫婦生活の真諦を理解する

男性と女性の感覚は違う、自分は満足だとしても、果たして相手はこれで満足しているのかと注意深く観察することだ。

ーー

8.自己紹介

妻のことを理解した上、自分のことも知ってもらう。

ホルツマン氏は、上述の7項目を仮に掌握した後、次は自分が何を必要としているのかを探せという。

しかし、それが、妻に危機感や喪失感などを与えないか、誤解を与えないように説明する必要があるのだという。

まあこんなに難しいのならだれも結婚したいなんて思わないな。(記者・秦飛+縦椅子)

2020年5月 9日 (土)

いつまでも過去に捕(と)らわれていてはいけない

4月11日と4月18日にタモリと女子アナで日本各地や海外を見て歩くNHKテレビ番組ブラタモリを見た。

4月11日は丁度女子アナが、林田理沙さんから浅田里香さんに替わった時で、法隆寺が1400年もの間大切にされてきた理由を探るものだった。

浅田アナは、法隆寺の鐘が鳴ったときに、タモリが「柿食えば」と言うと、「鐘が鳴るよ 法隆寺」と応えた。

テロップには女子アナが間違えたかのように「がんばれ浅田アナ」と励ます文字が出たが、私は浅田アナがわざとそう詠んだのだと思っている。

正岡子規が「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」と詠んだのを咄嗟に「鐘が鳴るよ」と変えた女子アナの機転には感心するばかりであった。

その方が、子規の句を知っていて、なおかつ今鳴った鐘の音を聞いて詠んだという感じが出る。

ーー

現存法隆寺には聖徳太子の等身大の釈迦如来が祀(まつ)られており、いわば聖徳太子がお祀りされている。

タモリはそれでは仏教寺院にならないと疑問を呈する。

ところが2004年、周辺の発掘調査によって聖徳太子が建てた五重塔と金堂を持つ法隆寺があって、それが焼失したことが分かった。

そちらには本来の仏像があったと考えられたのだ。

そして番組は、法隆寺が1400年間も大切にされた理由を、聖徳太子がお祀りされているためであろうという。

ーー

ただ私は、法隆寺については、古くから伝えられている資材帳には勢至菩薩と記載されたクスノキ製(つまり日本製)の像を何者かが百済観音と命名したことが許せないでいる。

(勢至菩薩とされていた像の頭部に阿弥陀の化仏の印があったことから観音像とされた)

ーー

4月18日の回にタモリと女子アナが見て歩いたのは「飛鳥(あすか)」であった。

だが番組の中身よりも、数え1411歳になる飛鳥大仏を見る前に、来迎寺に旧飛鳥寺の建物の礎石を見に寄るときタモリが門前の掲示板を見ての話が面白かった。

そこには「過去と相手は変えられないが、未来と自分は変えられる」とあった。

ーー

タモリは今このような説法に興味があると言い、この内容はまあまあだが、俺はこんな話を聞いたと話した。

かつて、ある僧が駅の窓口に行き、行き先と乗車時刻を言い新幹線の指定席切符を買いたいと言うと、「のぞみはありませんが、ひかりはあります」と言われたというのを聞いたのだという。

その時僧は「人間は多くの望みを抱いて挫折を繰り返すが、どんな時でも御仏(みほとけ)の教え(光)はあるということだ」と思ったそうなと。

ーー

私は夕食を5時までには済ませて13時間以上の絶食を日課にしている。

するとケトン体が増えるせいか明け方近くになると過去の記憶がこまごまとよみがえる。

おそらく釈迦やイエスが絶食をして開いた境地もこのようなものだったのではないかと。

そしてつくづく過去を振り返ってそれにいつまでもとらわれていてはいけないのだと思う毎日だった。

ーー

このことはしっかりと古事記に記されていた。

ーー以下は過去ログから引用。

理不尽な仕打ちを受けたからといって、仕返しをしてはいないのです。

全てを失った、そこからまた一層努力してすべてを回復していく。

これは、イザナキとイザナミの神語(かんがたり)から続く日本人の行動です。

ーー

イザナミが死ぬと、イザナキは嘆き悲しみ黄泉(よみ)の国へ追いかけていきます。

そこでウジに食われるイザナミを目にします。

イザナミは自分の醜い姿を見られそれを恥じ、激怒します。

イザナキは追いかけてくるイザナミから逃げ、黄泉平坂(よもつひらさか)で妻のイザナミと千引石(ちびきいわ)をはさんで向かい合います。

このときイザナミは、「おまえさまが私にこのような恥をかかせるのなら、私はおまえさまの国の人々を毎日千人くびり殺します」と言います。

ーー

普通なら、そう言われたのなら相手を先制攻撃をするか、報復攻撃をすることになる、戦争か平和かの二者択一なのです。

ところがこのときのイザナキの返事は、第三のものでした。

「愛する妻よ、おまえがそのように言うのなら、私は毎日千五百の産屋(うぶや)を建てよう」

ーー

縄文時代の遺跡に行かれたことがある方ならおわかりいただけると思いますが、当時の家屋は草葺き屋根の竪穴式のひと間建てです。

そのひと間しかない建物で出産するわけにいかないので、お産(さん)のときには、普段住む家の他に、産屋(うぶや)と呼ばれる出産専用の家を建てたのです。

千人殺すというのなら、千五百人の子をつくろうというわけです。

失っても失っても、それ以上に築いていく。

ーー

この思想が、たとえすべてを奪われたとしても、また一から努力してそれらを再び築いていこうとする日本人の思考の根幹になっています。

ーー引用ここまで。

以上が私が「過去と相手は変えられないが未来と自分は変えられる」という掲示板に記された言葉から思いついたことでした。

2020年2月 7日 (金)

ゼロになるからだが 耳をすませる

ーー以下過去ログ18/11/29より一部変更して再掲

宮崎駿監督作品に映画「千と千尋の神隠し」がある。

この映画は多くの人に支持され興業成績の記録を作った。

そして主題歌の一つとなった「いつも何度でも」が多くの人に愛唱された。

ところがその歌詞が全く意味不明なのである。

ーー「いつも何度でも」歌詞

呼んでいる 胸のどこか奥で
いつも心踊る 夢を見たい

悲しみは 数えきれないけれど
その向こうできっと あなたに会える

繰り返すあやまちの そのたびひとは
ただ青い空の 青さを知る  

果てしなく道は続いて見えるけれど 
この両手は光を抱ける

さよならのときの 静かな胸
ゼロになるからだが 耳をすませる

生きている不思議 死んでいく不思議
花も風も街も みんなおなじ

ーー

呼んでいる 胸のどこか奥で
いつも何度でも 夢を描こう

悲しみの数を 言い尽くすより
同じくちびるで そっとうたおう

閉じていく思い出の そのなかにいつも
忘れたくないささやきを聞く 
こなごなに砕かれた鏡の上にも
新しい景色が 映される

はじまりの朝 静かな窓
ゼロになるからだ 充たされてゆけ 
海の彼方には もう探さない

輝くものは いつもここに
わたしのなかに 見つけられたから

ーー歌詞ここまで

この主題歌は、木村弓女史が作った曲に合わせて作られたのだという。

つまりちあきなおみが歌う「喝采」と同じで、詩より曲の方が先に作られたことになる。

その事情をこの歌詞を作った作詞家の覚和歌子女史が以下のように述べている。

ーー以下抜粋編集

歌い手の木村弓さんとは8年来の仲です。

彼女は20数年前に脊椎を痛めてその治療に必死になって生きてきた人なんです。

そんな理由からほとんど遊ぶための外出もしない。

たまたま「もののけ姫」を見に行ったらひどく感動して、その感動のままに宮崎駿監督に自分の自主制作CDやテープを添えて手紙を書いた。

そしたら一週間後にご本人からお返事をいただいた。

ーー

監督のもとには多いときで一日に大きな段ボール3箱分の手紙が来るのだそうです。

それに目を通すこと、まして返事を書くことの確率の低さは天文学的だと後から聞き、ああよほどのご縁だったのだと思いました。

ーー

返事には、「いま進行している企画の音楽をお願いするかもしれないが、期待しないで待っててください」とあった。

木村さんはその手紙を私に見せてくれながら言ったんです。

「今ずっと頭の中で鳴っていて消えない曲があるの、もしかしたらこれのための曲かもしれない」と。

その作詞を木村さんから依頼されてテープを預かったんです。

ーー

私は3ヶ月間、テープを放置したまま曲を聞きませんでした。

なぜだかすぐに詩をつけるのがもったいない感じがしたんです。

さすがに催促を受けるようになったので、ようやく机に向かって書き始めたらそれこそ12.3分でできてしまった。

ちょっと普通じゃない感じでした。

ーー

木村さんはとても喜んで歌ってくれて、それをテープに採り宮崎監督に送ったのです。

ーー

3ヶ月後、監督から「企画自体が潰れました、ごめんなさい」という返事をいただきました。

私はまあ、そんなもんだろうと思い、木村さんとは、いい曲が出来ただけでよかったじゃん、と言い合いました。

木村さんはその歌をとても大切になさって、ライブで何度も歌われました。

ーー

もう曲がお蔵入りになった映画『煙突描きのリン』の主題歌のために作られたなんてことさえ忘れかけた頃。

作ってからほぼ2年半後、ジブリから電話があり「あの曲を宮崎監督が忘れられないので、『千と千尋の神隠し』で使わせて欲しい」と申し出を受けたんです。

これ、ちょっとないような、珍しい話でしょう、運命的というか(笑)。

ーー

さよならのときの静かな胸
ゼロになるからだが耳をすませる
生きている不思議死んでいく不思議
花も風も街もみんなおなじ

この4行を書いているとき、何故だか泣けて仕方なかったんです。

自分でも変だなと思いました。

自分で書いているのに、自分が書いていない感じ。

そういう状態で書いた詩はあとから何度読んでも、たった今初めて出会ったみたいに新鮮なんですよね。

ーー抜粋ここまで

しかし何度考えても覚女史が感動した内容がわからない。

この歌で著名人となってから、覚和歌子女史は、「ゼロになるからだ」という題名の本を書いている。

しかし、何が言いたいのかわからないのだ。

ーー

生きている不思議 
死んでいく不思議
花も風も街も
みんなおなじ

さよならのときの
静かな胸

ゼロになるからだ
充たされてゆけ

こなごなに砕かれた
鏡の上にも 新しい景色が 映される

はじまりの朝 静かな窓

ゼロになるからだが 耳をすませる

ーー

覚和歌子女史の上記のような何か深い意味ありげな言葉の羅列を省いてみると小生的にすっきりとしたのでお目にかける。

以下抜粋編集・縦椅子

ーー

いつも心踊る
夢を見るたび人は
あやまちを繰り返す 

悲しみは
数えきれず
ただ青い空の
青さを知る 

けれどこの両手は 光を抱ける 

呼んでいる 胸のどこか奥で

道は果てしなく続いて見える
その向こうできっと
あなたに会える

ーー

悲しみの数を言い尽くすより
同じくちびるでそっとうたおう

閉じていく思い出の
そのなかにいつも
忘れたくない
ささやきを聞く

いつも何度でも 夢を描こう 

呼んでいる 胸のどこか奥で 

海の彼方には もう探さない

輝くものはいつもここに
わたしのなかに見つけられたから

ーー編集終わり

しかし多くの読者にとっては、これもまた全くの意味不明であろう。

「輝くものはいつもここに わたしのなかに」は、禅でいうところの「直指人心見性成仏(じきしにんしんけんしょうじょうぶつ)」つまり辞書的な意味として、次のようなことを考えている。

真理は自己の心の外にあるのではなく,自己の心のなかにこそ発見される,真理であるその自己の本性をみるならば,仏(覚者、悟れるもの)となることができる,と。

2020年2月 3日 (月)

霊(ひ)は永遠の存在、身は今生限りです

ーー以下「ねずブログ」より抜粋編集

鮮卑人が興した唐は周辺諸国から、もちろん日本も入っているが、有為の人々を集め大いに栄えた。

インド人から直接仏教がもたらされ、多数の教派を作り布教していた。

その中で日本で知られているのが、日本人僧・最澄や空海がもたらした天台宗であり、真言宗である。

真言宗は、密教つまり文章で読んでも内容がわからず、師から法力を発揮するための作法と呪文を口伝で教えられるものだ。

その呪文(サンスクリット語)の例が般若心経の中に大神呪(だいじんしゅ)として示されているのはご存じのとおりである。

ーー

天台宗は密教とは違ってその内容が文章で伝えられている。

唐代の天台宗の僧・湛然(たんねん、妙楽大師)は、その思想を「願兼於業(がんけんおごう)」と表現した。

鮮卑人は文字を持たなかったので、漢字を使ったものの、漢字には品詞を示す記号が記されてはいない。

つまり動詞、名詞、形容詞となんにでもなる。

だから、日本人が日本語に読み下した時には、それはもう日本語になっていると言ってもよいだろう。

ーー

我々の先人は、願兼於業を例えば「願は業を兼ねる」とも読めるのに「願って業(ごう)を兼(か)ぬ」と読み下した。

そして次のように解釈したのだった。

「人はこの世に生まれてくるときに、先に人生の設計図を描いて生まれてくる」と。

具体的に言うと、豊かな家に生まれながら、何もかも失う人生があったり、貧しい家に生まれながら、一代で財を築いたり、特別な体力に恵まれて運動分野で素晴らしい成績を残したり等々。

人には様々な人生(業)があるが、その人生は、あらかじめ自分で描いて(願)生まれてきたものである、というのが「願兼於業」なのである。

ーー

要するに、人は、先に霊(ひ)あるいは御魂(みたま)があり、その霊(ひ)が、より高度な霊(ひ)になるために、この世に身(み、肉体)を持って生まれてくる。

身には、できることに制限制約がある。

何をするにしても、順番にものごとを行っていかなければならないのが身の特徴だ。

途中で足を踏み外したり、転んで怪我をしたり、人とぶつかったり、ただ階段を登りたいだけなのに、なんだかわけのわからない重たい荷物をいっぱい背負っていて、一段上がるのもたいへんだったりする。

ーー

霊(ひ)だけなら、どこにでも瞬時に行けるし、空を飛ぶこともできる。

過去の世界や未来世界に行くことも自由自在だ。

それが「身(み)」の世界では、いずれもまったくできなくて、何をやるにも、一歩ずつ手順を踏んで前進しなければ先へ進めない。

しかも、手順を間違えたり失敗すると、出発地点どころかそれ以前の位置にまで戻されてしまう。

とにかく身の世界は、難題ばかりが続く。

ーー

人が生きる上で遭遇する数々の困難のことを、仏教では持って生まれた「業(ごう)」と表現する。

色んな人生があるがそれは、それぞれの人が、自分で選んで(設計して)生まれてきているのだ、というわけだ。

設計図は、もちろんその人にとって良いこともあれば悪いこともある。

けれど、もともと人生というものは、今生での霊(ひ)の成長を目的としている。

だから、どちらかというと苦労(困難)に感じることの方が多い。

ーー

ところが、人生で起こる困難をどのように工夫しても克服できない場合が出てくる。

下手をすると自分ばかりか他者や社会をも害してしまう。

わかりにくいのは、人にはそれが、「設計図を忘れたから」なのか、「それもまた設計図のうちの出来事」なのかがわからない。

わからないから、ついには自分の業を恨むことになってしまう。

ーー

お話したいことは、その「設計図を忘れたとき」のことだ。

自分がなんのために生まれてきたのか。
自分はどうしたいのか。
何をしたいのか。
どうなっていきたいと思うのか。

人の脳の新皮質の中に、生まれてから今日までのすべての経験が、記憶として蓄えられていると言われている。

つまりもともとの霊(ひ)の設計図は旧皮質の中にあるので、新皮質が優位になると、それを見失しなってしまうことになる。

そして、時には自分が絶対だと思い込み、大勢の人を殺してもなんとも思わないような残酷さを、発揮してしまう。

ーー

霊(ひ)は永遠の存在、身は今生限りだ。

心を空(から)にして、今この瞬間を生かされているよろこびを素直に感じ取ってみる。

そしていつも自分と共にいてくれる自分の霊(ひ)に感謝する。

そうすることで、霊(ひ)が身に自分の使命(設計図)を思い出させてくれるかもしれないのだ。

2020年2月 2日 (日)

ミーちゃん帰ってきたの?

ーー以下youtubeより抜粋編集

私が嫁いで家を出てしばらくして夫と実家に帰ると、キジトラ猫が砂場のある大きなケージの中に入れられていた。

がりがりにやせていて所どころ毛が抜け赤くなった皮膚がむき出しになっている。

そこにいた父にどうしたのと聞くと、この前スーパーへ母さんと一緒に買い物に行ったら、その途中にこいつがいて、母さんにニャーニャーと、すり寄ってきたのだという。

母さんはこのまま放っておいたら死んでしまうので飼いましょうと言って、すぐに運搬用のかごや砂場それに大量の猫餌を買い、この大きなケージを持ってきてくれるように注文して、帰りに、かごにこいつを入れて持って帰ってきたんだ。

汚いし、野良猫は家猫と違って懐かないと言ったのだが、母さんは聞かなかった、今はミーちゃんて呼んでるけどね。

連れ帰った後、洗ったり、獣医に診(み)せたり一生懸命に世話しているし、母さん以前より元気になったので、俺も手伝って世話しているのだと言った。

「これでもずいぶん元気になったんだ」

ーー

その3年後に父が突然心筋梗塞で亡くなったので、葬式に出るために実家に行ってみると毛並みの良い可愛いキジトラになっていた。

猫はすっかり母に懐いていて母の回りを離れずについて回っていた。

寂しくなるねと言うと、涙ぐんだ母だったが、「ミーちゃんこれからは二人きりになるね」と猫に話しかけていた。

ーー

それから7年ほどしてミーが老衰で死んでしまったと電話があった。

寂しがってるだろうとすぐに子供連れで行った。

母が見るからに寂しそうなので、また猫でも飼ったらと提案したけど、こんな悲しみは二度と味わいたくないと言って拒否した。

それから2年ほどして母から電話があった。

声に張りがあったのでどうしたのと聞いたら、ミーちゃんが戻ってきたのよという。

ーー

母がいつものようにボーと縁側に座って外を眺めていたら、子猫がやってきたのだと。

キジトラ猫だったので、ミーちゃん帰ってきたのというとニャーと鳴いた、それでミーちゃんが帰ってきたのだと思うと言った。

以来母はすっかり元気になって、ミーちゃんのことを電話してくるようになった。

ミーちゃんを近くのスーパーのペットショップに預けて、息子や娘の結婚式にも出てくれた。

ーー

その母が82歳を過ぎてからちょっと弱ったようなので同居しないかと話していたら、83歳の時に、お隣さんが、自宅の寝室で死んでいるのを見つけてくれた。

猫がよく鳴くので不審に思い、尋ねたら玄関の鍵もかかっておらず入ってみると、枕元で猫が鳴いていたという。

葬式に実家に帰った時、ミーちゃんを連れて帰るつもりで、方々探し回ったがどうしても見つけられなかった。

そして母の死後1っか月ほどして親戚の者が実家の様子を見に行ったときキジトラ猫が母が死んでいた寝室で死んでいたと知らせてくれた。

戸締りはきちんとしていたので、猫がどうして入(はい)れたのかわからないと言っていた。

その話を夫にすると「ミーちゃんは大好きなお母さんの元に帰っていったんだな」と夫は言った。

2020年1月13日 (月)

男女同権思想は今世紀最大の嘘である

ーー以下「大紀元時報Suzanne Venkerコラム」より抜粋編集

以前、私はビバリーヒルズに住むあるバツイチの不動産業者からメールを受け取った。

親愛なるスーザンへ

「貴方の記事を読みました」

「私の娘のことで相談があります」

「娘は38歳のキャリア・ウーマン、高学歴(アイビー・リーグ卒)で創造力豊か、知的で洗練された、愛情あふれる成功者です」

「モデルのような体型で非常に魅力的ですが、驚くことに彼女は理想のパートナーを見つけられないのです」

「私から見れば、娘は無意味な関係に無駄な時間を費やしてきました」

「娘はそれに不満を持っているし、何より子供を欲しがっているのです」

「娘の友人は全員結婚していて子供もいます」

「娘がなぜ理想のパートナーに出会えないのか、私にはさっぱり分かりません、アドバイスをいただけないでしょうか」

ーー

このメールを書いた人の悩みは、珍しいものではない。

今日、多くの女性が同じ問題に直面している。

彼女たちは人生の成功者かもしれないが、愛を得られないのである。

さらに、彼女たちがたとえ結婚相手を見つけたとしても、それは長い戦いの半分が終わったにすぎないのだ。

ーー

悲しいかな、女性は相手を見つけたとしても、どうやって結婚を維持できるのかが分からないのである。

「夫を保つ」という言い方は、適切ではないかもしれない。

なぜならば、離婚を要求するのは男性側だけではないからだ。

70%の離婚は妻側からという報告もある。

ーー

こじれた男女関係の原因はたくさん考えられる。

その中でも突出しているが男女同権の考え(フェミニズム)なのである。

女性も男性のように、後腐れのない自由なセックスができると教えたのは男女同権思想である。

「男に頼るな」と教え、夫と子供は自分のキャリアの邪魔になると提唱したのも男女同権思想だ。

男女同権思想では、家族を作るよりも、外で働くことを奨励し、女らしさをバカにする。

ーー

男女同権思想で最も注目すべきことは、男女の性は「平等」だという主張であり、アメリカ人はそれを受け入れた。

それは、性の価値が平等という意味ではなく、男女の性を「同じ」とする概念である。

男女同権思想は、もし両親や社会が許容すれば、性は変換可能であると言う。

女性は男性と同じ事ができるし、同じ選択ができる。

男女同権主義者によれば、性別の違いはすべて社会構造(文化)に由来するのであり、身体的な相違は何の関係もないのである。

ーー

しかしこの考え方は、今世紀最大の嘘である。

それにも関わらず、男女同権主義者たちの企みは成功し、男女の性の区別や、社会で男性と女性の役割を分けることは、いまや時代遅れと思われている。

しかし、問題は、この思想がこれまでの歴史になかった考えで有り、私たちがまだそれに代わるよい社会制度を持っていないことである。

その結果、結婚を望みながら結婚できない人たちや婚姻関係を維持できない人たちが増え、子育てがうまくいかなくなったり、少子化による社会の衰退が起こっている。

多くの男女が、結婚し子供を産み育てるという、これまで当たり前に成り立っていたやり方がわからなくなっているのだ。

ーー

例えば男女のカップルができたとして、つぎのようなことを考えなければならない。

どちらがデートに誘えばいいのか?
夕食をご馳走するのはどっち?
子供を育てるのはどっち?
どっちの仕事を優先すべきなのだろうか?

しかしこれらの質問は、私たちの母や祖母の世代には存在しなかった。

しかも、この問題は非常に深刻になっている。

ーー

人類学的な真実を述べよう。

男性と女性は明確に異なり、互いに補完する存在である。

これは人間の身体だけを見ても明らかであり、しかもそれがすべてではない。

私たちの心理社会的な要素や、感情的な相違も、男女の違いに大きく貢献しているのである。

ーー

性の特徴も、男女で全く異なっている。

女性はオキシトシンのレベルが高いため、必然的に絆や相手との関係を重視する。

女性のアイデンティティーは人間関係が重要な部分を占めるため、多くの女性が恋愛のハウツー本を買うし、ラブ・コメディー映画を好むのである。

一方、テストステロンの多い男性は、欲望を掻き立てられやすく、感情とセックスを切り離すことができる。

男性のアイデンティティーを確立するのは仕事である。

それをなくしてしまえば、彼は自分を失ってしまうのである。

ーー

これまで、欧米社会は性別の違いを無視してきた。

その代わりに、私たちは誤った考え(思想)で人生を送ろうとしてきたのである。

女性は、(そんなことは望んでいないのに)後腐れのないセックスを楽しめるフリをしてきた。

女性も男性と同じく、結婚して子供を作ることを延期しても大丈夫だというフリをしてきた。

女性は、性的にも、またはその他の面においても、はっきりと男性とは異なるにも関わらず、これらすべてを演じてきたのである。

ーー

良い関係を保つために、カップルはまず男女の違いを認識し、お互いの価値を認めることが大切である。

男性は平均的に、そして多くの場合、男らしい性質を持つ。

従って、男性は剛直で男らしいのである。

一方、女性は平均的に、そして多くの場合、柔和で女らしい。

従って、女性は気配りのできる優しい性質を持つのである。

もちろん、部分的に重なるところもあるだろう。

しかし、このような本来の性質を無視することは、男女の対立を増やし、お互いが自分が望んでいない人生を送ってしまいかねないのである。

ーー

性別の相違、また性的な不平等が、私たちの愛を育むのだ。

もしそれに感謝することができれば、妻は彼女の夫がなぜそうなのかと悩む必要がなくなる。

夫は男だから、そのように振舞うのだ。

同様に、男性も妻の行動が理解できるようになる。

彼女がそうしたのは、彼女が女性だからだ。

もしお互いが相手との違いを認めるのならば、関係はスムーズになるはずだ。

男女は同じであるという偽りの平等主義に従うよりも、このアプローチの方が、より解放的だし、愛を感じられる分、実りの多いものになる。

ーー

すべての不仲の原因は、男性と女性が同じ立場を主張することで、互いに争うからなのである。

つまり愛し合わないからである。

永続的な愛をみつけたいのなら、男女には身体的そして精神的な差があると認め、お互いがそれを尊重すべきなのだ。

男女の違いを見つけて、それを非難しあうようなことをしてはいけないのだ。

あなたが求めているものは、男女が非難しあうことではなく、信頼しあい愛し合うことであるはずだ。

(英文大紀元寄稿文、翻訳編集・郭丹丹+縦椅子)

2020年1月 1日 (水)

日本人は、東日本大震災のような大規模災害があると、互いに助け合い、協力しあって災害を乗り越えます

あけましておめでとうございます。

今年は東京で二回目のオリンピックが開催されます。

その一方で、支那・南北朝鮮は恐らく大乱になるでしょう。

どうか読者のみなさまそして日本国民がこの激動にうまく対処できますように。

ーー以下「ねずブログ」より抜粋編集

日本人は、東日本大震災のような大規模災害があると、互いに助け合い、協力しあって災害を乗り越えます。

なぜ日本人はこうした行動を自然にしてしまうのか。

これは単に「人には生まれてからの記憶しかない」とするのでは説明がつかないことです。

ーー

精神分析学では、意識している自分つまり自我というのは、無意識によって動かされていると考えます。

その無意識については、自我を動かしている性欲や生存欲のような存在をイド。

その個人が属する社会が作り上げたものを超自我として、超自我は自我とイドを動かしていると考えます。

つまり「超自我⇒(イド⇒自我)」という感じになります。

ーー

それでは、日本人が、危機に直面した時の行動についてこの考え方ではどのように説明できるのか。

日本人が属している社会が作り出す超自我が、そのような行動を引き起こしたのでしょうか。

ところが、日本社会は、戦後在日・反日勢力によって、「護憲・東京裁判史観・侮日」を強制され、自分勝手に好きなように生きるべきだとされ協力しあうなどという行為を否定されてきたのです。

ということは、この超自我では日本人の行動を説明できないということになります。

ーー

それではどのように考えれば日本人の行動を説明できるのか。

日本人は、仏教伝来以来、分かっているだけでも千年以上唯識という考え方に接してきました。

「色即是空」つまり簡単に言えば、我々が生きている世界は脳が作り出したもので実在しない、というものです。

ーー

脳の作用、これを仏教では識(しき)と呼んでいます。

それには、眼、耳、鼻、舌、身、意、茉奈(まな)、阿頼耶(あらや)の8識があると。

「眼、耳、鼻、舌、身」これは感覚として視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚、「意」は知・情・意を意味します。

ここまでが六識です。

ーー

その六識を動かしている存在が末那識(まなしき)で、ここに自己の本体があるとされます。

これが第七識です。

そしてその奥に第八識、根本識ともいわれる阿頼耶識(あらやしき)があるとしているのです。

ーー

阿頼耶識には、胎内にいるときから現在に至るまでの「あらゆる知識経験、種子(しゅうじ)」が貯蔵されていると考えられています。

いずれにしても、唯識の考え方に接したことのある人物は、知覚している自分を動かしている八識の存在について知っていたことになります。

ーー

神道では、我々には魂が宿っており、その魂は神々に通じていると説きます。

其のことを理解するために、「次元」の話をします。

もっとも簡単な説明は、3次元までは、まったく動きのない(つまり時間の止まった)世界。

そして4次元になると、時間軸が加わって、3次元の立体内が動きを持つようになる、と。

ーー

私達は、生まれたときから、成長するにしたがって、身長も体重も外見も変わりますが、それは3次元空間に時間軸が加わった4次元の世界に、我々が住んでいるからだ、というわけです。

ーー

我々の脳は三次元・・・つまり今のこの瞬間しか知覚できません。

我が国では、神とは、ご先祖をずっとさかのぼった、人々の共通のご先祖という考え方をします。

よく「神語(かんがたり)は、我々の共通のご先祖の物語であって、すべて真実だ」と言われるのは、そのためです。

ーー

たとえばアマテルカミも現実においでになられ、人々が現実に参拝しています。

要するに神道での神様というのは時空を超越しておいでなので、過去現在未来と呼ばれる時空間のすべてに存在されている、という理解になるわけです。

神道では、神々の世界は時空を超越するわけです。

輪廻転生の、その生まれ変わる先は、もしかすると過去かもしれない、ということになります。

従って、21世紀の初頭を生きている我々が、死んだ後に縄文時代に生まれ変わる、なんてことも起こり得ると考えるわけです。

ーー

こうしたことは、なにやらわからない不合理な世界のように考えられてきました。

しかし、近年の理論物理学では素粒子の動きを説明するために11次元の世界を想定しているのです。

つまり素粒子の動きは4次元世界では説明できないが、その不思議な現象もようやく11次元の世界から見ると合理的(数式で説明できる)な現象になる。

そんな世界が、ひょっとすると神道の世界なのかもしれないとも思っています。

ーー

神道では今生の記憶は記憶として「身に備わる」と考えます。

言い方を変えると、胎内にいるときから死ぬまでのすべての記憶は身(み)に蓄えられる。

けれども人というのは、単に身(み)だけの存在ではなく、霊(ひ)と合わさったのが、人だと考えているのです。

ーー

神道では人の身(み)には、霊(ひ)が備わると考えるのです。

ーー

これを大和言葉で言い表したのが、「ひふみ」で、「ひふみ」を漢字で表現すると「霊(ひ)生(ふ)身(み)」です。

つまり「霊(ひ)から身(み)が生まれる」というのが、簡単に言うと「ひふみ」の意味なのです。

この意味を残すために、昔の人は、数詞「ひふみよいむなやこと」を覚えるために数え歌を作ったのでした。

ーー

そして意識と呼ばれるものは、胎児だった頃からの身(み)の記憶であり、霊(ひ)の記憶があると考えます。

その霊(ひ)は、そのご神体である神々の記憶(知恵)でもある、と考えられてきたのです。

人は、行者となり穢れを祓い、行(ぎょう)を行い神とつながりたいと念ずることによって、自分に備わった霊(ひ)とその御神体である神と結びつくことができて、神々の記憶(知恵)を得ることができると。

ーー

日本社会の最大の誇りとすべきは、過去の様々な時代における記憶(知恵)が、ずっと現代にまで継続して生きているということです。

早い話、十七条憲法の「和をもって貴しとなす」は、西暦604年に発布されたものですが、いまでも日本人のなかには、十七条憲法の精神が息づいています。

日本以外の西洋や東洋諸国では、支配者が交代するたびに、それまでの知識や経験が、すべて失われてしまっています。

つまり新たに支配者となった者は、いわばゼロからその国を開くことになる。

それまでその土地で築き上げられた知恵が失われてしまってきたわけです。

ーー

(我々がよく知っている支那・朝鮮では、王朝交代毎に知識層が殺され歴史(伝統・文化)が分断されてきたのです)

ーー

ところが日本では、縄文時代、あるいはもっと古い時代から万年の単位で続く思想や知恵が、そのまま継続して現代にまで活かされている。

これこそまさに、世界に誇るべき、すごいことです。

ーー

日本人は、阪神淡路大震災や東日本大震災では、互いに助け合い、協力しあって災害を乗り越えました。

これは瞬時にして霊(ひ)の記憶を呼び覚まして起こした行動であると言ってよいでしょう。

こうした行動は「人には生まれてからの記憶しかない」とするのでは説明がつかないのです。

ーー

日本は過去を抹消することなく続いてきた国であるので、過去から学ぶことができる。

そんな私達の国・日本に伝えられてきた文化は、もしかすると進んだ内容を持っている可能性が出て来た。

私は、日本は、3万年以上にわたって一度も滅ぼされることなく知恵を継続し蓄え進化させてきた国であると思っています。

2019年12月14日 (土)

この脳の特性を理解し、良い言葉を日常的に使うようにしましょう

ーー人の悪口を言うと、自分自身が傷つく理由。【脳科学】

http://matome.naver.jp/odai/2136590852040993701

脳は主語が理解できない

私たちが日頃何気なく使っている言葉が、脳と体に大きく影響しています。

例えば、脳は主語を理解できないという性質を持っています。

主語が理解できないので、自分が発した言葉全てを自分のこととしてとらえてしまいます。

ーー

※ここで言う「脳」は、「古い脳(旧皮質)」を指しています。

ーー

大脳新皮質(理性・知性の脳)を「新しい脳」、それ以外を「古い脳」と呼びます。

人間特有の高度な精神活動を担当する「新しい脳」のほうは主語を認識できているのですが、感情を司る「古い脳」のほうは認識できず、新しい脳から送られてくる情報をすべて鵜呑みにしてしまう性質があります。

だから、人の悪口を言うと、脳の中では自分が悪口を言われた時と同じ状態になる。

ーー

つまり、相手の悪口を言うと、自分自身に悪口を言っていると判断し、自分も傷つき気分が悪くなります。

人をけなしてばかりいる人は、なぜか自己嫌悪に陥っていくのはそのためです。

そして、より、人に対して攻撃的になります。(自分が自分を無意識に攻撃している状態となるわけですから逃げようがありませんね)

ーー引用ここまで

ーー以下「黄金の~ブログ」より抜粋編集

その通り、大脳の旧皮質は、無意識をつかさどるところで、主語を理解できない。

そして、意識している自分(自我)というのは通常、無意識によって動かされている。

その人の生きざまを決めてるのは無意識、つまり新皮質ではなく旧皮質なのです。

ーー

催眠術で催眠状態から覚めた後の行動を指示すると、被術者は暗示通りに行動するがその行動について説明できない。

この事実から、精神分析学を確立したジグムント・フロイトは意識している自分というのは、無意識によって動かされていると考えた。

つまり、意識している自分というのは実は存在せず、それは無意識によって動かされているのではないかと。

ーー

そして彼は、意識している自分について自我、超自我、イド(エス)に分けた。

イドとは本能(無意識)と考えればいいだろう。

超自我というのは自我やイドを制御している無意識だ。

ーー

いわば旧皮質は超自我であり、他人と自分の区別をつけない。

人はあれは隣の奥さんで、こっちが私の妻で、あれはポチであれはコロで等々、個体に名前をつけて認識しています。

でも、それは新皮質がやっていることで、旧皮質は他人と自分を区別などしない。

ーー

人の悪口を言うと、他者を区別できない旧皮質は、自分の事と認識してしまう。

つまり、他者を悪く言うと(無意識の)自分が傷つく。

人の悪口ばっかり言って、批判している人に明るい人を見たことがない。

そういう人は、どこか影があり、不幸そうに見える。

ーー

それともう一つ。

例えば反原発系の情報を書いてる人とか、「あいつをやっつけろ!」とか「安部は悪魔だ!」とか、本人は正義のつもりでやってるのかもしれませんが、そういう攻撃性の強いサイト。

そういうサイトを読むと無意識レベルでは、確実に自分を攻撃していることになる。

書いてる本人は自分を傷つけてるのが分かってない。

ーー

そんなものばかり見てたら悪口や攻撃が無意識にどんどん蓄積していく。

そして幸せ感がなくなり、暗くなる。

ーー

さっきの続きでタイガーウッズさんの話が載ってました。

ーー引用はじめ

スポーツの試合で、どうしても勝ちたくて【あ~相手がミスればいいのに】【相手のシュートが入るな ! 】などと思うことが、ありますね!

それは、知らないまま自分で自分に呪いをかけていることになっているのです。

反対に、相手を褒めれば、自分が褒められたのと同じ状態に。

反対に相手を褒めてあげると、自分が褒められたと思い、気分が良くなり自尊意識が高まります。

ーーTiger-Woods-has-pulled-ou-014.jpg

タイガーウッズは、ココ一番の大勝負の瞬間、対戦相手が上手くいきますように!と祈るそうです。

相手という自分に余計な呪いをかけない!

だから自分を妨げる思いが少ないのです。

その結果あれだけの成果を出せるのです。

凡人とは逆の思考なのです。

ーー

この脳の特性を理解し、良い言葉を日常的に使うようにしましょう。

相手にかける言葉を大切にすることが、結果的には自分自身も大切にしていることにつながります。

ーー引用ここまで

うーん、すばらしい。

タイガーウッズさん、やはり凡人ではない。

2019年10月17日 (木)

忘れ去られる勝利もあるが、この試合はずっと語り継がれる

ーー以下「newsまとめもり」より抜粋編集

スコットランドメディア「忘れ去られる勝利もあるが、この試合はずっと語り継がれる。日本を讃えよう」

1: 2019/10/14(月) 16:51:08.50 ID:DoiUTnz80

【エディンバラ共同】ラグビーの強豪として確固たる地位を築いてきたスコットランドの地元メディアや熱戦を見守ったファンからは、ワールドカップ(W杯)で初の8強入りを決めた13日の日本代表のプレーを惜しみなくたたえる声が相次いだ。

「結果を嘆くよりも、今年最高のラグビーを見せてくれた日本をたたえよう」

14日付の地元紙スコッツマンに寄稿した名物コラムニストは、日本の「技術と断固たる決意」に感銘を受けた様子。

「忘れ去られてしまう勝利もあるが、この試合はずっと語り継がれる」

として「全てのコーチは(日本戦の)ビデオを選手に見せるべきだ」と訴えた。

https://this.kiji.is/556377252804625505

ーー

16: 2019/10/14(月) 16:54:00.15 ID:Q6/nsotMr

いや試合前の訴訟云々込みで語れや

32: 2019/10/14(月) 16:57:23.36 ID:uMuAGCJY0

>>16
試合せずに結果決まるなんて納得出来んわ→試合した上で負けたから賞賛するわ、一貫してるじゃん

17: 2019/10/14(月) 16:54:41.15 ID:eLgVXfgyd

まあラグビーって他のスポーツよりもずっと激しいスポーツやし試合後にはちゃんと互いにリスペクトし合わないと成り立たんわ

24: 2019/10/14(月) 16:55:38.19 ID:O/1x2ltad

スコット代表「おめでとう!君たちなら南アに勝てる」
日本代表「尊敬してます。試合できて良かった」

ーー選手もノーサイドの精神

https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

no title流 大 Yutaka Nagare

@ngrytk9
試合後ロッカーでジャージを交換しました。「本当におめでとう、君達なら南アフリカに勝てる、頑張って」
紳士的で本当に尊敬できる選手だと思います。偉大な選手とプレーできたことよかったです。

View image on Twitter
62.5K
10:16 AM - Oct 14, 2019
Twitter Ads info and privacy
9,545 people are talking about this

ーー

65: 2019/10/14(月) 17:02:28.39 ID:19L/Pssj0

>>24
ロッカーでは交換してたんか、あんまやってないからどうかとおもってた

74: 2019/10/14(月) 17:03:31.14 ID:Bn04gtMmd

>>24
この流大って選手すごいよな、165㎝71kgで、所属チームでは入団2年目からキャプテンを任されて優勝したんやろ?

人格者なんやろな

123: 2019/10/14(月) 17:10:38.22 ID:QwlnEJs1d

ローカールームでは互いにたたえあってるぞ>>24

ーー

30: 2019/10/14(月) 16:57:03.53 ID:lm/wUnZad

なんか捻くれてるやつ多くね?
試合後にお互いを讃え合うのは良いことやと思うで
スコットランドは凄いチームや!
それに勝った日本は凄い!でええやん

ーー

34: 2019/10/14(月) 16:58:03.84 ID:cLibHnVKd

もし日本が何かの大会で「試合中止で日本は予選敗退な」とか言われたらお前ら絶対文句言うやろwww

47: 2019/10/14(月) 16:59:36.36 ID:MZNzPtBZd

>>34
これ
スコットランド人なんてまともな自然災害体験したことないやろ
だから舐めたこと言ってたわけで
本番日本の自然災害を体験した後は「こんなに凄い台風だとは知らなかった。試合をしてくれる日本に感謝する」って言ってたやん

169: 2019/10/14(月) 17:17:09.55 ID:RrQDwuYh0

>>34
ワイらが言うのと協会のトップが言うのは違うやろ

ーー

36: 2019/10/14(月) 16:58:21.92 ID:UoWtNAF80

まあ中止があって引き分け扱いになるってのは明らかにおかしいわけで
訴訟はともかく騒いでくれれば次回から代替案が出てくるかもしれず

ーー

57: 2019/10/14(月) 17:01:03.92 ID:u28dQmmMM

【朗報】なんj民、ラグビーを通じてノーサイド精神を覚える

60: 2019/10/14(月) 17:01:46.27 ID:Dx+QiBsG0

>>57
ええことやで
根付いて欲しいわ

61: 2019/10/14(月) 17:01:48.50 ID:VbBfgQByd

>>57
三日もたたずに忘れるんやろなぁ…

ーー

92: 2019/10/14(月) 17:06:01.13 ID:q9XSBLr+0

>>57
なんJ民もスレ落ちたらノーサイドよ

186: 2019/10/14(月) 17:19:27.77 ID:CKbwtqpi0

>>92
次スレで前スレのレスに安価飛ばして続行するぞ

ーー

115: 2019/10/14(月) 17:09:36.30 ID:hEJ7+tqDa

協会とHCは単純に台風舐めてただけやろ
今は多分余計なこと言わなきゃよかったと思ってるから許したれや

118: 2019/10/14(月) 17:09:59.12 ID:fm/VMAf60

これは紳士

ーー

2: 2019/10/14(月) 16:51:23.95 ID:lwEllNzfd

サンキュースコット

2019年8月11日 (日)

亜鉛や鉄、ビタミン類、マグネシウムなどいずれの栄養素が欠乏していても抑うつ状態になる

かつて脚気は森林太郎(鴎外)らによって細菌感染症の一種と考えられていたことがあった。

鴎外が軍医総監をしていたため、陸軍は白米を主食としていた。

そのため陸軍兵士の多くが戦闘行為によってではなく脚気で死ぬこととなった。

一方海軍は鴎外らの説を採らず、欧米海軍が採用していた全粒粉によるパンを主食に加え、脚気発生と脚気による死を防いだ。

ーー

脚気はのちに塩酸チアミン(ビタミンB1)欠乏症であることが日本人研究者によって発見された。

その発見について、辞書「ニッポニカ」は以下のように説明している。

「1910年(明治43)鈴木梅太郎が、動物の発育に必要で、それが欠乏すると脚気(かっけ)になる有効成分を米ぬかから分離し、イネのラテン名oryzaからオリザニンと命名した」

「これはビタミン発見の第一号であったが、それとほとんど同時にフンクが同様の有効成分を分離してビタミンと命名し、これが世界的に通用するに至った」

「1911年に三共(現第一三共)株式会社より脚気治療薬として商品名「オリザニン」が発売された」と。 

ーー

各種栄養素の絶対的または相対的な不足は、心身に悪影響を及ぼすことが知られている。

疾病について何らかの栄養素の欠乏を仮定して治療しているオーソモレキュラー療法を実行している人たちもいる。

Orthomolecular medicine、「栄養療法」「分子整合栄養医学」とも称され、栄養素-適切な食事や補助食品(サプリメント)を用いて、身体を構成する約60兆個の細胞のはたらきを向上させて、様々な病気を治す療法。

日本にもオーソモレキュラー医学会(JSOM)があり、この7月20〜21日に第一回医学会が開催された。

そこで精神病についても栄養素の欠乏が見られるという報告がなされたのだという。

ーー以下medicajtribune(松浦庸夫)2019年08月05日より抜粋編集

第1回オーソモレキュラー医学会で、奥平智之氏が講演し、亜鉛や鉄、ビタミン類、マグネシウムなどいずれの栄養素が欠乏していても抑うつ状態になるとした。

しかし同氏は、精神科領域では、患者の栄養状態が把握されずに治療が行われているケースが多いと指摘し「栄養精神医学」の重要性を訴えた。

同氏は山口病院(埼玉県)精神科部長。

ーー

また氏は、うつ病、双極性障害、統合失調症、認知症、パーソナリティ障害などの精神疾患の症状には、栄養状態に問題が潜在しており、それによって病態が修飾されている可能性があるという。

同氏は今回、ビタミンDおよび鉄の欠乏と精神疾患との関連について解説した。

ビタミンDについて日本骨代謝学会他が共同で2016年に刊行した『ビタミンD不足・欠乏の判定指針』では、骨の観点から血清25-ヒドロキシビタミンD〔25(OH)D〕値が30ng/mL以上を「充足」とする一方、30ng/mL未満を「不足」、20ng/mL未満を「欠乏」と定義している。

ーー

これに対し同氏は、双極性障害や統合失調症などの精神病圏患者では25(OH)D値が30ng/mL未満の割合は86%に上り、一般人口と比べ12ng/mL未満の割合は4.7倍高いとの報告(J Clin Psychopharmacol 2016; 36: 588-592)などを紹介した。

さらに自施設においても、統合失調症で入院した男性患者の平均25(OH)D値が10.9ng/mLであり、10ng/mL未満の割合が40%であったとのデータも公開。

こうしたさまざまな各種疾患の論文などに基づき、同氏は血中の活性型ビタミンD濃度について、40〜60ng/mLを「理想値」(至適値)と定義した独自の判定指針を提示した。

ーー

同様に、鉄についても奥平氏は精神疾患患者との関連を示す報告を紹介。

鉄欠乏では、統合失調症の初発陰性症状との有意な関連を示す報告(Nutrients 2016; 10. pii: E1707)、

そして小児の注意欠陥・多動性障害(ADHD)患者の84%で血清フェリチン値が30ng/mL未満であったとの報告(Arch Pediatr Adolesc Med 2004; 158: 1113-1115)に触れた。

また、鉄補充により「貧血がない母親」の産後うつが有意に改善した二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験の結果も提示した(Eur J Nutr 2017; 56: 901-908)。

また、鉄がドパミンの正常な働きに関与していることから、同氏は「一部の統合失調症、抑うつ状態、発達障害(ADHDなど)の症状に鉄欠乏の症状が修飾されている可能性がある」との見解を示した。

ーー

では、実際の臨床現場ではどのような対応をすべきか。

同氏の場合は、待合室での待ち時間に、各種栄養素に関するチェックリストへの記入を患者自身に依頼している。

が、これは患者教育の役割も担っている。

同時に、血液検査を行った上で各患者の栄養状態を把握し、専門家のアドバイスの下で、食事の改善をベースに、栄養補助剤を勧めるという。

特に鉄剤や鉄サプリメントの場合は、「炎症があると、腸管からの吸収が阻害され、吸収されなかった鉄が腸内環境を悪化させる可能性がある」。

それゆえ、微細な炎症の有無も確認することが必須とした。

ーー

最後に、「単にサプリメントで補充するのではなく、食事を中心とした生活習慣の改善が重要であることは言うまでもない」と述べ、講演を締めくくった。

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31