無料ブログはココログ

« また太陽光パネル炎上 | トップページ | 大谷選手が賭博に関与していなかったことがほぼ明らかになった »

2024年4月19日 (金)

孫正義の売国企業シリーズから、LINE問題

ーー以下ttensanブログ24/4/18より抜粋編集

LINEの情報漏えい LINEヤフーに2度目の行政指導 総務省】LINEの利用者の大規模な情報漏えい問題で、総務省は16日に運営会社のLINEヤフーに対し、再発防止策の内容が不十分だとして、2度目の行政指導を行いました。LINEの利用者の大規模な情報漏えい問題では、運営会社のLINEヤフーに対し、総務省が3月に行政指導を行い、会社は4月1日、再発防止策を提出していました。これについて総務省は、この内容が不十分だとして16日、会社に対し2度目の行政指導を行いました。会社が提出した再発防止策では、▽情報漏えいの原因となった韓国のIT企業、ネイバーとのネットワークの完全分離について、再来年12月までに行う予定としていました。これに対して総務省は、「対策を加速化する必要がある」としています。また、▽会社側がサービスの開発などのネイバーへの業務委託を順次、縮小・終了するとしたことについては、「見直しの具体策が示されていない」としています。一方、LINEヤフーの親会社にネイバーが50%出資している今の資本関係の見直しについて、親会社を含めたグループ全体での検討を早急に行うよう求めました。総務省が同じ問題で2度の行政指導を行うのは異例で、再発防止策の実施計画などについて7月1日までに具体的かつ明確に報告するよう求めるとしています。LINEヤフーは「今回の行政指導を真摯(しんし)に受けとめ、4月1日に提出した報告書の取り組みをさらに加速化してまいります」とコメントしています。(2024/4/16 NHK)

ーー

カカオトークのパクリとして開発されたのがLINE、そのこれまでの流れをざっくり。

ーー

2012年 日経新聞は「純国産・和製」と宣伝、紹介。(sankeibizでは韓国系と紹介)韓国の聯合ニュースは韓国アプリとして紹介。なお、LINEは韓国NAVER(NHN)の100%子会社である。

2014年6月 FACTAがLINEのデータは大韓民国国家情報院が収集・分析していると指摘。これに対して当時NHN Japanの社長だった森川亮は日本製で高度に暗号化もされていてデータも国内サーバで管理している旨をブログで反論。(2021年3月にLINEの情報漏洩が明らかになるとこの記事は無言削除されている)LINEを開発した李海珍は韓国科学技術院出身で韓国の情報機関の情報検索システムの開発などを手がけていたとされる。同年9月LINEはセキュリティーに対する懸念が払拭できないとして台湾政府は総統府でのLINE使用を禁止したことを発表。

2021年3月LINE Payの取引情報全てとLINEユーザーの画像、動画データなどが親会社のNHNの韓国のサーバに保存されている事実が報じられる。LINEの韓国子会社の社員に同データへのアクセス権も付与されていた。また中国の子会社からもユーザーデータにアクセスできるようになっていたことも判明。

LINE 2021年半ばまでにデータを全部日本に移す等の改善策を総務省などに説明

2023年4月 LINEヤフー、一部サービス利用者の情報が8年間第三者に閲覧可能な状態だったことが発覚

2023年11月LINEヤフー 不正アクセスによりユーザーの個人情報を含む漏洩があったと公表 管理をNHNの韓国の委託先で行っており、そこから流出していた。

ーー

ざっくりとこんな感じです。2021年に大規模な情報漏洩が発覚した時点でLINEは日本のユーザーや政府に嘘をついていた事がバレた形です。だからこそ元NHNJapan社長の森川亮は嘘がバレてしまった自身のブログの該当記事を削除したのでしょう。そして2021年半ばまでにデータは国内に移し、国内で管理するとか総務省に言い訳をしていたはずが、2024年現在でも実現されていないことも明らかになりました。

ですが、政商・孫正義は関連会社に総務省からの天下りを受け入れているため総務省は決してLINEを業務停止処分にしません。普通、政府を繰り返し騙していたのですから、それだけでも十分に業務停止処分に値する話のはずです。特に今回の情報流出でのLINEヤフーの言い訳が「情報漏えいの原因となった韓国のIT企業、ネイバーとのネットワークの完全分離について、再来年12月までに行う予定としていました」

再び大規模漏洩事件を起こして総務省に出してきた言い訳が「丸2年後くらいまでに韓国のネットワークから日本に移しますねー」です。それ2021年半ばに終わらせるって言ってたんじゃねーのかよ?って話ですよ。

ーー

「問題の原因である韓国NAVERの支配下から切り離す…!切り離すが!…今回まだその時と場所の指定まではしていない。どうかそのことを諸君らも思い出していただきたい。つまり…我々がその気になれば改善は10年20年後ということも可能だろう…ということ…! 」某漫画の利根川状態ですよ。

完全に日本政府をナメきっています。でも天下り枠さえ守れれば日本がどうなろうとかまわないと総務省のキャリアどもは相変わらずLINEヤフーを守ってるのでこうした舐め腐った対応をしてくるのでしょう。日本ってキャリアの天下りさえ受け入れておけばどれだけ問題があろうと処分されないんですから、政商孫正義にとってこんなチョロい国はないでしょう。

河野太郎問題だって孫正義による中国への売国ビジネスが根っこだと判明しているのに、マスゴミも霞ヶ関もろくに動かないんですからね。

« また太陽光パネル炎上 | トップページ | 大谷選手が賭博に関与していなかったことがほぼ明らかになった »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« また太陽光パネル炎上 | トップページ | 大谷選手が賭博に関与していなかったことがほぼ明らかになった »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31