無料ブログはココログ

« 買い手がつかなかったから日本が手を上げたんだろそっちで解決できるなら好きにしてくれ | トップページ | 普段のご高説とは真逆の言論封殺行為をするパヨクたち »

2024年2月 7日 (水)

ウクライナが負けたらこんな世界になる

ーー以下「日比野庵本館24/2/3」より抜粋編集

1月16日、第54回世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)でウクライナのゼレンスキー大統領が演説し「公正で安定した」平和をもたらすためにはウクライナにさらなる兵器が提供される必要があると語った。「ロシアと交渉しても、裏切られるだけだから無駄だ。西側諸国は事態のエスカレーションを心配して、武器供給を渋ってきたが、エスカレーションは起こらない。だからもっと武器をよこせ」と。

ゼレンスキー大統領は、プーチン大統領を侵略者だとし、その野望は止むことがないと断じている。ウクライナを代表する鋼管、車輪・車軸、鋼鉄のメーカーの1つであるインターパイプ・グループの創設者で、大富豪のビクター・ピンチューク氏は昨年12月13日、アメリカの政治紙「Politico」に「ウクライナが負けたらこんな世界になる」という記事を寄稿。概要は次の通り。

・ホワイトハウスは、ウクライナ支援のための資金が年末までに枯渇すると発表した。EUは、2024年3月までにウクライナに100万発の砲弾を提供するという発表した目標を大幅に達成できないと宣言した。これらは西側にとって壊滅的な失敗になると私が信じていることを予感させる冷静な言葉だ。

・ウクライナがロシアを押し戻せなければ、安定した膠着状態は存在しないだろう。ロシアはウクライナの「征服」に全力を注ぐだろう。マリウポリの征服で実証されたように、都市は完全に消滅するだろう。マリウポリではロシアが2万5000人を殺害し、住宅の90パーセントを破壊した。それがロシアの戦争のやり方だ。ロシア軍は、ロシアに「属する」ことを拒否する者を投獄、拷問、殺害する。ブチャの住民は3万7000人それが全滅した。ウクライナの人口は4400万人、ロシアが前進するにつれて、5、10、100、あるいはそれ以上のブチャが発生する可能性がある。

ーー

・ウクライナ人は現在までに630万人が国外に避難している。多くは新たな居住地で懸命に働いているが、欧州諸国はウクライナ難民1人当たり月数百ユーロの費用を負担している。ロシアの戦略には、ウクライナを居住不可能にすること、難民をヨーロッパに追い込むことが含まれている。例えば、ロシアの進出に伴いさらに500万人のウクライナ人が逃亡した場合、欧州はさらに月当たり数十億ユーロ、年間で数十億ユーロの費用がかかる。

・多くのウクライナ人が戦うだろう。西洋人は2022年2月24日、ウクライナ人が自由を維持するために命を危険にさらすことを知った。何十万人もの百戦錬磨の男女がゲリラ戦に臨む用意ができている。彼らは創意に富み、高学歴のエンジニア、発明家、ITスペシャリストが多くいる。ロシアがこれまで以上に残忍な弾圧で対抗すれば、これまで以上に激しいゲリラ戦が発生し、さらに多くの難民が発生する。

・一方、バルト三国とポーランドはロシアの脅威とそのハイブリッド戦争にさらされることになる。ウクライナではうまくいった、というのがクレムリンの論理だろう。モルドバとグルジアは軍事侵略に直面する可能性がある。

ーー

・同時に、欧州社会内部では、ロシアに同情する急進主義政党やポピュリスト政党が勢いを増すだろう。すでにいくつかの国では親ロシア政党が権力の座に就いているか、世論調査で上位を占めている。ロシアがウクライナに進出し、これらの親ロシア勢力が「正しい」ことが証明されれば、さらに多くの政府が参加する可能性が高い。

・EU国境のすぐ近くで攻撃的なロシアが激化しており、政府が現在計画している以上の抑止力が必要となるだろう。冷戦中の欧州の国防予算は平均GDPの3.5%だった。現在、ヨーロッパの多くの国ではその割合が2%を下回っている。冷戦レベルに戻ると、英国にとっては年間390億ドル、ドイツでは860億ドル、フランスでは430億ドルの増加を意味する。NATO全体として防衛支出をGDPの3.5%に達するには、さらに年間4100億ドルが必要となる。

・しかも、この驚異的な金額は、NATOの東側加盟国の1つに対するロシアのハイブリッド侵略から、ロシアとNATOの間の熱い戦争が発生した場合にはさらに増える。NATO同盟国は、おそらく自国の兵士も含めて、攻撃された敵を守らなければならないだろう。

ーー

・クレムリンがウクライナで成功すれば、世界中のテロリストにロシアが支援を強化するのは確実だ。イランや北朝鮮との協力も強化するだろう。国内外で死、テロ、恐怖を利用するこれらの政権は、西側諸国に挑戦するだろう。西側諸国に影響を与える新たな危機はすべて、西側諸国(そしてロシア)にとって良いことであるからだ。そしてもちろん中国は、西側諸国が自らが宣言するルールを守るかどうかを監視している。西側諸国には防衛できないと思えば、中国は台湾を侵略するだろう。

・もしあなたが自分の人生を大切にする西側の中産階級の国民であるなら、国際システムの組織原則、あなたが住んでいる世界の論調やイデオロギーのこの変化の代償は想像を超えるだろう。何十年にもわたって非常に高価になる。ウクライナが負けたらこんな世界になるのだ。今停戦すれば人命の損失と西側の出費は抑えられると思うかもしれない。しかし、ロシアが「休戦」に同意するのは、時間を稼ぎ、再集結して再び攻撃するための策略としてのみだ。

ーー

・西側がウクライナを放棄すれば、ロシアは満足し、獲得を消化するために内向きになるだろう。しかしウクライナからは暴力、苦しみ、混乱がヨーロッパ全土に流出しヨーロッパが不安定化する。しかもロシアは内向きにはならない。というのもクレムリンは最初から西側諸国と戦うと言っていたからだ。

彼らは自由と民主主義と同じくらい強力な独裁制を備えた新しい世界秩序を必要としている。ウクライナは計画の基礎だが、決して十分ではない。彼らはこのことについて率直に話している。したがって、西側諸国はウクライナへの支援を減らそうとも、西側諸国のコストが軽減されず、かえってコストは跳ね上がる。

・ウクライナを負けさせられないということになる。あなたはウクライナの勝利に貢献しなければならない。そして、次のことができる! ウクライナの勝利は可能だ。それは比較的安価なのだ。

ーー

・第二次世界大戦中、英国、ソ連、フランスに対する米国の支援は年間平均GDPの4.9%に達していた。朝鮮戦争は米国に年間GDPの2.8%の損害を与えた。「テロとの戦い」には米国に80兆ドルの費用がかかったと推定されている。これらの数字を、米国が今日までにウクライナに費やしたGDPの0.3%、EU加盟国が費やした平均の0.4%と比較してみよう(これには軍事支援だけでなく財政援助や人道援助も含まれている)。

・ロシアがウクライナに侵攻して以来、米国は国防予算のわずか3.9%をウクライナへの軍事支援に充てている。これによりこれまでヨーロッパでロシアを牽制し、さらに数百万人の難民を阻止し、イランと中国を阻止してきた。

・私はウクライナ人だ。私たちの英雄たちは前線で独立のために戦っている。しかし、私はあなたがウクライナの独立を大義とすることを主張しているのではなく、あなた自身の利益の観点からウクライナでの戦争をよく考えてほしいとお願いしているだけなのだ。

ーー

・私は、過去ほぼ2年間にわたり、米国、欧州、その他の西側諸国およびその他のウクライナの友人たちからの寛大かつ重要な支援に、非常に感謝している。そして私は、それを継続し、さらに多くのことを行うことが西側の基本的な自己利益にかなうと信じている。もっと早くやれ(もし西側諸国が昨年と同じように与えていたら、ウクライナはすでにロシアを撃退していただろう)。もっと多くの砲弾、戦車、長距離ミサイル、飛行機が必要だ。

・西側諸国のGDPのほんの何%かで、兵士を一人も戦場に送り込まなくても、西側諸国はウクライナが今日の西側諸国と国際秩序に対する最大の安全保障上の脅威を寄せ付けないようにすることができる。そうすれば、あなたは、西側諸国とその同盟国が自由​​と安全を堅固に守ることができる世界で、あなたが望むように、わずかなお金で自分の命を救ったことになるだろう。

・国防予算のわずか数パーセントを費やしてそれを達成することは、あなたにとって、ウクライナにとって、そして世界にとっても良い取引なのだ。

ーー引用ここまで

ピンチューク氏は、ロシアはウクライナの征服に全力を注ぎ、それを成し遂げた後には、バルト三国とポーランドがロシアの脅威に晒され、モルドバとグルジアは軍事侵略に直面する可能性があると主張している。一方、ウクライナ側が主張するロシアの「野望」について、そんな野望はないという意見もある。

チェコのヴァーツラフ・クラウス元大統領は、同じく今年のダボス会議で次のように挨拶した(抜粋)。

私たちの友人は、元中央ヨーロッパの政治家の観点から、ロシア・ウクライナ戦争という非常に危険なテーマについて一言発言してほしいと頼んできました。ウクライナの専門家であるふりをしているわけではないが、できれば、ウクライナの場合、共産主義から議会制民主主義、市場経済への失敗し未完の移行について、私は「未成功で未完了の移行」という言葉をかなり意図的に使用しましたが、それがこの議論に適切で関連性があると考えています。

他の旧共産主義国と比較すると、戦前のウクライナは、領土や住民構成に関して、西側型の民主主義国家、本格的な市場経済の国、あるいは統合された国家とは言えませんでした。これが事実ではなかったふりをし、ウクライナ領土での現在の戦争をあたかも孤立した場所で起こっているかのように議論することは、有益でも生産的でもありません。

このことを念頭に置いて、この戦争についていくつかコメントしたいと思います。

ーー

1.ウクライナ戦争全体は回避できたし、回避すべきであった。私たちは、私たち、そして世界の他の国々が失敗したことを認めなければなりません。この悲劇的な歴史的出来事の後、敗者だけが残ることがますます明らかになってきました。勝者はいないでしょう。戦争は世界を変え、私たち全員の運命を変えました。

2.特にヨーロッパと米国(そして私の母国であるチェコ共和国でも)におけるこの問題に関する地政学的な議論は、必要以上に表面的です。ウクライナ、地域全体、地政学的文脈全体に関する重要かつ関連する知識を避けてきました。特にここ数十年の一極世界が終わりを迎えたという事実にです。

3.その歴史的背景を忘れてはなりません。この戦争は2008年4月4日に始まりました。その日、ブカレストでのNATO首脳会議で、ウクライナとグルジアのNATO加盟が決定されました。私はそのイベントに出席し、そこに座っていましたが、起こったことは悲劇的な間違いであることをすでに知っていました。そこで反論してみました。この決定は、参加加盟国の大多数の立場に反して、またドイツとフランスの立場に反対して、米国と英国(ジョージ・ブッシュとゴードン・ブラウン)によって強行されました。そこで私はとても落ち込んだことを認めなければなりません。出席した大統領や首相の多くは、非常に長い夜の間、無責任にも沈黙していました。モスクワの米国大使W.バーンズが当時の米国政府に対し、これはロシアにとっていわゆる「越えてはならない一線」をすべて越えることを意味すると警告したこともよく知られています。

ーー

4.すべての証拠は、2022年2月24日、ロシア人はウクライナを占領するつもりはなく、キエフの体制を変え、ウクライナのNATO加盟の可能性を阻止するつもりだったことを示唆しています。だからこそ彼らはごく小規模な軍隊だけでウクライナに入国したのです。彼らがウクライナ全土を乗っ取ろうとする危険を冒すつもりがなかったのは明らかです。ロシア人は、2010年の重要な大統領選挙の結果、ウクライナ西部、北部、中央部では親西側候補が勝利し、東部と南部では親ロシア派候補が勝利したことをよく知っていました。この国の根本的な分裂に注意を払わなかったのは大きな間違いでした。

5.ウクライナ東部ではすでに2014年以来内戦が発生しており、悲惨な死傷者と人的悲劇が発生しています。

6.ほぼ2年間にわたる戦争を経て、紛争のすべての側が誤算を示したようです。ロシアやウクライナだけでなく、米国やヨーロッパ全体も同様です。

7.軍事情勢を見ると、1,200キロメートルにわたる前線は、小さな変化は別として、現在は多かれ少なかれ凍結されています。戦争の終わりは見えません。私たちが言うように、それは「星の中に」あります。

ーー

私は、先験的な偏見を持たずにこの問題を議論する必要があると確信しています。また、「両面主義」と呼ばれることもある新しい大衆的イデオロギーを受け入れることも避けるべきです。それはどこにもつながりません。手続き上のアドバイスしかありません。私のささやかなアドバイスは、交渉を始めることです。ロシアとウクライナだけの問題ではありません。

ーー抜粋引用ここまで

クラウス元大統領は、ロシアにはウクライナ全土を占領するつもりはなく、キエフの体制を変え、ウクライナのNATO加盟の可能性を阻止するだけのつもりだったとの認識を示しており、ウクライナの主張とは全然違う。

EUはウクライナ程には、ロシアを敵対視していない可能性があるが、ウクライナが自分の主張をEUおよび西側各国に認めさせるために、「俺達が負けたら、次はEUがロシアに襲われるんだぞ」と警告しているのだろう。これは、まさにグラスルの紛争エスカレーションモデルでいうところの6段階目の「脅迫戦略」に当たる。

ウクライナはロシアとの戦争でエスカレーションは起こらなかったといいながら、EUに対し、対ロシア認識を「エスカレーション」させようとしているとみることもできる。となると、気になるのはその先で、グラスルの紛争モデルでは、「脅迫戦略」の次の7段階目は「限定的破壊攻撃」となっており、これは「相手はもはや純粋な敵であり、人間性を持っていない。相手の火力を無力化して、自分の生存を確保する。真のコミュニケーションはない」という段階だ。

ーー

1月30日、イギリスのフィナンシャルタイムズ紙が「ヴァレリー・ザルジニーの解任は、ロシアの全面侵略以来最大の軍司令部の刷新となるだろう」という記事を掲載した。

・ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、2年前にロシアの本格的な侵攻が始まって以来、最大のウクライナ軍司令部の刷新となる、最高司令官の交代を準備している。協議に詳しい関係者4人によると、ゼレンスキー大統領は月曜日、ワレリー・ザルジニー国軍最高司令官に国防顧問としての新たな役割を提案したが、将軍は拒否したという。

・そのうちの2人は、ゼレンスキー氏がザルジニー氏に対し、同氏がその役職に就くかどうかに関係なく、現在の職から解任されることを明言したと述べた。4人は、ゼレンシキー大統領の事務所ではザルジニ氏を解任する決定が下されたものの、その計画に関する報道がウクライナのメディアに流れたため、しばらくは解任されない可能性があると述べた。

・大統領による将軍への新たな役職のオファーは、両氏の間の緊張関係の報道に支えられ、将軍の運命について数カ月間憶測が続いた後に行われた。ウクライナが大々的に宣伝した反撃が、失われた領土を取り戻し、クリミアへのロシアの陸橋を遮断するという野心的な目標を達成できなかったことを受けて、両国の緊張関係は11月に白日の下にさらされた。

ーー

・当時、ザルジニー氏は戦争が「膠着状態」に達していると述べ、大統領府はこの用語を使った同氏を非難した。月曜日、ゼレンスキー大統領の報道官セルヒー・ニキフォロフ氏と国防省は、ザルジニー氏の解任に関する報道を否定した。「親愛なるジャーナリストの皆さん、私たちは皆さんに即座に答えます。いいえ、これは真実ではありません」と同省は追加の文脈を提供することなくテレグラムチャンネルに書いた。大統領府は火曜日、それ以上のコメントを控えた。

・ザルジニー氏の解任はまた、ウクライナの一般軍および市民社会内で大混乱を引き起こす可能性があり、その中で同氏は絶大な支持を得ている。12月に発表されたウクライナの世論調査では、ウクライナ人の88%がザルジニー氏を信頼していると答えたのに対し、ゼレンスキー氏を信頼していると答えたのは62%だった。

・ウクライナの軍事史家ミハイロ・ジロホフ氏はキエフのラジオNVに対し、「これは軍の[士気]に非常に悪影響を与えるだろう」と語り、噂は「捏造」だと信じていると付け加えた。ザルジニー氏の後任は、戦場戦略を考案するために過去2年間将軍と緊密に協力してきた軍関係者を含む、ウクライナの西側パートナーを動揺させる可能性もある。

ーー

・キエフは米国とEUから数十億ドル相当の軍事・財政援助を受けられるかどうかを待っており、戦争は重大な岐路にある。ザルジニー氏は解任報道についてコメントしていない。しかし月曜日、彼はフェイスブック上でセルヒイ・シャプタラ参謀長との日付不明の自撮り写真を公開したが、その中で二人ともウクライナ軍のスウェットシャツを着ていた。

・ザルジニー氏の追放が差し迫っているという報道は、月曜日の夜、地元メディアや匿名の地元テレグラムチャンネルで広まり始めた。彼らは、2019年の選挙でゼレンスキー氏が敗北したペトロ・ポロシェンコ元大統領と緊密に連携する政治家らのパブリックコメントにも登場した。この問題に詳しい4人の関係者全員によると、ザルジニー氏の後任に誰が最高司令官になるかは不明だという。

・候補者として考えられるのは、ウクライナ地上軍司令官オレクサンドル・シルスキー氏と軍事情報総局長官キリロ・ブダノフ氏だ。両氏はゼレンスキー氏に近い。ウクライナの報道機関「ミラー・オブ・ザ・ウィーク」も、ゼレンスキー大統領の事務所関係者の話として、ザルジニー氏の解任の可能性を巡る議論を報じた。他の複数のメディアは、ザルジニー氏がすでに解任されているか、すぐに解任されるだろうと述べた関係者の話として報じた。

ーー引用ここまで

果たして、国民的に人気のあるザルジニー氏の解任があるのか。この報道の通りであるなら、重要な局面を迎えていると思われる。この報道を受けて、SNSでちょっと興味深い投稿があった。

キエフからは、ザルジニー氏が解任され、CIAのお気に入りキリーロ・ブダノフ氏がウクライナ軍を引き継ぐのではないかとささやかれている。これが本当なら、その理由は、以下だ。

ーー

ウクライナの本当の大統領であるビクトリア・ヌーランドは、原子力発電所を爆破するほど狂った人物を必要としており、ブダノフは彼女の相棒だ。彼女にはNATO軍がウクライナに入る口実が早急に必要だ。ロシアは米国の代理戦争に勝利しつつあり、ヌーランドには選択肢がなくなっている。

彼女の錯乱した頭の中では、NATOを巻き込む最善の方法は、ロシアが破壊したとされる原子力発電所からの放射能雲でヨーロッパ人に害を及ぼすことだ。プロパガンダメディアは戦争中そうしてきたように、その話を売り込み、真実を隠蔽するだろう。ブダノフがヌーランドの汚い計画を実行すれば、彼は次のゼレンスキーになるだろう。それが彼女の約束であり、彼の野心だ。

ザルジニーは空白を残すことになるだろう。ウクライナ兵士は燃え尽き果てた。西側諸国からの援助は一時的に枯渇した。プーチン大統領にとって、ロシアの条件に沿ってこの戦争を終わらせるチャンスは今だ。大きな押し上げが期待できる、からだと。

ーー

なんと、アメリカの国務次官のビクトリア・ヌーランド氏は、ウクライナ戦争にNATOを巻き込むために、ウクライナに原発を爆破させ、それをロシアがやったと宣伝する「偽旗作戦」を実行するためにCIAお気に入りブダノフ氏に軍を預けさせようとしているというのだ。原発爆破。まさに、グラスル紛争モデルの「限定的破壊攻撃」だ。

偶然か必然か、ヌーランド氏はこのタイミングでウクライナを訪れ、ウクライナ国防相と会談し、その後「ウクライナが防衛を強化するにつれ、プーチンは戦場で素晴らしいサプライズを見せてくれるだろうし、ウクライナは今年、非常に重大な成功を収めるだろう」などと意味深なコメントをしていた。

プーチン大統領がサプライズを見せる? 確かに原発が爆破されればサプライズであることは間違いないが、我々はそれにどう対処すべきなのか対処を間違えば世界は大混乱に陥る。

« 買い手がつかなかったから日本が手を上げたんだろそっちで解決できるなら好きにしてくれ | トップページ | 普段のご高説とは真逆の言論封殺行為をするパヨクたち »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 買い手がつかなかったから日本が手を上げたんだろそっちで解決できるなら好きにしてくれ | トップページ | 普段のご高説とは真逆の言論封殺行為をするパヨクたち »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30