無料ブログはココログ

« いかにこういう場所に対して反感や嫌悪感を持つ人が生まれるか?それこそが大事なこと | トップページ | 彼らにはウクライナ人がロシアの侵略に傲然と立ち向かっている姿は不可解なのだ »

2024年1月25日 (木)

ネアンデルタール人から継承したある遺伝子

ーー以下「丁寧語とかブログ240123」より抜粋編集

【感染症】 劇症型溶血性連鎖球菌感染症 2
●240121 【感染症】 劇症型溶血性連鎖球菌感染症
衛生的な日本でなぜか「人食いバクテリア」の感染が急増……感染すれば手足や臓器が壊死し致死率は30%
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1705675496/

恐怖の“人食いバクテリア”過去最多 致死率3割 東京で一番多い発症率 患者が語る片足切断
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1705910191/

1 名前:名無しさん@涙目です。(みかか) [US][] 投稿日:2024/01/22(月) 16:56:31.11 ID:QWAKuTyq0 [1/4] ?PLT(15000)
“人食いバクテリア”過去最多 致死率3割…「死を覚悟」片足失った男性 感染経路は いわゆる“人食いバクテリア”の感染症患者数が調査開始以来、過去最多となりました。番組では、感染して片足を失った男性を取材。謎の多い感染症の実態に迫りました。■“人食いバクテリア”感染なら…致死率3割森貴史さん(36)「即入院して、夜だったが、即集中治療室にすぐ通されて。その時は、少し死を覚悟しました」男性が感染したのは、“人食いバクテリア”。感染すれば、致死率3割に達すると言われている感染症です。感染した男性が、壮絶な体験を語りました。■原因は「A群溶血性レンサ球菌」 症状は… 調査を開始してから最も多くなった感染者数の報告を受け、厚生労働省は各自治体に患者の検体を解析するよう指示しています。「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」、通称“人食いバクテリア”。去年、国内で941人の患者が確認され、調査を開始した1999年以降、最多となりました。今年に入っても、すでに劇症型を発症した人が全国で31人。東京が最も多く、7人確認されています。

原因となるのは「A群溶血性レンサ球菌」で、通常、咽頭(いんとう)炎などを引き起こす程度で、子どもを中心によくみられる症状です。致死率が3割といわれる“人食いバクテリア”。番組が感染経験について複数の人に話を聞くと、初期症状における診断の難しさが見えてきました。
https://news.yahoo.co.jp/articles/0321653d489000bbd18296efb70db644645d4744?page=2

ーー

2 名前:名無しさん@涙目です。(みかか) [US][] 投稿日:2024/01/22(月) 16:56:45.69 ID:QWAKuTyq0 [2/4] ?PLT(15000)
■異常な進行速度…教授「1秒でも早く治療を」 “人食いバクテリア”の特徴は、初期症状による診断が難しいことです。宮城県に住む30代の女性は3年前、右肩に激しい痛みを感じ、医療機関を受診しましたが…。感染した女性「最初に行った病院でも、病名がつかなくて。確信的なものはないという状態。次の日にどんどん血圧も下がって、看護師さんとかが焦り始めていた」この女性は当初、医師の診断では“劇症型”とは診断されませんでした。そして、もう一つの特徴は、異常ともいえる症状の急速な進行速度です。

菊池教授「発症して3分の1は、48時間以内に亡くなる。足の先、指がちょっと朝腫れているなと思ったと。それが昼には膝まで広がっているといったスピードですね」「助けられるか、助けられないか。一刻でも1秒でも早く、病院で正しい診断と治療を受けられる。そこにかかってきます」

■わずかな傷から急速進行…40℃近い熱も 新潟県に住む森さんが“人食いバクテリア”に感染したのは2015年、27歳のころでした。森さん「その日はバスケを一日していて、夕方から痛くなった。歩いている時に少しだけ痛いとかという感じ。多少赤みは出ていましたけど」感染経路は不明で、心当たりといえば、右足にあったわずかな傷しかないといいます。足の痛みを感じてから4日後の写真を見ると、右足は赤く腫れ、一部はわずかに紫色になっています。40℃近い熱が出ることもあったといいます。痛みを覚えた翌日から街医者にかかりましたが、血液検査などは行いませんでした。森さん「抗生剤、熱冷ましを出してもらった。あと、よっぽど痛ければ、痛み止めの薬打ちますよぐらい」

ーー

3 名前:名無しさん@涙目です。(みかか) [US][] 投稿日:2024/01/22(月) 16:57:01.28 ID:QWAKuTyq0 [3/4] ?PLT(15000)
■片足失った男性「死を覚悟」「命あるなら…」1週間後、事態は急変。森さんは自宅で意識を失い、救急搬送されました。森さん「“人食いバクテリア”による『敗血症』とまず診断(された)。倒れた時は意識もまばらで、体温も逆に34℃台まで下がっていた」集中治療室のある病院で処置を受け、命の危機は脱しましたが、右足の症状は改善せず、医師からは緊急手術を告げられました。森さん「『足が残っている状態か、切断する状態か、終わるまで分からない』という説明を受けて、手術は決まった」そして手術後、目を覚ました森さんは右足を失ったことを知りました。現在は義足を付けている森さん。経過観察やリハビリなどで、社会復帰できるようになるまで半年ほどかかったといいます。森さん「入院していた病院では、その感染症で初めて症状が良くなった患者と聞いた。今となっては片足切ったくらいで、命があるなら全然オッケーだと思っている」飛沫(ひまつ)や傷口から感染すると考えられていますが、重症化するとなぜ死に至るほどの状態になるのか分かっていないことが多いのも特徴だといいます。

■“足の小さな傷”から侵入か 身を守るには… 診断が難しい“人食いバクテリア”。これまで数十件以上の患者をみた菊池教授によると、患部にある傾向がみられるといいます。菊池教授「足が圧倒的に多い。自分で気がつかないような、細かい傷ができやすい。足に傷がある人が例えば素足で歩けば、そこに菌がくっつく。そういう所からどうも入ることが多い」 “人食いバクテリア”から身を守るためには、どうすればよいのでしょうか。菊池教授「ご高齢の方だと、ちょっと靴が合わないだけで、靴ずれができて、それも非常に大きなリスクになる。足を清潔に保つことは結構大事なことなんですよね」

ーー

38 名前:名無しさん@涙目です。(神奈川県) [NO][] 投稿日:2024/01/22(月) 19:01:12.99 ID:3R1BPbPS0 [2/2]
>>1
【ゆっくり解説】 人の組織を液状化する「人喰いバクテリア」に顔面を侵された女性
www.youtube.com/watch?v=zZ-6y0j8nBE

31 名前:味噌(())煮込みうどん(大阪府) [US][] 投稿日:2024/01/22(月) 17:59:46.67 ID:dGJWZ5+S0
>>16
>>28
コロナで一旦減ったんだが、今はコロナ前レベルに戻ったって話。傷口から侵入するのが基本だが、飛沫感染もあるため、コロナで出歩かなくなったのと、マスクの徹底がコロナで減った要因で、最近増えてきたのは、これらが平常に戻ったためと言う事のようだ。

52 名前:名無しさん@涙目です。(みかか) [US][] 投稿日:2024/01/23(火) 10:10:54.04 ID:0pUUOwP70
>>31
10年前から右肩上がりに増加していたのが2020〜2022だけカクっと減少してたんだよな

51 名前:名無しさん@涙目です。(兵庫県) [US][] 投稿日:2024/01/23(火) 08:49:22.56 ID:gZw4CjMq0
発症者のコロナワクチン接種の有無を知りたいねぇ。昔からいる常在菌らしいし、本当に患者数が増えているなら何らかの原因があるはず。コロナワクチンの影響なのか?それとも次のワクチンビジネスへの布石なのか?

ーー

55 名前:味噌(())煮込みうどん(大阪府) [US][] 投稿日:2024/01/23(火) 13:12:45.70 ID:8Slt7rBJ0
>>51
ワクチンはおそらく関係ない >>52 1980年代に登場して以来、年々増えていき2018年がピークだったんだが、コロナ発症の2019年から一旦減り、今年から以前のペースに戻って増え始めたってのがなう。足の傷から侵入するほか、飛沫感染も考えられるため、コロナにより外での運動が減った事とマスクの効果が一旦減った要因で、行動の緩和で元に戻ったと言う事のようだ。

※あの…ワクチンじゃなくても良いんですけど…新型コロナ「武漢より前に世界拡散」の衝撃事実
インフルエンザの感染者にまぎれていた可能性2021/03/04
https://toyokeizai.net/articles/-/414451
スペインのバルセロナでは、2019年3月に採取した下水のサンプル、ブラジルのフロリアノポリスでも11月採取の下水サンプル、イタリアでは12月にミラノとトリノの下水から、それぞれ新型コロナウイルスやウイルスの痕跡が検出されました。新型コロナウイルスの痕跡は、武漢の感染爆発の公式発表よりも数カ月前までたどれるのです。初期症状がインフルエンザとまぎらわしいので、そうした感染者や死者にまぎれていた可能性もあります。さらに中国の奥地では、5年前に健康診断のため住民から採取した血液にコロナ感染の証拠がありました。今回の流行の数年前には、すでに中国奥地で広まっていたことを物語っています。

強毒性の「コロナ3兄弟」コロナウイルスの仲間はかぜを引き起こすこともあり、ありふれたウイルスでしたが、恐ろしさを知らしめたのは、強毒性の「コロナ3兄弟」の相次ぐ流行でした。まず、2002年11月に「長男」の重症急性呼吸器症候群(SARS)が爆発的に感染を広げます。5大陸の33カ国・地域で8439人の感染者と812人の死者を出し、2003年7月に収束しました。10年後の2012年9月、今度はサウジアラビアなどの中東地域に居住、または渡航歴のある人の間で、「次男」の中東呼吸器症候群(MERS)による集団感染が報告されました。ヒトコブラクダから人に感染し、これまでに中東諸国を含む27カ国で2494人の感染者が報告され、そのうち858人が死亡しました。この2つのウイルスは、日本では感染者は出ませんでした。

そして「3男」が今回の新型コロナウイルスです。ほぼ10年の間隔で、3回の強毒コロナウイルスの大流行が起きました。10年というのは、ウイルスがヒトに感染できるように変異するのに要する時間かもしれず、近い将来に「新々型コロナウイルス」が出現する可能性も否定できません。この3種は、いずれもコウモリがもともとの自然宿主です。ハクビシン、ヒトコブラクダ、センザンコウ、ジャコウネコなどが中間宿主になって人に感染を広げたと考えられます。これだけコロナが流行している最大の原因は都市の急拡大による過密化です。

世界の各国に比べ、日本や韓国、台湾など東アジア地域では、新型コロナウイルスの死亡者がかなり抑えられています。一方で、重症化する人が多い地域もあります。その1つの可能性として浮上したのが、絶滅したネアンデルタール人です。約50万年前から4万年前までヨーロッパ大陸などに住んでいました。ネアンデルタール人と現生人類とは無関係で、両者は交雑できないとされてきました。しかし、PCR検査の発達により、彼らのDNAが現生人類に受け継がれていたことがわかり、近い関係にあったことが明らかになりました。私たちが多くの感染症から逃れて存続できたのは、先祖から受け継いだ遺伝子によってウイルスに打ち勝ってきたから、という可能性もでてきました。

しかし、いいことずくめではありません。ありがたくない遺伝子も受け継いだこともわかってきました。2020年9月30日、英科学誌『ネイチャー』電子版に、マックス・プランク進化人類学研究所の研究者によるこんな発表がありました。『図解 感染症の世界史』(KADOKAWA)「約6万年前に交雑によって現生人類が受け継いだネアンデルタール人のある遺伝子が、新型コロナウイルスの重症化リスクを高めている」。つまり、ネアンデルタール人からこの遺伝子を受け継いだ人が新型コロナに感染すると、人工呼吸器が必要となる可能性が3倍高くなるというのです。イギリスではバングラデシュ出身者の重症者・死者の割合が、そうではないイギリス人と比較して2倍も高いことが話題になりました。

マックス・プランク進化人類学研究所の遺伝学研究部門トップのスバンテ・ペーボは、「ネアンデルタール人の遺伝的遺産が、現在のコロナ・パンデミックの中でこのような悲劇的な結果をもたらしているのは衝撃的だ」と述べています。ネアンデルタール人から継承したある遺伝子の保有者は、ヨーロッパでは約に16%に対し、南アジアでは地域によって約50%に達し、東アジアではわずか4%です。これが東アジア諸国・地域で重症者が少ない理由とも考えられます。

« いかにこういう場所に対して反感や嫌悪感を持つ人が生まれるか?それこそが大事なこと | トップページ | 彼らにはウクライナ人がロシアの侵略に傲然と立ち向かっている姿は不可解なのだ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

今日も、ブログの更新をありがとうございます。

この3年間程は、中国発の武漢コロナで世界が振り回されましたけれど、武漢コロナの次は人食いバクテリアと言うことにならないことを祈ります。

今日は、京都地裁で京アニの放火犯罪者である青葉真司被告にタヒ刑の判決が出ましたけれど、社員36名をさつ害し、32人に重軽傷を負わせた犯人には当然の判決であったと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いかにこういう場所に対して反感や嫌悪感を持つ人が生まれるか?それこそが大事なこと | トップページ | 彼らにはウクライナ人がロシアの侵略に傲然と立ち向かっている姿は不可解なのだ »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30