無料ブログはココログ

« ジョー・バイデンは、北京政府のウイグル人虐殺は単なる異なる文化的規範によるものであるとして、北京政府を非難することを拒否した | トップページ | 国民と自覚する方法が反日以外何もないため、日本人を非難することが必要になるのだろう »

2021年2月21日 (日)

朝鮮人らの不幸は、彼らをまとめ上げ、その能力を引き出し、生活を良くしたいという意思を持った指導者が史上一度も現れなかったことに起因する

ーー以下「正しい歴史認識ブログ21/2/20」より抜粋編集

ーー2/18(木) 10:32配信、中央日報日本語版より

「慰安婦=売春婦」ハーバード教授「在日同胞の差別は在日同胞のせい」

「教育を受けて経済力がある韓国人は在日同胞社会を離れて日本社会に同化することが簡単だということを知るようになった。社会的に最も脆弱な階層だけが韓国国籍を維持している」

慰安婦被害のわい曲で波紋を呼んだハーバード大学ロースクールのマーク・ラムザイヤー教授が、関東大震災の朝鮮人虐殺もわい曲し、在日同胞の差別まで正当化していたことが17日、確認された。

昨年10月、ラムザイヤー教授が発表した論文「社会資本と日和見主義的リーダーシップの問題点:在日コリアンの事例」は、日本人が在日同胞を差別するのは在日同胞のせいだという主張を含んでいる。

ーー

◆「朝鮮人、金儲けのために日本行き…たし算・引き算できず」

ラムザイヤー教授はこの論文で「日帝時代に日本に渡っていった朝鮮人は読み書きができず、たし算と引き算もできない」「数年間金を儲けて故郷の朝鮮に戻るという考えで、日本社会に同化する努力もせず、日本人との間に葛藤を生じさせた」などと描写した。

また「日本人の家主は朝鮮人に家を貸すことを避けた」としながら、朝鮮人が非衛生的で酒をたくさん飲んだりケンカをして大きな騒音を出したりすることが多かったためだと説明した。

ーー

ラムザイヤー教授はこれに先立って発表した関東大震災関連の論文の中で、1920年代朝鮮人の犯罪率が高いという恣意的な統計を繰り返して引用した後、韓国人全体を犯罪集団のように描写することもした。

ラムザイヤー教授は日本の極右の菅沼光弘氏『ヤクザと妓生が作った大韓民国~日韓戦後裏面史』に出てきた根拠のない統計を自身の論文に引用し、在日同胞社会全体を否定的に描写した。

ラムザイヤー教授が引用した内容は2015年当時、日本国籍者10万人あたり犯罪者数は63.6人だが、在日コリアンは10万人あたり608人という部分だ。

ーー

◆「在日コリアン自ら敵対感作った」

また、48年の済州島(チェジュド)四・三事件当時、共産主義勢力が政府の弾圧を避けて大勢日本に密航し、彼らが在日同胞社会の主流になったという主張も展開した。共産主義者が在日同胞のリーダーとなり、政治的議題を僑胞社会の前面に掲げたことから、日本人が敵対感を持つことになったという。

ラムザイヤー教授は在日同胞差別については「日本に住む韓国人は自らさらに大きな疑いや敵対感、差別を作った」ともした。

あわせて論文の結論には「日本に居住する韓国人の歴史は『その機能を果たせない集団の最も大きな敵は内部の指導者』という警句を思い出させる」と記した。

ーー

ラムザイヤー教授はハーバード大学で主に日本法を研究して「日本人権先進化」などを講義している。日本企業の三菱がハーバード大学に作った基金で任用された。ラムザイヤー教授は大学ホームページを通じて「幼少期の大部分を日本で過ごし、大学院で日本史を勉強した」とし「東京大学で奨学金を受け、日本の多くの大学で講義をした」で自身を紹介している。2018年には日本政府から「旭日中綬章」を受章した。

ーー引用ここまで

中央日報が最後にラムザイヤー教授の経歴を詳しく書いているのは、教授が日本政府から「旭日中綬章」を得た日本政府よりの人物であることを示すためだろう。

つまり、この記事を書いた記者は、朝鮮人読者に教授が日本人同様の偏見の持ち主であると認識させるように仕向けていることになる。

ところが、教授はむしろ客観的に根拠を示しながら議論を展開している、それを解説しておく。

ーー

>昨年10月、ラムザイヤー教授が発表した論文「社会資本と日和見主義的リーダーシップの問題点:在日コリアンの事例」は、日本人が在日同胞を差別するのは在日同胞のせいだという主張を含んでいる。

在日朝鮮人は、昔も今も犯罪率が非常に高く、周囲に迷惑をかけまくるため、日本社会から避けられるのは致し方ない。

不潔で不衛生、大声で騒ぐ、そればかりか強姦や窃盗や詐欺や暴行や傷害や殺人などをしてきたのだから、日本人が関わりたくなくなるのも当然だ!

ーー

>ラムザイヤー教授はこの論文で「日帝時代に日本に渡っていった朝鮮人は読み書きができず、たし算と引き算もできない」「数年間金を儲けて故郷の朝鮮に戻るという考えで、日本社会に同化する努力もせず、日本人との間に葛藤を生じさせた」などと描写した。

これは事実だ、日本が朝鮮にかかわるようになったのは下関条約で朝鮮を清から独立させた1895年以来の事だが、当時の朝鮮には、日本の寺子屋のような学校もなければ、日本に居た漢学者のような学者も存在しなかった、つまり朝鮮人の大多数が読み書きができなかったのだ。

豚犬的生活を送っていた日韓併合前の朝鮮に、日本は、朝鮮字(韓字・ハングル)を復活させ、朝鮮人に朝鮮語の読み書きを教えた!

ーー

漢字・朝鮮字混交文は、福沢諭吉が発案したもので、朝鮮字活字を作り、井上角五郎らが1886年に朝鮮初めての新聞『漢城週報』を発行した。

1910年の併合後1940年頃になると朝鮮の学校での「朝鮮語」の授業がなくなったが、朝鮮の日常生活における普段の会話等はもちろん朝鮮語で行われていた。

その証拠に、日本語普及率は終戦時でも朝鮮では、1910~1945年の36年間統治で僅か20%しかなかった(台湾では1895~1945年の61年間統治で70%)!

(英国によるインド統治は約200年、1921年時点で、英字の識字率8.2%(文盲率91.8%、英語理解率2.4%)だった)

ーー

>また「日本人の家主は朝鮮人に家を貸すことを避けた」としながら、朝鮮人が非衛生的で酒をたくさん飲んだりケンカをして大きな騒音を出したりすることが多かったためだと説明した。

これもまた今でも事実だ、朝鮮では、家にトイレ(便所)はなく、路上で用を足したり、家で小便や大便をしてもその小便や大便を窓やドアから放り投げたり、家を造る時には壁土の中に馬糞などを混ぜて塗っていたからだ!

その上に大酒飲んで大騒ぎして喧嘩しているのだから、日本人の家主が朝鮮人に家を貸したくなくなるのは当然だ!津田梅子女史が手紙に朝鮮人について以下のように書き残している。

ーー【津田梅子の手紙の要点】

父が帰って来ての朝鮮についての話をしてくれました。動物の方がこのような汚い朝鮮人よりましだと思います。本当に野蛮な人びとがいるのです。衣服や食料は、粗末に不潔につくられている。家は掘っ立て小屋のようだし、妻たちは完全に奴隷か囚人のようです。彼らの習慣は下劣で、何もかもが汚くそして粗野なのです。ある意味で、世界で最悪の国のように思われます。どうして人間がそのようになれるのか驚きです。

ーー

当時、朝鮮に行った人々は、日本人も欧米人も同様の内容を記録・報告している。

ーー「最近朝鮮事情」明治39年(1906年)清水書店より

(衆議院議員で中国新聞社主筆でもあった荒川五郎の朝鮮視察記56頁~一部抜粋)

朝鮮人の不潔ときたら随分ヒドイ。てんで清潔とか衛生とかいう考えはないから、いかに不潔な家でも、いかに不潔な所でも一向平気で、濁った水でも構わないどころか、小便や大便の汁が混じって居っても、さらに頓着せずにこれを飲む。実に味噌も糞も朝鮮人には一緒である。

といえば朝鮮に行かない人には、極端の言いようのように思われるかも知れないが、事実その通りで、一例をあげれば、家を造るに、壁土の中に馬糞などを混ぜて喜んでこれを塗る。その訳は馬糞を混ぜると壁が堅くなって泥が落ちにくいというている。

さらに驚くべく信じ難い程であるのは、朝鮮人は小便で顔を洗い、気目がよくなるというて居る。また小便は腎虚や肺結核や解熱等に有効じゃというてこれを用い、また強壮剤じゃというて無病の者でも飲んでいる。

いよいよ病気が重くて生きられまいという時は、大便を食べさすということも聞いている。なんと驚かしいことではないか。塵や芥(ごみ)がばらけておろうが、物が腐って臭かろうが、食物に蝿などがたかって汚しても、更になんとも思わないで、年中風呂に入るの、湯をつかうのということは無い。

ーー引用ここまで

>ラムザイヤー教授はこれに先立って発表した関東大震災関連の論文の中で、1920年代朝鮮人の犯罪率が高いという恣意的な統計を繰り返して引用した後、韓国人全体を犯罪集団のように描写することもした。

朝鮮人の犯罪率は、昔も今も非常に高い、まさに、朝鮮人は犯罪集団なのだ!

関東大震災の際に朝鮮人が、殺人、放火、集団強盗、強盗強姦、強姦、窃盗、脅迫など、多数の犯罪をしていたことについては、山ほど資料がある。

ーー

特に注目された資料は、防衛省の防衛研究所が保管している当時の司法省がまとめた一次資料「震災後に於ける刑事事犯及び之に関連する事項調査書」(司法省刑事局)だ!

ところが、NHKは、平成28年(2016年)9月3日に【ETV特集「関東大震災と朝鮮人 悲劇はなぜ起きたのか」】を放映、この中で、NHKは、同資料を「日本人による朝鮮人殺人」を糾弾するために使った。

NHKは、当時の日本人を一方的に悪者にするために、この資料の中から第二章「鮮人犯行の流言」と第四章「鮮人を殺傷したる事犯」のみを使用した。

ーー

ところが、視聴者が防衛省の防衛研究所で同資料を確認したところ、第二章「鮮人犯行の流言」と第四章「鮮人を殺傷したる事犯」の間には第三章「鮮人の犯罪」が存在していた。

NHKは、同資料の第三章「鮮人の犯罪」を隠したのだ。

この悪意ある編集は、「虚偽」と言っても過言ではなく、明かな以下の放送法第4条違反だ!

一 公安及び善良な風俗を害しないこと。
二 政治的に公平であること。
三 報道は事実をまげないですること。

ーー

【NHKの反日工作】「関東大震災と朝鮮人」が隠蔽した一次資料
https://www.youtube.com/watch?v=QCxYUmW5Gxg

ーー

同資料は、関東大震災が発生した直後に朝鮮人が多くの犯罪をしていた事実を記録していたことになる。

ーー

現在、防衛省の防衛研究所が保管している、当時の司法省がまとめた一次資料「震災後に於ける刑事事犯及び之に関連する事項調査書」(司法省刑事局)

第三章 鮮人の犯罪
鮮人の犯罪として明かなるものは、別表に掲記
(当時の司法省刑事局が「鮮人の犯罪として明かなるもの」と認定した犯罪だけで、殺人2件、殺人未遂2件、殺人予備2件、放火3件、強盗4件、強盗強姦1件、強姦2件、傷害2件、脅迫1件、公務執行妨害1件、窃盗17件、横領3件、爆発物取締罰則違反3件など)

ーー

>ラムザイヤー教授は日本の極右の菅沼光弘氏『ヤクザと妓生が作った大韓民国~日韓戦後裏面史』に出てきた根拠のない統計を自身の論文に引用し、在日同胞社会全体を否定的に描写した。ラムザイヤー教授が引用した内容は2015年当時、日本国籍者10万人あたり犯罪者数は63.6人だが、在日コリアンは10万人あたり608人という部分だ。

韓国紙「中央日報日本語版」は、菅沼光弘氏のことを「日本の極右」と称しているが、事実は、公安調査庁で調査第二部部長を務めた元国家公務員であり、当然その統計は確たる根拠に基づいている。

2015年当時でさえ犯罪者数は、日本国籍者10万人あたり63.6人で、在日コリアンは10万人あたり608人なのだ、戦後、連合国軍(国連軍)によって武装解除され、警官でさえ日本人には武器の携行を許されていなかった時代に朝鮮人らは、どのようなことをしていたか。

朝鮮人らは、戦勝国民を僭称、武装し朝鮮進駐軍を名乗り、日本人に対し強盗、殺人、強姦、一等地の占領、税金の不払いを続けていたのだから、在日朝鮮人の犯罪率は日本人の何千倍、何万倍も高かったのだ!

« ジョー・バイデンは、北京政府のウイグル人虐殺は単なる異なる文化的規範によるものであるとして、北京政府を非難することを拒否した | トップページ | 国民と自覚する方法が反日以外何もないため、日本人を非難することが必要になるのだろう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>知日欧米人が見た在日朝鮮族
この中央日報の記事の元になった、ハーバード大学のラムザイヤー教授は、幼少期から日本で暮らし、東京大学で日本史を専攻して、その後日本の大学で教鞭兎を取った後、米国に還ってから、三菱の推薦でハーバード大学で教授となった人で、専攻は「日本の法律」だ。

日本での経歴が長いカラ、日本人寄りの見方しかして居無いと言う印象操作だが、記述してある事は全て、事実に基づいて書かれて居るものだから、この記事を書いた中央日報の記者は、却って関東大震災での朝鮮人暴動や終戦後の日本人の悪夢を克明に甦らせた。

是を反日のNHKは、現実を知らない世代に向けて「切り取り」手法で、反日に都合の良い部分だけを選んで編集して放映して居る、完全な放送法4条違反の内容で、是では,NHK不要論が出て来て当然だし、政府もメディア改革で、NHKは端から解体・再編である。

この方針に国民の間から、NHK擁護論の一つも出て来ないのをNHK関係者は、どの様に受け止めて居るのか? 日本には朝鮮人の被害者が掃いて捨てる程いるのだが、そういう日本人の身になって考えた事が有れば、とても、こんな放送は、作れないだろう。

処でこの頃、韓国内で日本ブームと迄は行かない賀、日本の製品が密かに売れ始めて居るらしいが、迷惑な話である、ご存知の通り、現在の日韓関係の離間は、安倍さんの「対韓三原則」の励行に端を発して居る、つまり、韓国の存在を無視し始めた結果である。

彼らは、日本を「強請・集り・詐欺の格好の相手」としか見做していないから、接触の端緒となる「教える、援ける、関わる」事を止めれば良いと言う事になったのだが、見事に、その効果を現しているから日本が取るべき道は、日韓断交・絶縁一択でしかない。

在日朝鮮族一世に取っては、如何に生活が悲惨なものであっても、半島社会での豚犬並みの扱いに比べれば、人間扱いの分だけでも救われるが、2世、3世と日本で生まれ、日本人並みに暮らすのが当たり前の世代には、朝鮮人扱い自体が差別と感じる様になるのだ。

然し、事実を基づいて扱っているのに、差別徒とられては「特別扱いせよ」と言っているのと同じであるが、日本人ばかりの社内で平等に扱おうとしても「それが差別だ」と言われたら、扱い様が無い、この典型例が大阪で争われている「フジ住宅訴訟」である。

原告は、大阪在住の在日韓国人で、パート従業員として雇用されているが、この会社の社長の今井氏は啓蒙的な愛国者で、熱心な社員への啓蒙活動でしられていた、処が、子のパート従業員が、その活動を強制から人権侵害を受けたと訴え出たのである。

普通の日本人感覚なら、自分が勤めて居る会社を訴えたら、その会社には居られなくなるのが当たり前だろうが、彼女は、1審で勝訴した今でも、平気で会社に勤め続けて居るのだから、その厚かましさは日本人の想像を絶する、流石は、女性とは雖も朝鮮族で有る。

この怪体な判決を下した大阪地裁の中垣内(なかがいち)裁判長は、裁判の傍聴にんが入廷する時に胸に付けていた「拉致被害者奪還」のブルーリボンのバッジを外さないと開廷しないと宣言した人で、弁護団も日弁連大阪の総力を結集していた、政治臭の強いもので有る。

モゥこうなれば、啓蒙的な活動をして居る団体では、在日朝鮮人を雇う方が悪い、トいう話になり、個人の権利が大勢の権利に勝った事になる、よもや、2審、3審迄、そういう結果になるとは思えないが、司法界にもリベラッルの波が押し寄せていると言う事だろう。

私は個人的に、現状の大学を支配している戦後のWGIPの自虐史教育を受けた文系の学者を全く信用して居無い、例えば、東大閥で有名な「歴史学会」等は、その最たるもので、彼らに懸れば、日本人も4世紀に渡来した騎馬民族の末裔という事になるが物証が無い。

そういう劣悪な反日環境を考えれば、前出のラムザイヤー教授の様な例は、当に気隻と言って良いだろう、彼は純粋な白人だが、その偏見に囚われない事実だけを拾ってて論を建てる、客観的な観察力から、中身は「立派な」日本人だと言えるだろう。

然し実は、今の韓国に真に求められている人材でもある。韓国人にもそうした論客がいないでは無いが、如何せん数が少な過ぎるのと、社会は功利と打算しか求めて居ず、正義が存在する余地がない上、嘘の歴史を罷り通すので、反省もなく、現状を改革する事もない。

こんな社会なら、千年続けてもイノベーション一つ起こせないだろう、今や、民族の命数が尽きるのを座して待つより途は無い、文在寅という名のハーメルンの笛吹宜しく、韓国国民は、無反省のママやって来たが、断崖絶壁はモゥ直ぐ目の前である、サヨナラ韓国。

今回のハーバード大学教授、マーク・ラムザイヤー教授の論文によって韓国の慰安婦問題は明らかな捏造であるとされましたが、韓国の主張する日本の悪行は、全て虚報であることには呆れる思いです。

慰安婦は売春婦のことを、強制的に性奴隷としたなどと被害者を装いました。
日本との併合は、誰も望んでいない違法なものとして併合を否定していますが、だからと言って植民地にされたと言うと怒るのです。
尤も、併合によって国王の生活すらできていなかったものが保証されたのですから、文句は言えないと思います。

それから、日本は韓国を併合したけれども植民地にはしていません。
考え違いをしやすいのですが、欧米の植民地はその土地の資源を収奪したことが元になっています。
しかし、韓国には収奪されるような資源はなかったから植民地になりません。日本はこんな韓国を、人並みの生活ができるようにひたすら資本を投下していたのです。

それより韓国人の酷いところは、日本が苦しい時には牙をむいたことだと思います。関東大震災の暴動や終戦時の朝鮮進駐軍の僭称は、これが表に浮かび上がった時でした。
こんなときに、強く出る輩には油断を魅せること自体が危険だと考えます。


しかし、日本はこんな国を何故併合したのかと思います。
韓国を併合したことは、戦前日本の最大の失敗だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジョー・バイデンは、北京政府のウイグル人虐殺は単なる異なる文化的規範によるものであるとして、北京政府を非難することを拒否した | トップページ | 国民と自覚する方法が反日以外何もないため、日本人を非難することが必要になるのだろう »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30