無料ブログはココログ

« 経済を重視するなら、何度も言うが「新コロ感染者を減らすこと」だ、それはつまり「外国人を国内にいれないこと」だ | トップページ | 米国民主党とその支持者達は、これで80年前のちょび髭の伍長政権を批判できなくなりました »

2021年1月12日 (火)

不正をした人が大統領になるような米国では夢も希望も無くなってしまいます

米新大統領が就任する1月20日まで10日間を切った。

今日2021年1月11日のネット上の「まとめサイト」の見出しは、例えばトランプ「反乱法の署名昨夜した説!」米国「国の支配は軍の手にあり!」ホワイトハウス「国旗を下げる!」

「1月6日に大統領に選出されたはずのバイデン候補の閣僚人事はまだ決まっていない」それに何よりも「副大統領候補のカマラ・ハリスがまだ上院議員をやめていない(議員を辞めないと副大統領になれない)」。

「ナンシー・ペロシ下院議長が軍に身柄を拘束された」という書き込みとか、これはどうやら本人ではなくペロシ家族の1人らしい。

特殊部隊の手に渡つたナンシー・ペロシのPCには「主流メディアは民主党の味方だ」と記されていたようで、やはり民主党と主流メディアはずぶずぶの関係だったのかと納得させられた。

だから民主党下げになるこれらを主流メディアは全く伝えない、つまりこれらはフェイクが多いとされているネットでしか知り様がないのだが、逆を考えれば主流メディアの方がフェイクになるのだからもうどちらを信じるかになってくる。

しかし「副大統領候補のカマラ・ハリス上院議員が議員を辞めていない」ことは確かなので、ネットの方に真実味があるように思っている。

もしネットが無かったらと思うとぞっとする。

ーー以下「激おこおばちゃんブログ21/1/10」より抜粋編集

ネットから情報を得ているような人たちは、米Twitter社がトランプさんのアカウントを永久停止(削除)したという報に憤り、自由の国米国が共産主義国のような恐怖社会になってきていると嘆き悲しんでいるように思います。

(米SNS社の株は一斉に売られ暴落した)

そらそうですね、トランプさんは8800万人?(得票数は7500万票)ものフォロワーに直接、もう毎日のようにツイートをして、メッセージを伝えていたわけですからね。

ーー

そんなトランプさんの国民への直接の伝達手段を奪い取るやなんて、メチャクチャやんか。

まあトランプさんのことやからこんなことにはめげないやろけどな。

主流メディアがバイデン民主党上げとトランプ下げへ国論を誘導しているので、この先はたぶん、民主党に都合がええように例えば「大統領の扇動によって国会内で女性が殺された」と、女性の死の責任を大統領にな擦り付けるんとちゃうか、心配になってきます。

ーー

トランプさんの息子さんが投稿したと思われる動画がまだツイッターに残っています(Alan(アーラン)阿蘭 @7BBXJ5gRgW5a4bS)。

1/6の上下両院合同会議の様子をテントの中で、テレビモニターを何台も並べて、トランプさんの家族がみんなで見ているようです。

負ける家族がこんなに笑顔でいられるんか?つまりは1/6のワシントンDCでの出来事は、全て予定通りやったんとちゃうやろか。 

ーー

え?元軍隊にいた女性も撃たれて亡くなったのに?と、そして、それさえも実は仕組まれてたことなんや、「女性は死んでなかった」という話が出ていました。

これについては我那覇真子さんが動画を上げて、銃の角度などから殺害されたというのはどうも疑わしい、ということを言うてはります(1/7)。

また、昨日から大騒ぎになっていた「ペロシ逮捕(これは女史ではないようだ)」も、特殊部隊が1/6にどさくさに紛れて女史のパソコンを押収した話も、どうもホンマのようです。

ーー

いやあ、ダマされたらあきませんね。

バイデン側が、トランプ支持者に成りすまし国会に乱入する工作をしていたことを、トランプ陣営は事前にちゃんと把握していて、逆にそれに紛れて軍の特殊部隊が入り、さっさと女史のパソコン数台を押収した、というわけです。

せやからペロシさんは1月20日にはバイデンが大統領になると決まったのに、必死になって「トランプ弾劾!すぐに辞めさせろ」と言い始めたわけですね。

それでパソコンの中身が精査されて、その結果今はもう女史は逮捕されてる?と、これから女史が議場に出てくるかどうかでそれが事実かどうか分かる。

ーー

そして何と、この元旦にはデルタ軍がジョー・バイデンの200エーカーの敷地を襲撃し、地下室と迷路のように掘られたトンネルを発見、そこに隠されていた証拠物件の数々から次の日バイデンは逮捕され、足首にGPSをつけられて釈放された。

これは、ツイッターアカウントを閉鎖されたリン・ウッド弁護士が別のSNSの「パーラー」に投稿したファイルの自動翻訳から読み取ったものみたいです。

つまり、1/2にバイデンさんはいったん逮捕され、司法取引?をして、今はGPS付きで釈放されて、次期大統領を「演じている」ということになります。

ーー

これらネット情報については、「信じるも信じないもあなた次第」」と言うときましょう。

ーー

日米の主流メディアは報道してへんやんか、という人もいるでしょうが、ネット情報が事実なら、もう、あと数日で主流メディアも報道せざるを得なくなるでしょう。

「中野博のBookTube大学」でも、1/9の「【期待しよう】1月11日からトラさんの最後の聖○が始まるか?テキサスのアニキ倉石灯さんも分析!」で、何と1/11から、不正をしくんだ連中に対して「奇襲攻撃」が始まるんや、と言うてはります。

「Miyoko Angel」さんも、「トランプの勝利! ショーを楽しんで!」と言うてはります。

「張陽チャンネル」の「大芝居【第93回】」では、実は今回の大統領選は538対0で、トランプさんの圧勝やった、と。

ーー

ネットと主流メディアとの間の報道内容のあまりの違いにただ驚くばかりですが、もう日本時間の11日14時以降から、トランプさん最後の?作戦が始まる可能性があるということです。

このことを複数の人たちが言うてはります。

なにが起こるのかは、もう待つしか知りようがありませんね。

ーー

何べんでも言いましょう、不正をしたバイデンさんを米国民は、絶対に大統領にはしませんよ、と。

7500万票という空前の得票を得たトランプさんが米国大統領になるべきで、不正をした人が大統領になるような米国では夢も希望も無くなってしまいますからね。

« 経済を重視するなら、何度も言うが「新コロ感染者を減らすこと」だ、それはつまり「外国人を国内にいれないこと」だ | トップページ | 米国民主党とその支持者達は、これで80年前のちょび髭の伍長政権を批判できなくなりました »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

縦椅子様

 今日も素晴らしいブログ有難うございます
今朝、さきほど突然、疑問に思ったことですが、米大統領選の得票数--トランプ大統領が7500万票、バイデン候補が8100万票だとする――両方合わせる 7500万+8100万=15,600万票 こんなに多くの有効選挙人数が実際に存在するするのだろうか?こんなことはあり得ないと思います。どちらかが不正をしている!!トランプ大統領は相手の不正を訴えておられる。twitter社にご自身のtwitterを永久凍結されてしまtった。米国は言論の自由の国である。不正選挙をし、メディアをを総動員して不正に加担させた罪は重いと思うーーこれは国家反逆だ!!

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>日米MSMが隠していた大統領選の真実
モゥ、トランプ大統領が緊急戒厳令を発令したとの情報もあり、MSM側画書くらん尾為に流したフェイク・ニュースも相俟って、米国の状況は混乱の極みの様相を呈して居る様ですね、然し大統領選挙戦が完全に終盤の段階にある事は、色々なFACTで明らかです。

唯、ベロシ婆さんが逮捕・拘束されたとか、バイデンも逮捕されたが、発信器を付けられて釈放中だとか、あんまり価値が無い情報もありますねw、然し、此処に挙がって居ないけれど、イタリアの大統領やローマ教皇も逮捕されたとか、重大なニュースもあります。

確認すれば、真偽の程は直ぐに分りそうな話です、就中、東海岸の大西洋側に2隻編成の、西海岸の太平洋側には3隻編成の打撃艦隊を出動させて、4万人の海兵隊員が全州で治安出動して居るとか、実施するのに兆を超す経費が懸るので、是亦真偽は直ぐに分かる。

打撃艦隊の動静の方は、情報の内容に軍事機密の範疇に入る事柄が多いだけに、一般の情報機関を宛てには出来ませんが、広範囲にピケット・ラインを張り巡らせば、否が応でも分かりますし、まだ戦争中でも無いのに25万人モノ兵士が動員されたら分かりますね。

当然、シナの奇襲攻撃を避ける為に艦隊の付近の広範囲の海域は厳戒態勢で通行禁止にするでしょうから、当然、一般商船も航行出来無い。この事象は私も、45年前の練習船の時、真夜中にサンタ・バーバラ海峡通過直前に経験しました。

駆逐艦が真っ暗な水平線から、いきなり現れ接近してきて「この海域では、現在水中で、潜水艦同士の実戦訓練中にて、即座に退去してください」という、メッセージを発光信号で発して、踵を返すと、煙の様に消え去りました。

私はその時RADAR当番をして居ましたが、最大レンジの16マイルで見ていたのに、最初の輝点発見から、ものの12~3分で1km以内迄接近して来たのですから、脅威的なスピード(推定50~70kt)で、私如きのレーダー・プロッテイング技術では、検知は無理ですw、だから士官からも何も小言はなかったですねww

脱線しましたw 兎に角、真偽が定かで無い情報も乱れとんでいる上に、この期に及んでも「MSMが報道しないから、信憑性が・・」とか、宣うネット情弱者もいますからね、モゥ救いようが無い、まぁ、彼らには「最新」情報なんて「猫に小判」なのでしょう。

国民の情報リテラシーがこの程度のレベルだから、マスコミ改革が後回しになるわけで、然も、特亜勢力に乗っ取られて居ても平気ですね。おそらく、菅政権で派子の問題に手を付けないでしょう、誰かが、云ってましたが、安倍外相、岸総理の時代を待つしかありません。

それは兎も角、泣いても笑っても、大統領の任期は1/20迄だったのを (今の処) 無期限に伸ばしたのですから、一番、衝撃を受けているのは、他ならぬシナ政府でしょうね、バイデンが大統領に就任す前から資金や穀物援助の話が、進んでいる様ですから。

それが一転トランプ再選・続投なら、全部中止になる可能性が高い、否、それ処か、完全に、交戦中の敵性国家としての扱いが、既に、始まって居ます。就中、シナからの留学生や、駐在員の家族弐ビザの有効期限が、最長10年を1ヶ月に短縮しましたし、シナ系企業の上場廃止も大規模でしたね。

モゥ、国交断絶措置を取って居るといって良いレベルで、トランプ再選、即、シナ経済の
破綻と言う図式が出来上がっています。それに加えて、今年の冬の寒波は予想では、平年並みとの話でしたが、蓋を開けてみると、年末、小寒(十日戎)と、大雪が続いています

列島は、太平洋側は、海洋性気候なので、それ程でも無いですが、高層天気図を見れば、-30℃のシベエイア寒気団がシナ全土をすっぽり包んで居ますから、是で、大規模停電騒ぎが起こって居ると聞くと、飢えと寒さでドレ程の人が死ぬだろうか? と心配です。

菅さんがもし、この現状を予想して、入国制限を実施しないのなら、お気持ちは十二分に理解出来ます、然し、此処で彼らを援けても、本当に困って居る農民達は助かりません、日本に来れる資力が有る人は、皆、共産党系の富裕層です、だから人道的でも何でも無い。

それとも、本当はコミュニストだったのに、今迄、猫を被って居たのでしょうか? それは、日本の国民に対する、決定的な裏切り行為ですよ、何十年も選挙民や自民党の同士を騙して位人臣を極めたのですから、人間として、政治家として万死に値する。

願わくば、その様な懸念は、私の妄想であってほしいものですが、トランプの勝利が確定すれば、モゥ直ぐその疑念が晴れる事でしょう。 妄想で有りますよう、祈っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 経済を重視するなら、何度も言うが「新コロ感染者を減らすこと」だ、それはつまり「外国人を国内にいれないこと」だ | トップページ | 米国民主党とその支持者達は、これで80年前のちょび髭の伍長政権を批判できなくなりました »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31