無料ブログはココログ

« WHOは、わざと新コロ感染者数を増やしているような現状を是正するよう勧告した | トップページ | ウォール街含めて国際資本家は本当に力持ちすぎ »

2021年2月 1日 (月)

今アメリカ軍は、どんどん逮捕を進めてる、その数が半端ないと

ーー以下「激おこおばちゃんブログ21/1/29」より抜粋編集

トランプさんが「不思議な旅は始まったばかり」と、確か1/6の前後に演説で言うてはったと思いますが、その旅は続いているようですね。

何しろジョー・バイデン大統領は、2012年の副大統領の頃の写真とは別人に見えるし、署名サインも違って見える。

それにテレビが伝える大統領執務室で仕事をしている映像を見ると、トランプ大統領が執務していた執務室とは違っているように見える、現にWHのあるワシントンDCは停電のままらしいし。

この新大統領のジョー・バイデンという人は、いったいどこの誰で、どこで執務しているのかなど様々な疑問が沸き起こってきます。

ーー

今、アメリカのこうした不可解な現状を見るにつけ、必ずやその不条理が解き明かされる、つまり遠からず私らはとてつもない大きな変化に直面しようとしているんやと思います。

ーー

まずは小さな?話から。

ツイッターで、「mei @mei98862477」さんが、「FacebookとAmericanJournal of MedicineはヒドロキシクロロキンHCQに対する認識が間違っていたと発表」とツイートしてはりました。

元の記事はこちら(英文)<After 440,000 Americans are Dead – Facebook and American Journal of Medicine Admit Their Stand on HCQ was Wrong — These People Should be Prosecuted!>です。

ーー

実はこのヒドロキシクロロキンのことについては、トランプさんが新コロ感染症に効くと言うてたのに、去年の8月以降、あちこちで「効かへん」と否定され始めて『ランセット』という権威ある医学雑誌も効果を否定していたわけです。

そして何と去年12月には、台湾にあるこの薬の世界第2位の製造工場が、いきなり爆発(爆破された?)した事件があった。

そんな「HCQは無効や」言うてたフェイスブックが「あれは間違うてました、すみません」と言うた、という話です。

何と「効かへん」と言うてた『ランセット』も、今はその記述を撤回してるんやそうです。

ーー

ん?一体何があったんや?私はこのツイートを見て「あっ、フェイスブックに何か起こっている」と思いました。

ーー

最初に書いたトランプさんの「不思議な旅」の話に戻ります。

今日(1/29)もまた、サイモン・パークスさんの情報です、同じ動画から、二人が訳してくれてはりますので貼っておきます。

■サイモン・パークスさん1月28日(和訳) 2021年1月28日
■【文字のみ】1月28日のアップデート サイモン 2021/01/28

ーー

サイモン・パークスさんの情報からすると、アメリカは軍政下にあって、実際に戦闘も行われてる。

そしてどうも台湾付近でも戦闘行為があったようです。

また、イラン、イスラエル、サウジアラビアで戦争勃発の危機が生じているんやそうです。

しかもバイデン側は、恐らく小型核兵器の使用をちらつかせてトランプ側の動きを牽制している、と。

ーー

米主流メディアは無視し続けているけど、米国内でこんな本格的な戦闘状態にある、だとするとアメリカの一般国民の出る幕はなさそうですね。

むしろ米国民は停電に備え、10日間ほどの水、食料を用意し、外に出るな、が正解のようです。

ーー

そしてずっとトランプさんを応援してはる「石川新一郎チャンネル」でも最新情報がありました(【第88弾】不思議な旅は視聴者と共に‼️)。

あまりに恐ろしい話で、ガクブル、今アメリカ軍は、どんどん逮捕を進めてる、その数が半端ないと。

「死刑執行済み」も多くあり、その中にはハリウッドの人もおり、一方で、多くの子供たちが救出されている、と。

(ネットではさんざん言われて来ているペドフィリア(幼児性愛)の話ですね)

ーー

でもバイデン側は核兵器を持っていて、刑務所に入れられたくない、財産を没収されたくない人たちは核兵器を使うと脅しているらしい、と。

(そういえばナンシー・ペロシ下院議長がトランプさんが在職中であるにもかかわらずペンタゴンにトランプさんに核ボタンをわたしてたら危険や取り上げろと越権行為をして居ましたね)

でも今はもう、バイデン側は使うカードのほとんどを使ってしまったらしい、そしてトランプさんは「最高の瞬間はまだ来ていない」と言うてはる。

ーー

石川さんは、逮捕者や死刑に処された人の名前について、軍事行動やから全てが終わってから知らされる、と。

どうも石川さんはその名前を見たようで、そその中に、も、も、もしかして、ザッカーバーグの名前があったんではなかろうか?

サイモン・パークスさんは、それが明らかになるのは、この三か月以内やと断言してはりました。

そらそうやろ、GAFAのトップやら、ハリウッド俳優が三か月も行方不明なんて、なんぼ主流メディアが隠しても、少なくともアメリカでは隠し通せるもんやないやろからね。

ーー

さらに、台湾上空?で交戦らしきものがあったという話は、当然自衛隊は知ってるんやろなあ。

つまり偽バイデンさんではない誰かが米軍を指揮している、それが外務省の公式文書の中では、米国の大統領がトランプさんのままやということと合致する?

日本、大丈夫か?とヒヤヒヤしますね。

ーー

日本の自衛隊は、中国艦隊なんか一週間で殲滅できる言うたはるみたいやから、北京政府も日本自衛隊の他に米・英・独・仏・豪の艦隊を相手に開戦する気は起らんのとちゃうやろか。

まあこの期に及んでも、9条を守れとか、核兵器全廃しろとか、国旗損壊罪に反対、とか言う人たちは日本人国民から完全に見放されるやろな。

あ、彼らは日本人ではなかったか、日本も早う「大掃除」をせなあきませんね。

« WHOは、わざと新コロ感染者数を増やしているような現状を是正するよう勧告した | トップページ | ウォール街含めて国際資本家は本当に力持ちすぎ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>マスコミに拠って隠された米国の現状
ネット界隈では、盛んにバイデン替え玉説が流れて居るが、ハリウッドのペデイフィリア「=幼児性愛者」組織に手が入って、多くの子供達が解放されたと言う話は、初めて知りました、米国内での逮捕はどんどん進んで居て、既に、処刑済みの要人も居るとか。

まぁ、それは米国内では、既に米軍に拠る戦闘・制圧・掃討が始まっていて、劣勢で追い詰められたバイデン側は、超小型の核兵器の使用をちらつかせて、牽制していると言うのですから、蓋然性で考えて行けば、報道されないけれど国内状況は一変しているでしょうね。

先ず、戒厳令発令状態になっているとすれば、プロ野球等の催し物の開催は、テロの可能性があるので当分出来ないだろうから、大リーグ開幕も不透明だ、だから契約が満了したとは言え、ヤンキースのエース級の田中に他球団の引き合いもないママ、帰国したのだろう。

更に、台湾上空では、シナと台湾空軍の間で戦闘が始まって居る為にクアッド「=日米豪印」軍が動き始めて居て、是に、英国が軍船を派遣するとの声明を出したので、これで連合軍は、クイントになった。

現在、国内に大規模な内戦が起こっている可能性が高いシナの動きが注目されるが、今の状態で一番恐れて居るのは、共産側が、小型でも核を使う可能性がある事だろう。これは既に米国内の戦闘でも、小型の核兵器の使用の危険性から作戦変更を余儀なくされて居る。

シナ内部では事態がもっと切迫して来たら、破壊力が中規模のメガトン級の核兵器を使う虞があるが、そうなる前に、08年の様な衛星兵器を使った拠点攻撃で、その可能性を完全に潰して置きたい処だろうが、日米のマスコが報道する可脱姓は極めて低い。

この現状で日米のマスコミに共通していえるのは「国家が内戦状態に陥った、或いは、隣国が侵略行為をしかけて来て居るのに、国民にその現実も危機も伝えない」と言う行動は、報道機関としての自の存在を完全否定しているから事後の排除は覚悟の上だろう。

故に、国家・国民に、有害で不要な機関として、排除・消去の対象にされても反論出来無いと言う事で、世界的にわれて居る第四の権力も終焉間近と言う事に成ります。 モゥ別の形での報道機関を考案しなくては公正な報道機関の維持は無理でしょう。

すると、大統領選挙不正に端を発するこの戦いだったが、単なる選挙不正を巡る戦いではでは無く、追い詰められてテロ組織化して、その本性を露わした共産主義勢力と自由主義陣営の決戦の場なのですね、ですから、大規模になるのも避けられないのです。

謂わば、第三次世界大戦が起こっているのだが、是迄の世界大戦と違うのは、今迄、双方の背後から両張りして、都度「戦争の利得」を得て来たDS勢力が、此度は表舞台に出ざる得無くなり、それが世界の共感を得て、徹底的に処断されていると言う事で有る

現在の米国は、軍政下にありミラー国防長官代理とFEMA軍司令官の指揮下にあるが、この度、サウジ・アラビアから、F―35戦闘機に着いての引き合いがあったので、バイデン大統領が資料を要求すると「貴方には渡せない」と直ぐさま拒絶された、つまり、彼は国防総省からも、戒厳軍からも大統領として認定されて居無いと言う事で有る。

表舞台でパペットを演じていたバイデン、ヒラリー、オバマは、既に収監されて、もしかすると既に、処刑が終わって居る可能性がある。

特にバイデンは、痴呆症の進行次第だが、生きて居ても、昨年の様子から考えて、本物は公の場には、もぅ出て来れないだろう。

後、ジョージア州のケンプ知事や州務長官の様な共和党員だが、穀物メジャーの手先「=DS勢力の中核」の要人でもある人物だからその危険性から、反国家勢力の中心として、既に、処刑が終わって居る可能性が高い。

だから、裏切り者のマコーネル共和党上院院内総務は、フロリダのトランプ氏の許に、命乞いに行ったのでしょう。 同じく裏切り者のペンス副大統領は、全財産没収に遭って現在はホームレス同然に、親戚や友人宅に、夫婦で泊まり歩いて居るとの事だ。

米国内で進行中なのは、内戦と言うよりも、大掃除であり「根こそぎ」の観があるが、国内での戦闘の相手は。シナ出資の「未来研究集団」と称する、「シナで軍事教練を受けてきた」というANTIFAやBLM運動のゲリラ兵だから、米軍の正規軍に勝つ事は断じて無い。

是で、前世期初頭から続いてきた「米国の赤化運動」にピリオドが打てたら良いのだが、米国も日本と同じ、否寧ろ、日本以上に思考が慣性的だから、一度定着した理想論は、幾ら否定しても、世界的にも弾圧としか受け取らない傾向があるので、今運動の中心になっている世代が死に絶えて消滅する迄、復活する可能性が有ります。

今後は、共産主義に対しては、深い掘り下げが必要で、社会主義との相違をはっきりと示して、資本主義の欠陥を糺すのは、資本主義の結果生まれた余剰の使い途でしか無い。

遊んで暮らせる一生が尊いのでは無く、自分が世の為に他人の為になる人生こそ価値があるのだと、自ら気付く世の中を、作らねばいけませんね。

バイデン大統領の写真は依然と耳の形が違うし、サインも確かに異なります。大統領執務室の机も違うから、同じ大統領執務室だとも思えません。

いくら嘘をつくと言っても、1月20日の大統領就任式に使う記録にまで、別の日にとった写真を使うとは信じられない出鱈目ぶりです。

アメリカの民主党は、国の式典をなんと思っているのかを思いました。そんなに式典を軽んじていたら、その内に大きい失点となって帰ってくるでしょう。


不正な選挙を行って当選した大統領をアメリカがどのように扱うのかは判りませんけれど、その隙を見て中国が覇権を取りに来る可能性は十分にあると思います。

そのときには、無茶をしたら痛い目に遭うことを十分に思い知らせないといけないと思いますが、そのときにはアメリカの核兵器がありますから、通常兵器でコテンパンにやれば良いと思います。

最近増強してきた海軍は、空母が全滅した場合には国全体の問題になると思うのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« WHOは、わざと新コロ感染者数を増やしているような現状を是正するよう勧告した | トップページ | ウォール街含めて国際資本家は本当に力持ちすぎ »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30