無料ブログはココログ

« もしかするとこれが北京政府の命取りにつながるかもしれない | トップページ | これでは、規制緩和を許可した菅政権に疑惑の目が向けられて当然だろう »

2020年12月28日 (月)

日本政府は、「GoToトラベル」などの「GoTo事業」を見直すのではなく、11月1日から始めた韓国や支那からの【検査無し入国】をストップしろ!

ーー以下「正しい歴史認識ブログ20/12/27」より抜粋編集

>去る23日 大韓医師協会は“大韓医師協会 緊急記者会見”を通じて「2020年12月現在、例年に比べて全体死亡率が約6%上昇していることがわかった」とし「この超過死亡率6%を年間の数値に換算すると 約2万人近くとなり、新型コロナウイルス感染症による直接的な死亡以外にも、新型コロナにより 適切な治療を受けられずに死亡するという間接死亡が、無視できない水準であることを示している」と主張した。

韓国では一部から「統計の根拠がはっきりしていない」と批判されているとのことだが、今年の韓国は年初から新コロ感染による超過死亡が大幅に増加していたことは紛れもない事実だ!

韓国人は、超過死亡増からわかるように、【隠れコロナ死】が増加しているのに「K防疫成功」とか偉そうに自慢してきた。

(「超過死亡」とは、平年の予想死者数を超過する死亡のこと)

ーー

超過死亡者数からすると、公表よりも遥かに多い新コロ感染者や死者が発生していたのに、韓国政府がそれを隠蔽していることになる!

韓国人(朝鮮人)は息を吐くように嘘を吐く、それなのに日本の反日マスゴミは「韓国はK防疫と言われる徹底したPCR検査で感染拡大を抑えた」と報じてきた。

(PCR検査では新コロ感染の確定診断はできないことが分かっている)

ところが、日本政府は支那や韓国の「新コロ感染抑制」という嘘を鵜呑みにして11月1日から支那・韓国からの【検査無し入国】(入国規制緩和)を開始した!

ーー

韓国では、今年に入って「超過死亡」が大幅に増加している、つまり韓国では新コロが流行しそれで死んでいると考えられる。

にもかかわらず日本政府が11月1日から韓国や支那からの【検査無し入国】を許した。

それ以来11月から、日本では新コロ感染が急拡大している、この原因は、支那・韓国からの入国を許したからだと考えるのが一番合理的だ。

ーー

それでも、日本政府も、日本のテレビも新聞も、日本の新コロ感染の急拡大が支那・韓国からの入国を許したからだとは報じない、異常なまでにその事実を隠蔽し続けている!

ーー

この期に及んで、フジテレビ「とくダネ!」は、次のような放送をしていたのだから、本当に異常だ!

https://twitter.com/mkidfantastic/status/1341594975440658432

Fanta@mkidfantastic
とくダネ。
「外国人の入国状況」を解説するのに、一番入国者が多いであろう「中国、韓国」について全く知らせない😨😨💢報道の自由にもほどがあるでしょ。こういうことをメディアがしていいんですか⁉️

#とくダネ #とくダネ偏向報道午後1:02 · 2020年12月23日

ーー

https://twitter.com/mkidfantastic/status/1341698186948186113

Fanta@mkidfantastic

返信先: @mkidfantasticさん
異変種確認国からの入国者数と書いてありますが、中国って正直に「異変種が見つかりました」って言いますか?それを踏まえた上で、わざわざヨーロッパ(で変異種が見つかった)を際立たせようと印象操作するテレビ局。パッと見て誤解を招くような表示をあえてするメディアから、私達はどうやって身を守ればいいのでしょう。

午後7:52 · 2020年12月23日

ーー

ーー2020/12/26 22:30、読売新聞

https://www.yomiuri.co.jp/politics/20201226-OYT1T50227/

全世界からの外国人の新規入国、28日から1月末まで停止…変異種拡大で

政府は26日、全世界からの外国人の新規入国を今月28日から1月末まで停止すると発表した。水際対策を強化することで、世界各国で確認されているコロナ変異種の国内への流入を防ぐ考えだ。

コロナ変異種が拡大する英国と南アフリカからの新規入国はすでに止めていたが、対象を全ての国・地域に広げる。また、海外からの帰国者に対しても、ホテルや自宅での14日の待機措置を命じる。

政府は現在、一部の国を除き、海外からの新規入国を原則として禁止している。ただ、往来緩和策の一環として10月から、留学生や駐在員など在留資格を持つ外国人の入国を条件付きで例外的に認めていた。

英国と南アフリカについては26日までに例外措置を停止したが、変異種が両国以外にも拡大していることから、全ての国で例外措置を止めることにした。

ーー引用終わり

11月1日から開始した支那や韓国からの【検査無し入国】(入国規制緩和)が武漢ウイルス(新コロ)感染急拡大の原因であることは明白だ!

日本政府は、国内経済を支えてきた「GoToトラベル」などの「GoTo事業」を見直すのではなく、11月1日から始めた韓国や支那からの【検査無し入国】をストップしろ!

« もしかするとこれが北京政府の命取りにつながるかもしれない | トップページ | これでは、規制緩和を許可した菅政権に疑惑の目が向けられて当然だろう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>菅政権の謎の入国緩和
「政治は結果だ」と、安倍前首相は言ったが、後継した筈の菅政権は「防疫が成功して 、終息モードに入っていた武漢肺炎禍の防疫措置の要とで有る空港での入国検査と、2週間の待機を停止して、結果、万単位のシナ・韓国人が流入し、感染が拡大して居る。」

この規制緩和の理由が明らかにされていない処か、緩和自体が隠蔽されて居る状態に等しいのでは、規制緩和を許可した菅政権に疑惑の目が向けられて当然だろう、反国民のマスコミは、是を勿怪の幸いと、毎日感染者増加を喜々として伝えている。

この結果、国民には、信頼出来る防疫者が居無くなった事は眞に斬愧に絶えない痛恨事だが、何故この様な驚くべき事が起こったのかと考えてみるに、一番考えられるのは、自民党・公明党の連立政権内に潜在していた媚中・親韓の成分が一気に噴き出したと言う事だろう。

安倍さんは、彼らの真意を読み違えて居た、と言う他は無い、特に菅さんの道州制への傾倒は、顕在した二階や公明党の媚中・親韓への警戒以上に気を付けるべきだった、その懸念が、いきなり11月の大統領選挙直後のバイデンへの当確の祝意だった。

つまり、彼は安倍・トランプチームが、営々と行って来たDS勢力との戦いを毛しょいせず、DS側で、戦後体制の維持を支持していると言う事である、是は、国民に対するおおきな背信行為、裏切りで有る、然も大統領選の帰趨は土壇場に差し掛かっているのだ。

その上、この防疫体制破壊は、今年の年初から安倍政権が始めた未知のウィルスに対する「おっかなびっくり」の防疫措置を、好い加減な知見で、「韓国を見習え」等と、マスコミの好きな様な批判の中で、世界トップレベルの実績を遺したのだ。

それを菅政権は木っ端微塵に打ち砕こうとして居るのだから、その正体は「国民の敵」だったわけですね。彼の真意が奈辺にあるのか諮りかねが、要は、策士は策士でしか無く、一軍の大将の器では無かったと言う事に成ろうが、眞に残念である。

唯、此処へ来て、武漢肺炎騒動そのものが,DSが仕組んだプロパガンダで有ると言う、医科学的な証拠を伴った主張が、ドイツの医学会から出されている、勿論、Covid-19 と言う名着けられたウィルス自体が存在し無いと言うのではなく、その臨床治験に誇張があると言って居るので有る。

ウィルスの感染力、毒性を過大に評価・喧伝する事で社会不安を煽って、必要で無いレベルの経済活動の自粛を強制して、投機商品の価格変動を恣意的に惹き起こすのが、DS勢力の手口だからだ。

そしてもし、この予想を菅政権もしていたら、日本経済の本体を護る為に最低限の交流維持を図る意味だったとすれば、分からないでも無い、日本経済は思ったよりもし無い・韓国経済に深入りしているのである。

然し、対策を建てるのは良いが、マスコミに悪用されない様に、世論に世界の流れを認識させる必要があるが、菅政権が無策だったのは、安倍チームの頃はその役目を安倍さんが担っていたからだろう。

安倍さんはトランプチームに頼んでDS攻略の過程を一部暴露して、日本の立ち位置を世論に納得させれきた、直近は10月のポンペイオ長官の来日の時だっただろう。この時に、大統領選が不正で大荒れになる事、その時に本が取るべき対応も話合われた筈だ。

もし、現在の状況が、その時了解されたシナリオ通りに進んで居るとすれば、前言の「国民の敵」は、無論撤回する、そして、改世界の現状を正確に認識し直さねばならないと思います、我々が今、真に、どんな危機に直面していて、なにに気付くべきかを知るべきです。

我那覇真子さんと言う20代の沖縄の女性が、現在の危険な米国に渡り、毎日、米国国内の状況を、動画を使ってレポートしてくれて居るのですが、25日のレポートには、大きなショックを受けました、アメリカは、既に、半分死んだも同然の状態であると、感じました。

其処でレポートされているのは、西海岸のオレゴン州ポートランド市からのもので、州の軍本部の前の道路の向かい側で、なんと、麻薬が公然と売られていて、然もその 隣では、注射器のセットの無料配布が行われているが、誰も、見て看ないふりをして居る。

米国内の民主党の強い州では、殆どこのレベルの状況が看過・容認れて居て、職のない低所得者層が麻薬を買う為に、コンビニの襲撃や駐車中の車のスペアタイヤを盗んで、50~60$を稼ぐのが常態化しているので、州に拠っては、1000$迄の窃盗は無罪にした処迄あるとの事、この状況を看過しろと言って居るのが、民主党なのである。

勿論、女性は売春で稼ぐだろうし、中には、困窮の余り子供を売る母親も沢山いて、祖の仲介組織をヒラリー・クリントンがやっていて、それを捜査して居た刑事や州の議員賀、複数、不審死を遂げていて、容疑者の中にヒラリーの名前も見えるという。

だから、11・14の百万人集会が、自発的に起こったかと深く納得した次第、姉理科の事は日本には関係ないと考えて居る日本人が大勢いるがが、日本のマスメディアや完了を久ィ配しているのは、アメリカと同じDS勢力なのだし、自民党も半分近くが、手下だと考えれべきですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もしかするとこれが北京政府の命取りにつながるかもしれない | トップページ | これでは、規制緩和を許可した菅政権に疑惑の目が向けられて当然だろう »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30