無料ブログはココログ

« そんな既得権に無関係の政権として、民衆が言論・メディアに反対する形で誕生させたのがトランプ政権だったのです | トップページ | 如何なる州においても、ジョー・バイデンを勝者として認定していません »

2020年11月10日 (火)

米メディア各社は当選確実を報じることになかなか踏み込めなかった

ーー以下「エクサワロスブログ20/11/9」より抜粋編集

ーー以下朝日新聞記事より抜粋

https://news.yahoo.co.jp/articles/0dfe68305c96f0aaf21c1f90c4fa87b23c1e8e73?page=1

米テレビのあからさまな肩入れ報道 NYでCNNとFOXを見続けて感じた深刻な危機

ジョー・バイデン前副大統領は7日夜(日本時間8日朝)勝利宣言をして、「分断ではなく団結を」と呼びかけた。

しかしアメリカ社会の亀裂がいかに深いか、ニューヨークでCNNとFOXニュースを交互に見続けたら分断社会の深刻さがはっきり見えた。

この異例の大統領選で、トランプ大統領以上にヒートアップしていたのがメディアだった。

ーー

米国東部時間11月6日、連日続く開票作業で僅差の大接戦が繰り広げられる中、バイデン氏の優位が決定的になった日だった。

ただ、米メディア各社は当選確実を報じることになかなか踏み込めなかった。

当確報道自体が政治問題になりかねないほど、共和党候補の現職ドナルド・トランプ大統領の開票結果に対する抵抗が強く、米国全体が緊張感に包まれる中で慎重にならざるを得なかったからだ。

ーー

6日午後11時前、民主党大統領候補のジョー・バイデン前副大統領が、国民向けのスピーチに臨んだ。

「まだ最終的な勝利宣言は持ち合わせていない。ただ、数字は明確だ。私たちは勝利する。(中略)一つの国として団結し(分断を)修復する時が来た。簡単ではないが、頑張らなくてはいけない」

勝利宣言を意図的に避ける配慮を見せながらも、党派に関係なく全ての国民のための大統領になる決意を表明したバイデン氏のスピーチは、歴代の伝統的な米国大統領らしい姿だった。

ーー

だが、親トランプとされてきたFOXニュースの白人女性キャスターの反応は、明らかに軽蔑と分かる表情を演出しながら首を振り、「トランプ大統領を4年間、悪者扱いしてきた後に言うことだろうか」コメントを求められた黒人女性リポーターも「これだけ多くの言葉を使いながら圧倒的に内容のないスピーチを初めて聴いた」と苦笑した。

ーー

CNNにチャンネルを変えると一転、今度はバイデン氏を褒めたたえるコメントの雨嵐、白人女性キャスターは「民主主義や国民団結の重要性に触れる、なんて大きなスピーチでしょう」と興奮気味。

白人男性キャスターも「本当に素晴らしい。昨日のトランプ大統領のひどい会見とは大違いだ」と、大げさに目を丸くしてみせた。

ーー(中略)

FOXニュースのこうした姿勢に断固として立ち向かう姿勢を前面に押し出してきたCNNだが、結果的に分断の助長につながってしまっている。

7日未明には主力キャスターらがスタジオに集まり、トランプ政権の功績を強調するFOXニュースの映像を視聴者にそのまま見せて、「偽情報を流してきたFOXニュースの罪は重い」などと面白おかしく議論していた。

ーー

米ニールセン社の調査によると、大統領選当夜の選挙報道番組の視聴者は21ネットワークで5690万人、前回16年の大統領選挙時よりも20%減少したというが、その影響力はいまだ強い。

そして、視聴者数1位は1410万人を集めたFOXニュース、2位だったCNN(940万人)よりも圧倒的に多い。

FOXニュースが全米で一番視聴されたという現実が、一時は民主党圧勝とさえ予想された今回の大統領選で、トランプ氏に一票を投じた多くの有権者の心理を反映しているように思えた。

有権者を二分した今回の大統領選そのものが、簡単には解決できそうにない分断社会の溝の深さを象徴していた。(山本大輔)

ーー抜粋引用ここまで

ーー以下コメント


1:名無しのエクサワロスさん2020年11月09日 08:21ID:RO5wYQpJ0

「悪夢の民主党政権」を経験して、ウソつきと詐欺師が政治をやると、国民がどれだけ迷惑するか、日本国民は嫌というほど知り抜いているから、バイデンが大統領になるアメリカ人が可哀そうです。

2:名無しのエクサワロスさん2020年11月09日 08:27ID:Fqgwl8h.0

新型インフルエンザ+新型コロナ→差別暴動→異常選挙とさすがに胡散臭いことが続きすぎ

3:名無しのエクサワロスさん2020年11月09日 08:41ID:JLaKuEJ30

要するにアメリカのメディアはほぼ全部『虎の門』『赤旗』『聖教新聞』みたいなもんなんだ。

ーー

4:名無しのエクサワロスさん2020年11月09日 08:46ID:Ii47p2Js0

トランプがやっていた政策って、アメリカで商売する気なら雇用でも投資でもちったあアメリカに還元しやがれ!石油もガスも米国産を使えって事だからな。トランプを否定したって事はその真逆の事を望んでいるんだが、民主党支持者は理解しているのかねえ。

ーー

5:名無しのエクサワロスさん2020年11月09日 08:49ID:RRzHEw5n0

マスコミは、いい加減権力の乱用、悪用をやめろよ。

6:名無しのエクサワロスさん2020年11月09日 08:57ID:43F0FnmE0

政治的公平性そんなものないよ、あるのはどちらの立場に立てばより儲かるかだけとか言いそうだ。

ーー

7:名無しのエクサワロスさん2020年11月09日 09:02ID:IpEcbs2U0

トランプは今自分の敵を炙り出してる。ロシアゲートの時もそうだったろ?もっと早く否定することもできたが自分が追い詰められたかのように見せれば自陣営の中の敵を炙り出して排除することができる。ボルトン排除した時もおなじやりかたで人間性を見てた。そうやって安倍も観察して安倍は誠実だと判断したわけで。

8:名無しのエクサワロスさん2020年11月09日 09:03ID:IpEcbs2U0

※2
アメリカだけにウィルスばら撒くとバレるからついでに全世界に撒いたのかもな。習近平はマジで許しちゃダメだろ、世界は。

9:名無しのエクサワロスさん2020年11月09日 09:14ID:.i.gYyAV0

WSJだとトランプ支持が僅かに多い、みたいな事前調査だったね

10:名無しのエクサワロスさん2020年11月09日 09:46ID:J0PiP7I.0

この選挙が許されるなら中国共産党支持党とか作っても当選させれるな

ーー

11:名無しのエクサワロスさん2020年11月09日 09:58ID:CE7ns..P0

郵便投票だって「事前に行う人が多い」って話だったのに、消印ギリギリ(ないしオーバー)が大量に送られてくるって、どうよ。オーバー=開票が始まってギリ負けそうだから追加投票プリーズとしか思えん。

12:名無しのエクサワロスさん2020年11月09日 10:53ID:.gQMMk5o0

今回バイデンってより、メディア対トランプって感じだったもんな、裁判でどう転がるかなー

13:名無しのエクサワロスさん2020年11月09日 11:26ID:.FkI8g0w0

とりあえずバイデン票の垂直上昇だけはちゃんと理由を説明してほしいわ、どこからともなく大量の票がちょうどトランプに勝てる量だけ湧いて出てきたのは何なの

« そんな既得権に無関係の政権として、民衆が言論・メディアに反対する形で誕生させたのがトランプ政権だったのです | トップページ | 如何なる州においても、ジョー・バイデンを勝者として認定していません »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>米大統領選 2
否、米国って、こんなに程度の低い国だったのか? と言う感想しかない、それにしても、マス・メディアが持つ同調圧力の津代さと言うものは、ネットが無かった頃に比べて衰えたとは雖も、マダマダ絶大な力を持っている様だ。

この原因は、人々の現実意識に政治と言う感覚が不在な事が一番大きいだろう、殊先進国では、様々な情報が溢れる中で毎日の生活に追われて居る人々にとって、政治葉、その中のアイテムの一つにしか過ぎないし、普段は意識しない、上手く行って当たり前の事だろう。

だから、政治の情報はマスコミ任せになるし、その情報の真偽等確かめる必要のある人は、極限られた範囲の職業の人になる、仮に、そう言う人達迄抱きこんでマスコミが「伝えない自由」を行使したら、犯罪が隠蔽され、あった事件でも公平・公正・客観性を失う。

例えば、ミネアポリス暴動の契機になったフロイド事件も、過剰制圧行為をした警察官が一方的に悪い可の兎王に書かれているが、彼は札付きの犯罪常習者で、逮捕された時も、偽ドルを持って居たし、オソラク武器も持っていただろう。

普通のタイミングなら、「何時もの事件」だが、制圧時に、首を膝で圧迫した為に、被疑者が死亡した、是をBLM「=Black is live matter」として、マスコミが騒ぎたてて、しまいには、暴動にまで発展、事件に何のか関係もない商店街が焼き打ちにあって居る。

この時点で、米国政府は大きく反応して、BLM勢力側との討論を終わらせて置くべきだったが、併せてANTIFA「=独裁反対」運動が起こり、シアトル市が一時暴徒に占領される事態になって、米国に、分裂の兆しが現れ始めていた。

大統領はこの運動の参加した個人・団体をテロ集団賭して認定したが、内容は、きょ五三主義者の集団で有ったから、追い詰められた共産シナの苦肉の策と見做された、然し、今は戦時中で交戦相手国の陰謀が、物理現象となっているのに、マスコミは、是を大きく取り上げていない。

つまり、現実をメディアの思うママに変形・加工して、国民に伝えるから、国民は、歪んだ現実を見せられて居るのに気付け無いと言う事になるが、自分の日常に影響がないのなら、そのまま見過ごしてしまう、そして歪んだ情報は放置される、是を繰り返しているのだ。

是が、日米欧の先進国社会の現実で有る現状を考えれば、真実の現実は、特定の政治家とマスコミだけしか知らない現実を看過開してしまう、勿論、この利点を使って、自分に有利に金儲けを行う集団がいる。

国際金融資本はそうした、金融屋「=銀行や証券会社」の資金源になって居る、例えば、嘗て、ジョン・ロックフェラーは、米国で産出する原油を硫酸を使って、油分だけを分離する方法を開発し、それを大消費地まで鉄道輸送して財を成したが、その初期投資二は莫大な資本が必要だった。

今なら、格好の銀行の投資ネタだが、当時は金融のダイナミズムが一般には理解されて居無い時期で、従い、投資リスクは過剰に見積もられ、借り手は甘受せざるをえなかった。すると、借り手は儲けを大きくせざるを得無くなり、結果、違法な事でも、進んで行う様になり、こうして金融界の健全性が破綻した。

資本主義の限界が言われて久しいが、欧米にキリスト教系の国では、固より、金融自体が破戒行為であったのを、王侯貴族が私益の為にユダヤ教徒を使って、金かしを始めた事賀、起点になって居るのだから、白人文明の道徳規範はインチキであるとしか、云い様が無い。

つまり、白人文明を繁栄させたのは金融システムだから繁栄は、キリスト教の破戒なくして、成りたたないと言う事になろう。 白人文明は、戒律を守って繁栄を捨てるか、反映を取り、棄教するのか、二者択一を迫られて来たのである。

この問題は、日本の仏教や神道社会の人間には、理解し難い問題である。

何故なら、日本では、自然こそ神であり、その法則をしり、その法則に沿った生き方をすれば、許されるので、人間が考えた人間同士の禁忌に、人間が拘る必要はないが、自然の法則は必ず働いて、自業自涜の形で我が身に還って居る。

シナ・朝鮮の傍若無人の振る舞いが、天罰となって今日の衰退~消滅の道を歩ませたと思って居たが、当然、米国も例外とはなり得ず、今迄で為して来た悪業に見合った困難に是から見舞われる事になるのかもしれない。

米国では、日本で言う民主主義等、何処にも存在せず、米国こそ「今だけ カネだけ 自分だけ」の拝金主義の価値観の最たる社会で有った事を、改めて認識した次第で、そんな社会に有って、拝金主義の生き方を捨てて、国の再生の為に働いている覚者トランプ大統領を否定する等、米国の自殺に等しい行為であろう、滅亡已む無し。

今、アメリカの選挙人選出選挙で引っ掛かっているのは、投票用紙に「透かし」で正規票が区別できて「ナノチップ」で追跡機能が出来ているとの情報です。

なにしろ、事前から警鐘が鳴らされていた郵便投票が、見事に選挙開始から問題となり、不審な車両が選挙の管理事務所に到着したら
バイデン氏の得票が急激に上昇したというのですから、選挙集計の怪しさが浮かび上がっているのです。
アメリカの選挙だから一応の公正さがあると思っていたら、とんでもなく不可思議な状況となってしまいました。

これがもし、投票用紙に透かしやナノチップが仕込まれていたら、不正な投票用紙はトランプ大統領側の提訴によって洗い出されることになり、現在の投票結果は無効になるだけでなく、アメリカの民主党は政権奪取の夢は幻となって消え去るでしょう。
また、アメリカの左翼的マスコミも、現在の浮かれた状況からしっかり現実を知らされることになると思います。

しかし、マスコミのええ加減さはアメリカでも日本でも変わらないようで、トランプ大統領がこの四年間に為してきた、アメリカのための政治をどう考えていたのかと思います。
彼は、アメリカンファーストを念仏のように唱えて、アメリカの経済を立て直そうとしてきました。
アメリカの失業者を減らすために、アメリカで求人をする企業が進出するようにと努力する様は、日本人の私にもその姿がよく見えたのですが、その姿はアメリカ人には理解できなかったとしか思えません。

アメリカのための政治をするなら、アメリカンファーストとして行動するのは当然ですし、日本のための政治をするならジャパニーズファーストとして行動することは当然だと思うのですが、これがアメリカでは理解されなかったというのなら、トランプ大統領は可哀想です。
もっとも、偽物の投票用紙に不可思議な集計をされたのなら、正しい選挙にはならないので、世界一強力な軍隊を持っていても真っ当な選挙が出来るものではありません。

そして、アメリカにはより正しい報道をするため、報道機関にはアメリカ人しか仕事が出来ないようになっていると聞いたことがあるのですが、それでも移民や他国の怪しげな連中がアメリカ国籍を取得すれば、正しい報道をしないことになると思います。
これは、日本でも同じことだと考えます。

戦争をしなくても選挙で政権を倒すことが出来ることは、CIAが好きなやり口だと思いますけれど、アメリカがそれをやられたら洒落にならないと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« そんな既得権に無関係の政権として、民衆が言論・メディアに反対する形で誕生させたのがトランプ政権だったのです | トップページ | 如何なる州においても、ジョー・バイデンを勝者として認定していません »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30