無料ブログはココログ

« つまり我々は言論・メディアの護憲への誘導に屈してはいけないのです | トップページ | この日本軍の降伏による米国への統治権移譲が起きたのは1945年9月9日だった »

2020年9月11日 (金)

政策議論ができない噓つきの集団?

ーー以下ttensanブログ20/9/10より抜粋編集

辻元清美は、2017年10月8日、自分の公式サイトで【(検証)辻元清美をめぐる「3つの疑惑」嘘を作り上げられ拡散される手法についての検証(スタッフより)】という記事を出しています。

ですがこんな後付けの検証の半年ほど前(2017/3/28)に産経が出したこの記事であっさり否定されています。

半年前に嘘だとばれているのに「デマだ!デマだから拡散するな!拡散したら法的措置も辞さないぞ」と辻元清美事務所はSNSなどでの拡散を防ごうとしていたのです。

ーー

当時彼女が所属していた民進党としても辻元清美を守るために「デマだから拡散するな」と主張していました。

ーー2017/3/28 産経新聞より抜粋

【民進・辻元清美氏に新たな「3つの疑惑」 民進党「拡散やめて」メディアに忖度要求】

学校法人「森友学園」(大阪市)の国有地払い下げ問題をめぐり、民進党の辻元清美元国土交通副大臣に関する「3つの疑惑」が新たな争点に浮上し、日本維新の会などが追及姿勢を示している。

学園の籠池泰典氏の妻、諄子氏が、安倍晋三首相の昭恵夫人とのメールのやりとりで、辻元氏に複数回言及したからだ。

民進党は誤った内容だとメディアに情報を広めないよう「忖度(そんたく)」を求めるが、籠池氏の発言に依拠して首相らを追及しながら、都合の悪い妻の言葉は封じようとする矛盾に陥っている。(水内茂幸)

ーー

維新の足立康史衆院議員は25日、自身のツイッターでこう表明した。

「辻元清美議員のやらせ、を明らかにしていきます」

1つ目の疑惑は、1日の諄子氏のメールにある辻元氏が「幼稚園に侵入しかけ 私(わたし)達(たち)を怒らせようとしました」(原文ママ)と記載された部分だ。

民進党役員室は24日発表の見解で「そのようなことは一切なく同議員は塚本幼稚園の敷地近くにも接近していない」と否定した。

辻元氏は2月28日、民進党視察団のメンバーとして豊中市の小学校建設予定地などを視察。

辻元氏は21日の党視察団にも参加したが、同日の視察団は大阪市の塚本幼稚園を訪れ、籠池氏に面会を断られている。

ーー~以下省略~抜粋引用ここまで

1、幼稚園に侵入しかけて籠池夫妻を怒らせようとした

辻元と民進党の主張「一切そんなことはない。塚本幼稚園の敷地に近づいてもいない」

事実:2017年2月28日に辻元清美は民進党視察団メンバーとしてテレビカメラとともに小学校建設予定地などを視察、塚本幼稚園も訪れて籠池に面会要求をしている。

よって辻元清美と民進党の主張が嘘。

ーー

2、小学校建設現場に作業員として関西生コンの人間を入らせた

辻元と民進党側の主張「籠池諒子氏の指摘した作業員は辻元と面識はない」

この件は事実不明。

従ってこれまでの辻元清美が国会でやってきた難癖と同じ理屈ならば「怪しい!疑惑はさらに深まった!やっぱり辻元清美が嘘をついてる!」
と言われても文句が言えないかと。

ーー

3、野田中央公園の土地の14億円値引きは辻元が関与

辻元と民進党側の主張「平成21年度補正予算(2009年5月に予算化)で決められたものだから辻元が副大臣の期間とは関係ない、だからデマ」

事実:地下埋設物調査報告書がまとめられたのは2010年1月(辻元が副大臣在任中)。野田中央公園用地の売却額決定に使われた不動産鑑定書の日付は2010年2月19日。近畿財務局と豊中市の売買契約は2010年3月10日。

麻生政権で予算化しましたが、その後に土地の地下埋設ゴミなどの調査結果が判明したのは辻元清美の国交副大臣在任中です。

ーー

民主党政権になってから地下埋設ゴミという問題があることが正式に裏付けられたわけです。

それなのに国側が補助金を満額で出して、14億円の値引きで実質的に3000万円弱で豊中市が土地を手に入れる形に決めたのは辻元清美が副大臣の時です。

さらに言えば瑕疵担保責任までついてたりして、豊中市としてはこんな美味しい話はなかったろうと思います。

ーー

予算を組んだのは確かに麻生政権時代でしょう、でもその後問題が発覚したのに豊中市にとって最高に都合の良い内容で話を決定させたのは民主党政権時代なんですから。

辻元側の主張がペテンだと言っていいでしょう。

ーー

今回取り上げた産経新聞の記事が出た後に辻元清美と民進党は産経新聞に対して「法的措置を検討する」と書いた抗議文を送付して記事を撤回させようと圧力をかけています。

産経は嘘を書いているわけではないので撤回しませんでした。

ーー

たとえ明らかな事実であっても「デマ」「嘘」と言い切る。

そしてそれでも言う事を聞かない相手には「法的措置を取るぞ!」と脅す。

こんな堅気の日本人が決してやらない事ができるのは、彼女が堅気ではなく嘘をつき慣れているからなのだろうと思います。

ーー

だいたい、関西生コンから献金はもらってないという明らかな嘘までついてました。

産経に対して明らかな脅しをかけていたことを産経グループも忘れていなかったので

ーー2018/9/21 夕刊フジ、一部抜粋

【辻元清美氏と関西生コンとの関係… 大阪府警が組合員16人逮捕 週刊朝日「献金」報道に事務所「収支報告書の通り」】

週刊朝日は当然、武被告とのつきあいや、「連帯」から献金を受けたことを問い合わせたが、辻元事務所は「ご指定の人物、団体から献金を受け取った事実はありません」と回答していた。

だが、夕刊フジが改めて官報を確認したところ、98年分収支報告書に「政治資金パーティーの対価に係る収入」として、「全日本建設運輸連帯労働組合」から50万円を受領していたことが記されていた。

99年分の収支報告書では、個人の寄付として、連帯労組や関生支部の関係者とみられる5人から50万円ずつ、計250万円を受け取ったとの記載もあった。

ーー

捜査拡大を受けて、夕刊フジでは18日午後、辻元事務所に対し、(1)週刊朝日への回答で、献金の受領を否定しているが、間違いではないか(2)連帯労組や関生支部との関係(3)関生支部側から献金を受けたことの認識-などを質問状でただした。

辻元事務所は19日夜、書面で「18日にいただいた問い合わせの件については、すべて収支報告書に記載された通りです」と回答した。

ーー抜粋引用ここまで

辻元清美は関西生コンから献金を受けた事実はないと否定していたものの夕刊フジによって証拠を突きつけられたら辻元清美事務所が「収支報告書の記載の通りです」と事実を認めています。

都合の悪い話は事実であろうと「デマ」と先に言い張り、相手が弱い立場の人間なら訴訟をちらつかせて口を塞ぐ。

それが辻元清美の基本的なやり方だと考えておいた方がいいでしょう。

ーー

いまだにマスゴミは関西生コンの件をきちんと報じませんし、テレビでは辻元清美と関西生コンについて触れようとしません。

大量の逮捕者を出している反社会勢力と政治家の癒着というスキャンダルですよ。

しかも知名度の非常に高い辻元清美ですよ!これをネタにしないなんて、そりゃ今のテレビが数字とれないわけですよ。

ーー

さて、お次は辻元清美の所属政党のボス「討論と政策議論が苦手な」枝野幸男の記事。

ーー2020/9/9 産経新聞より抜粋

【枝野氏、菅義偉長官の「自助」主張を批判 「責任放棄だ」】

立憲民主、国民民主両党などが結成する合流新党の代表選に立候補した立民の枝野幸男代表は9日、日本記者クラブ主催の討論会で、自民党総裁選に出馬した菅義偉官房長官が「自助・共助・公助」を訴えていることを批判した。

「政治家が自助と言ってはいけない。責任放棄だ」と述べた。

枝野氏は「自助や共助ではどうにもならない時が人生にはある。政治の役割は公助だ。私たちとは明確に政治姿勢が違う」と語り、対決姿勢を鮮明にした。

ーー抜粋引用終わり

主に立憲民主党や共産党を支持する頭のおかしな人達が菅官房長官の「自助・共助・公助」について噛みついているので枝野幸男も深く考えず批判に回ったようです。

しかも批判の内容もまるで的外れ。

ーー

自助・共助・公助は自民党が以前から言ってきた事です。

自助や共助でだめなら公助でという至極当たり前の事を言っているに過ぎません。

それを枝野幸男は知ったかぶって「自助や共助ではどうにもならない時が人生にはある。政治の役割は公助だ。私たちとは明確に政治姿勢が違う」なんて批判をしているのですから笑えます。

ーー

ところが志位和夫やパヨさん達は自助と共助を批判して最初から公助という事を主張しているようです。

最初から税金にたかることを大前提にしているあたり、さすがはパヨだなと思います。

ーー

で、枝野幸男ですが、2005年7月29日 年金制度をはじめとする社会保障制度改革に関する両院合同会議より

ーー引用開始

枝野幸男

民主党の枝野でございます。今、福島先生のお話を伺っていて、あれっと思ったんですが、生活保護のかわりを年金にさせるのではないか、私はそれでいいんではないか。つまり、生活保護という仕組みは、本来は、なければない方が望ましい制度なんだ。まさに自助、共助、公助であって、本来は、各個人が自分の責任と自分の努力で生きていければ一番いいんだけれども、ところが、人間社会というのは必ずしもそうはできない。

そうした中でお互いの助け合いという共助の仕組みがある。そして、そういうやり方の中でもどうしても救えないケースが出てくるからこそ、最後のベースとしての生活保護が存在をしているのであって、できるならば自助と共助の世界の中で、生活保護という仕組みを受ける人がいなくなる社会が我々の目指すべき社会なのではないか、私はそういうふうに思っています。

ーー引用終わり

まさに菅官房長官が言っていた自助・共助・公助の立て付けどおりの事を説明していて公助の部分が必要なくなる社会を目指すべきだと言っています。

一貫性がなくその時その時で言う事が変わる。

結局、枝野幸男は、政策の軸というものを、あるいは政策自体を持っていない、それが政権批判しかできない理由なのです。

« つまり我々は言論・メディアの護憲への誘導に屈してはいけないのです | トップページ | この日本軍の降伏による米国への統治権移譲が起きたのは1945年9月9日だった »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます
>>売国勢力の蒙昧さ
本文にあるttensan の指摘を読んで行くと、最初は呆れて嗤ったが、次第に怒りがこみ上げてくるのは、何時ものクズ野党ですね、こんな奴らに年間ⅰ億円/人も出して、政治をの妨害をさせるダケという、途方も無い無駄な事は、もぅ辞めるべきです。

そういう現実を重々承知しながら、事実すら伝えようとしない報道機関は、完全に機能不全に陥って居て、最早、世に不要な亜御ンざいになったと、云えましょう。

昨今、大企業の社長、例えば、トヨタの豊田章男章一氏が「もぅ、(日本の)真す・ネディアには失望した、事実さえも、自分達の都合の良いものを選んで報道している」と指摘し、CM出稿について、重大な懸念を持って居る事を明かしている。

とうとう、世間が「マスコミは、洲で二報道機関として、機能不全に陥って居て、今や、国民の敵になっている」事二、気は着き始めたわけですね。

就中是で、TV界は超大口のCMスポンサーを失う危機に直面している、と、いって良い、それは、現在、トヨタ自身が米国から、交戦中のシナの案件で、その旗幟を問われているが、トヨタが、工場新設計画を凍結、又は、撤回している。

なのに、国境侵犯を繰り返し、咋に恫喝しているシナに阿って、それを国民に伝えないから、トヨタは「自社の利益の為なら従業員を危険に晒しても、平気な売国企業である」かの様な印象を国民に、持たれ始めて居る。

豊田社長のマスコミ批判は、こういう事態に危惧を感じて、このまま放って置けば、最大の買い手である米国からも、市場から閉め出されかねない由々しき事態は出来している事に、危惧を感じてのものだろう。

この流れで行けば、TVから、トヨタのCMが全部消える可能は高いし、他の自動メーカーも追随するだろうし、シナへの進出企業は全て、米国の制裁の対象に成りかねないのだから、TVのゴールデン・タイムも、その裡、ショップ・チャンエル化して行くだろう。

そして、目先の利益に拘泥するあまり、世界の背景が大きく変わって居る事にも気付かず、シナに阿ってばかりいるマス・メディア全般も、本が増々売れなくなって、殆どを輸入に頼って居る製紙業界が、急激で不可逆な需要減に、輸入量の大幅削減を始めて、本の単価が上がり、増々売れなくなるので、電子化するしか無くなり、印刷業や本屋の廃業・閉店が激増する。

全国的な、新聞の凋落もあって、紙自体の流通量ぜが減るので、古紙のリサイクルに頼って居る業界も消滅。の危機に陥る・・・再生紙を資源にして居る業界も危うい

こうした世の中の激変現象は短期に急速に普及する可能性が高いのは、その方が、手軽だし安く着からで、携帯電話の普及で町中から時計が消えたのと同じだろう。

そう言う意味で、マス・ネディアは、本来の自身の在り方を真剣に見つめ直して、反省して改めなければ、殊に、レガシィ・メディアは、シナ上げで失った信用を回復するのは難しいだろうが、ちゃんとした反性・改革が出来そうなメディアは、数える程しかない。

日本も米国並みに、政府機関の深部にも売国勢力が浸透していて、特に、四務省と呼ばれる(法務、財務、総務、外務)には、多くの外国勢力や左翼成分の濃い官僚が犇めいており、日本は行政機能のカナリの部分が外国勢力の影響下にあるし、文科省や国交省、厚労省の、浸食ブリも酷く、何処の国の機関なのか? と、疑う様な態たらくで、大幅改革の必要は急務だろう。

菅新内閣の仕事が「安倍内閣の継承」なら、こうした改革の実行こそが、第一に着手すべき事で、マスコミ改革で、外国勢力の「後方攪乱」を止めさせるべきで、が居寡ん誘致財を含む、厳罰を以て臨むべきですね。

攪乱行為の実行者たる、三日新聞や2つの通信会社を中心とする、ネットワークに連なって居る地方紙や放送局も含めて、大改革が必要です、総務省は大変ですね。殊に、NHKの改革ではなく、イキナリ、解体・再編ですから、計画や準備に時間が懸って当然でしょうが、期待しています。

然し、是は、一人日本だけの問題に非ずで、世界中のマス・メディアが、その勢力の強い支配下にあると言って良いし、然も、改革が世界同時進行出なくては、大木な混乱を生じせしめる恐れも出て来るので、政権全体が改革を担う心心算が無くては事は成就しないでしょう。

無論、一朝一夕に出来る話ではありませんが、兎に角、今は、不要な政治勢力を一掃する為に、衆院解散総選挙~新内閣結成~米大統領選挙~参院選挙と、年末迄に、文字通り政治体制を一新して、来年早々から改革着手に移るべきですね。

考えたダケでも、目が回りそうですww

「森友学園」は籠池氏が小学校を新設しようとした際に、国有地の払い下げで問題になり、その際に安倍首相夫人までを巻き込んでの騒動になりましたけれど、当の小学校の隣で辻元清美衆議院議員が国土交通副大臣として、豊中市の公園用地を異常に安く払い下げていました。

しかも、籠池氏は裁判で有罪になりましたけれど、辻元議員はそのまま国会議員をしています。
辻元議員は以前に公設秘書の給与を国から欺し取ったとして関係者と共に逮捕されて有罪になっており、その後に議員として復活していますから、日本の刑法は十分に知っているはずですからアホなことはしないと思っていたのですが、逮捕されない方法を知っただけの知恵を付けただけでした。

これが、関西生コンという違法暴力集団と結びついているのですから、検察は大変な苦労だとは思いますが努力をして、日本の国の法律を守って欲しいと思います。
国会議員が日本の法律を守らずに国の財産を食い荒らすことを許せば、これに続いて法律を悪用する輩が幾らでも出てきますので、日本の国を正しくしようとする政治家は「悪貨は良貨を駆逐する」の言葉の通りに崩され、それが日本の国を崩壊させる元になるのだと考えます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« つまり我々は言論・メディアの護憲への誘導に屈してはいけないのです | トップページ | この日本軍の降伏による米国への統治権移譲が起きたのは1945年9月9日だった »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31