無料ブログはココログ

« 私は、この「悪夢のような民主党政権時代」がもう二度と戻らないことを願っています | トップページ | ワイドショーはバイデン圧勝みたいな事言ってる専門家ばっかで怖すぎ »

2020年10月 1日 (木)

サヨク界隈だんまりやんけ

ーー以下「丁寧語とかブログ20/9/28」より抜粋編集

【反社パヨク犯罪】「全国最大規模の詐欺事件に発展?」給付金詐欺に手を染めた沖縄タイムス社員

https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1601229403/

1 名前:アメナメビル(茸) [US][sage] 投稿日:2020/09/28(月) 02:56:43.27 ID:GMylaJsz0 [1/2]● ?2BP(2000)

沖縄で多発する給付金不正受給の現状 

そんななか、全国で最大規模といえる「同時多発的不正受給」に激震が走っているのが沖縄だ。

ーー【コロナ給付金不正で5億円取得か 那覇の税理士 うその申請1800件】

9月10日、「沖縄タイムス」の紙面に、そんな見出しが踊った。

記事では、那覇市内の税理士の「男」が合計1800件の虚偽申請に関与した疑いがもたれており、「男」の事務所など複数の関係先が家宅捜索されたことを伝えている。

逮捕前の段階で、「男」と呼称しているところに、沖縄タイムスはこの税理士の逮捕も近いと踏んでいたことがうかがえる。

税理士へのガサについてはライバル紙の「琉球新報」も伝えているが、税理士の呼称は「人物」「男性」となっていることと比較しても対照的だ。

ーー

さらに沖縄タイムスは9月12日、以下の見出しで、「本来対象ではない人の申請も相次いでいたとみられる」と報じた。

【税理士事務所に“行列” コロナ給付金不正キャバクラなどに情報出回る 「若い女の子やアジア系外国人がひっきりなしに」】

このような沖縄タイムスの積極的な報道姿勢にもかかわらず、今までのところこの税理士が不正受給に主導的にかかわっていた証拠は出てきておらず、逮捕されるにも至っていない。

ーー

その一方で、同社の社員が警察の捜査の対象となってしまうという皮肉な事態となったのだ。

なぜ、沖縄タイムス社員に捜査の手が及んだのか?

「県警がくだんの税理士事務所から押収した資料の中から、沖縄タイムスの総務局付課長で関連会社に出向中だった40代男性社員Mの申請書類が出てきたんです。警察による捜査の手が及びつつあることを知った男性社員は、9月11日に警察に出頭し、事情聴取を受けていたようです」

(県警担当記者)

ーー

こうした事態を受け、沖縄タイムス社は、9月12日夜に記者会見を開き、Mが持続化給付金100万円を不正受給したことに加え、新型コロナ対策の緊急小口資金と総合支援資金も虚偽申請して計80万円を不正に借り入れていたことも明らかにした。

不正受給を追及すべき報道機関の現役社員が不正受給に手を染めていたこの一件は、瞬く間に全国ニュースとなった。

ーー

とくに、日ごろから沖縄タイムス社を「反日メディア」として目の敵にしていた保守勢力を中心に、同社社員の不祥事に大きく反応。

実名を公開しない同社に「身内には甘い」といった批判の声も巻き起こった。

しかし、イデオロギーのいかんは問題の本質には関係なさそうだ。

取材を進めると、このMのさらに驚愕すべき正体が浮かび上がってきたのだ。

ーー2020年9月25日 6時0分・記事元 文春オンライン

https://news.livedoor.com/article/detail/18951338/

ーー

2 名前:アメナメビル(茸) [US][sage] 投稿日:2020/09/28(月) 02:57:21.54 ID:GMylaJsz0 [2/2] ?2BP(1000)

Mは、自らの不正受給だけでなく、社内外の15人前後にも申請の勧誘をしていたことが明らかになっている。

これにより、同じ出向先所属の30代男性社員も職業を偽って申請し、緊急小口資金20万円の借り入れを受けていたことが確認されている。

県警は、こうして不正受給を誘われた人物がさらに別の人物に話を持ち掛けて、結果的にMが約40人を不正行為に巻き込んだ可能性があるとみて、調べを進めている。

ーー

Mは「仲介料や紹介料は受け取っていない」と主張しているが、いち会社員を頂点とした、まるでマルチ商法のような勧誘の構図はなぜ可能だったのか。

「Mは、会社員のかたわらでサイドビジネスも行っていたのですが、その実態はマルチ商法そのものだったんです」と話すのは、Mの知人男性だ。

ーー

逮捕された社員の不穏な素顔とは

Mの本名でネット検索すると、「R合同会社」なる企業のサイトがヒットする。

サイトの記述によると、この企業は、サッカーをはじめとするスポーツデータ解析ソフトの開発販売を行っているという。

要はスポーツギャンブルの予想ソフトである。

事件発覚まで、この企業の代表者を務めていたのが、Mだったのだ。

ーー

「同社はこの予想ソフトをマルチ商法のスキームで販売していました。

会社化されたのは昨年10月ですが、すでに数十人の会員がいたようです。

Mは、この会員らにも持続化給付金の不正受給を持ち掛けていた。

ーー

それだけではない。

「Mは新規会員の獲得の際にも、持続化給付金を餌にしていたようなんです。つまり、不正受給を指南する代わりに、振り込まれた給付金で予想ソフトを買わせていた」(知人男性)

Mは、自社が手掛けるマルチ商法の会員にすることで、不正受給させた給付金を吸い上げていた可能性がある。

ーー

こうした手口については、拙著「ルポ新型コロナ詐欺」の中でも詳報しているとおり、マルチ商法を手掛ける複数のグループで用いられている常套手段である。

さらに、この知人男性によれば、少し前にはMはアヤシイ仮想通貨への投資も周囲に呼び掛けていたという。

ーー

「3年ほど前の仮想通貨バブルのとき、彼は聞いたこともないマイナーコインやICOへの魅力を熱心に語っていた。私も投資を誘われたのですが、断ってよかった。結局、その仮想通貨の案件が仮想通貨バブルの崩壊とともにダメになった結果、予想ソフトを手掛けるようになったようです」

ーー

社内での立場を失ったことはもちろん、今後の捜査の進展によっては刑事的責任も問われることになりかねないM。

こうした持ち前の山っ気がアダとなったか。

ーー

4 名前:ラミブジン(東京都) [US][] 投稿日:2020/09/28(月) 02:59:11.30 ID:MdvdivPR0

こんなワイドショーで1ヶ月はやるネタだけど恐ろしいほどの沈黙でワロタw

何が安倍への忖度なんだかw

ーー

11 名前:テノホビル(東京都) [US][] 投稿日:2020/09/28(月) 03:15:02.03 ID:VRopkiJR0

他のマスコミが気になるな、してるやついるんじゃない?

23 名前:ペンシクロビル(東京都) [NL][] 投稿日:2020/09/28(月) 03:46:40.84 ID:q8kIET1q0

サヨク界隈だんまりやんけ

31 名前:マラビロク(山梨県) [CN][] 投稿日:2020/09/28(月) 04:15:21.30 ID:oRjQCp0m0

マルチ商法か。渋谷のルノアールでマルチ商法の勧誘やってるのみたな。詐欺会社でも近くにあるのか?

« 私は、この「悪夢のような民主党政権時代」がもう二度と戻らないことを願っています | トップページ | ワイドショーはバイデン圧勝みたいな事言ってる専門家ばっかで怖すぎ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>沖縄タイムス事件の真相
確かにこの事件の詳報をマスコミは避けて居ますね。 ダカラ、読んで行くと、沖縄タイムスの社員の関与は、ごく一部で然も、早期に自首して居る。 事件は、概ね、税理士とMと表記されている人物が起こした詐欺事件で、被害総額が5億円を超えて居ると言う事だった。

詐欺にかけた対象が、国家、つまり国民で有り、国民に差し伸べられた救いの手の悪用であるから許し難く、額面だけで事件の規模を諮るのも、如何なものかとは思うが、明らかになった被害額が未だに小さく、昨今の詐欺事件の規模に2~3桁足りないのは事実だ。

それに、今この事件で騒げば、沖縄タイムスへの攻撃が主となって、本質への追及は2の次になりかねないし、マス・メディア自身の犯罪は、何も、是だけでは無いので、あちこちに飛び火して「藪蛇」になる可能性もあるから「様子見」して居るのではないだろうか?

何れにしても、現状のマス・メディアに、世間並みの「良識」を期待しても虚しいだけだから、この事件の裏側に関して、現状の沖縄が置かれた政治的・経済的環境からの蓋然性をの範囲で推測してみたい。

まず「沖縄は、日本でも特殊な地域である」と、外国に認識されている野は言舐め無い事実でしょう。 沖縄人の心情としては「可能ならば、独立したい」という、気持ちが潜在していると思うのは、私の父方は沖縄人の系譜だからだ。

然し、現実問題として、産業が一次産業と観光業しかない状況では、沖縄が「国境の県」であるメリット、則ち、日本最大の米駐留軍基地の存在で有り、高額の補助金交付が、圏の財政を支えて居るのが事実でしょう。

沖縄人が、盛んに「基地は要らない」と言って居る様にマスコミは伝えるが、実はそうでは無く、それを言って居るのは、本土から来た反体制の活動家で、反日・反米勢力の赤化勢力や在日勢力で有る事は、周知の事実であろう。 地元民はこのきちでせいけいをたてている人が多い、この事実も、マスコミはスル―して国民に伝えない。

特に、一昨年の前知事の死亡に伴う、県知事選で、反体制側の候補が当選してからは、本土マスコミから沖縄情報は絶えて久しい。 その間に沖縄では一体何が起って居るのだろうか?

武漢肺炎禍で明け暮れる感が有る今年だが、日本で最初に罹患者が、発見されたのは、沖縄に寄港したダイヤモンド・プリンセス号からであった。 この様に、クルーズ客船にとって、沖縄は香港の次ぎの寄港地であり、シナからの富裕層の観光客が大勢来ていたのである。

是に加え、戦前から定住している朝鮮族も多い処だし、もし、石垣島や宮古島でなる、反シナの先島諸島が無ければ、大阪の「都構想」と同じく、住民投票で沖縄を国内国の特別行政区にする運動が起こっていただろう。

つまり、シナ・韓国は、経済的・政治的に追い詰められる一方だが、その水面下では日本への「銃弾なき侵略」が始まって居るのです。 殊に、日本は一民族国家・社会との認識が、世界的にもあるが、これも、戦後GHQ「=DS勢力」が撒いた「在日朝鮮人」という、不法移民集団の種子が、日本社会で順調に力を伸ばしている事を考えれば、寧ろ、この事態が、日本破壊作戦の本命では無かったか?

顕在する脅威には、日本人は強い団結心を示すが、潜在している脅威には、不安がるだけで、正体を突き止めても、中々、信用しないからだし、具体策で排除しようとすれば、すぐに「排外主義だ、差別だ」と騒ぐ勢力が保守側にも居る、これは「感性に流されず、理性的で有ろうとする」意味では、世界でも貴重な事だが、人口侵略等の潜在的脅威には、逆に、助長成分にしかならない。

これから日本人として認識すべきは、日本は相対的に見れば、アジア地域では、飛び抜けた富裕な国で有ると言う事実、なのに、国富に見合った軍事力を持って居無いし、死パイ防止法すら無い無防備に近い状態であると言う事、そして、常に戦後日本を支配したDS勢力が虎視眈々と、日本支配の復活を狙って居ると言う事だろう。

手先は、なにも是までの様に、シナ・韓国だけでは無いのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私は、この「悪夢のような民主党政権時代」がもう二度と戻らないことを願っています | トップページ | ワイドショーはバイデン圧勝みたいな事言ってる専門家ばっかで怖すぎ »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30