無料ブログはココログ

« 朝日新聞グループが「中国製マスク以外使用禁止」と? | トップページ | 政策議論ができない噓つきの集団? »

2020年9月10日 (木)

つまり我々は言論・メディアの護憲への誘導に屈してはいけないのです

ーー以下「遠藤健太郎ブログ20/9/9」より抜粋編集

ーー産經新聞20/9/8より抜粋

船長釈放「菅直人氏が指示」 前原元外相が証言 尖閣中国漁船衝突事件10年 主席来日中止を危惧

前原誠司元外相が産経新聞の取材に対し、10年前の平成22年9月7日に尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖の領海内で発生した海上保安庁巡視船と中国漁船の衝突事件で、当時の菅(かん)直人首相が、逮捕した中国人船長の釈放を求めたと明らかにした。

旧民主党政権は処分保留による船長釈放を「検察独自の判断」と強調し、政府の関与を否定してきたが、菅氏の強い意向が釈放に反映されたと…

ーー抜粋引用ここまで

今頃になって前原誠司元外相・元国土交通相がなぜこのような話をし出したのか。

旧民主党の復活(売国奴の再結集)と何か関係があるのか、それは存じませんし一ミリの興味もありません。

が、旧民主党政権が支那人犯罪者の逃亡をほう助したのは間違いありません。

ーー

それどころか前原氏によると当時首相であった菅直人は、「逃がせ」と強く指示を出していたのです。

それが故・仙谷由人元内閣官房長官だろうがそうでなかろうが、私たち国民にはどちらでも同じことであり、絶対に許されません。

今なお対中外交の大間違いの一つとして引き合いに出されるこの事件は、歴代の自民党政権でも犯され続けた大間違い「護憲」を大きく継承した特異なものとして記憶されています。

ーー

私たち国民は、北京共産党政府の走狗となった言論・メディアによって、東京裁判史観を強制され、例えば「南京大虐殺」をでっちあげられて、一方的に日本が悪いという印象操作をされ続けてきました。

さらには、北京共産党政府が開発する核兵器はきれいだが、米国の核兵器は汚いと聞かされ続け、北京共産党政府の核開発を批判せず、それを許す結果となった。

一方で、北京共産党政府が7千万人もの人民を虫けらのように殺していたという事実や、共産党が法の上に位置し、共産党員が生きている人民から平気で臓器を奪ったり、人体実験している現状については触れようとしなかった。

ーー

そして言論・メディアは、「国軍不保持、交戦権放棄」の条項つまり武装解除するという条項を持つ「占領軍憲法」を守れと言ってきたのだ。

一方で、2009年から政権与党になった旧民主党政権は、円高政策を維持し、日本企業の中韓への進出を推進し、日本経済の空洞化を図り中韓の経済発展を助けていたのだった。

その結果、米露に次ぐ世界第3位の軍事大国になった北京共産党政府を日本国民は「現実的恐怖」の対象とせざるを得なくなってしまった。

ーー

さらには北京共産党政府は新コロを世界中にばらまき、対日政策として日本の尖閣諸島領海に公船を派遣するようなこともしだした。

今や中国は、日本国民の憎悪の対象にまでなりつつある。

それが時として激しいののしり言葉となって吐き出されるのを、例えば「ヘイトスピーチ(憎悪扇動)だ」といって理念法により諫められる。

ーー

この北京共産党政府に対する正しい対応をするために必要なのは、北京共産党政府が対日政策としてどのようなことを仕掛けているのかの実状の報道であります。

例えば軍事力で尖閣を取りに来ているのであれば日本が採るべき対応は軍事力の増強でありましょう。

決して仕掛けてきた船長を処罰もせずに送り返すようなことではないはず。

旧民主党政権は、不作為どころか意図的に法まで捻じ曲げて北京共産党政府に配慮していたのです。

ーー

国民はもちろん直接侵略を仕掛けてきている北京共産党政府を非難するでしょう。

が、その原因を作ったのは、嘘をついて中韓上げをし、侮日を繰り返してきた言論・メディアであり、言論・メディアが談合して作り上げた旧民主党政権であることは言うまでもありますまい。

北京共産党政府や日本人を拉致した朝鮮労働党政府を非難するために、私は特に街頭で言葉を選んできましたが、思わず汚い言葉になってしまう人びとの気持ちを理解していました。

ーー

「国軍不保持、交戦権放棄」の憲法の存在下では、交戦権を放棄しているので、日本の領海を奪いに来ている北京共産党政府に強く出れないのは当たり前です。

国民がもし、現在の安全保障上の不安を解消したいのであれば、我々国民は一刻も早く占領軍憲法を「国軍を持ち、交戦できる」憲法に替え、堂々と侵略者らと戦える状態にする必要があるのは言うまでもありますまい。

ーー

まして沖縄県石垣市尖閣諸島の問題は、漁業関係者にとっての大問題であり、これを無視して「国民の暮らしの安全」をうたう政治など存在しません。

つまり我々は言論・メディアの護憲への誘導に屈してはいけないのです。

改憲をしなければ、永遠に北京共産党政府の軍事的脅しに屈し続けるほかないのですから。

ーー

ーー以下「沓澤亮治ブログ20/9/9」より抜粋編集

尖閣船長釈放を指示したと前原誠司にバラされた菅直人が言い訳

「公務執行妨害事件として厳正かつ粛々と対応したものである」

「指揮権を行使しておらず、私が釈放を指示したという指摘はあたらない」

ーー

ネットの反応

記憶に無いって言ってたやんけ
指示したことは認めたな
ならば堂々と国会にて説明したまえ
これで納得する人、いるの?

ますます疑惑は深まった
疑惑は深まったようだな
疑惑の晴らし方のお手本を見せてください
責任逃れ大好きカンチョクト

ひとまず仙谷のせいにしておけば良いのではないだろうか
この件で証人喚問させろ
証人喚問はよ なんなら、裁判所に直行でも
三権分立なんだから政治家が法に対しての指揮権なんて無い

「国民が納得するまで説明責任がある」だっけ
若い頃から「すぐ逃げる」ので有名な奴だぞ、こいつ
悪夢の民主党らしく嘘だらけ

ーー

民主党政権時代はやったコピー

永田町で一番バカなのが鳩山由紀夫
一番悪いのが小沢一郎
一番ズルいのが菅直人ついたあだ名が「ズル菅」

ーー

漁船衝突映像を公開した一色正春さん

「外規法を適用すれば漁船と漁獲物を没収することができた」

「公務執行妨害で船長1人だけを逮捕したことで、これはやる気が無いと思った」

ーー

軽い公務執行妨害を適応したことがまずダメ

「内乱罪、外患罪、国交に関する罪等」「破壊活動防止法違反」など国家のアイデンティティに深く関わる犯罪の場合は法務大臣が検察に対して指揮権を発動すべきとなっている

菅直人「指揮権を発動してない」国家のアイディンティティに関わる侵略行為を公務妨害とし指揮権発動しないのがダメ、全然ダメ

ーー

東日本大震災をいわき市で被災したくつざわ的にはパーの鳩山よりドジョウの野田より菅直人が大嫌い

こういう人間のクズにはなりたくないものですな

証人喚問して国会で追及してほしいわ選挙直前に

ーー

映像を公開した理由として一色さん

「海保庁内では誰でも見ることができ秘密でも何でもないと思っていた」

「誰も公開しないから私がやっただけ」

ーー

それでもなかなかできることじゃないですね、よくやった

一色さんに報いるためにも菅直人を地獄まで追及しないと

福山立憲幹事長「指揮権発動が無かったのだから船長釈放に菅直人は介入してない」

ーー

ネットの反応

菅直人が「釈放しろ」と言ったのは認めるんだな?
おもくそ介入しとるやんけ
ギワクハフカマッター違うならその証明をしろ
官邸の司法介入だぞ 大問題だわ

こそこそタバコ吸ってたのと違うんやで
これテレビで報道してる?
民主党的には疑われた方が無罪を証明しなきゃならないんでしたよね
だから指揮権発動事案にしなかったのがダメだっつーの

ーー

福山みたいな人間のクズにはなりたくないもんですな

検察人事どころの騒ぎじゃなく政治の司法介入なのにテレビが騒がない

政治に興味がある芸能人の皆さんもダンマリ(確信

« 朝日新聞グループが「中国製マスク以外使用禁止」と? | トップページ | 政策議論ができない噓つきの集団? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>暗闇時代の民主党政治の最悪の汚点
夜明け前が一番暗いと言う昔からの言い伝えそのままに、戦後の米国統治で生じた、暗闇政治の時代の最終章が「悪夢の民主党政権」だった。

就中、ご紹介頂いた「尖閣事件」の処理では、当時は仙谷由人内閣官房長官が陣頭指揮をして、捕まえた偽装漁船の船長を釈放して送還したが、後に彼は、退役して居るが海軍中佐だったのだから、準がつくが、人民軍による侵略行為で有った事が分って居る。

こうした、咋な、侵略行為を当時の内閣総理大臣の職にあった菅直人が、直接、犯罪行為を不問にして釈放・送還せよと下命したのでは、日本の自然権である「侵略に対する防衛権」すら、自ら放棄したに等しい。

是は、行政の長として国家・国民荷仇成す行為で有り、外観誘致罪そのものでは無いか?

これを問題に出来無い日本国は、主権国家ではない事は、明らかだろう。

ここで、自分の足許と言って良い当時の内閣の外務大臣から、菅総理を告発しうる、新証言が為された事は、この責任逃れの常習者を、司法の場で外患罪で裁く事が出来るのだから、大きな進歩だと云えよう、この卑怯な男は、是非、極刑にして貰いたい。

それにしても、この10年は、日本史の中でも、「日本が自力で主権を回復した」特筆すべき時間で有った、それも、言論・出版を外国勢力に支配されて、官僚の中にさえ、売国を当然の権利の様に、曲解しているモノが多数潜んでいる状況である。

加えて行政が、帰化人の反日・左巻き議員集団で有る民主党で有った事で、戦後日本が最も暗かった時代だったと言えましょう。

では、日本国民は、何ゆえ、あの様な愚かな選択をしてしまったのか、を考えて看よう。

先ず、戦後体制を創った米国進駐軍のGHQの日本統治の目的は、「日本文明改造」であった。 このテーマは開戦前から、決められて居たもので、日本を追い詰めて、恣意的に戦争に引き摺り込む意図が咋ですね。

その具体的な指針として、WGIP[=War Guilt Impression Program]、つまり、戦争責任を全て、戦前日本に被せて、日本人に罪悪意識を植え付けようと言うものだったのだが、一方で、創立した満州国を守る為に出兵したに過ぎないのに、無理やり「シナへの侵略行為」と根拠のない位置づけて経済制裁を課した。

これで、日本は経済的にも政治的にも追い詰められた、この悪辣なやり方は、500年に亘る世界への植民地侵略と植民地経営での有色人種差別と略奪、そして、欧州内部での醜い身内同士の覇権争いで、培ったものであった。

彼らが500年も懸けて進化させたのは、悪魔的な利己主義と道徳間の無い殺人手段だけだった。

西洋文明には、東洋文明にいう「徳」にそれ以上は当たるものが存在してない、為政者にあるのは、慈悲=mercy 位なもので、それ以上は「神の恩寵」の範囲で有って、人間は与りすらないのである。

西洋の道徳レベルを東洋の国で謂えば、同じく500年以上、朱子学という儒教を為政者の都合良く改ざん・解釈した、利己的な社会規範を民衆に押し付けて、自分達は権力争いに明け暮れて居た、李氏朝鮮であろう。

朝鮮と欧州列強との違いは、絶えざる侵略戦争で、開発した武器や運搬手段の差とその運用力だろう。

殊に、軍事力に関しては、宗主国のシナ王朝 (明、清) 賀、張線を全く信用して居無かったので、過酷な税(租庸調)を課したので、軍事費に回す資金が無く、自国防衛も宗主国頼みで有った、だから、イザ戦争になると自分の命以上に、大切なものはないのので、悲鳴を上げて逃げ名わるのみ、凡そ、国と言うものが理解出来て居無い。

その癖に、自分より力が弱そうな相手、或いは自分の背後にいる国に、臣従してる相手に対するに、傲慢そのモノである。

と言う事は、欧州人も一皮めくれば、同じ可能性が高いが、彼らは精神面が脆い。

何故なら、彼らの神は、借り物の神でしか無く、聖書物語として、知識の一部に過ぎないからである。

だから、彼らの死生観は、已然として、人は死ねばゴミにしかならない、魂の存在も曖昧である。

命が、火と水「=霊と身」で出来て居て、霊(ヒ)が入らねば、生命体として完全では、無い事は、如何なる精緻な電化製品でも、通電しなくては、機能しないのと同じで有るが、その生体電源が、脳幹にある霊魂なのである。

電源に異常があれば、或いは、伝達系統に支障が生じれば、脳神経を通じて、霊魂「=電源」が、幾ら信号を発しても届かないので、機能しなくなる、これが肉体の死である。

是は、至極当たり前の事で有るが、西洋文明や儒教文明の様な非自然由来文明では、科学をこの先、幾ら発達せしめても、こういう自然由来の生命構造を理解できるのは、自然の中で生命の誕生と滅失の繰り返しの様から、何故、生き物達が、種を遺す為に我が身を、一つしか無い自分の命を懸けるのか?

そう言う疑問は「人間だけが、否、白人だけが神の選ばれて他を虐げても良い」と考える選民思想を持って居る限り、気付く事は無いだろう。

我々日本人こそ、過酷な自中で、自然を良く観察して、その隙間を見居出して、自然に併せて生き抜いて、文明を創り上げて来た民族である。

迦牟尼が、紀元前4世紀には、気付いて居た自然の生命構造すら 未だに、理解出来ず、自分たちで創り上げた妄想の神を信じて居るのでは、命数は長くだ無いろう、それに、引きづられて居る左巻きやシナ・朝鮮風に被れた日本人も、共に滅ぶべきだろう。

子孫を大事に思うのなら、つまり、未来を信じて居るのなら、他の生き物たちと同じ様に、我が身を犠牲にしてでも、日本を護り、日本文明の伝統精神を伝えるべきでは無いのか?

>船長釈放「菅直人氏が指示」 前原元外相が証言 尖閣中国漁船衝突事件10年 主席来日中止を危惧

この話、元仙谷官房長官が引退後に言ったり、産経新聞の阿比留 瑠比氏も言っていたけれど、当時の外務大臣が言いますとまた意味合いが異なるような気がします。

日本の海上保安庁の巡視船の後方部に漁船で衝突するのは、沈める意図があったのですから、極めて悪質な行動として日本の裁判に掛けなければならないのに、これを何もせずに中国へ帰らせたのはとんでもなく悪質な行為です。

これ、日本が武力を使わないと分かっているからやったと、断言できたのです。
それを、裁判をせずに帰国させたのです。
それも、沖縄の検察庁の判断と言う理由で帰国させたのです。
犯人蔵匿及び証拠隠滅の罪にでもならないかと思いましたけれど、巡視船を破壊した(沈没の恐れがありますからさつ人未遂相当)で起訴できると思いましたけれど、この犯人(船長)を逃走させ、証拠隠滅させたのが日本国の首相では、笑い話にもなりません。日本が馬鹿にされたとしか言いようがないです。

また、中国の胡錦濤が漁船の船長を送還するように要求したのでしょうが、胡錦濤の脅されたと仙谷氏もびびっていたことを覚えていますが、民主党の政府は海上保安庁の一色正春さんにどれだけの処分を要求していたのかも覚えています。内容は映像を流出させただけなのですから、たいしたものではないのにと呆れました。

こんなことからも分かるのですが、民主党の政権は日本国民に対しては極めて厳しく統治することを見せつけました。これは、まさに状況が許せば日本国民に恐怖政治を行う、独裁国家を目指していたとしか考えられませんでした。
このような連中には、二度と日本の政権を渡してはならないと思います。
(それなのに、自分の危険には極めて弱いのです。何故こんなのに、東京では選挙で通るのか理解できないです。)

今からでも遅くないから、この事件のことはモリカケ並みに政府で追及して欲しいです。
何しろ政府はのうのうとしているのに、一色さんは退職に追い込まれているのですから不平等きわまりないのです。
前原元外務大臣が菅首相の疑惑をただすのなら、日本国民は誰も反対しないし国会に2人が証人として発言していただきたいと思います。
そうでないと、元民主党の閣僚は全く信用できないままですし、疑惑がますます深まったままなのです。

それから、東日本大震災の日は国会で審議中でしたけれど、話題は
菅首相が政治団体に政治資金を渡したことが問題でした。
その討議中に地震が起きたのですが、地震の当日は菅首相がこれの始末をしていたとの記事を記憶しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝日新聞グループが「中国製マスク以外使用禁止」と? | トップページ | 政策議論ができない噓つきの集団? »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31