無料ブログはココログ

« 天皇が政治権力を持たないことは神話に由来します | トップページ | サヨク界隈だんまりやんけ »

2020年9月30日 (水)

私は、この「悪夢のような民主党政権時代」がもう二度と戻らないことを願っています

ーー以下読者投稿より抜粋編集

ポッポです

2009年8月30日の総選挙で、日本の全メディアが談合(メディアスクラム)して民主党上げ、自民党下げを繰り返し報道して民主党政権を作り上げました。

それから2012年12月16日までの3年半の長きにわたって続いた、あの「悪夢のような民主党政権時代」を振り返ってみたいと思います。

ーー

民主党は政権を取ると、それまでの自民党政権がやってきた事業は無駄が多いとして、事業仕分けをやりました。

その結果、事業仕分けで多くの国民にとって必要な事業、例えば科学技術振興助成が削られてしまった。

しかし、削られた事業について国会で事業停止の法案を「審議」し決議して法にしていたのでしょうか。

事業は一つ一つ実施案を「審議」し決議して成立させた法律に基づいて実行中であったはずだから、止めるには手続きが要ったはずだからです。

ーー

民主党政府は、蓮舫担当大臣や枝野民主党幹事長を中心に事業仕分け(行政刷新会議)を行っていました。

それは構わないのですが、事業仕分けで事業を中止したからと言って、それぞれの事業について事業停止の法律を成立させていたのしょうか。

それぞれの事業に対して実施法を作るために何年もの間検討し、「実施法」を可決成立させて実行しているのです。

それを見世物的な感覚で中止させていたのなら、政府として余りにもええ加減な処置だったのではなかったかと今では考えています。

ーー

その一つが八ッ場(やんば)ダムの建設でした。

この時、建設中止を求める団体や千葉県弁護士会が建設中止を求めていました。

民主党政権となり八ッ場ダムの建設は事業仕分けで中止することにされたのです。

ーー

この八ッ場ダムは、昭和22年の台風で利根川流域が大洪水となりその対策として考えられたものでした。

民主党政権でいったん八ッ場ダム建設は中止することになったのですが、賛成派が治水を考えればどうしても必要であるとして、2011年に結局建設が再開されたのです。

そして、昨年の2019年10月からダムの本格的な運用を始める時に、たまたま令和元年東日本台風19号がありました。

この台風による降雨は、ダムの貯水地を標高518.8メートルから573.2メートルまで水位を上昇させた。

(満水時の水位は標高583メートル)

ーー

ダムの完成がもう少し遅れていれば、ダムは機能しなかったから、大洪水となり下流の地域の河川の堤防は耐えられなかったでしょう。

その被害は想像できないほど大きかっただろうし、人的被害も考えたら、八ッ場ダムの建設費の元は取れたと言っても過言ではありません。

だって、八ッ場ダムの建設中止と同時に建設中止にされた川辺川ダム(こちらも建設が難航していた)は、令和2年7月豪雨の際に河川氾濫で人吉市が多大な被害を被ったからです。

ーー

これらは事業仕分けによる失敗の例ですが、その責任が民主党政権にあるという批判は報道されておらず、当事者が責任を取った形跡もありません。

また、この他にも幾つも民主党政権時代の悪夢が思い出されます。

マスコミは、それらの悪政を一切批判していません。

というよりも、マスコミは、民主党政権と一緒に「コンクリートから人へ」と言ってダム建設等による治水事業をやめさせていたのです。

ーー

つまり日本のマスコミは、今考えてみれば、本来日本国内へ回すべき投資を中国や韓国へ回そうとしていたのです。

ーー

例えば八ッ場ダム建設について、当時マスコミは、治水事業として必要であることを国民に知らせなかった。

また民主党政権は、事業仕分けの中身について野党と国会で論争することもなく、独断的に行ったのでした。

そんな独断専行が可能であったのは、マスコミが民主党政権の独断専行を許し国民に報じなかったからであったと考えています。

ーー

安倍政権は7年8ヶ月に及び戦後日本の政権史上最長の政権となりました。

安倍政権はその間に、何よりも、日本の国際的な評価を上げるというとても素晴らしい成果を上げました。

安倍政権になってすぐに円高が解消され、株価が3倍以上になって、落ち込んでいた日本人に大きな希望を与えました。

そして景気の維持と失業率の低下が安倍政権の支持者を増やし長期政権を可能にしたのでした。

ーー

それに引き換え民主党の3年半は、円高、株価暴落、不景気、失業者増、東日本大震災への対応の遅れなど、まさに国民は苦しみの連続だった。

その間の民主党の3人の首相はそれぞれ、日本国民にとって信じられない位に無能・最悪の人たちでした。

鳩山由紀夫は沖縄の米軍基地をなくすと言い、日米関係をズタズタにしてしまった、菅直人(かんなおと)は東日本大震災で起こった津波被害による福一原発被災を放置し水素爆発そして炉心融解をさせてしまった、野田佳彦は円高を放置し国内経済の空洞化を助長したのです

そして円高で株価が下がり、不況になったのを克服しようとして日本の多くの企業が中国に進出し、国内で失業者が増えているのに、消費税を上げるなどとんでもないことをやってくれました。

ーー

私は、この「悪夢のような民主党政権時代」がもう二度と戻らないことを願っています。

ーー

こんな民主党を支持していたマスコミの「あほバカ間抜け」ぶりの一つに「アベノマスク」があります。

マスコミはこのマスクについて、沢山の悪口を言いました。

ネット上ではそれはマスコミが中国人の転売屋を儲けさすためだという意見であふれていました。

ーー

「アベノマスク」が出るまでは、多くの人たちがマスクを買おうと、朝早くからありそうな店に並んでいましたが、手に入れることが出来なかったのです。

それに、値上がりが酷かった。

それが「アベノマスク」が発表されますと、風向きが変わりました。

ーー

まだ、マスクは入手困難であったけれども、家庭でも作れるとの発想が出てきたのです。

各家庭に配布されるのには日数が掛かりましたけれども、妻と娘はこれなら作れるとして頑張って作ってくれました。

もし、「アベノマスク」がなければそうはいかなかったと思います。

ーー

日本のマスク会社は「ありますから安心してください」と言っていました。

が、中国でマスクを作っていた日本企業が製品を日本に輸送しようとしたら、中国がこれを接収して日本に運ばせなかったのです。

マァ、中国というのはこんな国です。

ーー

日本企業が中国進出をしても、中国人らは日本人に儲けさすわけにはいかないと、税金を増やし、技術や設計図など知的財産を盗もうとしてきます。

ウイグル人や内モンゴル人やチベット人を収容施設に入れ、奴隷のように働かせていることも分かっています。

それに彼らから生きたまま臓器を摘出し売りさばくようなことまでしている。

ーー

奴隷労働の安い労賃で稼ごうとしても、国際的に非難され奴隷労働で作られた製品は輸出品にはならず、結局利益が出ないことになった。

ーー

しかしこの中国や韓国への企業の進出を促していたのは日経や朝日というマスコミでした。

それを後押しするために民主党政権は円高政策を採ったのです。

ものすごい円高は韓国企業を活気づかせ、朝日・毎日・中日・日経新聞は、韓国企業を見習えと、国内企業を馬鹿にした報道を繰り返していました。

ーー

そして2011年には、韓国のイ・ミョンバク大統領に「日本を支配下に置いた」と宣言されてしまったのです。

ーー

日本の反日マスコミは、いまだに「アベノマスク」はダメだったと批判をしています。

私はそこまでやるかと完全にマスコミ不信になりました。

« 天皇が政治権力を持たないことは神話に由来します | トップページ | サヨク界隈だんまりやんけ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

縦椅子様
 
今日も素晴らしいブログ有難うございます。
ポッポさんのスバラシイブログは民主党時代の悪夢を思い出させてくれました。本当に2度ともどってほしくはありません。
 民主党政権が行った事業仕分けは、八ツ場ダムのように本当に必要なものまでも、何でもかんでも仕分をし、後の責任をとらないものでした。
 これと同じようなことが「大阪都構想」の2重行政の無駄をなくすと称して、大阪市を廃止して、今まで何の問題もない大阪市の財政を府にまわすため、大阪市を解体するという話・・・・いかにも詐欺的な話としか思えません。
 一度解体されてしまうと、2度と元に戻る手立てがない。
わが愛する大阪市は消滅してしまうことになるとのこと・・・
こんなことがあってはなりません。どうかこのペテンを食い止めたまえ!!

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>日本の夜明けだった安倍政権誕生
7年8ヶ月にも及んだ、安倍政権が安倍さんの体調悪化の為しましたが、彼が在任中に遺した政治実績は、日本の歴代政権でも目をみはらせるものが多い。

就中、日本の世界での「和」を基調とした発言が、世界に良い影響を与え、事実この間に、世界で、大規模熱戦は全て事前に回避されています。

それも、17年から米国の大統領に収まった、トランプ氏との絶妙のコンビ―ションが、大きく、本来であれば、戦争になっていたであろう、米国とイランとの核開発をめぐるトラブルの解消でも安倍さんの働きが大きかった。

安倍さんは事態が緊迫化する中、イランを電撃訪問して、イランの内幕とイラン首脳陣の本音を聞きだして居たので、問題の核心は、核開発ではなく、革命防衛隊という、し名の援助を受けた軍の中の反動勢力で有る事を確認した事で、攻撃目標を革命防衛隊幹部に絞り込ませたので、対立は全面回避されましたね

米国はこれで、戦後ずっと一触即発の状態に有ったイランとの間の緊張関係が終息し、為に、シーア派のイランと対立関係にあった、スンニ派のサウヂ・アラビアも、それに津ら名るアラブの国々も軟化して居ますね。

亦、ウクライナ問題では、オバマ政権米国と欧州が、ロシアの市は居寡から抜け出したいウクライナの方を持っていましたが、ロシアが、これをウクライナの造反と見て、ロシア開軍基地セナバトポリがあるクリアに侵攻しましたが、これに反発して、折しも、開催したソチ・冬季オリンピックの開会式に、欧米各国首脳が欠席する中、安倍さんは出席して、ロシアの面目と孤立から救いました。これで、クリミアでも、熱戦は拡大して居ません。

こうした実績から、安倍さんは「和」を齎す政治家として、世界から評価されていると思います。

然し、昔から「夜明け前が一番暗い」と言われる様に、安倍政権が誕生した12年12月迄は、D/Rの指示による、マスコミの扇動で、民主党政権が誕生して、3年半の間に、戦後日本が営々と築いて来た国の形の全てと、国家機密や国富さえも、海外勢力の意のままにされて、俚諺が真実で有った事を国民はまざまざと思い知りました。

ですが未だに、国民のマスコミ信仰は、根強いものがあって、マスコミのフェイク情報に、何の疑問も抱かず、客観的な見方稼働かの検証も、しないで自分の感性だけで安倍政権を批判している「自称保守」が山程いますね。

そう言う人達に共通しているのは、戦後体制の中身と現状認識が全く出来ていないという事ですが幸いに、クズ・メディアの飼い主的な存在で有った、シナ・韓国勢力や祖の背後にいるDS勢力の力が、安倍・トランプチームの攻勢に拠って、亦、赤盾の「消共方針」に拠って、世界の共産主義者や団体が、トランプ氏からテロ集団指定を受けて、その凋落が、吹か誹になっています。

これは彼らが、シアトル市で行った、ANTIFA 運動の中身が、市長、州知事も、巻き込んだ、治安ビンラン行為であり、国家反逆罪に相当するレベルの都市クーデターであるから、大統領選挙が済めば、必ず、厳しい処罰が為されるであろう。

11月の米国葉、大変な事に、なりそうですね。しかし、素人目にも危うい状況で有る事は明らかなのに、我々より数段詳し居情報を得て居る筈のマス・メディアが、全くこれを、報じないのですカラ、マス・メディアの被支配の程度は、絶望的に高いと言う事ですね。

全く独立して居ず、独立しようと言う気概もない、産経も読売も、少しはましだが、所詮メディア・スクラムに加担して居るのだから、ゴミに代わりは無く、唯の、フェイク・ニュース・インフォーマーに過ぎない、是なら、江戸時代の瓦版の方が、ずっとマシですね。

言論の自由も、自ら、真実を伝えと言う義務を履行して居無いのだから、自殺しているに等しい、官僚界との狎れ合いの温床である「記者クラブ」を通じて、国家機密すれすれの情報を官僚と取引して、独占して居るのは、許し難いが現実である。

菅政権には厳罰を以て、これらの悪弊化した「好い加減さ」を取り締まってほしいですね。

戦後体制下75年で、すっかり、腐ってしまった、官僚を始めとする公務インフォーマーに、強烈な綱紀粛正を実施して、いい加減さを許さない、と言う意氏を示す。 そうしてこそ、真に「日本を取り戻す」事になるのだと、私は思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天皇が政治権力を持たないことは神話に由来します | トップページ | サヨク界隈だんまりやんけ »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30