無料ブログはココログ

« 日本は負けていなかった | トップページ | 「マザー・テレサは人身売買していた」世界中で告発相次ぐ »

2020年8月 8日 (土)

欧米大手メディアと大企業は北京共産党政府の共犯者として行動している

ーー以下「大紀元時報20/8/6」より抜粋編集

中国清華大学全球商業新聞学院はマルクス主義の理論でジャーナリズムを指導するとの教育方針を掲げている。

その学院がCNNやニューヨーク・タイムズなど欧米主要メディアから全面的に人的・資金的支援を受けていることが分かった。

ーー

米保守系メディア「The National Pulse」が7月31日、清華大学新聞・伝播学院の「グローバル・ビジネス・ジャーナリズム・プログラム」(GBJプロジェクト)のスポンサーに、バンク・オブ・アメリカ、ブルームバーグ、デロイト トーマツ コンサルティング、ナイト財団(John S. and James L. knight Foundation)などが名を連ねていると独占的に報じた。

GBJプロジェクトは清華大学が2007年に設置し、全世界から集まった学生に英語で授業を行なっている。

終了すれば、修士号を取得することができる。

ーー

「The National Pulse」によると、米国国際ジャーナリスト協会、ニューヨーク・タイムズ、CNN、フィナンシャル・タイムズ、ビジネスウィーク、ワシントン・ポスト、ロイター、ブルームバーグなどの欧米主要メディア機関はGBJプロジェクトと「長期的な協力関係」を持っており、そのために「人材、施設、インターンシップの機会」を提供している。

卒業生は、清華大学の修士号に加え、米国国際ジャーナリスト協会から発行される金融ジャーナリズムの専門家の証明書が与えられる。

ーー

講師陣にはそうそうたるメンバーが招かれている。

同学院のウェブサイトによると、外国人講師として登録されているのは、ビジネスウィークの元ホワイトハウス記者リチャード・ダナム氏、ブルームバーグ編集長のリー・ミラー氏、米アリゾナ州立大学のドナルド・レイノルズ国立ビジネスジャーナリズムセンターのエグゼクティブ・ディレクターのリンダ・オースティン氏など。

「ニューヨーク・タイムズ」の作家で元ビジネス記者のレスリー・ウェイン氏はゲストリサーチャーを務め、CNNの司会者であるファリード・ザカリア氏とフェイスブックの副社長ローリ・ゴラー氏らはともに、2017年に同学院のゲスト講師を務めていたという。

さらに、ブルームバーグは同学院に、10台の「ブルームバーグ プロフェッショナル サービス」(Bloomberg Professional Service)端末コンピューターシステムを提供している。

これでリアルタイムの金融市場データや金融取引にアクセスして分析することが可能になったという。

ーー

「これは世界最大規模のシステムだ」とブルームバーグ創立者のマイケル・ブルームバーグ氏は同学院の受講者に会い、ポーズをとって写真を撮った。

ーー

中国共産党の代弁者としての、GBJプロジェクトの使命について、同学院の紹介文はこう述べている。

「北京共産党政府から託された報道機関の使命を果たすために、世論をリードするジャーナリストを養成する」

ーー

清華新聞学院長は演説の中で、同学院は「第17回党大会のメディア報道に関する要求」を遂行することを目標としている。

さらに「正しい政治的方向性を堅持し、マルクス主義ジャーナリズムの教育体系を積極的に探求し、マルクス主義的な立場、視点、方法を用いて、報道事象を観察、選択、処理できるように学生を指導し、訓練する」と述べた。

ーー

習近平氏は2016年にメディア向けの演説で「読者いる所に政治宣伝(プロパガンダ)あり」と言及した。

The National Pulseは、これらの欧米機構が中国共産党と協力することは、この宣伝政策を積極的に支援していることになると指摘した。

ーー

米国務省は、「同学院は、米国政府に対してサイバー攻撃を仕掛けた」「技術と国家安全保障問題においても共産党と『明確な繋がり』を持っている」と述べた。

同学院の卒業生の多くは、CCTV、新華社通信、チャイナデイリー、人民日報などの政府メディアで働いているが、ブルームバーグなど欧米メディアに就職する人もいるため、欧米の視聴者もGBJプロジェクトの影響を受けることは避けられない。

「欧米大手メディアと大企業が、北京共産党政権によって完全に支配されている清華大学と協力する時、彼らは自国の国益を事実上裏切り、共産党の共犯者として行動している」とThe National Pulseの報告書は分析している。

(大紀元日本ウェブ編集部+縦椅子)

« 日本は負けていなかった | トップページ | 「マザー・テレサは人身売買していた」世界中で告発相次ぐ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>正体を現したDS勢力のマスコミ支配体制
否、予想はしていましたが、これ程とは・・、正に、世界の主要マスコミでは、FOXニュース以外は、全て敵なのですね。 是なら、「米中冷戦が始まる」なんて、アホな見出しでコメントを恥ずかし気も無くかける理由が分りましたww

慣性思考というのは怖いですね、状況変化が起って居るのに、その事実を客観的にとらえられないで「是迄通りにしか、事は運ばない」と盲信しているが、其処に疑いを持っても、周りが「いやぁ、今はそうかもしれないが、XXがそう簡単に、軍門に降るわけが無い」とか、根拠のない話で現状維持を期待するから、ついその気になる。

加えて、これが大方の人の情報源であるマス・メディアの話だから、混乱はもっと根源的になってしまうが「ひょっとしたら・・」と思っても、周囲のメディアや信頼を置いて居る情報筋まで不透明な事を言い出したら、何も云えなくなって終う。 世界認識するのに、確たる情報源が存在し無い事が、保守論壇の限界でしょう。

然し、嘗てのソ連のプラウダやアラブの、のアルジャジーラの様に、DS勢力も手が出せないメディアも存在するし、米国のFOXの様に、政権が特定メディアを庇護するのも、公正な報道を維持する一つの手段だろう。 逆に言えば、アメリカのメディアの偏向状況は、それ程酷いと言う事です。

安倍政権に拠るマスコミ改革が、遅々として進まない 理由も、その辺りにあるだろう、要は、世界のマスコミ支配と同じ構造である、シナが資本を投下して、その国のマスコミの株式を買い占めて経営権に口出しをし始める、然し、その時点で、買い占めにはDS組織が陰で、完全協力して居るので、買い占め妨害等は徹底排除される。

昔、ホリエモンがFTVを買収しようとして、ソフト・バンクに阻止された事が有りましたが、日本でのDS勢力の出先機関と言えば、ソフト・バンクなんですね、それに、検察が、東京地検特捜部で繋がって居るから、危うく、ホリエモンは殺人罪で懲役刑になる処でしたね。

それに、日本には戦後態勢を創った読売グループを中心とする、レガシィ・メディア集団がいる。 成程、是では産経新聞が幾ら頑張っても、蟷螂の斧でしかないのも仕方が無い。ですね。

然し、赤盾「=ロスチャイルド」の方針は「新たな世界からの共産主義国と共産主義者の排除」ですから、その全貌が発表された事自体、是からの展開は、彼らの組織内の大きな変革と言う形で現れるでしょうね。

赤盾は、共産主義が自らの敵であると共に、人類の敵である事を指摘して居ますが、これは、資本主義の拡大再生産の原則をマルクス経済学は否定して居るので、経済は 安定と言う拠りも沈滞死か起こらず、国民は全員貧乏なままで、自然の気候変動や予想も着かない疫病や災害の中で生き抜かねばなりませんね、これでは何のために文明があるのか分りません。

計画経済が、計画にない災害や戦争に対応出来る筈が無いのは、当然すぎる話ですし、是が小さな規模の国家なら、未だしも、多民族で纏まれない人口が1憶を超す様な国では、とても無理でしょう。

それ以前に、社会のモラルが「助け合いで一致団結出来、経験知を大事にして未来志向、機会平等な社会、そして、自然を尊重する心」を育てなければ、間違いなく社会が独裁の全体主義化しますね、是は今更、例を挙げる迄もなく、過去に前例が腐る程あります。

何故、こうなったのかと考えれば、簡単です「自分自身も自然現象ンしょうの一つにしか過ぎない、つまり、時分に親も地球の一部なのだと」という極当たり前の事を「いっしょうは一度きり」だと、限定して考えるから、自身の生存欲求に火が点いて終うが、人は何れ元有った様に、地球の一部に戻るだけ何です。

仏教は、其処に、阿頼耶識と言う唯識論を展開していますが、生き延びる上で不可欠な生存欲求を如何にして、宥め、冷静で理性的生き方を保とうとする。

その結果どうなるのか私には判りませんが、この地球が無くなれば、人間も生きて行けなくなるので、永遠の命など最初からあり得ない、ならば、今を確かに精一杯、確かに、正しく生きて、自分が成し得無かった事は、次世代に託す事で、自分の意思や工夫は民族の文化として、千年も、2千年も生き続けるではありませんか?

日本人の先達は、そこに、自分の名前を遺そうとは決してしませんでした、その心の深さに、私は、心をうたれますし、こうした精神文明を持って居る民族の一員に生まれた事を感謝したいですね。

ブルームバーグの背後は金融街。
NYTはトランプの云うフェイクニュースの巣窟、
1928以来、朝日と提携している。
日本人と日本国を戦争に誘(いざな)った、仇のような存在。

マスコミはほとんどが、金融資本家であるスポンサーたちが手綱を握っております。

巧妙にFAKEを混在させて、習近平を貶めていますね。

大紀元自体、怪しいメディアという認識を持っています。
大紀元の某記者はツイッターで核心に迫る方のツイのアカウントを公表して、一般の方(反中)らの反撃ツイの標的になるように誘導しています。

杉田水脈氏も同じ方法で、気に入らないアカウントを、支持者から多数のツイ攻撃に遭う事を承知の上で、自身のツイッター上に晒している。

この方、馬脚の現し放題・・。議員として最低かと。
この件はかなり拡散されており、“元支持者”になった方も数多なご様子。

大紀元は、長尾たかし(胡錦涛来日の際に満面の礼賛の笑顔画像を先日掲載しました。)議員のように習近平国賓招聘反対している(上海派と米金融街)を護る会と与しているご様子です。

長尾議員は自民党に来て正解、良い仕事をしています。媚びた親中議員とは違います。だそうです。

やはりね・・・。

大紀元≒法輪功

中国にとっての法輪功が、日本にとってのオウム真理教。
この事実を知る人も少ないでしょうね。

オウム真理教の機関誌に書かれていた内容というのは、本当に“ギリギリまで”真実だった。
だからこそ、高学歴ほど入信して行ったのだと思われる。

郭文貴に関しても、その人格としては評価しない。
しかし、内容は一読してみる価値はある。

上海閥についての分別は、日本の中国研究の人々が、以前はずっと公に発言していた内容でした。中国の放送局というのも統制下であって、この派閥抗争を知る人は、中国人にはほとんどいない。

↓ この方々も以前はこういう発言をしていました・・・
https://pbs.twimg.com/media/EZfFbEXUEAALj0h?format=jpg&name=360x360
https://pbs.twimg.com/media/EZfAJrTUYAAM3dg?format=jpg&name=small
https://pbs.twimg.com/media/EZfAKAHUwAIyjf-?format=jpg&name=small

江沢民の息子をいぶり出すのか?――公開された中国聯通の腐敗調査結果
https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20150209-00042901/

パナマ文書、中南海に走る激震――劉雲山の息子・劉樂飛の巻
https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20160408-00056377/

今では、反日バリバリ、反習近平のあのYahoo
もちゃんとニュースにしていた時期があったのですね😲

香港もヴァージンも、タックスヘイブン
多くの中国人は、『汚れたカネ』を『普通の金』と思って商売しています。
ここを理解するには、中国はまだ時間がかかると思います。

「大紀元エポックタイムズは中国政府の検閲を受けない独立メディア」などと謡ってはいるが、金と恫喝でいか様にも転ぶと考える方が道理。

日本の🐯🐝と同種であり、🐙や🐜などよりはもう少し突っ込んで展開しているので、真実をより多く混在させて、読者を興味で引き付け、習近平北京派悪人説へと誘(いざな)っていると見ている。

まぁ、奴らの常套手段です・・。

信用を勝ち取った後に、目的を果たすとっておきを・・・という処です。

アベトラと支持者の見解は、中国のDSは上海派であるという確信のもとに動いております。
トランプのポジショントークをも利用する奴らの手に乗っかって反中を拗らせる方も多いですね。

FOXも例のお二人以外はもう敵方に落ちましたよ。

トラちゃん、怒りのツイを先日掲載しております。

余談ですが、在日中国人の方は、あまり上海派に関して触れてほしくないと云ったコメントをしているのをお見かけします。
やばいのでしょうね。ツイッター上では衆目に晒された状態と同じですから・・・・。
習近平氏に関しては、罵詈雑言も平気そうですのに・・・・
不思議ですわねww

昨日のバチカンの件に追加・・・・

バチカン市国そのものが、所謂『タックスヘイブン』
何百年という間、戦争や兵器開発を『マネー・ゲーム』として楽しんでいた人々の、中核。
マネロンと博打・・・。

原爆はウラン型はナチス製、プルトニウム型は米国製です。
投資、性能実験、販売まで手掛けていたのです。
100年前のことではなく、現代まで行っていたことです。

「人身売買も・・」
児童性的虐待の被害者は、人身売買の被害者でもあります。
バチカンが『知らない』では済まされませんね。

バチカンは国家が銀行を経営していました。
人身売買、児童買春、麻薬、マネロン。
ただの犯罪ですね。

ロスチャイルドはWW2で負けています。
ロスチャを引っ張ると本質(マネーの動き)を見失う
ことになります。

余談です・・・。
「大麻解禁論」が跋扈していますが、
【愚民化作戦】のひとつです。
日本は絶対に解禁してはいけません。
腐った欧米解禁国に合わせる必要は全くありません。同調圧力に屈してはいけません。

https://t.co/q6V3wTIpBm?amp=1 《厚生労働省》

大麻は「害がない」「依存性もない」といった誤った情報がインターネット上などで流されていますが、大麻は、実際にはあなたの脳を壊します。あなたの人生や周り人の人生を守るためにも、1回でも絶対に使用しないでください。

https://pbs.twimg.com/media/EeuxO1ZUYAU9Swi?format=jpg&name=small
https://pbs.twimg.com/media/EeuxO1aVoAAuYcJ?format=jpg&name=small


ーー京都大学大学院薬学研究科生体学解析学分野
最近よくマスコミや捜査当局から大麻について意見を求められますので、ここに1人の薬理学者としての見解を表明しておきます(2018年9月)

https://www.pharm.kyoto-u.ac.jp/channel/social1.html

「大麻は精子に悪影響」
https://medical-tribune.co.jp/kenko100/articles/190117529455/


※ジャンキーが、これを言い訳に引用し、心の拠り所にでもしているご様子。
  ↓
https://globe.asahi.com/article/12108491

医学的な事は何も掲載していない。文化だから認めろ的な事と読める。

医療用大麻賛成派の依存性に詳しい筑波大教授の記事には品種改良によってTHCの含有量が増えている物があるとも…
  ↓
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/54373?page=4

かつて「医療大麻解禁」を訴えて、参議院選挙に立候補し、その後大麻使用で逮捕された元女優の高樹沙耶は、本当に罪が大きいと思う。

ただでさえ大麻というだけで、たとえそれが医療目的であっても色眼鏡で見られるのが日本社会である。

真面目に医療目的での大麻の使用に向けて取り組んでいる人がいる一方で、彼女のように「不真面目に」取り組んでいる者がいれば、どちらも同類だと
見なされてしまう。本当に迷惑この上ない話である。

大麻の依存性については国境なき医師団の医師がご活躍w
もうお分かりですよね😎
https://t.co/KuFmFGAHnu?amp=1

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本は負けていなかった | トップページ | 「マザー・テレサは人身売買していた」世界中で告発相次ぐ »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30