無料ブログはココログ

« 有田芳生と北朝鮮の関係を追求することはまずい? | トップページ | ネットでブログやyoutubeを見ると、もうテレビや新聞など見ていられない »

2020年8月25日 (火)

北朝鮮の危機がかつてないほど強まっている

ーー以下JB-press20/8/21より抜粋編集

8月19日、平壌で朝鮮労働党中央委員会第7期第6回全員会議が開かれ、「朝鮮労働党第8回大会を招集するにあたって」と題した「決議書」が発表された。

その中に、いつもの自信満々の朝鮮労働党の文書とは思えないような表現が飛び出した。

それが以下の一文である。

「過酷な内外情勢が継続し、想定外の試練が重なっているのに伴い、経済事業が改善できず、計画されていた国家経済の長期目標が深刻に遅れ、人民の生活が明らかに向上できないという結果ももたらされている」

ーー

北で、いま何が起こっているのか? 

改めて、平壌在住の人間に聞いたところ、彼がまず挙げたのは、洪水被害だった。

「8月前半の平壌の豪雨は凄まじかった」

「2007年の夏にも豪雨があって、大同江(テドンガン)の水が周囲に溢れる洪水が起こったことがあった」

「だが今年の豪雨は、13年前よりも激しかった」

「(大同江の中洲の)羊角島(ヤンガクド)が1mほど水に浸かり、大同橋も、水没する寸前まで水が溢れた」

「坂の下手に位置する平壌駅も、あわや水没するところで、平壌の郊外地域でも、深刻な浸水被害が生じた」

ーー

2007年の豪雨は、いまでも180万平壌市民の間で語り草になっているほどで、平壌を東西に二分する大同江の水が溢れ、付近一帯の住民が浸水被害を受けた。

だが今夏の豪雨による洪水被害は、その時よりも酷(ひど)いというのだ。

ーー

豪雨による洪水被害は、平壌にとどまらず、全国各地で甚大な被害が出たという。

「全国で最も豪雨被害が激しかったのが、江原道(カンウォンド 日本海側の韓国との国境地域)だった」

「なにせ、8月のわずか2週間あまりの間に、年間降水量の1.5倍もの雨が降り注ぎ、水没する地域が続出した」

「江原道では、大規模な山崩れも起こり、多くの人が犠牲になり、道路や鉄道など、交通インフラも断たれてしまった」

ーー

江原道は、「朝鮮五大聖山」の一角で、かつて韓国と合同で観光事業を進めていた金剛山(クムガンサン)を擁する。

本来なら、夏は金剛山の登山客が多数訪れるが、今年は豪雨で登山どころではなかったという。

「江原道の他にも、黄海北道(ファンヘプクド)と黄海南道(ファンヘナムド)でも、甚大な豪雨被害が起こった」

「この二つの地域は、朝鮮の穀倉地帯で、秋の収穫はどうなってしまうのかと、大変心配だ」

ーー

北朝鮮では、毎年秋になると「農業闘争」と呼んで、国民総動員で収穫を行う。

1800万国民が飢えないためには、年間650万トンの穀物の収穫が必要と言われるが、ここ数年は不作に見舞われている。

2017年に国連の経済制裁が強化され、翌2018年は最低レベルの490万トンに落ち込んだと報じられた。

続く昨年は、旱魃や台風などが相次ぎ、さらに最低レベルの450万トンまで下がったと報じられた。

ところが今秋は、「史上最低」と言われた昨年よりも少ない収穫量が予想されるという。

ーー

折から、北朝鮮は今年1月以降、武漢伝染病の国内流入を防ぐため、貿易の9割以上を占める中国との国境を封鎖してしまった。

不作に加えて、中国との「交易ルート」が閉ざされ、北朝鮮の食糧危機に拍車をかけてしまったのだ。

そうなると、気になるのは、北朝鮮の配給である。

「ソ連が送り込んだ建国の父」金日成(キム・イルソン)元主席は、「全人民に白米と肉のスープを食べさせたい」と言っていた。

それは実現しなかったが、社会主義の食糧配給の仕組みは整えた。

ーー

ところが、金正日(キム・ジョンイル)総書記の時代が始まった1994年後半から1997年にかけて、三年飢饉が発生。

数百万人が餓死したと言われる中、北朝鮮の配給制度は崩壊していった。

だがそれでも、「核心階層」と呼ばれる選民のみが居住を許される「革命の首都」平壌だけは、細々と食糧配給が続けられてきた。

ところが今年に入って、ついに平壌でも配給の遅配が起こってきたという。

ーー

「正直言って、4月と5月の配給は、ゼロになった」

「それで6月に3カ月分もらえるのかと思っていたら、6月にもらえたのは、ひと月の半分だけだった」

「7月、8月になって、また途絶えだした」

ーー

通常の年なら、9月後半の収穫後に、食糧不足は解決に向かう。

そのため、「春と夏さえしのげば」という思いが、国民の間にはある。

ところが今年に限っては、「秋の安らぎ」さえ望めない可能性があるのだ。

ーー

8月20日、韓国国会の情報委員会では、韓国政府の情報機関である国家情報院の最新報告が行われた後、野党側幹事の河泰慶(ハ・テギョン)議員(未来統合党)が、会見を開いて気になる発言をした。

「金与正(キム・ヨジョン、金正恩委員長の妹で党第一副部長)が後継者に決まったのではないか」

「金正恩(キム・ジョンウン)が依然として絶対的な権力を持っているが、以前より少しずつ彼女に権限を委譲するようになってきている」

「金正恩は過去9年の統治によって、ストレスが相当溜まっているのだろう」

ーー

異変は、他にもある。

日本時間の20日、1973年から北朝鮮と国交を結び、国交のないアメリカの利益代表も受け持っているスウェーデン大使館が、平壌(ピョンヤン)在住の外交官を、大使以下、全員出国させたことがニュースになったのだ。

ドイツやイギリスなどに次いで、ついにスウェーデンも「国外脱出」を敢行したのである。

ーー

北朝鮮は、10月10日に朝鮮労働党創建75周年を迎える。

そして来年1月には、第8回朝鮮労働党大会を開催することを、冒頭の朝鮮労働党中央委員会第7期第6回全員会議で決議した。

この決議の直後、金正恩委員長は幹部全員に、祖父・金日成元主席と父・金正日元総書記が眠る錦繍山(クムスサン)太陽宮殿を参拝させた。

幹部たちの引き締めを図ったのだ。

北朝鮮の危機がかつてないほど強まっているように思えてならない。

(近藤 大介)

« 有田芳生と北朝鮮の関係を追求することはまずい? | トップページ | ネットでブログやyoutubeを見ると、もうテレビや新聞など見ていられない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>朝鮮の崩壊~終焉は間近
日本でも、7月の豪雨被害は記録的で、九州を始めとする全国各所で川の氾濫に拠る浸水で、多くのお年寄りを中心とした犠牲者を出して居る。

然し、レポートを読んで居ると、街中を流れる大同江が、氾濫したと有るが、推定される降水規模から言って、日本の1/3程度でしかない様に感じた。

資金が無い事もあろうが、如何に、講じられている氾濫対策の水準が低いか分かるが、固より、降水量の少ない処なのは、緯度の高さが大陸島の反対側のフランス中北部も少雨地帯だが、流れて居る川がやたら多いのは、上流に脊梁山脈のアルプスがある所為なのだろう。

目先の事にしか目が行かないのは、非定住の遊牧民出自のシナ系民族の特徴で、殊に、数十年、数百年に一度という、自然災害に対する対策は、過日レン4が、津波対策に数kmに及ぶ巨大な堤防建設計画を「無駄」と切り捨てた事でも、その災害に対する感覚の違いが分るだろう。

だから、外国人を、国政を与る国会議員にはしてはイケないのである、当然、政権を委ねては、絶対にイケないのは言う迄もない。

何故なら、異なる経験知しか持って居無い人間の危機感覚は、現実にそれを体験したモノと比べれば、天地の差があるのに、目先の金額だけで判断されたら、今年の熊本県の水害の原因「=ダムの更新をしなかった」の失敗を、幾度も繰り返す事になるだろう。

処で、意外に思ったのは、平壌市の人口が180万人で、朝鮮全体の人口も1800万人と、約1割程度減少している事だ、この原因がこの2~3年の凶作の結果だとしたら、その凶作の度合いが、今年は嘗て無いレベルと予測されているのだから、党の先の見通しが悲観的になるのは当然だろう。

然し、何と言っても、朝鮮からの外国勢の撤収が大きい、つまりは、無理して朝鮮に留まって、監視するだけの価値が朝鮮にはモゥ無い、と判断した事を意味しているのは論を俟たないからだ。すでに警戒すべき対象ですら無いと言う事である。

こんな事態を改善しようにも、全ての外交手段を米国や国連に封じられているのに、僅かに残った生命線だった、シナや韓国の援助ルートも自ら遮断しているのは、自殺に等しい行為だろう、流石に、国民の命は「九牛の一毛」に等しい、遊牧民出自のシナ系民族だけの事は有る。 国民の生命よりも自分の立場や面子の方が大事なので有る。

この結果、言える事は、国民の安寧・幸福は、危機に際しての為政者の価値観の問題が一番大きいと言う事で、イデオロギーだの、政体の如何等は、副次的なものでしか無く、そこに、拘り過ぎるのは、単なる、不正や失敗の隠蔽・言い訳でしかない、と言う事になろう。

我々日本人は、日本の国が、2680年の永きに亘って国の頂点に立つスメラミコトが、国民を「大御宝」に据えて、国民国を、築き、営み、護って来た、という有り難さは、世界に他に類を見ない、ずば抜けた先進性を持って居ると私は思います。

我ら、先達の恩徳を享受している子孫は「君が代は、千代に八千代に、細石の巌となりて、苔の生すまで」その弥栄が続く様に、ぜんりょくをts浮くさねばなりませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 有田芳生と北朝鮮の関係を追求することはまずい? | トップページ | ネットでブログやyoutubeを見ると、もうテレビや新聞など見ていられない »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30