無料ブログはココログ

« 脱中国一択 | トップページ | 北朝鮮の危機がかつてないほど強まっている »

2020年8月24日 (月)

有田芳生と北朝鮮の関係を追求することはまずい?

ーー以下ttensanブログ20/8/22より抜粋編集

旧社会党は北朝鮮が日本人拉致に関与しているという噂を否定し続けていた、つまり北朝鮮の工作機関でした。

その社会党の後を継いだ民主党ですが、人が同じなので北朝鮮との関係も変わらなかったのは当然であろうと思います。

ーー

また、朝鮮総連発足前は在日朝鮮人と共産党とはお仲間でした。

その後に朝鮮総連設立も共産党が関与(コミット)して行われるなど、北朝鮮の工作機関である朝鮮総連と日本共産党は今日まで密接な関係を持ち続けています。

だからこそ日本共産党の影響がつよい立命館大学出身者が共産党内に立命館閥を作り、また立命館大学では定期的に北朝鮮による拉致が行われてきました。

ーー

有田芳生の父は共産党員であり、彼の名がヨシフ・スターリンから採られているというのはよく知られた事実です。

彼は、立命館の学生の時、父の影響もあって18歳で共産党員となった。

ーー

有田芳生と同じ年齢で同じ立命館大学の経済学部生だった酒井秀俊さんという拉致被害者がいます。

有田芳生は、拉致問題解決のために議員になったと公言しているくせに、この酒井さんの話はしません。

有田芳生は、自分と同じ年齢、同じ大学、同じ学部の学生が拉致された話に触れないようにしている。

これはとても不自然だと言えます。

ーー

そんな有田芳生が雑誌で共産党の体質をちょっと批判したため、日本共産党は有田芳生を除名、すると彼は、2010年の総選挙で民主党から出馬し当選します。

ーー

有田芳生は除名された(?)のですが北朝鮮とは仲良しなので、北朝鮮の工作機関である民主党(旧社会党)が有田芳生を比例の目玉の一人として据えた。

しかし、普通に見れば当選一回目の新米議員、そんな有田芳生が(民主党政権だった)2012年9月30日、高麗航空で平壌入りしていた日本からの竜山墓参団と遭遇、民主党には北京に行くと伝えていたのに平壌で発見されてしまった。

ーー

竜山墓参団には日本のメディア記者が同行していたため言い逃れはできません。

ーー

のちに2013年に「財界にっぽん」の記者二人から取材を受けた有田は2012年の訪朝について「北京からビザなしで北朝鮮に入った」と自ら語っています。

しかも、ビザなしでどうして入れたかについて「総連より上のルートだから」と自分が総連よりも強い上のルートでビザなし入国できたと語った。

この当時の取材音声の一部が20年8月19日の虎ノ門ニュースで公開されたのです。

ーー

そんな有田芳生は「救う会」とは別の拉致被害者団体作りを進めていました。

この団体に入るよう勧誘された一人に拉致被害者の藤田進氏の弟であり、また拉致被害者藤田慎氏の甥である藤田隆司氏がいます。

「この有田芳生の団体の活動目的は、拉致問題の解決ではなく、日朝国交正常化を目的にしている」

そう気づいた藤田隆司氏はこの団体を抜けました。

ーー

すると有田芳生の取り巻きどもが藤田隆司氏にSNSで難癖を付けまくるようになりました。

その難癖の一つに藤田氏が反論したところ・・・有田芳生がこういうツイートを返したのです。

ーー拡散希望)有田芳生は北のスパイでは?
_d0044584_16390218.png

有田芳生 @aritayoshifu 7月9日
藤田隆司さんは拉致問題の特定失踪者会副会長です。私は藤田さんのお兄さんについて質問主意書を出したこともありますが、いまや敵対勢力の扱いです。あえて言いましょう。「恩を仇で返すな」。

ーー

自分がお前の兄について質問主意書を出してやったんだから「恩を仇で返すな」と。

有田芳生とその取り巻きこそ拉致被害者の家族である藤田隆司氏を敵扱いして攻撃してきたくせに・・・。

ーー

つまり有田芳生が救う会と別団体を作ってそこに拉致被害者家族達を引き入れようとしているのは「救う会」を分断し、拉致問題を解決できないようにするためだったと。

そう考えていいでしょう。

ーー

北朝鮮にとって理想のシナリオは「拉致問題を有耶無耶にしつつ日朝国交正常化だけを実現する」ということです。

日朝国交正常化が実現されれば平壌宣言(北朝鮮は守ってないけど)に従って日本から多額の経済協力名目の金が入る、つまり金を得ることが目的なわけです

そして有田芳生は北朝鮮の工作員の一人として、そうした活動を行ってきたと見るのが正しいでしょう。

ーー

2016年の参議院選挙では、有田芳生は、落選の可能性が高いと指摘されていた一人でした。

参議院比例区なので目立たないと票ががっつり減る。

つまり有名人枠として当選した人はたいていは目立たないので二期目はかなり票が減るのです。

ーー

そんな有田芳生が落選を回避するために打った手が横田めぐみさんの娘とされるキム・ウンギョンさんの娘を抱く横田夫妻の写真とともに自分を宣伝するための記事を各週刊誌にばらまくというものでした。

拉致被害者家族を自分の選挙のための宣伝に利用したわけです。

そしてこの写真について「救う会全国協議会ニュース(2016.06.09)」横田夫妻から連絡「写真は横田家から1枚も何処にも出していません」があります。

ーーwww.sukuukai.jp◆皆様へ

この度の週刊文春に掲載の孫たちとの写真は、横田家から提出してお願いをしたものではありません。

有田氏が持参なさり、「掲載する写真はこれです」と出されたものです。

私達は、孫との対面時、孫から写真を外に出さないでほしいと約束していましたので、横田家からは、何処へも、一枚も出しておりませんし、今後も出しませんので、よろしく御理解頂きます様お願い致します。

全て、掲載や、文章、等全て、私共から依頼した事でなく、有田氏から寄せられた事をご理解頂きます様お願い致します。

ーー6月8日 横田 滋・早紀江

ーー

有田芳生は横田夫妻から提供されたものだと言い張っていました。

この写真の場面は日本政府と北朝鮮の交渉の過程で2014年に横田夫妻がモンゴル、ウランバートルでウンギョン一家と面会したときのものであり、当時撮られた写真は日本では横田家しかもっていないはずのものでした。

そして横田家は一枚も出していないとはっきり否定しています。

ーー

従って有田芳生が写真を手に入れたルートは北朝鮮からのルート以外にはありえないのです。

ですがテレビなどではこの問題について全社スルーしました。

有田芳生と北朝鮮の関係を追求することは(自分たちのカネズルを傷つけるので)まずいとメディアは談合し無視することを決めたのでしょう。

ーー

こうしたこれまでの事件も含めて有田芳生については北朝鮮の工作員として、本来であれば身柄を拘束して徹底的に取り調べを行ってほしいところです。

が、残念ながら日本には彼を捕らえ調べる法的根拠が(スパイ防止法が)ありません。

それに民主党も有田芳生のこうした問題について徹底して不問にしてきました。

逆に有田芳生のこうした問題を不問にしてきた事こそが民主党という政党が北朝鮮の工作機関であることを暴露していると思います。

ーー

そして、虎ノ門ニュースで公開された音声の話を考えれば、「日本の国会議員が北朝鮮の工作員であり、拉致問題の解決を妨害していた」という、これほど衝撃的なスキャンダルはないでしょう。

ーー

拉致問題のために政治家になったと、拉致問題をライフワークにしている事を公言してきた有田芳生こそが拉致を行ってきた北朝鮮の工作員として、「守る会」の分断を工作するなどし続けているという話なんです。

こんな面白い、数字が取れそうな話題はないと思いますが、今のところ少しだけ触れているのは夕刊フジだけです。

なぜ新聞もテレビもこんな面白い話にだんまりなんですかねー?

ーー

北朝鮮の工作員が日本で国会議員をやっている、そして彼の属する民主党は北朝鮮の工作機関であるなんて、こんな衝撃的な報道素材はそうはないはずです。

ところがどこのメディアも書かないのです。

それどころか朝日新聞や毎日新聞は、有田芳生を「拉致問題解決のために働いている議員」という設定で記事を書いています。

(朝日や毎日は北朝鮮からどんだけ金を積まれて来ているのか?)

ーー

というわけで有田芳生という人間をかばい続けるメディアと民主党。

有田芳生という人物を調べれば、彼の背後に居る北朝鮮の工作機関が芋づる式に明らかになってくる可能性が高いのです。

是非とも拡散にご協力よろしくお願いします。

« 脱中国一択 | トップページ | 北朝鮮の危機がかつてないほど強まっている »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>驚くべき日本のマス・メディアの正体
まず、立命館大学には公安の手を入れるべきですね、それには、やはり「スパイ防止法」の上梓~可決~即時施行が必要で、国内潜入工作員の居場所や連絡方法等の手がかりは、洲でに、入手して居る筈です、その上でこの有田を拘束して泊まってもらえばよい。

こう言う事を書くと「戦後、どれだけ上梓しようとしても、米国のDS勢力からバイアスがかかって立法化する議論さえ、開けなかった」という現実(過去)を突きつけて来るでしょう。

然し、つい最近ですが、DS勢力がシナ・朝鮮で日本を操る手段として使う事から撤退し始めて居るのです、何故か? 金にならないからですね。

トランプ政権のDS勢力の資金ルート潰しで、オソラク何千兆円もの金が動かなくなって居る、こんな現象がおも手経済で起こったら、直ぐに世界恐慌の心配をしなくてはイケませんが、起こっているのは裏世界ですカラ殆どが、ヴァーチャルマネーなので、表経済に実害は及ばないダケです。

そんな裏経済が表にでたのが、リーマン・ショックで、この時、欧州を中心として国単位で詐欺に引っ懸って、その被害総額は、なんと6京円「=6万兆円」で、これで好調だったEU経済はどん底に落ちて、10年経った今でも復活出来ていません。

まぁ、それは兎も角、この10年で世界は大きく動き変化を遂げています。

殊に、リーマン・ショックが、裏経済の胴元的存在の国際金融資本の主である赤盾「=英系ロスチャイルド」の主たる資源の世界の基軸通貨であるUS$の信用をその巨額な負債の精算の為に、使われるUS$の流通量不足に拠って、その基軸通貨の座を危うくし、代わりに人民元を基軸通貨に据えようと言う、DS勢力の企みであった。

これは、89年に死亡した、ズビグニュー・ブレジンスキーの建てた21世紀戦略で、共産シナをユーラシア大陸の覇者にしようと言うもので、リーマン・ショックに始まる一連のDS勢力の動きは「30年かけて、現在の覇権国米国の技術と資本をシナに吸い上げさせて、人民元を基軸通貨にした時点で、シナが世界のイニアイアティブを握る」心算だった。

処が、この計画の中心人物だったD/Rの陰謀が、赤盾の知る処となり、12年6月に国際金融資本から資材没収の上追放~14年3月に死亡した事で、あかたてのはんげきがはじまったのですね。

彼はまず、日本の政治体制を変えた、D/Rが、次期総理に指名していた石破茂を、取り消し、息子の岳父に当たる麻生太郎のサポートを条件に、麻生の推薦に拠って、安倍晋三が、再度総理大臣の座に就いた。

そして、次に、DS勢力民主党に支配されて居た米国の大統領を、政治色の無い政治として無名のドナルド・トランプを「奇跡の大逆転勝利」させ、安倍首相とタッグを組ませ、赤盾の意向を受けたスティーブ・バノン氏を参謀に、DIAとCIAの一部を傘下に置いて、対シナ戦が開始した16年1月の事である。

すると最初から、朝鮮は、核大国米国に対して「核(開発)で恫喝を始める」と言う、奇天裂な作戦もでたが、見え見えのプロレスで、金正恩はトランプ政権もDS勢力だと思い込んで居たに違いない、それが、2回目の会談で分り、国を上海閥の張徳江に支配されて居る状態で、ニセ情報でピエロ役を演じて居た事が分り、昨年の大晦日以降は、表舞台には出て来なくなった。

すると、拉致誘拐問題は、この10年の間、実は何の進展も見せて居無い、全て、有田芳生が、マスコミにネタを提供して騒いで、自分の国会進出に利用して居たダケと言う事に成る、然も、彼がマスコミに名を売ったのは、背後に朝鮮政府が板と言われるオウム真理教事件からだった事も公安は重大な関心を持って居るだろう。

彼の朝鮮との関係を中心に、その内幕が次第に明るみに出始めている現在だから、流石に次回の選挙で当選は無理だろうと、見られて居る。 彼は用済みなのである。

固より、朝鮮は、シナ・韓国の援助なしには立ち行かない国だが、その2つとも途絶えた今、金欠と飢餓で、朝鮮政府の自壊もカウント・ダゥンが始まって居る、共産主義国の消滅は、世界のトレンドに成りつつある、遅れるなwww

有田芳生参院議員は嫌いな議員ですが、今は東京住まいだそうですけども生まれは京都の人です。
親子2代の共産党で、名前はヨシフ・スターリンから名付けたものですが、これは現共産党の山下芳生参院議員と同じ名付け方です。

また、マスメディアではオウム事件から知名度が上がったと記憶していますが、これは江川紹子氏と同じ頃でした。
この頃は、それ程異質なマスコミの出演者とは思わなかったのですが、国会議員になってからの活動には余りにも理解できないことが多いと思います。

左翼の市民(?)で背中に絵を描いた人との和やかな会合での姿を見せたり、2016年6月5日の川崎市の川崎市のヘイトグループによる合法的に届け出を行った日本国民のデモ隊に反対して、道路上に寝て道路使用の妨害をすると言う道路交通法違反を行ったりの国会議員とは考えられない無法行為を行いました。

この事件で有田議員が警察官に取り締まられたり、調査されたとは聞きませんが、この事にも、国会議員は通常の国民なら明らかに取り締まり対象になるのにと疑問を持ちました。もっとも、この川崎デモで道路上に寝て道路の使用を不能にした合法デモに反対した川崎市民も、取り締まり対象となっていなかったことから、神奈川県警の警察官は真面目に仕事をしないことが明白となっています。


それはともかくとして、このような違法な政治活動をしてきた有田議員が、拉致問題でもまともな政治活動をするとは思えませんので、次の選挙では国会で姿を見ないようになって貰いたいと思います。

そうならないと、北朝鮮が憲法で国防に対する手立てを持たない日本に、正規の北朝鮮の兵隊を朝鮮人に手伝わせて上陸したことは明白な侵略行動ですし、拉致したことは完全な軍事行動です。
これが当時北朝鮮で流れていた「百戦百勝の金正日将軍」の、何勝だったのかと腹が立ちます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 脱中国一択 | トップページ | 北朝鮮の危機がかつてないほど強まっている »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30