無料ブログはココログ

« 北朝鮮の危機がかつてないほど強まっている | トップページ | 北京共産党政府が違法または不正な手段で、海外から高度技術を持つ人材を獲得している »

2020年8月26日 (水)

ネットでブログやyoutubeを見ると、もうテレビや新聞など見ていられない

神戸在住のソロさんや京都在住のポッポさんの地元、あるいは大阪でもバラさん在住の上町台地はどうかわからないのだが、大阪南部在住の私の回りでは、8月20日が過ぎるころになると、蝉の声がぴたりとしなくなる。

そして朝夕まだ暑いにもかかわらず、虫の音が聞かれるようになる。

そんな今年の夏の終わりの特徴は、朝の散歩の際に、クマゼミの他にアブラゼミの死骸を見掛けたことだ。

ーー

クマゼミの声しか聞かなかったので、アブラゼミの死骸は驚きである、つまりアブラゼミの声を聞きのがしていたのだ。

ある研究者が、大阪がクマゼミだらけになった原因として、戦後樹木の植え方の間隔が開きすぎたせいで、アブラゼミが鳥の襲撃をかわせず捕獲される機会が増え減少したからだ、と報告していた。

個人的には暑くなったのが原因だと思っていたが、ここにきてアブラゼミが増えているのは樹木が茂りアブラゼミも身を守れるようになったのか、やはり研究者の説が正しいのかと思ってしまう。

ーー

テレビでは気温が上がる報道と同時に、エアコンの使用を勧める、これはつまり屋外を暖房することだから、ますます気温は上がるはず。

しかしながら、ほとんどの家庭でエアコンが使える豊かな日本にしてくれた先人には感謝だ。

暑さに加え新コロで、屋内での生活が多くなり、エアコンで比較的快適に過ごせているが、ネットでブログを読みyoutubeを見ると、もう新聞やテレビなど見ていられない。

ーー

ブログやyoutubeは、知的驚きであふれており、退屈させないからだ。

ーー

例えばキリスト教についてカソリックとプロテスタントぐらいしか知識がなかったのだが、浜松市在住の林宏司さんの映像を見ていると、それがいかに浅はかなものであったかが身につまされる。

どうやらキリスト教と言うのは、シュメールに起源を持つミトラ教のパクリであり、欧米知識人の多くがそのことを知っている。

フランス革命(1789年)もアメリカの独立宣言(1776年)も、キリスト教の欺瞞に気付いた人々が、そこからの自由を求めて起こしたものであり、その証拠が解放の象徴として使われているフリジア帽(ミトラが被っている帽子)だという。

またミトラ教は密教として日本に伝えられていると。

確かに一万円札上の聖徳太子像はフリジア帽を被っており、大工たちにその祖として(曲尺に象徴される)あがめられている太子はまるで曲尺とコンパスで象徴されるフリーメーソンのようだ。

ーー

そして妙仏さんの中国情報は秀逸だ。

例えば、米国は、SWIFTというドル決済の仕組みを世界各国に提供している。

逆にこの仕組みを使わなければドル決済ができないのだ。

スイスが北京共産党政府高官の口座を公開したのも、公開しないとSWIFTが利用できなくなるからだ。

ーーwikipediaより、SWIFT(スイフト、スウィフト)とは、

国際銀行間通信協会(英語: Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication)

金融機関同士のあらゆる通信にクラウドサービスを提供する非上場の株式会社である。

本部はベルギーのラ・ユルプ(英語版)に設置されている。

株主となる金融機関は各国に存在するため、同協会の事務所は各国に置かれている。

あらゆる国際決済が、スイフトを通じて行われている。

ーー引用終わり

スイスの銀行が暴露したところによると、北京共産党政府高官には一人平均8兆円もの残高があり、総計千兆円ほどあることが明らかとなった。

つまり北京共産党政府高官は、中国人民ではなく高官自身の私服を肥やしていたのだ。

恐らく中国人らはこの情報に怒り狂い、共産党幹部らが自分たちから搾取したこれらの資産を奪いに向かうのではないか。

この金を人民のために使っていたら中国も、もう少しましな、例えば建造物に鉄筋ではなく発泡スチロールを入れ、浮いたカネを横領するなどのない社会になっていたことだろう。

ーー

北京語ペラペラの妙仏さんは、恐らく世界を知っている人だと思われる。

その彼が、人それぞれ素晴らしい国についての意見を持っているのだろうが、日本は、誠実な役人の存在、清潔で安全に暮らせ、使い勝手の良い公共機関・鉄道が存在することなどからすると、とても素晴らしい国だという。

そして我々の先人らが、日本国民のためにお金を使ってきたからこそ、こんな素晴らしい国になった、先人や現在社会を動かしている日本人らに感謝していると。

もちろん日本にも公金を自分のモノにする人もいるが、中国人からするとそれはもう無視できるレベルなのだ。

ーー

及川幸久さんは「幸福の科学」の広報マンで「幸福の科学」提供の映像もあるのだが、特に米国情勢に詳しい。

米国の民主党大統領候補のバイデン氏が、2019年10月北京共産党政府の支援で私的投資財団を設立、それに自分の息子が役員として入り込んでいる。

さらにはバイデン氏設立の大学に、7000万ドルの寄付が匿名で北京共産党政府からなされていたという及川氏の情報を聞くと、米民主党はもう終わっているのではないかと思ってしまう。

ところが米メディアの報道では、米国民の支持率は、トランプ氏よりもバイデン氏の方が高いのだという。

ーー

また妙仏さんによると、民主党は、新コロ感染を避け、投票率を上げるため、郵便投票を推進しているのだという。

ここにきて米税関が中国・香港由来の2万通以上もの偽造運転免許証を摘発した。

これは氷山の一角であり、この偽造免許証を使って、北京共産党政府が米国の大統領選挙に介入しようとしているのではという憶測が広がった。

そのためトランプ氏は本人確認が不十分になる可能性がある郵便投票に反対しているのだという。

そして日本でも北京共産党政府によるこのような工作がなされていると考えるべきだという。

ーー

さらに沓澤良治(くつざわりょうじ)さんの映像も見ている。

彼は「テレビ改革党豊島区議員」で、毎日youtubeに映像をアップしている。

パヨクに目を付けられ広告をボイコットされている・まとめサイト「保守速報」に広告を出しており、それだけあって、パヨクに遠慮なくものを言って、しかも日本国民のための発言をするという筋を通している。

8月23日には、立民・国民でできる新党の不支持が68%もあるという反日メディアの毎日新聞の世論調査結果を取り上げ、新党は出発前からお先真っ暗と揶揄(やゆ)している。

ーー

残念ながらこうした内容は、日本の言論・メディア、特にお年寄りが信頼を寄せているNHKは伝えようとしない。

日本の若者が、テレビを見なくなるはずだと思った次第である。

この縦椅子ブログの読者も98%が49歳以下でしかも10歳代が最多だというアクセス解析が出ている。

« 北朝鮮の危機がかつてないほど強まっている | トップページ | 北京共産党政府が違法または不正な手段で、海外から高度技術を持つ人材を獲得している »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

縦椅子様

 おはようございます。
 季節の移ろいは早いもので、少し風に秋の気配がただよっています。いま公園をのぞいたら、シーンというような蝉の声でしょうか、ずーっとなり続けています・どうやら華麗で耳の具わいが少し劣化しているようです…
 目の方は何とか…昨晩思い立って写真を基に薔薇の絵を描きましたが、思いのほか写真より生き生きしていて、満足です。 庭の方の、いつもの棒に目をやってみますと、2,3日前からトンボは来てくれていません。棒が突っ立っつているだけです。雑草や、ハーブのくさも、からからに水気を失っています。室外機の所為なのです。地球温暖化の一因は室外機にあるのでは?
 医者から、クーラーを付けないのは、自殺行為といわれ、クーラーを付けようと、量販店に行きましたが、ビルで室外機を設置できない状態で、扇風機3台と冷風機一台でしのぐことに・・・料理を、していると、ブレーカーが飛んでしまいました。れいぞうこの氷もなかなかかたまらず、アイスも少しとけた状態ですが、それにいただいたお菓子も美味しく有り難いです。
 生きていることが、何よりです。しんでしまったら・・・せっかくがんばってきたものもおじゃんになってしまう・・・しかたがない・・・
 これが人生というものか・・・あなたまかせの風来坊!-エノケンの歌ー

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>この先世界はドゥ変わるのか
否ぁ、このブログの読者層の98%が49歳未満で、10代が中心だと言う話には、吃驚しましたね、それに、ちょっと嬉しくなりました。

私は、固より「知りたがり」の子供だったので、近所に住んでいた戦地帰りのおじさんに、色々話を根掘り葉掘り訊いて、本で読んだ情報の「うら取り」を、していましたねww でも、こういう経験が、新出の情報にも、ある程度冷静にモノを見る「疑問癖」が着いたおかげで、モノを掘り下げてみると、色々と違う世界に出遭える事も知りました。

私が、おじさんたちから、教えて貰ったように、私も次の世代は、私の「気付き」を伝えて、自分の為、延いては、世の為に役立ててくれたらいいなぁと思います。

縦椅子様には、こういうネットの場を提供して頂き本当に有り難く思っています。

さて、昨今の世界情勢は米支戦争と言う、大きな転換の事象が大詰めを迎えています、

シナの経済的躍進が、米国市場の制限無き参入が大きな要素であったのに、それを排除されてシナの敗北は明らかなのに、そのトランプ政権が大統領選で苦境に陥って居ると言う、信じ難い現象が起きています。

是は、表では決して報道されませんが、DS勢力という戦前から根異国を裏で支配している昔のWASP勢力が国際金融資本と結び着いた、強欲な陰謀集団の仕業で、祖の一部を形成しているシナの上海閥「=江沢民派」が、大勢の工作員を潜入させていて米国の選挙戦を掻き回しているのだそうです。

日本のマスコミもそのDS勢力の手下なので米国のマスコミに右へ倣った報道しかしませんが、戦争中の完全な敵対行為ですから、11月の大統領選迄にこの問題には、トランプ政権から厳しい制裁が下るでしょう、全民放各局や新聞社の経営者は、覚悟して措いた方が良いでしょうね。

トランプ政権のシナの追い詰つめ方もドラスティックで、ご紹介に拠ればスイス銀行に共産シナ幹部125人が預けて居る総額1000兆円を、SWIFTという制度を使えなくして、事実上差し押さえて終ったそうで、是では台湾や尖閣侵攻を企て様にも、燃料や武器・弾薬を買う資金が無い状態が出来しますね、先ず、1ヶ月以上続ける作戦は、実行出来無いでしょう。

だから、表向き「対米八ヶ条」なる強硬な方針を出しつつ、裏では、台湾併合だけは認めてほしい等と、寝言を言って居る様ですが、勿論、耳を貸すわけが無い。

米国の復讐心と言うものは、生じっかなものでは無いのは、第二次世界大戦の対日戦の結果を看たら分るでしょうに、先ず共産主義者8900万人が粛清の対象にされるでしょうね。逆に彼らが復讐を懼れる気持ちは、殆ど病的なだと言って良いので、トランプ政権が止め ない限り、殺戮は続くと見て良いでしょう。

そう言う展開にしたく無かったら、共産党幹部を内部で拘束して、責任者として差し出す位しかありませんが、トランプ政権は真の敵はDS勢力だと判って居るので、それ形の措置を取るでしょう。

結局、安倍・トランプチームはDS勢力と戦って居るのですから、国内外に敵がいて、そんな中で戦い抜かねばならないのですね。

この姿を経団連幹部はどんな気持ちで見いぇいる
のか、国民として、とても許せるものでは有りません、トヨタとパナソニックには、製品のボイコットという、きついお仕置きが必要ですね。

勿論、マス・メディアも、BPOを政府直轄において、フェイク・ニュースや「報道しない自由」を行使した場合、停波措置をとり、累積で免許取り消し処分も導入する。

一方、電波料オークションの実施で、電波使用料を世界標準並みに引き上げる「=100倍以上」のは言うまでもありません。

新聞は今のトレンドなら自然に廃刊になるでしょうが、真実の目安となる報道を、解体したNHKを使って政府が行うのが良いでしょうね。 其処にニュースを配信する会社を政府が作れば良いわけで、そんなに難しい事では無いでしょう。

こうして考えて看ると、是から11月の大統領選挙迄に、数百年に一度の大きな変化が、起こる可能性がかなり高い、もし、起こらなければ日米のみならず、世界がDS勢力の支配下に入る事にもなりかねないのですから、私は祈る様な思いですがね。

巷間の保守ブログも、其処迄は心配して居無い様ですが、大抵は真の敵を見誤って居る、或いは、DS勢力を陰謀論だと思っている場合が多いですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北朝鮮の危機がかつてないほど強まっている | トップページ | 北京共産党政府が違法または不正な手段で、海外から高度技術を持つ人材を獲得している »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30