無料ブログはココログ

« 共産主義の核兵器はきれいな核という主張をしていた頭の悪い共産党系はこんなもんでしょう | トップページ | 共産党はまず共産党内のブルジョアの打倒でもやったほうがいいんじゃないですか? »

2020年8月17日 (月)

メディアに煽られてシナも大学教授も儲けて、日本国民はPCR検査の犠牲になっているということではないのか?

ーー以下「松山昭彦ブログ20/8/15」より抜粋編集

ーーyoutube「青山繁晴チャンネル【ぼくらの国会】8月14日」より

青山繁晴:「ある政府機関の調べによると、PCRの検査キットで国産と称しているものの中に大規模に中国製があって、その中国製のPCRキットを推奨している大学の先生が複数いらっしゃるという。

これは『中国製』というのを明らかにしていない深刻な問題があって、しかも1億個を売り切るまで大学の先生の後押しが続くらしいと、これは政府機関も『らしい』です。

そこに大きな意図があって背後にお金の動きがあるんではないか。

ーー

政府機関の複数の当局者が言うには

1、中国の工作がどれほど日本に浸透しているのか
2、その受け皿になる日本人の責任ある人達がどれほどいるのか
3、コロナ禍の混乱を利用して日本をどれほど悪用しようとしているか

この3点の問題意識は共通する認識です。

ーー

PCRキットを作る会社はうまく誤魔化せる構造になっているので、そこの名簿に大学の先生が載っていたりしている。

ーー抜粋引用終わり

日本の国産PCR検査キットの多くが実は「シナ製」で、日本の複数の大学教授がシナ製検査キッドを1億個売るためにPCR検査を推奨しているという。

これは日本国民を騙す「詐欺」「偽装」「背任」行為である!

ーー

メディアがやたらとPCR検査、PCR検査と騒いでいるのは、どうやらこういう裏があるようだ。

元々、PCR検査は3割が誤判断するもので、正確性に欠ける。

そんなものを無症状の人にまで使った結果、連日メディアが感染者数増を手柄のように報じている。

ーー

このPCR検査キットがシナ製なのだという。

シナ製キットは不良品であることが分かり大量に返品されている。

今年3月にスペインが6万個を返品
4月にはインドが50万個を返品
4月にイギリスは350万個の代金返却を求めた

チェコもシナ製検査キットを返品しており、オランダの医療関係者は「シナは感染の危機的状況を利用して儲けようとしている」とシナを非難していた。

ーー

もしかしてこの返品された不良品の検査キット1億個の処分として、日本の大学教授が推薦して、日本人にどんどん検査させているということなのか?

メディアで煽ってシナと大学教授が儲けて、日本国民はPCR検査の犠牲になっているということではないのか?

これは事実関係をきっちり調べ上げて、国民の前で真相を明らかにすべきでありましょう。

« 共産主義の核兵器はきれいな核という主張をしていた頭の悪い共産党系はこんなもんでしょう | トップページ | 共産党はまず共産党内のブルジョアの打倒でもやったほうがいいんじゃないですか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>マスコミや言論界の反国民的行為は限度を超えて居る
否、この事件は一昨日の「ナニワの激オコおばちゃんのブログ」で、知って居ましたが、その政府関係者は、躊躇わずに、その「複数の大学教授」の氏名を公表するべきで、特殊詐欺罪に問われる可能性があるので、事情聴取で任意で警察に来てもらうべきですね。 もし、何処からかお金が出て居て、それを報酬として受け取っていれば、この事案が、特殊詐欺に認定された時点で、共犯に問われる可能性が出てきます。

そして、政府が初動対応から、検査重視でななかったけれど、世界的に比較すれば、日本政府の対応が一番優れて居た事は小学生でも分る、何せ、感染者数/し者数共に、欧米とは
2~3桁違うのだから。

そして、PCR検査重視で対応した韓国は、未だ、パンデミックが収まったとは言えない情況である。 そんな中、この感染相の新薬開発を目指している、ビル・ゲイツ氏は「PCR検査は無意味だ」徒は公的に発言している。


こうした環境の中で、毎日増やしたPCR検査で増える患者数を嬉しそうにほうこくしているのが、TVを始めとするマスコミで、国民はいい加減辟易している、大体,「日本で改良されて、検査精度が上がった」筈のPCR検査キットが「インフルエンザA型、B型、果てはマイコプラスマ肺炎にまで、陽性反応を示す」と訊いて「何か可笑しい」と思っていた。

世間の信用判定のレベルが厳しい、日本の「ものづくり」の標準は、そんな好い加減では、完成品として世に出す事は、考えられないカラだ。

だから、朝鮮族の上昌広等が、TBSやABCで、縦軸に細工をした棒グラフで、観戦爆発を示してPCR検査を増やそうとしても、魂胆が見え透いているので、日本の世論は冷ややかであったのは、既に、ABCもTBSも「信用出来る情報を伝えるメディア」では無い」からだろう。まぁ私は、TVの報道は、よく外れる天気予報位しか信じていないがww

この事案は、もし、事件性が証明されたら、事件に関係している、大学教授、OCR検査キットの輸入業者、シナ側の政府関係者は、輸入された製品がもし「返品された欠陥製品だと承知の上での事であれば、勿論、国際問題になるだろう。

特に「特殊詐欺」認定されたら、欠陥PCR検査キットでの陽性者数を「感染の第二波」として、世間を混乱させて日本経済に打撃を与えてきた、マス・メディアの責任、否、罪は重いだろう。

これら、実害が出て居るにだから、報道各社は、その放送の
内容に応じて、応分の責任を負うべきであるし、今後の子兎性が望めないのなら、停波~免許取り消しの手段を取れる様に、立法措置を取るべきだろう。 最早、国民の堪忍袋の緒は、切れた観がある。

それに加えて、大学改革も必要だろう。 何の資格も実績もないのに、大学教授と言う肩書だけで、TVの言い形「=台本通り」の事を喋れば、普通のサラリーマンが1ヶ月働いても及ばない高額の出演料が手に入るのだから、モラルが怪しくなる野も当然だろう。

こういう、公序良俗を乱す様な「金で釣る」行為は、トゥ津シムべきで、もぅ法律で、禁止すべきだろう。

「言論の自由」が世の最優先事項ではないのは、言論がじゆうであるのは、裏に、責任が付きまとって居るのだから、当たり前なのだが、日本のマス・メディアは、十分に責任を取って居るとは、とても言えない、朝日・毎日新聞などは、誤報を犯しても、訂正も謝罪も聞いた事が無い

これは、情報開示の面で、或いは、「正直さ」の価値の面で、低いモラルの欧米社会の常識に合わせているから、こうした現象になるのだろう。 フェイク・ニュースなど、戦時中を除いて、従来の日本の常識では、考えられない事だろう

これらを見直す事も、「日本を取り戻す」事に、繋がっていると、私は思います。

この数日、PCR検査に使用されている検査キッドが中国製であるとの報道が右側の機関で為されているが、何故かと思っていたところ、考えてみれば日本のマスメディアはPCR検査をやたらと推奨していました。

それまでの日本の政策では、PCR検査は感染者とこれの濃厚接触者への感染ルートの特定に重点を置いていました。
その結果、検査に伴う感染者の増加はなかったのです。
しかし、新型コロナへの特効薬がない時点で感染者を調査するという、謂わば目的のはっきししない調査をしたことになって、感染に伴う感染増加だけがけっかとなっています。

それだけでなく、PCR検査に使う検査キットがアテにならない中国製の検査キットを使うのは意味不明です。
なにしろ、各国から不良品で返品を多く発生した中国製の検査キットを使う意味が分かりません。
これらの検査キットを推奨した医師及び機関に、中国製の検査キット利用をした理由書を提出させ、金銭等の不正な受領があった場合には厚生労働省から公表しても良いと思います。
そして、不良品を検査希望者に使用させて損害を与えたとして、損害賠償を求めれば良いのです。

日本では新型コロナ対応のワクチンか新薬が出来るまで、無意味にPCR検査を行う必要はないと思いますけれども、それ以上に中国の不良品の検査キットを輸入する必要はないのです。

検査を行う場合には、日本製の安全で正確な製品を適正に使って欲しいと思います。
そして、これを使うときには、新型頃に対応したワクチンや医薬品を使って欲しいと考えます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 共産主義の核兵器はきれいな核という主張をしていた頭の悪い共産党系はこんなもんでしょう | トップページ | 共産党はまず共産党内のブルジョアの打倒でもやったほうがいいんじゃないですか? »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30