無料ブログはココログ

« 局内に支局があるNHKなどどうするのでしょうね | トップページ | 米国の民主党リベラルというのは「国民の命など政治の道具」としか考えてない人たちの集まりということになります »

2020年6月26日 (金)

リベラル(自由主義者、共産主義者)は法治を破壊し暴力による支配を目指している

ーー以下「大紀元時報20/6/23掛谷英紀コラム」より抜粋編集

米国ミネアポリス近郊で黒人男性ジョージ・フロイド氏が警官に殺されたことを発端に、米国では警察官に対する激しい抗議活動が行われており、それは欧州にも飛び火している。

殺されるほどの理由がない場合、抗議があって当然だ。

しかし、警察の予算削減や解体を求めるというのは、それでは警察なしに、どのようにして国民の安全を守るのかという疑問を引き起こす。

ーー

今の米国の警察に対する抗議活動とそれを支持する人たちが、抗議活動で暴力を正当化していることを見ると、彼らが法治を著しく軽視しているということが分かる。

これはリベラル(自由主義者、共産主義者)が権力と戦うと主張して採用する典型的な態度である。

米国リベラルが不法移民に対して寛容なことも、彼らの法の軽視を象徴している。

それを目立たなくするため、リベラルは歯向かう人に「移民反対の外国人差別主義者」とのレッテルを貼る。

しかし米国は移民によって成り立っている国でもあり、その「歯向かう人」も移民であることが多く、彼らは合法の移民には反対していないのである。

ーー

デービッド・ドーンの名を知る人は稀有だろう。

彼は黒人の元警官で、今回の暴動に乗じて商品を盗んだ暴徒を止めようとして殺された。

その後捕まった犯人は、2014年にも強盗をして懲役7年の判決を受けたのに、保護観察になっていた人物であることが分かった。

刑が法律どおり執行されていれば、この殺人事件は起きなかったのである。

ーー

こうした減刑の背景にリベラルによる政治的圧力がある。

武漢伝染病流行を理由に、米国のリベラルが受刑者の釈放を求めたことは記憶に新しい。

彼らは、伝統文化からの自由を主張し、一貫して法を犯す者に甘い。

ーー

それでは何故リベラル(自由主義者、共産主義者)は警察を極端に嫌うのか。

警察が法の執行機関だからである。

つまりリベラルは法治を破壊し、好き勝手をしたいのだ。

ーー

法治を尊重する者は、違法者を警察官に捕らえてもらい、違法者に法に基づく処罰を科すように求める。

自分の自由気ままを優先する人たち(リベラル)は、自分たちを法を超えた存在にするべく、革命を起こし権力を手に入れ警察を支配しようとする。

ーー

シアトルでは暴徒が、500人ほどが住む地区の警察を追い出し占拠し、自治区CHAZ(Capitol Hill Autonomous Zone)を宣言し、暴力による支配を実現した。

自治区内部ではあらゆる違法行為が野放しになって無法地帯と化している。

民主党リベラルのシアトル市長とワシントン州知事はそれを見て見ぬふりをし続けており、秩序をもたらすための努力としての警察や州兵を動かす気配もない。

ーー

しばしば、暴徒たちはリベラルではなくアナーキスト(無政府主義者)ではないかとの指摘を受ける。

しかし、自治区で彼らがやっていることは、武装集団による警備、みかじめ料の徴収、IDによる入境管理である。

これらはアナーキストのやることではない。

彼らは既存の法律を無視するので一見アナーキストに見えるのかもしれないが、結局は自分が支配者になりたいだけなのである。

ーー

なお、シアトルの自治区CHAZは、その後CHOP(Capitol Hill Organized Protest)に名称を変えたが、CHOPには斬首(ギロチン)の意味がある。

実際、自治区で暴徒らのやりとりが動画として記録されている。

リーダー「仏革命に賛同しなかった人がどうなったか知っているか?」
仲間たち「首を斬られた(Chopped)」
リーダー「もっと大きな声で」
仲間たち「首を斬られた (Chopped)」
リーダー「それが俺からのメッセージだ、これは冗談ではない」

ーー

世の中には、リベラルの「犯罪者の人権を守る」との主張に、彼らが人情豊かな人だと騙される人たちがいる。

しかし実際のリベラルらは、自分に従わない者、さらには政治的に利用価値のない者の人権には、決して目を向けようとしないのである。

彼らが犯罪者の人権を守れと訴えるのは、犯罪者を開放することによって、治安が乱れることを願っているからだ。

犯罪が頻発すれば彼らの望む革命を起こしやすくなる。

ーー

リベラル(自由主義者、共産主義者)らは、口では戦争に反対しているが、現に起きているように彼らが敵とみなした相手に対しては暴力の行使を全く躊躇しない。

リベラルらが目指すのは法治を破壊し、彼らの好きなように国民を支配することである。

つまり彼らが目指す先は、現在北京共産党政府や北朝鮮政府が行っている、法の上に共産党(リベラル)が存在する恐怖政治なのである。

« 局内に支局があるNHKなどどうするのでしょうね | トップページ | 米国の民主党リベラルというのは「国民の命など政治の道具」としか考えてない人たちの集まりということになります »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>リベラルとは、暴力絶対主義だった
このシアトルの自治区の有り様を読んで、アメリカ社会の病巣を覗いた気分になった、戦後、入って来る外電や米国の国際舞台での振る舞いを聞いて居ると「米国の正義は力の正義だ」と認識したし、今もその認識は変わらない。

常に「強者の論理」が優先される社会なのだ、それに加えて米社会では、潜在しているが、未だに人種差別が社会常識で有る、人種的マイノリティは、マジョリティの白人層に、びくびくして暮らして居る。

こんな常識が21世紀になった今でも、大手を振って罷り通っているが、これは、白人層の歴史に学ぼうとしない蒙昧さが原因だろう、故に、常に少数意見は無視されるか、圧殺されて来たのでしょう。

当然その反作用で社会に、色々なストレスが溜まって居る、そこへ、支配層の白人層自身に変質が起こった、則、生産労働を伴う仕事が生産拠点の海外移転に拠って無くなり、米社会の中間所得層を形成していた、白人層を零落させたのです。

つまり、マジョリティが分裂し始めたワケで、中間層の後を埋めた金融界関係者の多くは、それ迄のWASP「=ゲルマン系白人」ではなく、レイト・カマーのハザール系、若しくは、旧東欧系だった。

彼らの出自を遡れば、WASPがゲルマン系なのに対し、新入者はスラブ系で、凡そ、2千年の対立‣抑圧の歴史を紡いできた、不倶戴天の敵同士である。

殊に東欧系移民は、共産主義社会の洗礼を受けて居るし、ハザール人も700年に亘って、欧州では、被抑圧民族であった。

生産業主体の社会が、金融主体の経済に変わるのに、凡そ30年が懸ったが、変わって終うと、今度は、固より「国家意識」が希薄なレイト・カマーの集団は、税金を逃れる方途に、注力し始めて、GAFAの様な国籍不明の大企業が続出した。

この状況に危機を感じた、各国の紙幣の格好権を握る事で、事実上世界経済の主の立場に立った、ロスチャイルドは、急速な経済のグローバル化は却って、国家経済を疲弊させて、世界経済自体が不安定になると言う事に気が着き、このグローバリズムを抑圧・制御するにグローバリズムを利して、世界の覇権を握ろうとしていた、DS・共産シナの企みを発見します。

その首謀者である、自らの組織である国際金融資本の幹部で有るD/Rとその一味を12年6月に、組織から追放しましたが、敵も然るもの、昨年の11月に、ロスチャイルドが、55兆円を投じて、DS勢力の金主勢を味方に着ける迄、悪足掻気を続けて居ました。

すると残りは、2~3つの派閥に分裂して抗争を繰り広げて居た、シナ共産党でしたが、この頃に、ロスチャイルドは、共産主義そのモノを世界の未来の為には、有害で不要な政体と認定して、この世から消去する方向に舵を切ったと思われます

後は、武漢肺炎禍が世界に広がり、そこで、これ見よがしに、共産主義者が悪事の限りを尽くして、世界世論を「共産シナは危険、有害で不要」という、評価を定着させた。 これは無論、共産主義の根がティ縫キャンペーンだろう。

この反作用として、ANTIFA 運動が勃発したと考えれば、ある意味「世界を敵に回して居る共産主義者を焙り出す効」が有り、その目論見通り、シアトル反乱で「リベラリストとか、暴力絶対主義者の別名である」事を、自己証明している。

然し、この無秩序状況を何時までも放置して居ては、米国の威信を大きく傷着ける事になるから、近い将来、国家権力に首を飛ばされるのは、州知事と市長を筆頭に、リベラリストの方である事は間違いないだろう。

加えて、こんな、国家が危機状態に陥っても、指一本動かさない民主党も、同じ穴の狢と見られても仕方が無い、最早、民主党は解党しか道は残されて居ない。

彼らは暴力を使わせたら世界一の武力を誇る、国家権力に敵う筈がない事を忘れて居る。

アメリカの黒人男性がころされたことは気の毒ですが、この男性は偽金を使ったとの容疑がありますので、単純にこれだけの抗議につながることかとの疑問を持ちます。

そして、抗議が民衆から出てきたものか、反対運動が反政府団体のものかと考えますが、反政府団体であることを明らかにしている団体の場合には、裏側があるのか否かを知りたくなります。

アメリカは移民の国ですけれど、移民には法律で移民の方法が定められていますので、違法にアメリカへ入った場合には移民だとは言えません。ただの違法侵入者です。

アメリカでは警察の予算削減や警察の解体が求められたり、シアトルでは抗議デモ隊が「自治区」の設立を宣言したとのことですが、この抗議デモ隊は「自治」の意味を理解しているのかと思います。
報道の中では、自治区の範囲を定めているようですが、自治区の中では何が起こっているのかが分かりません。

治安だけでなく、その中に住んでいる人の生活(仕事はどうなっているのか、買い物)、自治区内と関係ない人との交流や商取引は正常なのかと思います。
それに、自治区内の都市インフラはこれまでと変わりなく保たれているのかとも思います。

自治区内で何らかの事故があったとのことで負傷者が出たけれど、これに救急車が行かなかったとの記事がありましたが、救急車は呼ばれないと行きませんし、アメリカの場合には有料と無料の出動がありますけど、その前に救急隊の安全が保たれなければ救急隊員は出動できません。

救急現場は危険な地域で、銃を持っているのはうろうろしているし、その連中は発砲もする。だけど、警察は入らせないなんて言われたら、救急車が行けるはずがないのです。

そんな自治区を支配している連中が退去して、警察官が治安を回復しなければ救急車は行きません。
そして、行かないのは救急車だけでなく、警察官も医師も行かないし、子供の学校の先生も行かないでしょう。

住民のための自治は、安心・安全を確保できる能力を持った自治体が責任を持って出来るものですし、住民自治をやりたいという団体が勝手に決めてはならないし、税金を集めてはいけないものだと思います。


この自治区はアメリカの国(国防軍)が処理するものではなく、州(州兵・警察)が担当すると聞いたことがありますけれど、知事か市長等は住民が生活を維持できない場合には、強権を発動しなければならないと思います。

そうしない場合には、日本が終戦後に朝鮮人が行政に不満があるからと市役所等に押し掛けて占拠したり、暴動を起こしたときのように正常な行政が出来なくなることがあります。
これは、民主的な国家にあってはならないことなのです。

住民自治は選挙によって選ばれた地方自治体の首長が、責任を持って上級自治体や国と連携して行うものであり、その方法は法律と条令によるものであり、暴動やデモ隊が思うままに行うものではないと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 局内に支局があるNHKなどどうするのでしょうね | トップページ | 米国の民主党リベラルというのは「国民の命など政治の道具」としか考えてない人たちの集まりということになります »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31