無料ブログはココログ

« きわめて悪質な手口と言っていい | トップページ | 韓国人らが「慰安婦は売春婦だった」と言い出した »

2020年5月24日 (日)

支持者までクズの反日4野党と反日メディア

ーー以下ttensanブログ20/5/22より抜粋編集

黒川検事長が朝日新聞、産経新聞の記者らと賭博麻雀をやっていた。

それで黒川検事長が辞表を提出しました。

ーー

日テレNEWS@news24ntv

#立憲民主党 など、野党は政府に対し
実際に賭け麻雀が行われたのかどうか
きょう夕方までに国会に報告するよう求めました

報告がなければ、あす以降のすべての国会審議に応じない方針です

ーー引用ここまで

さすが、支持者までクズの反日4野党は、結局「審議拒否したいだけ」というのがよくわかります。

「夕方までに国会に報告がなければ、明日以降の審議は全ての審議を拒否する」

全ての審議を拒否する理由はなに?

ーー

さすが支持者までそろってクズの反日4野党ですね。

こんな連中に投票し続けている人達って、国難にあっても政局を作り出して与党に難癖をつけ、仕事をサボることが正しい事だと思ってる程度の人達でしょう。

そうでなければこんなクズ政党に投票し続けるなんて、まともな日本人ならありえない話ですからね。

ーー

反日メディアの記者達は、総理が昨夕に大阪などの緊急事態解除を発表した場で、コロナなんかどうでもいい、俺たちは政治の混乱を望むという状態でした。

「黒川について!定年延長がー!任命責任がー!検察庁法改正がー!」と、コロナに全く興味が無い。

ーー

反日メディアも反日野党も、散々「検察の独立性がー!」と言っていましたよね。

それが、「任命責任があるだろ!」とか、「早く黒川を処分しろ!」などと、もうなりふり構っていられない状態になっている。

「検察の独立性とか言ってなかった?」

ーー

この数年の反日野党とマスゴミの動きを見ると

・森友学園問題
→近畿財務局と大阪府の不始末。
なぜか安倍総理のせいにされて本丸の近財と大阪府の責任はうやむやに、維新の会も逃げ切り。

・加計学園問題
→民主党政権から始まっていた獣医学部誘致。
獣医師会との利権を守ろうとする文部科学省や族議員どもと朝日新聞が大騒ぎしてなぜか安倍総理のせいにされる。

問題をでっち上げた文部科学省や獣医師会、獣医師会の族議員は無傷で逃げ切り。

・桜を見る会
→歴代内閣がずっとやってきたこと。
そもそもギリギリの予算で運営していて参加者は交通費宿泊費自腹という状態。

「買収」をでっち上げるため「前夜祭の領収書だせや」⇒「領収書の現物」⇒難癖のネタが切れる

どこの世界に自腹を切らせる「買収」があるのか。

・黒川検事長をめぐるあれこれ。
→林真琴をなんとしても検事総長に出世させたい朝日新聞が話をでっち上げて仕掛ける。

ーー

黒川の定年延長を「検察庁法改正によって合法化させるのが目的」なんて、バカな考えから生まれたんですからね。

黒川の定年延長は1月の閣議決定です。

検察庁法22条に定年延長について書いていないから、書いていない部分については国家公務員法の建て付け通りに、国家公務員法を適用しましたというだけです。

ーー

ところが反日メディアと反日野党は無理矢理検察庁法改正法案を「アベトモの黒川の定年延長のための法案だ!」という話にしようとした。

まるで朝鮮人脳であるかのように「検察庁法改正案を通して後から法を遡及的に適用させるのが目的だ」と考えた。

ところがどのテレビ局も、この朝鮮人しか考え付かない遡及法の無茶苦茶さを指摘しなかった。

ーー

黒川との賭け麻雀の件では産経の大竹直樹、河合龍一、朝日新聞の大島大輔、という名前が出てきています。

が、地上波、新聞各社とも名前を徹底して伏せています。

しかも黒川を呼び出したのは新聞記者側で、場所は産経の大竹の自宅でした。

ーー

被害者の実名を明かせと京アニや京都府警に散々圧力をかけて、実名公表を迫ったメディアが今回の件では記者の名前を伏せている。

今回は「賭博」や「贈収賄」にあたり、刑事事件になりかねない案件で、当然実名報道ですよね、記者さん。

この事案から日本メディアの取材方法が明らかに取材対象と癒着して情報を得るというのがわかったわけです。

ーー

そしてその異常すぎる距離感によって、ときに恣意的な情報をわざとリークして癒着した取材対象の利益となるような誘導を行う。

時には今回の黒川のように売られる。

新聞社は情報源を使い捨てにするということだ。

ーー

各省庁の担当者と癒着関係を作り、都合よく情報を漏らすためにあえて施錠せず書類を持って行かせるとか、記者が取材対象と記者クラブの控え室で麻雀。

そんなことがあたりまえに行われる距離感は異常といわざるをえない。

ーー

そして今回の黒川の件では産経も朝日も右、左という表向きのスタンスの違いこそあれ、記者クラブ談合村の仲間として結託して動くことがはっきりしてしまいました。

賭博行為で黒川だけ処分され、朝日や産経の記者達は処分されないどころか各社が徹底して名前を伏せてかばっている状態です。

おかしいでしょう?

ーー

問題は週刊文春が黒川のことを記事にしたタイミングです。

週刊文春の校了は火曜日。

安倍総理が定年引き上げ法案の見送りを決定したのは月曜日です。

1、検察庁法改正法案反対ハッシュタグ水増し作戦で話題化させる
2、アベトモの黒川がーという根も葉もない噂話に注目させる
3、自民党に強行採決をさせる
4、文春が賭博の記事を出して、黒川を辞任に追い込む

つまり文春は、安倍が強行採決させたが安倍は黒川を切るしかなくなった!と世論を誘導したかった。

おそらくこういう段取りで安倍を悪人に仕立て上げるつもりだったのでしょう。

ーー

産経大竹記者が黒川を麻雀に呼び出したのは5月1日と5月13日。

国家公務員の定年引き上げ法案がはやければ14,15日あたりに採決されて翌週に参議院に送られるというタイミングに記事を出せるように
念入りに仕掛けていた。

しかしながら、安倍総理は自ら法案を見送る決定をしてしまった。

つまり4、自民党に強行採決させる、が頓挫してしまった。

ーー

週刊文春の校了が火曜ということを考えたらまだ「次の美味しいチャンス」を狙って引っ込める事ができるタイミングです。

ですが引っ込められませんでした。

ーー2020/5/21 共同通信

【安倍首相らの告発状提出 桜見る会前夜祭、公選法違反疑い】

安倍晋三首相主催の「桜を見る会」前夜に開かれた夕食会で、参加した有権者に飲食代を提供するなどしたとして、全国の弁護士や学者ら約660人が21日、公選法違反(寄付行為)と政治資金規正法違反の疑いで、首相と後援会幹部の計3人に対する告発状を東京地検に提出した。地検は受理するかどうか検討する。

弁護士らは「首相が説明責任を果たさず、数の力で真相究明と責任追及が阻まれるという憂うべき状況を打開するため、徹底的な捜査が必要だ」との声明を出した。

夕食会は2018年4月、都内のホテルニューオータニで開かれ、安倍首相の支援者ら約800人が参加、会費は1人5千円だった。

ーー引用ここまで

共同通信の記事では告発をした連中の代表者の名前が出ていませんが共産党自由法曹団宮城支部・小野寺義象です。

共産党らしくやたら数を集めて強調するいつものやり方なわけです。

先ほど書いた流れには、5、公選法違反の疑いで安倍首相らを告発、というのが入っていたと見るべきでしょう。

ーー

週刊文春は共産党の宣伝雑誌なので、1~5が一連の流れだったと考えられるのです。

ーー

産経が朝日と組んで黒川を呼び出して麻雀、文春は予定通りこれを記事にしたと。

告発までの流れがワンセットなので安倍総理が強行採決をせず法案を見送っても止めるわけにはいかなかったのでしょう。

ーー

今まではアベトモの黒川が安倍を守るために握りつぶしてきた。

安倍は保身のために黒川をなんとしても検事総長にしようとしたが、(俺たちが黒川の醜聞を作り上げたので)黒川失脚は免れない⇒もう安倍の逮捕は避けられない⇒安倍は自らの違法行為で失脚するのだ。

そういう印象操作までをワンセットにする流れだったのだろうと思います。

ーー

桜を見る会も前夜祭も違法性を証明するどころか安倍総理の主張を裏付ける領収書などが出てきたために反日クズ野党どもは追及の手段として使えなくなってしまった。

それであらためて森友を再び安倍叩きをするためのネタとするために週刊文春が赤木婦人の手記とやらを記事にしてきました。

が、直後に籠池夫妻が自分達が利用されていたということを自ら告白する動画を出してしまった。

すると反日メディアは籠池夫妻が出せなくなり、森友の件でも再び騒ごうとしたものの沈黙せざるをえない状況となりました。

ーー

安倍総理を攻撃するカードがなくなっていた。

ーー

せっかく武漢伝染病の自粛で国民にストレスが溜まっている状況で、国民の不満エネルギーを誘導して倒閣する絶好の機会なのに攻め手がない!

そこで作り上げられたシナリオが、1~5の段取りだったのでしょう。

朝日新聞も自分達がずっと癒着してきた林を検事総長にできる!

こうしてメディアとクズ4野党が結託して安倍おろしのシナリオが出来たのだろうと思います。

ーー

結局主張の右左関係なく、メディア談合村という既得権を守るためにも薄汚い策謀のために動いた記者達をメディア総出で守ってるんですよね。

ーー

だいたい、アベトモだのと言っていますが、黒川は2018年に安倍さんに5分ほど会っているだけで面会の回数も時間も林真琴の方が多い。

おまけに黒川はあの悪法「ヘイトスピーチ解消法」の成立のために調整役として動いた人間ですよ。

ーー同席してた記者達に会見させろよ_d0044584_13304402.jpg

これでアベトモとか無茶でしょう。

結局黒川は、林真琴を検事総長にしたい朝日新聞と、ついでに検察庁内のOBまで巻き込んだ人事争い、そこに、安倍内閣を倒したい反日メディアにいいように悪用されて使い捨てにされた。

そうそう、黒川の辞職を受理せず懲戒免職にしろとか反日勢力はほざいていますが、それって検察内の人事に内閣が介入することになりますよ。

こんなこともクズどもには理解できないんでしょうね?

« きわめて悪質な手口と言っていい | トップページ | 韓国人らが「慰安婦は売春婦だった」と言い出した »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>マスコミの阿部降ろし 黒川事件
私もこの事件では、無知蒙昧のアイドルで売って居る複数の芸能人が、「三権分立ガー」とか、似合わない事で騒いでいるので「どうせマスコミが、仕事を餌にして騒がせているんだろう」と、思って居たら、次期検事総長本命の黒川広務東京高検検事長が「賭博麻雀」が発覚して、辞職したのでびっくりした.

だって、裁判で犯罪者を訴追する立場の検事組織の幹部が「其れはないやろ―」と思って居たら、更に、一緒に卓を囲んだのが産経2人、朝日1人の、謂わば、呉越同舟と訊いて、二度びっくりしましたね。

それも、今回だけ,とかでは無く、この3年間に、数回やって板と言うカラ、常習賭博の可能性もある、賭け金は、、数千~万円程度で、驚く程の事では無いが、違法チ判って居て、いわば確信犯的に張っていたのには、呆れた、それに、マスコミ界と官僚界の関係って、一緒になって違法賭博を常態化する様な関係なのか?

その滅茶苦茶な常識は、一体、何時から、どうして容認される様になったのか?

戦後、食糧が不足して、配給制だったが、明らかに足りず、闇物資調達が当然だった時代に、頑として闇物資を口にしなかった為に、栄養失調で亡くなった検事が居たが、その秋霜烈日の心構えは、今や伝説・お伽話でしか、ありませんね。

一方のマス・メディアのほうも「単なる、お得意さんとの接待麻雀」と言う認識しか感じられず、固より、その違法性の認識は、限りなく希薄であった事が、記者クラブの控え室での賭麻雀が常態化している事で分る。

黒川さんの辞職は、謂わば、確信犯なので、辞職は「当然」で、全く同情の余地はないが、他の3人が、何のお咎もない と言うのでは、明らかに話が可笑しい。

マス・メディア従事者は、公的な職場ppで賭博行為をやって居ても咎められない特権でも、もっているのか?

この事件を、俯瞰するに「検事総長レースに邪魔な黒川さんを、マス・メディアが寄って集って、嵌めて辞職に追い込んだ」としか見え無い。

是は、マス・メディアが、芸能人を使って騒いでいたが、三権分立の侵害処か、総理大臣も手をつけない、検査庁内の人事に、何尾保五的権利も有さない、一民間の報道機関が、私益の為に悪辣な罠を用いて人事を歪めた事になるが、是は犯罪では無いのか?

「官僚を陥穽に落として辞職させる」と言う点では、是に似た様な事件が、最近起こって居る、財務官僚のトップの事務次官を,TV朝日の女性記者が女性上司の命令で事務次官と飲食店でデートしていた内容を、録音して週刊誌が暴いたもので、事務次官は、赤恥をかかされた上、任意辞職となった。

賭博行為に色仕掛けで、情報を引きだそうとする。 こうした高級官僚が置かれた俗悪な環境は、大幅に糺されるべきで有ろう。 官僚自身も、省庁横断的に、情報を共有化するなど、自己防衛態勢を、とらなければ、現状は、まるで杖井堀の故意の様な状況だろう、倫理もへったくれもない様に見える。

少なくとも、この事件の温床になったと思われる、記者クラブは全面廃止すべきで、メディア・スクラムと言う情報統制も、情報を商品と考えれば、当然、企業トラストで独占禁止法に抵触する事も考えられる。

何より、自身が絶叫する「報道の自由」を、自らが冒しているのは自明の理だろうカラ、断固、止めさせるべきですね。

まぁ、メディア・スクラムが成立する時点で、右も左もないとは、思っていたが、此処迄、村の利権化して居ては、躊躇わず独占禁止法を準用すべきだろう。

その上で、マス・メディア各社の株主の資格制限や国籍条項を厳格化すべきで有る、k魔の状態なら、国内の致命的に重要な情報も、国民に正確には伝わらない惧れが有る。

殊に、スパイ防止法すら無い日本では、公務員自身が盗諜行為をして居た事が発覚しても、公務員法違反で懲戒免職が精々だろうが、戦前は国家非常事態が15年も続いていた事もあって、最高刑は死刑である。

今更、戦前に戻せとまでは言わないが、せめて、国家機密レベルの情報を扱う高級官僚への罰則は、懲役・死刑を含む厳罰化を望みたいし、マスコミには、GHQが戦後、朝日新聞に対して行った様に発刊禁止処分を、免許事業で有るTVの停波処分も、遠慮呵責無く行うべきだろう。

>黒川検事長が朝日新聞、産経新聞の記者らと賭博麻雀をやっていた。
それで黒川検事長が辞表を提出しました。

これ、呆れる他なかったです。
賭け麻雀は犯罪ですので、検事長は警察に逮捕されても文句を言えないのですし、その後に地検の検事に起訴されて、裁判所で判決を受ければ良いのです。
それから、検事長はその判決を持って検事総長から、その後に対する命令を受ければ良いのです。

黒川検事長は刑法第23章・賭博及び富くじに関する罪、(賭博)第185条 賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭かけたにとどまるときは、この限りでない。に、該当します。また、国家公務員法については、第7節・服務(服務の根本基準)、(信用失墜行為の禁止)第九十九条 職員は、その官職の信用を傷つけ、又は官職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。(秘密を守る義務)第百条 職員は、職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後といえども同様とする。及び(私企業からの隔離)第百三条 職員は、商業、工業又は金融業その他営利を目的とする私企業(以下営利企業という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、又は自ら営利企業を営んではならない。
に抵触する恐れがあります。

また、朝日新聞及び産経新聞の記者には、(収賄、受託収賄及び事前収賄)第百九十七条 公務員が、その職務に関し、賄賂ろ を収受し、又はその要求若しくは約束をしたときは、五年以下の懲役に処する。この場合において、請託を受けたときは、七年以下の懲役に処する。刑法第23章・賭博及び富くじに関する罪、(賭博)第185条 賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭かけたにとどまるときは、この限りでない。に、抵触する恐れがあります。

なお、朝日・産経料新聞社の記者の場合、第197条又は第185条のいずれかが該当すると考えます。


しかし、賭博を行う輩を、国家機関である検察庁に出入り可能とすることにも問題があるのではないでしょうか。
このような輩が国家機関に自由に出入りできたり、また、この連中が国家機関にたむろするようなスペースを設けたりする必要は無いと思います(記者クラブは廃止すれば良いのです。)。

そして、賭博を行った新聞記者は、警察で犯罪行為を確認して、検察庁が起訴し、裁判所でこの犯罪性を判断していただきたいと思います。
新聞記者やマスコミの関係者は、社会正義を世の中に示して善悪を示しているのですから、相手の検事長だけではなく当の新聞記者の行為にも厳しくなければ、読者や視聴者から見捨てられる可能性があるのです。


黒川検事長は新聞記者達と麻雀をしてはなりませんでした。
するのなら、検事仲間と博打にならないように遊べば良かったのです。
他の仕事をしている人と遊びますと、どうしても仕事のことを喋ってしまいますし、それが国の法律に関することになりましたら、秘密を守る義務に掛かる可能性がありますから、職務に影響することを忘れてはならないと思います。

新聞記者は検事長となら、話をしているだけでプラスになりますから、誘われたら必ず誘いに乗るでしょうし、記者から誘って検事長が誘いに応じたらもうけとの感覚だったと思います。
ですから、賭博になろうが気にしなかったと考えます。
時に捕まることになるのも覚悟の上で、麻雀をしていたと思います。
(皆さん賢い人ばかりだから、法律に抵触することは知っていたと思います。)


そして、新聞社なのですが、これらの記者はそれぞれ新聞社に属しています。新聞記者が社会の公器というのなら、違法に賭博をしていた者を、今後官庁に派遣しないでいただきたい。
無法な取材を企んでいた者と考えるので、日本の官庁には迷惑なのです。

また、各官庁は違法な方法を使って取材するような記者を排除しなければなりません。従って、記者クラブは閉鎖するべきだと思います。

その代わりに、取材方法として1日に1回の取材を許可しては如何でしょうか。どこの官庁でも、玄関や庁舎の広くなっている部分を使って、定期的に記者全員を対象に取材に応じれば、どこの媒体にも平等に取材させることが出来ますし、オープンな場所であれば闇取材だと疑惑を持たれることがないと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« きわめて悪質な手口と言っていい | トップページ | 韓国人らが「慰安婦は売春婦だった」と言い出した »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31