無料ブログはココログ

« 北京共産党政府の香港に対する一国二制度の約束が崩壊する? | トップページ | 財務官僚も、武漢伝染病による緊急事態宣言の後の外出自粛による猛烈な経済の落ち込みを目にし、政府の経済対策に協力しだした »

2020年5月29日 (金)

この伝染病で金儲けをしようとしている人たちが存在する

武漢伝染病については、さまざまな議論があり、以下の「この伝染病で金儲けをしようとしている人たちが存在する」という話もその一つである。

世の中には日本人が考えつきもしないようなことを考える人たちがいるのである。

ーー以下「せと弘幸ブログ20/5/26」より抜粋編集

Dr.ジュディ・マイコヴィッツは我々の世代の最も熟達した科学者の一人であると呼ばれてきました。1991年の博士論文により、HIV/エイズ(エイズウィルス)の治療に革命を起こしました。そのキャリアの頂点で、Dr.マイコヴィッツは、『サイエンス』誌に破壊的な記事を出したのです。

物議を醸す記事が、科学界に激震をもたらしました。致命的な秘密を暴露したことにより、巨大製薬会社の子分たちがDr.マイコヴィッツに宣戦布告したのです。彼女の名声を破壊し、キャリアを破壊し、個人的生活をもです。(彼女は、無実の罪で何度も逮捕投獄されています)。

映画「プランデミック」我々の命、自由、健康を支配する計画:ジュディ・マイコヴィッツ より
・https://www.bitchute.com/video/aTSLR86irgBP/ (前篇)
・https://www.bitchute.com/video/iw1V6Q9Ldrtf/  (後篇) 

Q(インタビュアー):もし世界的にワクチンを強制すれば、想像するに、このような(ワクチンに投資したり、開発者でもないのに特許で儲けている)人間が数千億ドルを得ますよね、ワクチンで。

M(Dr.マイコヴィッツ):現在のところ、いかなるRNAウィルスに効くワクチンもスケジュールにはないのです。

Q:お聞きしますが、あなたは反ワクチンですか?

M:まったく違います。事実として、ワクチンとは免疫治療なのです。ちょうどインターフェロンアルファと同じように。ですから私は反ワクチンではありません。私の仕事は免疫治療を確立することです。それがワクチンのやることです。

ーー

Q:あなたは新型コロナウィルス(COVID-19)は研究所で造られたものだと思いますか?

M:造る(create)という言葉は使いません。しかしもしそれが研究所経由であれば、自然発生とも言えません。ですから非常に明らかですが、このウィルスは操作されたものであり、このウィルス属が操作されており、研究所で研究されたのです。動物が研究所に持ち込まれ、そして放たれたのです。

故意であろうがなかろうが。これは自然発生ではあり得ません。ウィルスは直接人間に感染しません。なのでこれは加速されたウィルス進化です。このような進化が自然に起こるためには800年かかります。これはSARS-1から起こりました。10年以内にです。これは自然発生ではあり得ません。

ーー

M:(死亡したひとが)コロナの検査をせず、感染の証拠もなければ、COVID-19(による死亡)とされるのです。このことに怒った医師や看護師から聞いています。

Q:多くの医師たちが、ビデオを作り(ネット上に配信しています)。彼らはCDC(米疾病予防管理センター)が指示する手続きに当惑しているのです。

医師B:死亡報告書を書くときに「(死因を)COVID-19と書け」と圧力をかけられると言うんです。何故でしょう?なぜCOVID-19と書けと圧力を受けるのでしょう?(COVID-19での死亡者の)数を増やして、少し悪く見せるように?そう思います。

Q:なぜCDCは、死亡数をCOVID-19の方に捻じ曲げるのでしょう?

医師A:(恐怖は)人々を支配する最大の方法ですからね。時に人々は、恐れすぎると自分で考える能力が麻痺してしまいます。私は人々にそうあってほしくありません。人々にはこう言って欲しいのです、乗り越えられる、頭を使おうと。別の情報ソースを見よう、別のソースを聞こう、自分で考えようと。なぜならそれがアメリカだからです。

ーー

M:メディケアで(患者を)COVID-19感染者と呼べば1万3000ドルです。

(ナレーション;COVID-19での入院を受け入れた場合、1万3000ドルが支払われます。COVID-19患者が人工呼吸器にかけられた場合にはその三倍です)

医師C:すべてが意味をなしていません。私の診た患者、治療しようとした肺を見て、我々は真実ではない医療パラダイムの下に(医療行為を)やっていると信じるようになりました。この誤った治療は、巨大な数の人々に短い期間に大きな害を及ぼすと思います。

ーー

Q:次の質問はイタリアです。なぜイタリアではこれほど大きくなったのでしょうか?

M:イタリアは高齢化率が非常に高いのです。そして彼らは炎症性疾患がひどいのです。(なぜなら)彼らは2019年初めに、未テストの新しいインフルエンザワクチンを受けました。(このワクチンには)インフルの異なる4つの菌株が入っています。この中には非常に病原性の高いH1N1(豚インフルエンザ)も入っています。このワクチンの培養は、犬の細胞株で培養されました。犬には多くのコロナウィルスがいます。

(ナレーション:国に最悪のコロナウィルス流行が起こる中、一つの疑問が残ります。ヒドロキシクロロキン(クロロキン)は(註1)はどうなったのでしょう?)

医師D:ヒドロキシクロロキンと亜鉛は、素晴らしく患者に効くのです。そこにファウチ長官(註2)がやってきて、「ダメだ、二重盲検コントロールプラシーボ研究をしないと」と(註3)。ところでDr.ファウチよ、お前のワクチンには、二重盲検コントロールプラシーボ研究をするのか?したことがあるのか?

(ナレーション:調査では三十カ国の医師2300人が、ヒドロキシクロロキンはこのウィルスに最も効果的な薬であると言っています)

ーー

M:米国医師会AMAが言うには、「マラリア用であるヒドロキシクロロキンを使えば医師免許をはく奪する」と。これ(クロロキン)は世界中で70年の間不可欠な薬だったのです。Dr.ファウチはこれを「裏付けの乏しいデータ」と言いました。(クロロキンは)1回50セントです。千人の人々を1日2回で7日間守れるのです。1600ドルですよ。これが行われないのです。これは必須の薬剤なのに、人々から遠ざけられているのです。今回ばかりではありません。(安価で有用な薬品)をみんなから取り上げているのです。命を救えないのです、やろうとしても。(患者の命を救うために)何でもやりたいのです。.薬を取り上げるのはWHOだけではないのです。FDA(アメリカ食品医薬局)(註4)もCDC(疫病予防管理センター)もDr.ファウチもです。それで病気を終わらせれば、健康な世界を取り戻せたのです。そして莫大なお金もです。
なぜなら彼等が(医薬品の)特許で儲けているお金を、犠牲者にあげられるからです、この腐敗疫病の犠牲者です。

ーー

Q:特許にできないものは何であれ、意図的にシャットダウンされると言っても構わないでしょうか?こういった自然薬、常にあるものからは儲けられないからですね。

M:そのとおりです。それがCOVID-19においてまさに起こっていることです。このゲームは治療を避けることです。全員が感染するまでです。インフルワクチンによってCOVID-19の感染率が36%高くなることを知りながらワクチンが推薦されます。

Q:そのデータはどこから?

M:昨年発行されたもの(註5)からです。軍隊でインフルワクチン接種が行われたのですが、よりコロナウィルスに感染しやすかったのです。コロナウィルスはすべての動物にいます。ですからインフルワクチンを受けると、コロナウィルスを注射されることになります。そしてマスクをするのです。

ーー

医師B:それは意味をなしません。守るために 緊急用にマスクをつけますね。でも我々はマスクをつけていません。なぜでしょう。微生物学、免疫学を理解しているからです。強い免疫システムが欲しいのです。我々の免疫システムは「触ること」です。バクテリアをシェアするのです。ブドウ球菌、連鎖球菌、バクテリア、ウィルスをシェアするのです。それにより毎日免疫反応を育てるのです。これ(接触することで免疫を高めること)を私から取り除くと、私の免疫システムは下がります。家に閉じこもると免疫が下がります。数か月も閉じ込めると、もっと下がります。

医師F:免疫不全ではなく、高齢者でもないなら、手袋とマスクなしで外に出るべきです。全員にマスクと手袋が必要とは思いません。なぜならそれが細菌叢(バクテリア・フローラ)を減らすからです。細菌叢によって社会との接触ができなくなるわけではありません。細菌叢やウィルスは我々の友人なのです。他の病気から我々を守っているのです。(病気を)追い払っているのです。でなければ日和見感染しやすくなります。良い虫が自分のために戦ってくれないための感染です。

医師B:我々が全員閉じこもり、免疫システムを低下させた後に、(外出して)ウィルスやバクテリアを交換し出すとどうなりますか?病気が急上昇です。

医師F:それは保証できますね、(外界との接触をさけて免疫が低下した後に)再びオープンにすると巨大な数の病気が出てきます。蔓延するでしょう。

医師B:我々の免疫システムの構成要素は、ウィルスとバクテリアなのです。

ーー

M:マスクをつけるのは、実際に自身のウィルスを活性化します。自分のコロナウィルスを活性化して病気になるのです。それがSARS-COVID-19でも起こります。大きな問題です。

ーー

Q:我々がまるで逆のことをやっていると指摘したウィルス学者はあなたが最初ではありませんね。つまり(接触を避けるのではなく、むしろ接触によって)このウィルスに対する免疫を作るべきだ、という指摘です。

M:なぜビーチをクローズするのでしょう?土や砂からシークエンスを得るんですよ?海や海水から治療的な微生物を得るんですよ?

Q:しかし(連中は)見事な仕事をしていますね、大衆を操作するという。他人をシャットダウンしているのです。そして巨大IT企業がそれに従い、すべて(目障りな情報)をシャットダウンし、もはや反対の声は許されません、この自由の国で。今まで生きてきた中で(ここまでの情報統制を)見たことがありませんでした。

M:私もです、ただし2011年以降経験したことを除けばです。私の理解を超えています。なぜ社会がこれほどまでに騙されるのでしょう。そのようなタイプのプロパガンダが続いているからです。我々を互いにヘイトし合あわせるようなものです。(情報統制を行っている連中は彼らにとって不都合な)このような情報番組をすべて削除しているのです。望むべくは今回のことが全米国民の”目覚まし”になることです。でも医師たちが目覚め、言い始めているのです、「ちょっと待てよ」と。これは私にとってよいニュースです。

ーー

医師D:(この動画を見ている)お前ら、医師であるお前ら、今これを見ていたら、なぜ声を出さない?自由と家族を守り、自分の人生をどうするかを決める権利を守り。。。ただ驚いているよ。驚きの理由は、なぜ俺のような医師が出てこない?我々は結束する必要があるんだ。お前は目覚めなければならない。自らの自由が取り上げられようとしているんだぞ?その理由はフェイクニュースだ。これは間違っている。この連中は刑務所に行くべきだ。

M:40年以上にわたり、彼ら(医師や研究者たち)は、いいなりで支配されてきたのです。資金提供し、出版してくれるものに。こう言いたくはありませんが、多くのひとたちが単純に金をもらい、名声を得て、完全な間違いを支持してきたのです。

ーー

Q:医療プロに言いたいことは?自分がミスリードされてきたことを。そして害を為さぬという医師としての宣誓から外れたことを。

M:(自分を責めている人たちは)自分を許してあげてください(と言いたいです)。我々医師は皆実感するのが最も難しいことなのです。ベストの意図をもって我々は研究し、学んだのです。真実と思ったことを。真実だと言われたデータがそうではなかったことを知らなかったのです。

我々が学校で教えられてきたことは、まったく違う科学でした。その通りに従わないと、資金も得られません。論文公開もできないのです。科学ジャーナルが発見を捻じ曲げてしまうのです。皆を治癒するはずだったものを。我々科学コミュニティは疑問に答える勇気を持たねばなりません。ですから刑務所から出てきて以後、教育の会社を作ったのです。医師たちを目覚めさせていますが、これが非常に難しい。

しかし自身が問題の一部かもしれないと気がついたすべての医師は、今では方向を変えてよりよい社会に向かっています。そして医療の約束への信頼を復活させようと。それしかできませんから。

Q:Dr.マイコヴィッツ。お時間をありがとうございました。ご一緒できて本当に光栄でした。特にあなたの勇気に。

ーー

註1)日本のマスメディアは「レムデジビルはトランプ大統領が推奨している」と報じたが、そのような事実は確認されていない。トランプ大統領はコロナ治療薬としてクロロキンを推奨し、自らもコロナ予防に服用していることを公言しているが、インタビューの中にあるように、クロロキンの薬事承認を妨げている一大勢力がいる。

註2)トランプ大統領の批判者として日本のメディアにも度々登場するDr.アンソニー・ファウチはアメリカの医師、免疫学者。アメリカ国立アレルギー感染症研究所所長。ホワイトハウス新型コロナウィルスCOVID-19対策タスクフォースのメンバーの一人だが、人造ウィルス説を否定、トランプ大統領のロックダウン解除・経済社会活動再開にも反対して対立していると報じられている。

註3)Dr.ファウチがクロロキンを否定したのと同じ理由(二重盲検コントロールプラシーボの治験がない)で、ニューヨークタイムズ紙はアビガンを否定している(以下の【参考記事・動画】を参照)

註4)2020年3月、FDA(アメリカ食品医薬品局)はレムデジビルを希少疾病用医薬品として承認した。希少疾病用医薬品に認定されると、7年間の製造独占権を得ることができる。

註5)Greg G, Wolff,Influenza vaccination and respiratory virus interference among Department of Defense personnel during the 2017-2018 influenza season.

« 北京共産党政府の香港に対する一国二制度の約束が崩壊する? | トップページ | 財務官僚も、武漢伝染病による緊急事態宣言の後の外出自粛による猛烈な経済の落ち込みを目にし、政府の経済対策に協力しだした »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あまりにも重い内容なのか?ドナタも書かれませんね。
こんな話は良く目にするし他で読んだ記憶も沢山有ります。event201とID2020それと2019年のミニタリーワールドはセットで目にします。

今回のコロナウイルス騒動は作られたものなのか?それとも偶々なんだけど乗っかって行っちゃおう?なのか。見ているだけでは解りませんね。でも彼女がCDCやファルチを非難するように、日本もレムデシベルが承認されて未だに富山化学工業のアビガンが承認されないし、有識者成る人ともファルチと同じ事を宣ってましたね(笑)

今現在世界のお悩みは
◯新型コロナウイルス
◯サバクトビバッタ
◯異常気象による様々な災害

が困ったことなのですが、アメリカやイタリアではコロナウイルスじゃなくてもコロナウイルスで亡くなった事にされているなら少しは安心出来そう(笑)


>縦椅子様 ソロです。
このお題に確かに金曜日にコメントを入れて、保存して居た筈なのに、投稿したコメントも、私が保存したコメントも消えています。

マァ、私は未だOSに、Windows 7 を使って居ますから、その所為ですよ、とは、パソコンショップの店員の話ですが、商売半分でしょうから、実態を知りたいのですが、商売抜きで教えてくれる人が居ないだろうかとww

まぁ、OSを10に更新すれば良い話なんですけどね、何と無く気持ちが良く無い。

コメントは、書き直して、なるべく本日中に再投稿します。

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>医学と医療を乖離させるもの
このジェーン・マイコヴィッツ博士は、HIVの第一線の研究者だけあって、指摘されて居る事は、医学素人の私でも、即時に理解できる免疫学の基礎的なもので、一読した時に製薬大手会社からスポイルされただけで無く、陥穽に堕とされて監獄にさえ送られた、とありました。

すると余程、彼女が書いた論文の内容が製薬会社に取って、都合の悪いものだった事、想像に難くない、おそらく、彼女の表現の示唆する事が、製薬会社に取って致命的な事実だったのでは無いかと、想像を逞しくさせられますね。ww

是も、おそらくは、DS勢力の一味の為し事でしょう、それが証拠に、反DS勢力のトランプ大統領は、つい最近まで博士推奨の廉価な(@50セント)クロロキンと言う薬を常用し、博士が云う様に、マスクを着用して居ませんね。

これを米国の公的機関であるCDCを始めとした国民の安全衛生を預かる関係者がそりって、DS勢力の手先の様ですカラ、米国の闇は、限りなく深いですね。 想像したら寒気がしました。

日本の場合、反安倍、否、反国民の朝日新聞が、緊急事態宣言の当初に「実は、屋外にマスクなしで出る方が体に良い」とか言っていましたが、「例え、それが真実だったとしても、緊急事態の今は、リーダーの指示通りに「外出を控えて、出来るだけ『密』を創らない様にしよう」と、素直に思いましたね。

朝日がこの発言に固執しなかったのは、端に、安倍さんのリーダーシップを攪乱してやろうと言う、悪意が見え過ぎて居たからで、きっと、もっと効果的な攪乱のチャンスがあるだろうと思っていたのでしょう、で、「パンデミックが起って居るNYは、2週間後の東京も姿だ」ですか?www

まぁ、それは兎も角、現状は、所謂、予想した様に「第二波」の襲来ですが、感染が報告されている裡に、外国人の成分がどれ程あるのか? 亦、流行り始めたのは、S型かL型か? 感染経路が特定出来ない理由は? と我々市井のものが今迄に得た知見だけでも、満足させる事が出来ないマスコミの貧弱な報道内容なので、増々、マスコミの支持率は下がる一方です用わまってますか?。

最下位を争って居る、TBS、ABC、NHKが繰り出す「専門」解説者の解説内容のレネベルは一向に上がって来ませんね。 余程本当の事を言われると都合が悪いのでしょうね。

でもね、もぅ、ゥマスコミが、本当の事を言わなくても国民は誰も驚きませんって、今更、心を入れ替えました、とか、メディア・スクラムなんて止めますとか、云っても、誰も信じませんよ、シナ・韓国の国家崩壊と、軌を同じくして、消滅して下さい。あなた方の嘘情報は、モゥ不要です。

世界中で医学と医療を乖離させて居るもの、それは、金儲け主義の製薬会社と、その手先のマスコミで有る事は、この現状を
一般人が知って、俯瞰したら直ぐに解る事でしょう、製薬会社には、人類の不安で金儲けをする、悪意しかないのだなとね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北京共産党政府の香港に対する一国二制度の約束が崩壊する? | トップページ | 財務官僚も、武漢伝染病による緊急事態宣言の後の外出自粛による猛烈な経済の落ち込みを目にし、政府の経済対策に協力しだした »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31