無料ブログはココログ

« アベノマスクにケチをつけている蓮舫、伝染病の世界的権威の意見を聞こうとせず患者はもっと多いはずと絶叫する陳(福山哲郎)など | トップページ | カナダ政界を襲った奇病 »

2020年5月18日 (月)

経済が厳しくなるたびに現金給付を主張する政治家を国民が好めば、その国の将来はそれほど明るくはないだろう

ーー以下newsus20/5/15より抜粋編集

IMFの韓国人アジア太平洋局長が韓国に重大な警告をした。

ーー5/15(金) 9:12配信 中央日報日本語版

「韓国、現金給付に依存するな」…IMFから警告(1)

「経済が厳しくなるたびに現金給付を主張する政治家を国民が好めば、わが国の将来はそれほど明るくはないだろう」

李昌ヨン(イ・チャンヨン)国際通貨基金(IMF)アジア太平洋局長は中央日報のインタビューで、全国民を対象にした韓国政府の災難支援金支援に懸念を表した。

李局長は韓国政府の新型コロナウイルス感染症政策対応に関し、防疫とマクロ対策処方はよかったが、先進国の対策についていくのは問題があると警告した。

韓国は国際通貨を印刷する先進国ではないだけに、政策の優先順位を明確に決める必要があると述べた。

ーー

李局長は政府と国際金融機関で勤務し、経済政策に精通した経済学者として知られている。

インタビューは11日と14日に電話で行い、電子メールなどで補完した。

IMFは先月初めの年次総会で2020年の成長率を世界-3%、アジア0%、韓国-1.2%と予測した。

ーー

(1カ月が経過したが、変化したことはあるか)

「先月はあまりにも悲観的な見方だという声を聞いた。アジアはIMFが国際統計を収集し始めた1960年以降0%成長をしたことがなく、韓国は通貨危機当時の1998年(-5.1%)以降、初めて経済が後退しただけに、そのような意見が出てくるだろう。しかし4月末までに発表された1-3月期の資料と4月の米国失業率が14.7%に急増したのをみると、IMFの見通しはむしろ楽観的だと判断される」

(さらに悪化するということか)

「昨年10-12月期に比べて今年1-3月期は米国は-1.2%、欧州は-3.8%、中国は-9.8%、韓国は-1.4%の成長だった。米国と欧州の1-3月期の成長率が予想より低く、今年の予測値(米国は-5.9%、ユーロ圏は-7.5%)はさらに下がるかもしれない」

(なぜか)

「米国と欧州での新型コロナ拡大とそれによる封鎖政策の効果が4月の予測値には十分に反映されなかったからだ。米国・欧州の状況が予想より深刻化し、封鎖政策もまだ緩和の見通しが不確かだ。各国が前例のない通貨・財政政策で危機をしのいでいるが、ワクチンや治療薬が開発されるまで心理的に『社会的距離』が続き、人々の移動が制限されるだろう。財政・通貨政策だけで実物経済、特に消費の沈滞を防ぐのは難しいはずだ」

(韓国も4月の見通しは良くないのか)

「今後、国内の状況が改善しても、海外の景気沈滞が4-6月期以降悪化することが確実であり、韓国と中国も経済成長率がさらに低下する可能性が高い」

(経済見通しが悲観的だが、株価や金利はかなり回復した。金融市場はなぜ実物経済の見通しと異なるのか)

「主要国が前例のない規模の通貨・財政政策で市場に流動性を十分に供給しているからだ。4月初めまでにG20(20カ国・地域)が発表した純粋な財政政策規模はGDP比3.5%であり、ずっと増加している。2009年のグローバル金融危機当時のG20の財政政策規模は2.1%だった。さらに融資、資本拡充、保証などを加えると、主要国のGDP比の浮揚政策規模は4月末現在、米国は15%、日本は18%、ドイツは34%にのぼる。韓国は12%程度だ」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200515-00000008-cnippou-kr

ーー

アジア太平洋局長は、同胞に対してIMFの客観的な視点で厳しく答えている。

韓国は先進国でもないのに通貨を刷りまくるのはどうなのかという言葉は中央日報にとっては衝撃(ショッキング)だろうね。

ーー

韓国は先進国認定されない方が、他の国を助ける事を求められないから、良いです。

ーー

韓国は先進国だと自称する癖に、日本に助けてもらおうとするからな。

先進国らしく被害を与えたインドにきちんと賠償しろと言いたい。

ーー

同胞に対して質問しているという意識が、問い詰める感じになっていますね。

ーー

韓国は防疫に成功したのになぜだ?
なぜ経済が落ち込むんだ?

と胸ぐらでも掴みそうな勢いで聞きまくってる。

中央日報としては6月には米国からのドル建て借金返済のために経済回復しないと困るので必死なんだろう。

ーー

武漢伝染病で、ヒト・モノ・カネの動きが止められてしまった。

都市封鎖はまさにそれだ。

それで都市封鎖が解除されれば元に戻るのかというのが大切なところだ。

日本で例えば、緊急事態宣言が解除されたとして、もと通り外出したいと思う人がどれだけいるか?

ーー

散歩や運動で外出するくらいならします。

でも、遊園地とか映画館やコンサートなど、密閉・密集・密接を自分からしようとは思わない。

近所のスーパーに買い物に行って、自宅で食事をし、買ってきたお菓子を食べて終わりでいいです。

ーー

それでは世の中の経済は回らない。

俺の場合コロナ前では1日10回以上決済することも普通だったが、コロナ後では3日に1回程度3~4回の決済だけという状態が増えている。

当然外食もせず、必要な物だけを買ってそのまま帰宅だ。

ーー

普通の大人って、どんなお金の使い方をするんですか?

ーー

まず旅行しなくなるね。

旅行すると、通常観光地のレストランで食事をし、入場料を払い遊んで、みやげを買う。

それに、交通費がいる。

それからデート、これには映画やコンサート、クラブ、レストラン、ホテル、タクシーなどの支払いが生じる。

あとはデートのための必要経費として、高級化粧品、高級ブランド品、高級車なんてのも要る。

世界中の人達がこれらを我慢するとどうなるか?という話だ。

ーー

人間って、生きるだけならカンタンですよね?

ご飯を食べて、シャワーを浴びて、寝るだけでも生きられます。

ーー

発展途上国ならまだしも、先進国であれば衣食住が最低限満たせるだけの必要経費は、相当安くなる。

家族持ちの場合は養育費などが別にかかるが、独身であれば月10万円もあれば死ぬことはないだろう。

つまり、経済規模が大きく落ち込む、これがコロナ後(Beyond Corona)の問題だね。

ーー

このIMFの人が言っているのは、そういう意味なんですか?

ーー

米欧では都市封鎖したが、効果が出ているかどうかが分からず、ドイツに至っては感染者が減ったので規制を緩めると再感染爆発の様相を呈した。

そういう状況では必然的に封鎖を続けざるを得ず、人と人の距離を近付ける試みこそが異常だという風になっていく。

ーー

じゃあ、これまで密集(人を集めること)に経済的価値を認めていたのが、密集は危険だという風に価値観が入れ替わってしまうんですね。

これから先、人類は、衰退していくんではないでしょうか。

ーー

コロナ後(Beyond Corona)韓国はどうなつてしまうのか。

ーー中央日報の記事の続き

(グローバル化の後退を話す人が多い)

「中国が『世界の工場』である時代は早期に終わるだろう。その間、グローバルサプライチェーンの恩恵を大きく受け、製造業中心の輸出に依存しながら発展してきた韓国経済の成長モデルがもう限界に達した。特に今後、米中貿易問題が深刻化すれば、中国への国際貿易依存度が高い韓国に与えるマイナスの影響がさらに大きくなるだろう。」

「今回の危機過程で新事業分野は善戦している。ところが情報技術(IT)強国の韓国で、世界的によく売れるテレワーク(遠隔勤務)ソフトウェアで頭角を現す企業はなぜないのだろうか。規制と文化的な違い(対面報告優先)のためこのような市場を必要とすることもなかったし、発展させることもなかったからだ。」

「セキュリティーリスクを最小化する技術革新に進むより、事故の発生を根本から遮断して責任を取ろうとしない官僚的な発想が依然として主流だ。」

「今後の成長産業は、過去に韓国が得意にしてきた輸出中心の製造業ではないだろう。高付加価値サービス業が発展するよう規制を緩和し、企業家が新しい産業にリスク投資できる土壌を築かなければいけない。そうしてこそ世界経済の浮沈に一喜一憂する過去の経済構造から抜け出すことができる。同質の有能な製造業労働者を大量生産した我々の教育制度も変わる時になった」

ーーここまで抜粋引用

これに関連する話として、米国では逆にオフィスが必要という論調が出てきている。

営業やカスタマーサービスなどの顧客業務はほぼ大半を米国外にアウトソースできているが、高度なソフトウェア開発には依然として密接なコミュニケーションが必要になるからというのが理由だ。

俺はエンジニアに1人1室与えるようなオフィスがいいと思う。

ーー

それって、グーグルさんしかムリなのでは?

日本では、ムリだと思います・・・。

ーー

日本の場合は学校のクラスがそのままオフィスになってるようなケースが多いから、一部の若い企業を除いてオフィス文化は続くと思う。

俺が言ってるのは米欧、主に米国での話だ。

こういう話は止まらなくなるからそろそろネットユーザーの反応を見てくれ。

ーー

まとめました!
・この局長は自国を冷静に見て話しています(GTさん)
・今のウォン安では燃料や部品輸入業は大打撃でしょうね(GYさん)
・IMFは介入しないのだから、警告してるんでしょうね(さん)
・優秀な大統領がいるから何の問題もありません(WNさん)
・先進国と比べたら、異常に国民の債務が多いです(XDさん)

ーー

危機に直面するといつも自国内で争いだす、ちょうど蓮舫や陳が国会で騒いでいるように。

だから朝鮮半島には李氏朝鮮(北朝鮮)のような体制しか無理なんだろうと思う。

これまで韓国人は、大日本帝国の法体系や社会制度をそのままごまかしながら使ってきたが、それは日本人でなければ運営できないものだった。

だから、真似てはみたものの、中途半端な形でしか運営できなかった。

日本の助けがあって経済もでかくなり、日本が手を引くともう朝鮮人の手では扱えないほどの規模になっていた。

そこを武漢伝染病が襲ったため、お手上げ状態になっているというのが韓国の現状だろうな。

韓国人が日本製品の不買運動をしても日本経済はびくともしなかったわけだから、日本は「助けず、教えず、関わらず」で対処していけばよいことになる。

« アベノマスクにケチをつけている蓮舫、伝染病の世界的権威の意見を聞こうとせず患者はもっと多いはずと絶叫する陳(福山哲郎)など | トップページ | カナダ政界を襲った奇病 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>韓国の終焉 6 経済衰退の分析
この分析を行った李IMF局長の視点は、すこぶる客観的で、IMFの見解として、厳しい世界基準を満足させるものだろう

彼が挙げた、「韓国の失敗」の中で、特に目を惹いたのが「大日本帝国時代の公的制度の継承」だろう。

つまり、法治屋議会制民主主義といった、きんだい国家としての要件を、今迄、自分で運用した事が無かったのに、望んでもいなかった国家を建てると言うカラ、「取り敢えず、格好だけ」継承した。

然し憲法は、条文を暗記して居るダケでその意味も全く分かって居無かったから、危機に際しては、応用が効かない為に、古の李氏朝鮮時代の社会常識に頼らざるを得無かった。 そして、何よりも先ず、国家・国民一体となるに必要な「国体の存在」が、何処にも無かった事だろう。

これを、李局長は、「日本人にしか出来ない事をやろうとした」から犯した間違いとして挙げて居るが、冷静で理性的な見解だと思う。

何故なら、朝鮮民族と日本民族とでは、その国の形立ちや民族構成、そして、現状に至る迄に要した時間がまるで違うカラです

朝鮮民族と言う名前は、15世紀末~16世紀に成立したシナ王朝、明の洪武帝から、下賜された名前で、決して、古代の2つの朝鮮王朝の復活ではない事は明らかであるから、その構成の実態は、判って居るダケでも6つの外来の異民族と、半島原住民とも言うべき海人族であった。

外来の異民族「=侵略者」が武力で制圧した国は、世界中何処でもそうで有る様に、食糧生産者の農耕民は、最下と層に追いやられ、奴隷同然に扱われる、そして差別社会で、収奪と弾圧の時代が始まる。

この状態が514年も続いたのが李氏朝鮮王朝なのですカラ、イキナリ、日本の近代国家の制度を継承しても、猫に小判、豚に真珠、猿に金冠の例えの如く、日本の指導無しには、全く使いこなせなかった。

更に、社会の急速な近代化に着いて行けなかった、旧両班層矢王族は、収入源であった米の価格が、その大増産に拠って暴落したから、是を、支配層に対する攻撃と位置づけた。 彼らに取って、社会の近代化は、迷惑以外の何物でも無かったわけだ。

李局長が挙げる、韓国の数字を見れば、他の国と比べれば遥かにマシで、其処に危機など存在して居ないか、の様に見える。

然し、局長は続けて「韓国が高度に依存して居る、シナ経済には、将来が無い」事っを指摘して、この先の更なる悪化を予測している、ダカラ「国民に、給付金を配る事を主張する政治家を信用してハイケナイ」と、警鐘を鳴らして居るのだろう。

なるほど、愛国心を持つ韓国人の目からなら、そう言う見方になるのかな、と思いますが、肝心な視点が抜けて居るのではないか、それは、「反日」と言う病の弊害が齎した「不幸」についてであろう。

韓国人は異様な程にプライドが高い様に見えるが、それは、社会構造が、極度の階層間差別社会だからで、一旦、相手の風下に立つと、相手が零落するまで、その順位が変わらないと言うのが、彼らの常識で有る。 だから、勝つ為には、ルール遵守は二の次になる。

然し、国際の場ではルール優先なのだから、韓国人が切ら割れるのは、寧ろ、当然だろう。

然し、そう言った「勝負に拘り過ぎる面」は、白人文明も持って居る特徴の一つだから、大っ平には批判されなかったが、これが抜き難いコンプレックスの反動から「格下国」と思いたい日本相手となると、異様な興奮をし始める。

その病気を最大限、抽き出して利用したのが、文在寅大統領だろう。

彼は、歴代大統領も自身の失政から、国民の批判を逸す為に、多用しているが、ある一定の線を護って居た様に思う。

それは、「対日以外の国との関係の影響を与える事はしない」「基本的に、米国を日韓双方の宗主国として、扱う」「だから、基本線はかんこくじゃにしがわの国家で有る」でしたが、これを次々と破り、日本を呆れさせた。

挙句に、国際的法慣習である「国家間条約で、解決済みになった事は蒸し返さない」という常識を蹂み躙って、過去の日韓の間で結ばれた、あらゆる条約を見直す行為に出たから、日本側がついに、日韓関係を断絶する事を決心したのでしたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アベノマスクにケチをつけている蓮舫、伝染病の世界的権威の意見を聞こうとせず患者はもっと多いはずと絶叫する陳(福山哲郎)など | トップページ | カナダ政界を襲った奇病 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31