無料ブログはココログ

« そうなると、K防疫が崩壊します! | トップページ | 武漢伝染病に対して、非常に重要な発見をしつつあった研究者を殺害し、流行の第二波に注意せよといい経済破綻を誘導するメディア? »

2020年5月13日 (水)

男性の側から結婚を幸せなものにするための秘訣

ーー以下「大紀元時報20/5/5」より抜粋編集

米国ブラウン大学教授、精神病学専門家のスコット・ホルツマン氏は新書「結婚を幸せなものにするための秘訣」を書いた。

ホルツマン氏は、長期にわたり結婚について研究し、この新著で、男性が結婚生活を成功させ保持する秘訣を述べた。

ーー

一般的な婚姻治療カウンセリングでは、男性に対してもっと自分の気持ちを妻に話し、妻の気持ちを理解してあげるなどのアドバイスによって、男性をより女性化にする方法を取っている。

しかし、この方法は失敗に終わるという。

というのも、男女には、性差による脳の構造の違いがあるからだ。

ーー

女性は精神的な交流を重視し、男性は実際の行動を重視する。

例えば、女性は事の具体的な内容および心情をよく記憶しているのに対して、男性の場合は、ベランダのサイズなど実際的なことをよく記憶している。

それは、男性の場合は、大脳皮質を使っており、女性は大脳視床下部を使うからだという。

ーー

氏は、男性たちに対して、結婚生活を円満に保つための秘訣として8項を挙げた。

1.結婚を仕事と見なす

男性は普通、仕事に対してはとてもまじめに取り組むことができるものだ。

仕事に取り組む気持ちや方法を結婚生活に応用するとよい。

愛、尊重、感情と肉体上の忠誠、
先入観なしに耳を傾ける、
妻が提案した計画を支持する、
妻は異なる状態に置かれていることを理解しようとする、

如何なるときでも誠実であり、約束を守る、
子供の面倒および家事を分担する、
恋愛していた当時と同様にユーモラスで楽しい雰囲気を作る、
妻に関心を寄せ、常に愛情にあふれていること。

これらは長期にわたる仕事であり、その報酬は幸せである。

ーー

2.妻を理解する

妻のことはよく理解していると思っていても、実際、妻のことはあまり気にしていない。

時間をかけて妻のことを理解しようと努力すること。

ーー

3.すぐに帰宅する

多くの男性は早く家へ帰りたくない。

しかし、結婚生活を成功さすためには、妻と共に費やす時間を確保することが必要。

ーー

4.突如の出来事を予測し、対処する心構えが必要

いざこざは不可抗力であるが、それを意識することでうまく扱える(コントロールできる)ようになる。

いざこざを解決する方法は、喧嘩をし続けることではない、解決するのだと決意しあらゆる知恵を振り絞るのだ。

その際、感情に支配され激怒に身を任せると良い知恵が出ない、冷静になるために何が問題なのかを箇条書きにしてみるとよい。

ーー

5.耳を傾けること

男性は相手の話を聞くことより、実際に行動する傾向が多い。

しかし、相手が何を考えているのかが聞き出せれば、相手を理解し、自分が相手に何ができるかが分かる。

ーー

6.妻を楽しくさせる

それが仕事であると見なすことができれば、男性は妻との人間関係をよりうまく構築することができる。

ーー

7.夫婦生活の真諦を理解する

男性と女性の感覚は違う、自分は満足だとしても、果たして相手はこれで満足しているのかと注意深く観察することだ。

ーー

8.自己紹介

妻のことを理解した上、自分のことも知ってもらう。

ホルツマン氏は、上述の7項目を仮に掌握した後、次は自分が何を必要としているのかを探せという。

しかし、それが、妻に危機感や喪失感などを与えないか、誤解を与えないように説明する必要があるのだという。

まあこんなに難しいのならだれも結婚したいなんて思わないな。(記者・秦飛+縦椅子)

« そうなると、K防疫が崩壊します! | トップページ | 武漢伝染病に対して、非常に重要な発見をしつつあった研究者を殺害し、流行の第二波に注意せよといい経済破綻を誘導するメディア? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>ジェンダーで考える夫婦生活
「男は大脳皮質で考えるが、女は視床下部で考える」つまりは、男は、論理的、具体的、問題点を捉えて、理屈で説明して行動しようとするが、女は、経験からの感覚に支配される、、と言う事だと思います。

すると、問題を具体的に解決の手段を取るのか?と言うトンでも無い方向に、妻の関心の重心が移って終うから、例え、具体的には、問題が解決したとしても、別の、解決し難い問題が生まれてしまうのですね。

女性の関心は、常に、自分のテリトリーを護る方向を優先しているので、こうした鼓動になるのですが、是は水が来難い高台にある洞窟の中で、狩りに出て、何週間も帰ってこない男共を強大な捕食獣や異民族の襲来に怯えつつ、子供や老人を守りながら共に暮らして居る裡に、理屈だけでは捉えきれない危険・危機を、直感が、「なんとなく危ない」と言う警告になって、集団を護っていたからで、それは、「何時もと違う」という、僅かな兆候を察知する能力で、所謂、「女の第6感・直感」とか言うものでしょう。

これが、自分のテリトリー「=妻の座」を脅かす可能性のあるもの全てに向けられるのが、現代の夫婦生活だと思いますね。Ww

困るのは、法律では、男女平等な筈の女性の妻の座を過剰な程に護って居る事で、勿論、中には、是を悪用して、発覚する迄10人以上の男性と結婚~毒殺して、その遺産を我が物にして居た女性が、複数人、死刑判決を受けましたね

けれども世には、その真逆のケースの方が圧倒的に多いのも事実で、社会的に非力な女性の権利保護は、確かに必要だと思いますが、何事も、手厚い権利庇護の代償として、客観的に見た「義務の励行」の存在を正しく評価するべきだと、思いますね。

現状では、逆DVといった、夫が妻に、寝たきり等で、無抵抗な状態で「食事抜き」だとか「風呂に何日も入れない」・・だとか、間接的な形での虐待「=暴行」されているケースも増えて居るそうですカラ。

まぁ、当たり前ですが、自分の身は、自分で護るしかないのですし、法律にも限界があるので、何か公的な報復手段を作るとか、そう言った境遇に陥った人の救済措置を考案すべきかもしれませんね

これは、戦後の社会通念上の変化ガスたる原因と思われますが、今や男が現実的に,、女では出来そうにない問題を解決して見せる事で、ジェンダーの物理的・具体的な存在をみせ着ける場面が殆どなくなって、逆にそういう場面での振る舞いを、一律に「暴力反対」で片づけて居るカラ、おかしな事になるのです。

幾ら暴力を否定しようが、暴力は直截的にせよ、間接的にせよ存在するものだし、それを抑止出来るのも、更に強大な暴力を発動するものでなければ無理だと言うのも現実です。

それに、前例に挙げた計画的な殺人を前提とした結婚は、例外として、相手を暴力を使って迄、自分の利益を護ろうと言うのでは、夫婦関係そのものが破綻しています。

暴力に対する恐怖心だけで隷従を強制させられる状態では、犯罪に結びつく可能性が大きいので、離別すべきですが、社会的支援が何処まで出来るかは、これを悪用するケースが十二分に考えられますので、無理でしょうね。

然し、私は、土日を除く、粗毎日、神戸市内をウォーキングしていますが、途中で、夫婦連れで、ウォーキングをして居る、熟年・老年カップルに出遭います賀、皆さん仲睦まじく、手をつないで歩いています。

でも、キット、良い時ばかりでは、無かっただろうなぁ、と思ったと気に、やはり、夫婦は、お互いが相手の身になって、思いやって、励まし合い、癒し合って、その多くが「子育て」と言う、2人共通の目標に、有る時は食い違い、有る時は感謝しあって、築き上げた絆が、其処に見えて居る様に思います。

私達夫婦の間には、結婚が遅かった事もあって、子供が出来ませんでしたが、私の両親の離婚があって、私は基本的に「別れる気が無い」のです。

然し、結婚以来、大きな病気や変わった病気を、毎年の沢山しまして、都度、女房には大変な思いをかけています。 こう言っては何ですが、病気が、二人の「かすがい」になって居たのでは無いだろうかと、妙な気分ですね。

だから、4年前にMRSAと敗血症で、死に懸けた時も枕元の女房に「幸せに出来無かったなぁ、ごめんな」と謝った位です。

まぁ、後何年生きられるか分りませんが、私が前向きな気もちで、毎日を暮らせるのも、ブログ主を始めとする周囲の人と、女房のお蔭だ思って居ます。

「人間は一人では生きられない」って、よく言いますが、今の自分は、当に、それを字で居っているなぁと、やや恥ずかしい思いです。

『人生』、すなわち今生の修行であります。
出生も、育つ環境も、結婚も、子育てもすべてままならぬ中に自身を磨く
要素があるようです。
紆余曲折を経験したのちに仲睦まじく老後を迎えられると云うことは、
素晴らしいことです。
成長の証ですね。
今生に生を受ける者全てが自我(エゴ)を捨て去るために現世にやって
来ます。
一人一人に適切な修行内容をカリキュラムを組んでやって来ます。
喜ぶべきこと、反省すべきこと、悲しむべきこと、多々ありますが、
最期に感謝と納得の想いを抱き、帰郷したいものですね。

今回、覘きにまいりましたら、「心」の話題で、今現在の社会の激動・混沌とは一線を画していることに少々驚きです。
このような状況に図らずも投下いたしたき内容を、ご迷惑をも顧みず、
置いていきたいと思います。

コロナの渦中に於いて、さほど国民にとって関心ごとになっていないような検察関係の人事問題に「反日勢力が総結集」しているご様子・・・。
マスコミ、立憲民主党、そして日弁連まで担ぎ出し、なんとか社会問題化しようと必死のご様子。

検察権力は、米国民主党の手先じゃないと困るのかな?
戦後から継承され続ける醜い権力なのであります。

https://pbs.twimg.com/media/EXofwgFUYAA7IeN?format=jpg&name=small
検事総長、次長検事、検事長の任免権は既に内閣にある
(検察庁法第15条)

「検察庁法改正は、自衛隊法と合わせて改正し、公務員の定年を65歳で統一することが目的」

「検察庁法改正」という地味な行政手続きで何でこんなに騒ぎになっているのか不思議でしょうがない。

・自衛隊法と合わせて改正して公務員の定年を65歳で統一する
ことが目的
・官邸HPの図は安倍政権以前から使用され続けているもの
・内閣と国民の関係は「行政」と「監視」である。

 よって、間違ってはいないようですね。

検察は正確に言うと司法機関ではなく行政機関なので、
三権分立とも関係ない。

文句付けるネタ探しで、情弱者扇動を目的にしているとしか思えない
ですね。
国民が不満と不安にかられている状況下ですからね。最低としか
言いようがありません。

芸能人を一斉に多数使い、中でも「きゃりー」を一番目立たせ、
露骨な若者工作をしていますね。

また、トランプのツィで米国などで騒動になっている“OBAMAGATE”を
覆い隠さんが為の目的にも見えますが・・。

稲田検事総長と東京地検特捜部の報復による河合夫妻問題を長きにわたって引っ張て来たこともタイミングを計っていたようにみえますしね。

現検事総長 稲田伸夫氏は、後継を林真琴現名古屋高等検事長にしたかったが、官邸に三度蹴られ、名古屋に移動になった。

林は朝日新聞がずっと育ててきた人物。

林の名古屋行きを指示したのは、河井前法相。

露骨な報復捜査。と考えるが妥当。

今、検察と特捜部の何が問題なのか、 #ホリエモン が一番よく知ってる
でしょうね。

秋元議員を逮捕し、河井克行議員を狙い、カルロス・ゴーンを逃亡させた(としか思えない)。
カルロス・ゴーンの保釈を勝ち取った弘中弁護士、吉村知事が弁護士時代に一緒に武富士の訴訟代理人やってた方ですね。

カルロス・ゴーンって♦関空♦から逃げ…あれ~・・?

※日本の中のCIAエージェント 東京地検特捜部

ーー東京地検特捜部の新しい部長に就任した「森本宏」氏ってどんな人?(2017年当時)

「佐藤知事は日本にとってよろしくない、抹殺する」と取り調べ中に発言したのは、東京地検特捜部検事の森本宏である。ーー
パヨさん達が狙っているのは、現東京地検特捜部 部長 森本宏氏の検事総長就任なんでしょうね。

※検察官の定年延長 有志団体「弁護士1500人が反対」と批判 | NHK
・・司法権を否定し、 GHQ体制を守りたい弁護士会という処ですかね。

※黒川氏の定年延長・検察庁法改正に発狂する理由・・・・

・・・『日米合同委員会』代表代理の黒川氏は検察を指導し、小沢鳩山政権を潰し、TPP担当大臣甘利氏を守ったということだそうです。・・・

検察権力を支配する委員会の支配者軍産複合体やCSISの弱体化に焦る連中の指しがねという処でしょうか・・・・。

堀江貴文(Takafumi Horie)@takapon_jp · 5月10日
#検察庁法改正案に抗議します とか言ってる奴ら、むしろ問題なのは、
検察官起訴独占主義と独自捜査権限と人質司法のコンボなのであって、そこが三権分立を脅かしてること知ってるんかいな。
定年延長なんぞ些末な事項にすぎぬ。そんなクソどうでもいいことに馬鹿は気付かずほくそ笑むのは検察ばかりな。

ホリエモンの言うとおり、そんなこと(定年延長)はさしたる問題ではなく、
本当の問題は、#東京地検特捜部 である。
#東京地検特捜部 の、お仕事の内容“そのもの”が問題なのです。
既得権を死守したい正義の味方(?)と云った処でしょうね。


堀江貴文(Takafumi Horie)@takapon_jp · 5月10日
なんせあのGHQの司法制度改革すら、検察だけはアンタッチャブルにしちゃってる。
GHQの汚職をネタに検察が取引をして起訴独占主義と独自捜査権限を守ったのである。

堀江貴文(Takafumi Horie)@takapon_jp・5月10日
検察特捜部が独自のシナリオに基づく捜査をして起訴をする。
両方できるから独善的になりがち。
人質司法で無理矢理自白調書を作れる。
結果世論が議員に立法を促し裁判官が忖度する。
つまり行政、立法、司法のオールマイティとなっているのが検察。

堀江貴文(Takafumi Horie)@takapon_jp·5月10日
まあ別にこんなんどうでもいいから、刑事訴訟法89条4項の人質司法の元凶になってる条文の削除をやってくれって思うわ。
あとは、検察官の捜査権限を取り上げましょう。


堀江貴文(Takafumi Horie)@takapon_jp · 5月12日
何一つ民主的プロセスを経ないで権力を手にした検察官が正義の味方と信用してしまってる奴らは、キムタクのドラマの見過ぎ笑。 twitter.com/takapon_jp/sta…

これらは色々考えさせられるツイートです。

余談ですが、米国だと「クリミナル・マインド」などもそういう『意図』込みで制作されたドラマなのでしょうね。
CSIシリーズや、NCISも私は好んで視聴してましたが、洗脳目的がある事は何気に感じていましたね。

テレビ自体は洗脳用の媒体に過ぎず、日本にも戦後いち早く洗脳工作目的で怒涛の普及率でしたからね。
(正力松太郎や、ナベツネ工作員たちのご活躍が・・・・w)
ーーー正力松太郎と渡辺恒雄がCIA工作員として、読売新聞、日本テレビ、プロ野球・読売巨人軍を創立し、その経営資金がCIAから出ている事実は、米国政府の心理戦争局の内部文書Records Relating to
the Psychological Strategy Board Working Files 1951-53に明記されている。ーーー

彼(ホリエモン)にも身の危険はあるでしょうが…拡散することで注目を浴びれば敵は手を出し難くなる。
拡散した方が安全かも知れません。。と。。
https://www.youtube.com/watch?v=s-GLWp_Ojc8&feature=youtu.be

GHQからCIAへの流れも、語って頂ければ有難いですね。
GHQは現場担当、CIAは作戦本部といった位置付けになるんでしょうね。

※ここからは過去に関する余談になります。
『白いワンちゃんは地獄の番犬 デューク一族について』
ーーちなみにあのホリエモンさん、
その昔、フジテレビ買収の時、ソフトバンク北尾さんには酷い目に遭わされてましたね。

ですから、ツイッターで北尾氏を「サイコパス」などとけちょんけちょんに言ってましたね。

ホリエモンさん、北尾さんはサイコパスとか・・・、
彼は、そんな生易しいものではないんですよ。

ーーソフトバンクと言ったらその昔、あのオリックスとソフトバンクが日本債券信用銀行を買収して「あおぞら銀行」作った話がありましたね。

ご記憶でしょうか?
2000年(平成12年)9月に日本債券信用銀行が「あおぞら銀行」に
なりました。
買収したのは、本当は、外資の乗っ取りファンド 「サーベラス」なのです。

ソフトバンク、オリックスは「サーベラス」の単なる手下です。
ソフトバンク、オリックスは自分の持ち株を「サーベラス」に売り払ってます。

日本債券信用銀行→ソフトバンク、オリックス→サーベラスと言う訳です。

「サーベラス」という名前はあの『地獄の番犬サーベラス』から来ています。
日本では「地獄の番犬 ケルベロス」と言った方が良いでしょうか。

白いワンちゃんの正体は本当は地獄の番犬サーベラスなのです。

「サーベラス」と言えばあのリチャード・アーミテージさんの企業です。
まぁ、知ってる人は知ってる話ですけどね、

禿げたおっさん、ではなく、孫正義氏。(日本名である「安本」ではなく韓国名の「孫」を使っている)

この人は単なる操り人形ですからね。
裏にいるのは北尾氏です。

この北尾氏が孫氏を操り人形として動かしているのがソフトバンクという企業グループです。

2016年に、ソフトバンクはリップルと合併してリップルアジアも作ってますね。

この北尾氏ってどういう人なのか?
というとこんな経歴です。(wikiより)


祖父 旧三井物産入社後、東洋棉花(現豊田通)の五代目社長
家系には慶應義塾出身者が多い。母親は香港で生まれ、中国
  天津に幼少時代を過ごしていた。
1974年 慶應義塾大学経済学部卒、野村證券株式会社入社総合
  企画室
1978年 ケンブリッジ大学経済学部卒(クライスツ・カレッジ)、野村
  證券株式会社海外投資顧問室
1982年 同ニューヨーク拠点(NSI)
1987年 同第二事業法人部次長
◎1989年 ワッサースタイン・ペレラ社常務取締役(ロンドン)☜ 刮目!
1991年 野村企業情報株式会社取締役(兼務)
1992年 野村證券株式会社 事業法人三部長
1995年 ソフトバンク株式会社の孫正義にソフトバンクの株式公開
  を担当したことが縁でスカウトされる。ソフトバンク株式会社常務
  取締役
1999年 ソフトバンク・インベストメント株式会社現・SBIホールディン
  グス株式会社)代表取締役社長CEO

「ワッサースタイン・ベレラ銀行」☜知ってる人は知ってる麻薬マフィア銀行です。
その昔は、「デューク・ベレラ銀行」という名でした。
もちろん、経営していたのはあのデューク一族です。

余談ですが、スターウォーズ初期の敵役、分離主義者 デュークー伯爵。
デューク一伯爵は、デューク一族をモデルに作られたのかもしれませんね。

デューク一族は、あの白人至上主義団体クー・クラックス・クラン(略称:KKK)の創立者でした。

そして、全米で最大の麻薬取引一族でもあるのです。

ーー現在、ロンドンで金GOLDの取引を独占し、GOLD価格を独占的に決定しているデル・バンコが、世界を支配するために、抵抗する者の抵抗心を麻薬で失わせる「心理戦争」の一環としてCIAそのものであるデューク一族の麻薬入りタバコ会社ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)の創立資金を出資していた。ーー

前大統領オバマ氏の選挙参謀デヴィッド・アクセルロッド氏。
そして補佐官ラーム・エマニュエル氏は、このワッサースタイン・ベレラの経営者でした。

そしてベレラのアンドレ・イステル会長はリーマン・ブラザースの取締役でもありました。

アーミテージ氏の資金はここから提供されていたのです。

まぁ、全部繋がっていると云う事です。

とにかくデューク一族は、昔から、中国のアヘン栽培、東南アジアの麻薬栽培を手掛けていた歴史ある一族なのです。
そしてCIAの創立に関わっている。

ーーベレラ社の創立者ニコラス・デュークはCIAの創立者であり、デュークは第二次大戦中、児玉誉士夫と共に中国でアヘン売買を行っていた。
アヘン密売業者がCIAを創立し、米国の麻薬の黎明期、麻薬密売代金を回収して来たのもCIA創立者の銀行だった。
(アルフレッド・マッコイ著「ヘロイン」サイマル出版 上巻 P19)ーー

CIAの創立にも関わり、はたまたアフガンのケシ畑も手掛けている。

つまり麻薬の大元はCIAと言う訳ですワ。

と云うことは、麻薬撲滅に邁進する現米国大統領トランプにとっては、撲滅すべき敵と言う訳です。
まぁFBIも大概ですけどね。

☆☆【そのCIA本部に海兵隊が突入した。】事がありましたよね・・・。

だから、麻薬銀行の末端にも、追徴課税が入る。そういう流れに成った
事もあったわけです。

・・・・と云うことで
ホリエモンさん、北尾さんはサイコパスとか・・・、
そんな生易しいものではないんですよ。

詐欺師よりもっと上のモノホンのマフィアなんですから。
あのデューク銀行にいた人なんですからね。

まぁ、いよいよ悪の牙城が崩れてきたってことでしょうか・・。

何かが裏でぶっ壊れ始めているご様子。

縦椅子様
 
 結婚とは親戚などのしがらみが多い。例えば、ローズマリーの赤ちゃんという映画は、最初結婚したての頃は、その家族に違和感を感じていたが、赤ちゃんを産んでしまうと、家族にも受け入れられ、女性も当初あった変な感じもなくなって、すっかり家族に溶け込んでしまっていいたのである。それもそのはず、彼女は期待されるべき悪魔-二世をその一家にもたらしたからである。
 ローズマリーのように期待されるべき子供を産む女性は優遇される。期待されない子供を産むと冷遇されるのである。
 このようなことは結婚当初はわからない。
 狐の嫁入り・・・結婚とはだまし、だまされてするものだと、今の年になって知ってしまった。後悔先立たずであるが・・・
 私はだました覚えはない。何とかしがらみから逃げ通して、今現在がある。よく頑張ってきたとおもっつている。子供はたから。今は子供に助けられて、年をとってしまった。結婚ってむずかしい。
 ここに挙げてある8項目は男の人が痛々しいほど幸せな結婚を成り立たせるために、気をつかい、女性に忖度している。
 項目1:結婚を仕事とみなす。-会社で疲れた上に、家でも仕事が待っていたら、男の人は気を休める時間もないだろう。
 どうしてここまでして、結婚しなければならないのだろうか?
やはり子孫繁栄のために、がっちりとした体制が必要?なのだろうか。
結婚ってむずかしい。
 チェコの作家ミラン・クンデラの「存在の耐えられない軽さ」は
存在を軽く扱うとその存在が、重石のように重くのしかかってくるーという愛のいろんな形を展開している秀作のようにおもう。
 そこで、私はおもう。「大切な存在は空気のようなものだと」・・
 空気のように軽いが、空気のように重い。
「空気がなくてはしんでしまうのではないかと」

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« そうなると、K防疫が崩壊します! | トップページ | 武漢伝染病に対して、非常に重要な発見をしつつあった研究者を殺害し、流行の第二波に注意せよといい経済破綻を誘導するメディア? »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31