無料ブログはココログ

« 日本文化というのは、とても奥が深く素晴らしいものです | トップページ | むしろアベノマスクは大きく評価すべきだと思います »

2020年4月27日 (月)

日本に流通する「台湾製マスク」は、中国製である可能性が高い

Results of a shocking new Israeli study showed that COVID-19 infections subsided in 70 days irrespective of whether the country went into lockdown or remained open. A prominent Israeli mathematician, analyst, former general and Chairman of the Israeli Space Agency claims simple statistical analysis demonstrates that the spread of COVID-19 peaks after about 40 days and declines to almost zero after 70 days — no matter where it strikes, and no matter what measures governments impose to try to thwart it.イスラエルの衝撃的な新しい研究の結果は、国がロックダウンに入ったか、オープンのままであるかに関わらず、COVID-19の感染は70日でおさまったことを示しました。

イスラエルの著名な数学者、アナリスト、元将軍、イスラエル宇宙庁長官は、単純な統計分析によって、COVID-19の感染拡大は約40日後にピークを迎え、70日後にはほぼゼロにまで減少することが明らかになったと主張している。

ーー

EXCLUSIVE: Coronavirus Bioweapon – How China Stole Coronavirus From Canada And Weaponized It (watch here Visualizing The Secret History Of Coronavirus)
Watch the exclusive interview of Bioweapons Expert Dr. Francis Boyle on Coronavirus Biological Warfare blocked by the Deep State

EXCLUSIVE:コロナウイルスの生物兵器-中国はカナダからコロナウイルスを盗んで、それを兵器化した(ここで見る コロナウイルスの秘密の歴史を可視化する)生物兵器の専門家フランシス・ボイル博士の独占インタビューをご覧ください。

https://greatgameindia.com/covid-19-infections-subside-in-70-days-irrespective-of-lockdown/

ーー

[ワシントン 23日 ロイター]米国土安全保障省の高官は23日、新型コロナウイルスに関する政府の研究で、日光が当たる場所や高温・高湿度の環境下では、より短い時間で威力が弱まる傾向が示されたと明らかにした。

同省科学技術局のウィリアム・ブライアン局長代行によると、政府の研究者らは、新型コロナが最も生存しやすいのは屋内の空気が乾燥した環境で、気温と湿度が上がれば威力を失い、特に日光に弱いとの研究結果を報告した。

同氏はホワイトハウスのブリーフィングで「直射日光に当たれば、最も早く死滅する」と述べた。

ーー

インフルエンザなど他の呼吸器系疾患と同様に、新型コロナの感染力が夏季に弱まるとの期待を強める内容だが、実際は、シンガポールなどの温暖な場所でも強い感染力を発揮している。

トランプ米大統領は、この研究結果は慎重な解釈が必要だと指摘した。

ーー

ブライアン氏によると、暗くて湿度が低い環境では、新型コロナはステンレス鋼など通気性のない素材の上で、18時間かけて威力を半減させるが、高湿度の環境ではこの時間が6時間に減り、高湿度の環境で日光に当てれば、2分に短縮されるという。

また、せきやくしゃみによる飛沫感染を想定し、空気中に漂う新型コロナウイルスについても調べ、同様の結果が得られた。空気中の新型コロナは暗い室内で1時間かけて威力が半減したのに対し、日光に当てた場合は90秒に短縮した。

https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-trump-idJPKCN226038

ーー以下「大紀元時報20/4/24」より抜粋編集

中国製のマスクが埼玉県西川口や池袋など、在日中国人が多い地域で台湾製として販売されている。

ソーシャルサイト・フェイスブックのアカウント「暴民」は、この台湾製マスクについて4月22日の投稿で、台湾はサージカルマスクの輸出を禁止しているとし、日本に流通する「台湾製マスク」は、中国製である可能性が高いと指摘した。

ーー

台湾政府から日本に寄贈された200万枚の医療従事者向けのマスクと防護服は、4月21日に成田空港に到着した。

これらの支援品は、第一線で働く医療従事者にのみ、提供される。

ーー

「暴民」は、さらに以下のように書いている。

「低品質のマスクは、花粉やほこりを防ぐためにのみ使用でき、ウイルスを防ぐことはできない」

「『中国製(maid in taiwan)』を購入するよりも、布製のマスクを着用した方が良いかもしれない」

「感染防止に役立たないマスクを使用することで逆に感染を拡大させることがないよう、希望する」

「この大惨事(武漢伝染病の感染爆発)に乗じて、火事場泥棒のような金稼ぎをする者は因果応報の報いを受ける」と。

ーー

4月7日に緊急事態宣言が出されて以来、4月23日までに、日本では263人の死亡者を含む1万1135人の感染例を記録している。

感染者の半数以上が外国人であるという報道からすると、感染者がわざわざ日本の医療を受けるためにきているのではないかという推測もなされている。

だれがそのような人々を国内に呼び込んでいるのかは不明だが、それが事実だとすると闇ルートが存在するのだろう。

それが症例が急増している理由でもあり、医療専門家が国の医療システムの崩壊が差し迫っていると警告する原因になっている可能性もある。

(翻訳編集・佐渡道世+縦椅子)

« 日本文化というのは、とても奥が深く素晴らしいものです | トップページ | むしろアベノマスクは大きく評価すべきだと思います »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。。
>>日中間の闇ルートの存在
この話は、以前からあった話ですが、マスコミが喜々として取り上げる「今日の感染者数」の中身が、6割方が外国人「=シナ・韓国人」で有ることを、知って居る日本人はどれほどいよう?

その事を皆に周知する為に、詳細な数字を上げて「その一方で、ベッド数が不足して、入院出来ずに、十分な医療行為を受けられないまま死亡している人も居る、一体誰の為の日本の病院なのか?」と、非難している人も居る。

6割の外国人がベッドを占拠していると言う事が自自合うなら、ロック・ダゥン措置をくぐり抜けて居る外国人が、何千人も居ると言う事で有ろう、確かにこれでは、医療崩壊を起こしても当然だろう。

もし、この、疑念が本当なら、またもや入国管理庁の売国行為がクローズ・アップされる事になるだろう。 彼らは、日本人より外国人の生命の方が大事なのだという意図がはっきり分りますカラね。

勿論、その司令を出したのは、管轄官庁の法務大臣であり、その法務大臣と患者を引き受ける側に居る厚生労働大臣に、強い影響力を持つ人物なのだろう、すると、人物は限られてくる。

この人物は、一体、現状の共産シナの世界での立位置を、考えた事があるのか? 江沢民に私淑して居る事は知っているし、地元には銅像迄建てて居る事もしっている、然し、現在はその江沢民率いる上海派と日本は戦って居るのでは無いのか? 貴方の一生の評価は、裏切者の人殺しでよいのか?

然し、武漢肺炎騒動は今迄、隠されていた様々な事が表に出てき手、中には、吃驚する様な話が多いが、前から知られて居たとはいえ、事、此処に至っても日本に仇成す行為をするとは、とても信じ難い。 彼を、スリーパー・セルと疑うのは、私だけだろうか?

そういえば、戦前にも、こういう人物が政権中枢に居た、松岡洋右外相である。

まぁ、彼の独断専行ブリの原因は、ハザール人問題で外務省内の広田派・幣原派と言った親英米と対立して、独ソ不可侵条約の締結ですっかり騙されて終った事に有ろうと思います。 つまり、情報の収集のしかたに問題があったと言う事でしょう。

彼の視点の中には、対「ファシズム国家」を第p一義に、共産主義国と自由主義国が手を結ぶなんて、計算の中では矮小なモノだった野でしょう。

然しその実、簡単に言えば、白人支配を脅かす日本と、世界制覇を目論んで居るドイツを叩き潰すことを最一義にした同盟を見落としていたとしか思えません。

つまり、結果的に派本質を見失って居たという事ですが、これは、自分の見通しに自信を持ちすぎて、或いは、拘り過ぎる人間が陥り易い落とし穴でしょう。

だけど、安倍政権はその事を承知の上で、彼を、幹事長に据えたのでしょうから、彼が幹事長をする事で政権が得られるポジティブな事の方が、ネガティブなものを上回って居たのでしょう、それは双方が承知の事であった可能性が高いですね。

ですから、次の選挙に出ても、自民党が公認しない可能性が高いし、彼も、党を割って新党を立ち上げても、既に、80歳の声を聴いて居るので、現実歴では無く、引退すると思いますがね。

国内に出回っていると言う、台湾製と表示しているが、実はシナ製のマスクを買って居る関東人だが、錯乱した情報に振り回された結果なのだろうが、どんな種類の「流行りものにでも、直ぐに行列を作る」メンタリティには、苦笑、させられる。

シナ・韓国人は、そういう、日本人の単純さを良く知って居る、そうして居ママでも、儲けて来たのだろうし、心底馬鹿に仕切って居る様子が、咋に窺える。

関西人から看ても「騙された意」都市か思えない、これなら、少々やばい話でも、シナ・韓国人なら、飛び着いてついてくる話でしょうね。

その辺りに、日中韓に亘る闇ルートが成立しないて来た蓋然性があると私は思います。

4月21日に台湾から送られてくるまでは、日本に台湾製のマスクはなかったと聞いていますので、当然それまでの台湾製は中国製だったと思います。
嘘は中国と韓国の始まりですから、日本は十分な注意が必要だと思います。

また、武漢ウイルスはインフルエンザ・ウイルスと同じように気温と湿度に弱いと聞いていますが、日光にも弱いのであれば、結構除菌をしやすい気がします。
尤も、これは日本人だから言えることで、アメリカ人だったら戸外で干すと言うことは貧しいとの感覚があり、豊かな人は乾燥機で干すそうですから、辛い部分があるでしょう。

そして、武漢ウイルスは当初は夏になれば気温が上がるから、自然にウイルスが減少すると言われていたのですが、シンガポールで結構流行っていますから、場合によっては夏でも流行が収まらないのかも知れないと思っています。


マスクについてですけれど、今回のマスクは自分の予防よりも、他人に移さないために付ける意味が大きいと考えます。
自分が移されないためなら、相手がウイルスですから相当高級なもの、例えばN95が欲しいところです。(N95はきっちり装着しますと、自分でも息がしにくくなるのが欠点です。)

空気呼吸器なら、自分が息を吸うときだけボンベの空気を吸引するように呼吸することが出来ます。でも、ボンベと呼吸器が重いのが欠点です。

それはともかく、自分が他人に移さないためなら、くしゃみをした場合でも自分の呼気が強く出る部分がマスクのために弱められますし、遠くへ飛びにくいと思うのです。


日本の感染者に外国人が多いとされる理由には、検査を実施する際に中途半端な未記入があった可能性があると思います。これは、現在の日本の感染者数13,182人の内訳が日本国籍5,780(+79)人、外国籍118(+64)人では、この合計が6,041人で患者数の13,182人との差が7,141人で半分以上が不明となっているので、まともな調査と言えないからです。

国籍が不明な場合の検査記録については、検査の記録表を確認して、日本国内に住所がある場合には一度電話で確認した方が良いと思います。
そうでもしませんと、国籍が不明となっている人が半分以上あるのでは、中途半端に不明な部分が多過ぎることで、まともなデータとは言えません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本文化というのは、とても奥が深く素晴らしいものです | トップページ | むしろアベノマスクは大きく評価すべきだと思います »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31