無料ブログはココログ

« 反日勢力の断末魔(死にぎわ)の叫び声が聞こえる | トップページ | 日本文化というのは、とても奥が深く素晴らしいものです »

2020年4月25日 (土)

シャープが、通販で国内工場で生産した高性能マスクを50枚2980円で売り出した

ーー以下「ttensanブログ20/4/22」より抜粋編集

シャープは、マスク不足を解消するために液晶パネル製造が可能な三重県多気工場のクリーンルームでマスクを製造し医療機関向けに販売をしておりました。

が、4月21日午前10時から、シャープ製マスクの個人向け販売を開始しました。

立体三層構造で、PM2.5や花粉の侵入を防ぐ99.9%カットフィルターを採用、ノーズフィッターもあるので、鼻とマスクの隙間を減らせ、メガネも曇りにくいとのこと。

価格は50枚入りで2,980円(税別)。

ーー

買い占めを防ぎ、多くの人が購入できるよう、一人一箱、購入後3日間は再購入不可。

5月10日までは毎日午前10時頃在庫が補充されるようです。

支払いはクレジットカードのみとなっています。

なお、購入にはシャープへの無料会員登録が必要になります。

ーー

ただし、アクセス集中により、4月22日の時点では販売を一時休止中。

なるべく早く再開するようがんばっているそうです。

ーー

SHARP シャープ株式会社

@SHARP_JP
多くの方をやきもきさせております、シャープのマスクですが、当初予定の本日10時からの販売はありません。今日中の再開を目指していますが、現在のところ見通しはお知らせできません。すみません。

32,516
9:43 - 2020年4月22日
Twitter広告の情報とプライバシー
10,940人がこの話題について話しています

Source: シャープ、Twitter

ーー

慌てなくても買えると思いますので、みなさん落ち着いて落ち着いて。

ーー

シャープが、通販で国内工場で生産した高性能マスクを50枚2980円で売り出した。

通販サイトがダウンするという事が起きていますが、アベノマスクだけでなくこのシャープノマスクによって「高品質国産マスクで50枚2980円」という値段がはっきり出たのは良いことだと思います。

何よりも中国製のように装着すると武漢伝染病になるかもしれないという不安がない。

ーー

先日都内某所でマスク転売屋のお店ができていましたが、出所のわからないマスクでこのシャープ製マスクより高い値段なんて出せないでしょう。

少なくとも転売屋のぼったくり価格の上限を下げたという効果はあったと思います。

ーー

また、アイリスオーヤマは純国産マスクなら需要があると確信して国内でマスクの一貫生産を行う事を決定しました。

ーー2020/4/21 日経新聞

【アイリスオーヤマ、マスク国内生産 中国に材料頼らず】

アイリスオーヤマ(仙台市)は国内でマスクの一貫生産を始める。不織布などの材料も含め、中国などの企業に頼らずほぼ全てを国内で作れるようにする。

政府は緊急経済対策に盛り込んだサプライチェーン(供給網)再編を支援する補助金対象の第1弾として認める方向だ。新型コロナウイルスの被害の拡大を受け、調達や生産を見直す動きが広がる。
~以下省略~

ーー引用ここまで

アベノマスクが呼び水になって中国人が組織的に買い占めていたマスクが戻ってきているようですし、マスクの供給状況は改善に向かうと見て間違いないでしょう。

ーー

読売新聞は武漢ウイルスsars-cov-2について次のような記事を書いています。

ーー2020/4/21 読売新聞

【新型コロナ感染源、WHO「武漢の研究所の可能性ない」】

【ジュネーブ=杉野謙太郎】世界保健機関(WHO)のファデラ・シャイーブ報道官は21日、新型コロナウイルスが中国・武漢のウイルス研究所から流出したとの疑惑について、「科学に基づいて行動するWHOの立場として、武漢の研究所の可能性はないとみている」と記者団に述べた。

シャイーブ氏は、「客観的な証拠はこのウイルスが動物に由来するもので、研究所で誰かに細工されたものではないことを示している」と語った。

ウイルスが武漢の研究所から流出したとの疑惑は、米FOXニュースなどが報じているが、中国側は否定している。

ーー引用ここまで

わざわざWHOがそういうのなら武漢ウイルスは武漢の研究所から漏れた可能性があるってことだな!

« 反日勢力の断末魔(死にぎわ)の叫び声が聞こえる | トップページ | 日本文化というのは、とても奥が深く素晴らしいものです »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>世界がシナ依存脱却を目指す
物の供給の流れが世界規模で変わろうとして居ると感じますね、とは言え、日本の消費者が「安さ志向」のママなら、未だ未だ、シナの安さには太刀打ち出来ないと言うのが、生産者側のみかたでしょうね。

けれども、シナ葉、今回の騒動の責任を、一切取る気がない様に見える上、故意か過失か知りませんが、マスクなどを世界的に買い占めて品薄状態を作って置いて、マスクを援助物資として送るが、交換条件としてファーウェイの5Gの新製品の導入を条件とする、と言うあざとさで、呆れさせているし、送ったマスクも不良品が多くて、返品になったケースも多いと言う。

こうなって来ると、欧米としては「困っても、シナ製だけは意地でも買わない」方向に向くだろうが、自分の都合しか頭にない共産党幹部には、きっと、些細な事なのだろう。

然し、5Gが既に普及して居るのなら、兎も角、世界は、そんな態勢には程遠いのだから、火急重要なものではない,それより、ちゃんとしたマスクが必要になのだし、何より、特効薬が有れば、この伝染病禍葉、インフルエンザ並みに終息する。

つまり経済活動を通常通り再開出来るのだから、欧州が今、欲しがって居るものを供給出来ないシナは、サプライ・チェーンとして十分な機能を果たして居るとは、全く言えない。

それ処かシナ製品の「安いが品質は祖悪だ」と言う当然の話は仕方が無いとして、食料品や衛生商品に、有ってはならない、低レベルの工程管理が窺われるのでは、幾ら、善意に解釈しても、シナ製品は要らない。

然も、譬え只でも、ゴミになるだけだから要らないとなれば、完全にシナは、自らネガティブキャンペーンをやっただけ、という事になる。

シナが、自ら失策を繰り返しているのは、彼らの中にいた 欧米の常識を知って居る「良識派」が失脚したからで有ろう。

その上に、「武漢肺炎は終息した」と、何の根拠も示さず宣言して、経済活動を平常通りに行って居るから、あちこちで、集団感染が発生していて、武漢から遠く離れらハルビンで、武漢とお真事ク都市封鎖が起こっている。

つまり、武漢パンデミック第二波の発生だ。

これで一番被害を受けて居ると思われるのは、長大な国境線を持つロシアで、この1ヶ月で、感染者が14になったと訊く、ロシアは内部も、どうやら権力が多重構造の様で、表向きプーチンの独裁体制に見えるが、jiysuhasoudehanai。

それは、前大統領の、メドベージェイエフ氏の勢力も健在で有る事は、過日、件の北方領土に前触れもなく降り立って軍事施設の建設を計画して居ると言ったばかりであるが、これにプーチンは、沈黙したままだったが、これは、プーチンの立場が最早絶対的なものでは無い事を示して居ると思いますね。

今回の騒動で、シナが世界のサプライ・チェーンから外されるのをロシアが聴いて、それなら、と、世界的な値下がりで打撃を受けるロシア経済だから、シナと組んで、経済の維持を図ろうとして居た様だ。

然し、国境を閉鎖して居たにも拘わらず、感染者数が14倍になったのでは、指導者として国の安全保障の見通しの甘さを追求されるだろう。

こうなって来ると、世界で頼れるのはドイツだけと言う事に成ろうが、そのドイツは、国内の感染禍を、最小限に収めるのに成功した様で、反日評論家に絶賛されて居るが、是は寧ろ、当然の結果だろう。

固より、ドイツの医療インフラがずば抜けて高い事、国民の科学的(医学的)理解度の水準が高い、それに、国内に世界的な薬品メーカーが幾つも存在している好条件は、日本と比べても遜色無いのたから、欧州では真っ先にロック・ダゥンを行なった効果が出て居ると云えよう。

しかし、この共産シナの窮地を助ける迄の力は、もぅ無いと思われますし、もし、第二派がドイツにも及べば、如何なドイツと雖も堪らないだろうから、シナ救済に動けるのは、独自で特効薬を開発出来た後になるだろう。

其れで葉、手遅れになる可能性の方が高いのは言うまでもない事だろう。 目先の権力闘争だけで、国としての本質である、「国利民福」を忘れて居ては、国は、続けられないと言う、古からの教えを思い出すべき出有っただろう、如何にも遅いけれども。

シャープのマスクは品質が良さそうですね。これなら、適正な価格だと思います。
アベノマスクはまだ配布されていないのですが、今回の武漢肺炎の影響と花粉症の関係でマスクが必要になりまして、我が家でもマスクが足りなくなり、妻が手作りしてくれました。

ここで、アイリスオーヤマからも国産マスクが作られたら、転売屋とかぼったくりのマスクは売れなくなるでしょう。
日本人は人の弱みにつけ込んだ商売には、「飯は食わねど高楊枝」で我慢するものだと思っています。

此所で思うのは、暫く前にスズランが中国に31億円を掛けてマスクの新工場を建設する計画と言うのがありました。
これが疑問で、なぜ日本の国でマスクが無くなったとき、中国に注文して作られた日本向けのマスクを中国に接収されたのです。
日本に必要なとき、日本向けのマスクを接収した国に新しい工場を作っても、また接収される恐れがあるのでは余り意味が無いと思いました。


WHOの報道官が武漢ウイルスは武漢のウイルス研究所から流出した可能性は無いと見ている件ですが、これは、どの程度調べての結果でしょうか。

今回の武漢ウイルスに関連するWHOの態度は、はっきり言って信じることが出来ません。
最大の被害を出しているアメリカは、武漢家ウイルス研究所を調査したいと言っていますから、アメリカだけでは無く、日本やイタリア等の被害を多く出している国とウイルスを研究する能力を持っている国が共同で調査をして、その調査結果で判断すれば良いことだと思います。

アメリカは過去に間違った調査結果から、イラクに核兵器が無かったのに原爆があると言って、戦争を起こしたことがありますので、今回は多国籍の研究団で中国を調査すれば良いと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 反日勢力の断末魔(死にぎわ)の叫び声が聞こえる | トップページ | 日本文化というのは、とても奥が深く素晴らしいものです »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31