無料ブログはココログ

« 中国では武漢伝染病covid-19感染拡大の第2波が到来している | トップページ | 反日勢力の断末魔(死にぎわ)の叫び声が聞こえる »

2020年4月23日 (木)

浅田直氏のギター演奏にしびれた

過去ログで宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」にカンパネルラという名の人物が登場することを書いた。

カンパネルラというのは現在広くカンパネラと言われている。

wikipediaに、『ラ・カンパネラ』(La Campanella)は、フランツ・リストのピアノ曲、ニコロ・パガニーニのヴァイオリン協奏曲第2番第3楽章のロンド『ラ・カンパネラ』の主題を編曲して書かれた。

とある。

ーー

バイオリンの鬼才ニコロ・パガニーニが作曲した舞踊曲(ロンド)「ラ・カンパネラ」を聞いた、ピアノの超絶技巧の持ち主であったリストが、その主題を編曲し作ったのが同名のピアノ曲だった。

ラ・カンパネラはイタリア語で定冠詞を持つ「鐘」の意である。

つまりパガニーニは実在し特定できる鐘の音を聞いて曲を作ったのであろう。

ーー

パガニーニの曲は、バイオリンの技巧が鼻につく、というよりも舞踊曲なのでバイオンを弾くパガニーニ自身を取り巻くようにして踊ることをねらって、あるいは彼はそういう場面を想定して作曲したのではなかろうか。

リストの曲はピアノの音の美しさをこれでもかとばかりに見せつけるものであるが、演者によって曲の趣(おもむき)は微妙に姿を変える。

小生が気に入っているのは、辻井伸行氏が奏(かな)でるラ・カンパネラである。

彼が奏でるピアノの音には一切の衒(てら、良く見せようという作為)いが無く一音一音が研ぎ澄まされていて、それを耳にすると、鐘が胸の奥深くで鳴り響くのを感じる。

ーー

そして浅田直というフラメンコギター奏者がyou tubeで「ラ・カンパネラ」をギター用に編曲し自ら奏でているのを見つけた。

元の曲がピアノ独奏曲であるように1人でのギター演奏である。

彼のギターは日本人のギター職人(残念ながら思い出せない)によって作られたもので、音がぶれることなく決まって、しっかり出ている。

コメント欄を見ると彼の演奏は世界中で、ラ・カンパネラをギターで演奏しているという驚きと、その美しさを絶賛されながら聴取されている。

浅田氏は自ら演奏する曲を楽譜に落としその楽譜の販売とリサイタルで生計を立てているのだという。

(特に「inspiration」の独奏は抜群の出来で人気が高い)

ーー

奏者の指で弦がこすれる音によってギター独特の手作り感のある音になっていて、しかもその曲は間違いなくあの超絶技巧のリストの「ラ・カンパネラ」なのである。

リストのピアノ曲「ラ・カンパネラ」はギターでは演奏不可能だろうと思われていたのに、がっつりとギター曲になっている。

ピアノ曲の持つ独特の雰囲気を少しも損なわずに、ギターの音でピアノが表現する景色を描き切っている。

浅田直という人は、リストの「ラ・カンパネラ」をギターで再現したばかりではなく、ギターの音の持つぬくもりを加えてしまったのだ。

「ラ・カンパネラ」がバイオリンの曲として作曲され、その主題がピアノ、そしてギターへとそれぞれの楽器の演奏の名手によって見事に編曲された。

浅田直氏のギター演奏にしびれた。

読者諸氏もぜひリンク先をクリックして聞いてみられることをお勧めする。

« 中国では武漢伝染病covid-19感染拡大の第2波が到来している | トップページ | 反日勢力の断末魔(死にぎわ)の叫び声が聞こえる »

音楽」カテゴリの記事

コメント

【インスピレーション】懐かしい曲ですね。長い間忘れていたのにその時代に直ぐに戻れます。
鬼平犯科帳のエンディングに流れていたジプシーキングスの演奏でした。
ジプシーキングスのヒット曲に【バンボレイヨ】はあの当時何処に行っても流れてきました。自分がまだ若かった時代に戻り懐かしく感じました。有り難う御座いました。

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>ラ・カムパネルラの鐘の音
素晴らしいアーティスト達の演奏は、どれも「凄いなぁ」と感心するばかりでした。 でも、 こうなって来ると、リストは無理でもー、パガニーニの演奏は聴いてみたいですね、PCで探してみようと思います。

然し、当たり前かもしれなせんが、音を文章にする事は出来ませんから、誰かにその感動を他う絶える事が出来ずもどかしい思いをした事が少なからずあります。

然し「鐘の音が聞こえる」と言う表現に出遭い、本当に聞こえるのかと思って聴いてみましたが、演奏中には、聞こえませんでしたが、聴き終わって余韻を確かめて居ると、おそらく曲中には無い、或る旋律が繰り返して耳に残って居るのを感じて、その先に「カラーン・カラーン」と言う鐘の音が聞こえる様な気がしましたね。

然し、鐘の音(こえ)と言うのは、例えば、唱歌の「朧月夜」に出て来る「烏の鳴く音も鐘の音も・・」の鐘の音は、お寺の時鐘の「カーン」或いは、「ゴーン」でしょうが、この場合、場所が欧州ですからね、どうしても映画で聴いたノートルダム寺院の鐘の音を連想して終いました。

これが、感覚を共有出来ないもどかしさと言うものですね。

勿論、個人的な感想ですが、浅井さんのギターも素晴らしいですが、やはり、辻井さんのピアノ演奏は凄いなぁと感じましたね。

音楽のアーティストと言うのは、演奏する楽器を自分の感覚器官の一部にして終って居るので、私のような不器用な人間には、超絶技法は驚異でしかありませんが、生み出された旋律に乗ってやって来る、心象風景や激しい感情と言ったもので、心を動かされる事は出来ます。

そして、その感動は自分だけのものであったりする処から、音楽は自分だけのものだったりするのですね。

これは、五感の裡の見る(眼)、聴く(耳) によって得た情報を、意に拠って編集して居るワケで、これは、誰にも邪魔を出来無い、逆に言えば、大層、孤独な世界ですが、この世界を持って居無ければ、自分独自の感覚も成立しないように思います。

然し、表現と言う行為は、他者の持っている自分と共有する部分に、表現手段を用いて訴えかけ、共感を得る事を言うのだろうし、多くの人の共感・賛同を得るものが芸術だとすれば、音楽程、純粋なものは無いので、逆に人柄を反映し易いので、パガニーニなどの作品や演奏に、或る種の、衒いが感じられる野は分る様な気がしますね。

音楽も美術も、欧州文明が誇る芸術ですが、それに匹敵するレベルの作品を数多うみだしているのは、庶民も芸術に参画している日本文明だけですね。

然も、商業化していて、気取った処が無く、今では、世界的な大芸術家と称えられている、絵師も、江戸時代は一介の町人として、普通の生活を営んで居て、決して芸術家で
ありません。

人生でやりたい事を見据えて、与えられた才能を磨き上げて、後世の人があっと驚くような,仕事を遺す、表現を生業にして居る人達に取って「金儲け」が目的では出来ない作品が日本だけに残されている事で、日本では、早くから芸術を庶民が愉しんで居たと言う事ですね。

縦椅子様

 今日も素晴らしいブログ有難うございます。
宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」をお話を過去ログでご紹介戴き、痛く感動しました。その時、辻井氏のピアノ演奏をもご紹介、何ども、何度も繰り返し聞いたことをおもいだします。
 本日ご紹介の浅田直氏の演奏は弦をこする響きが繊細で、情感がこもっているようで、ほんとうにしびれます。ヴァイオリンの鬼才、パガニーニの演奏もきいてみたいです。きっとすばらしいことでしょう!音楽はこころを癒します。有難うございます。感謝!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国では武漢伝染病covid-19感染拡大の第2波が到来している | トップページ | 反日勢力の断末魔(死にぎわ)の叫び声が聞こえる »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31