無料ブログはココログ

« 香港・マカオ・韓国はビザなし入国の特例も停止する | トップページ | 反日メディアは常に日本国民の不幸を望んでいるのですから »

2020年3月 7日 (土)

いま、この壁がまさに壊れつつある

ーー以下「小坪しんやブログ」より抜粋編集

我が国は、先の大戦後、政治行政において”よく見えない壁”があった。

その壁の存在のため合理的と思える政治行政ができなかった。

いま、この壁がまさに壊れつつある。

ーー

covid-19の感染爆発状態で、医療崩壊している韓国に対して外務省が、韓国全土に渡航自粛要請を出した。

レベル2(不要不急の渡航の自粛を求める)であり、レベル3の渡航中止勧告ではない。

だが、いままでの我が国であれば、主権国であれば当然したであろうこのような要請さえできなかったのだ。

ーー

政権が無能だから出来なかったのではない。

支那・南北朝鮮に対して当然取らなければならない対応を採れなかったのは、実は我が国の官僚機構そのものに原因があったのだ。

支那・南北朝鮮に対して卑屈な対応をし続けた官僚機構を批判もせずにむしろ隠蔽し放置したのは、日本の言論・メディアであった。

ネット環境の出現によって、日本の言論・メディアが在日・反日勢力に支配されていることが明らかになってから、ようやく何が悪かったのかが国民の目にも明らかとなった。

ーー

戦後、占領軍によって『国軍不保持、交戦権放棄』の条項をもつ日本国憲法を強制され、自虐史観である東京裁判史観を押し付けられ、国民自身が侮日をするのを余儀なくされた。

それは、戦後社会を占領軍に協力することによって敗戦利得者となった在日・反日勢力が支配してきたからだった。

彼らこそが言論・メディアを支配し、日本人に「護憲、東京裁判史観、侮日」を強制してきた張本人であった。

それがようやくネット上で明らかとなった。

しかし国民が選んだ国会議員が在日・反日勢力の一味であったのだから国民は批判するだけでずっと無力なままだった。

ーー

だから憲法で禁止されている「なぞの賭博(パチンコ)」が、跋扈し、蔓延しても仕方がないこととされてきた。

売春婦を従軍慰安婦と呼ぶことも仕方ないこととされてきた。

「南京大虐殺」や「性奴隷」という支那・朝鮮人の情報戦に気づいていながら、反撃しないことも仕方ないこととされてきた。

ーー

だから今回の「韓国人に対する査証(ビザ)免除の停止」も、いままでの「日本の行政機構」ではなしえなかったことなのである。

covid-19(武漢肺炎)から国民を守りたいという国民の願いによって、日本の戦後政治は、やっと自ら立ち上がろうとしているように見える。

遅かったという声は、わかる。

しかし、国内には大陸や半島に膨大な利権を持つ勢力が跋扈(ばっこ、のさばる)しているのだ。

彼らには、武漢封鎖の1月23日から数えて一か月半の猶予期間を与えたのだ、もういいだろう、私もそう思う。

この手続きがなかったら、彼らの反発は避けられなかったであろうが、その間待ってくれた国民の、この決断への強い支持の意思を前にしてはもう彼らも反発できまい。

« 香港・マカオ・韓国はビザなし入国の特例も停止する | トップページ | 反日メディアは常に日本国民の不幸を望んでいるのですから »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

このままだとアメリカに日本が入国禁止の指定をされそうに成ったので、安倍総理も重い腰を上げて踏み切ったと妄想しています。
トランプさんもイライラしながら待っていたと思います。
日本が制限しないので日本を通して中国国民と韓国国民が自由にアメリカに出入りできてしまう事がトランプさんや豪州の首相には不満でした。
叉昔のようにメンスの靴にデザート盛って出されないようにしなくちゃ?日本の将来は有りません。

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>武漢肺炎 19 日本の夜明け
本日は小坪節が小気味よく決まって、読んでいて爽快感を覚えました。

然し小「坪氏も「見えない壁」の存在を指摘しても「寒量や国会議員の萎縮」の原因には言及して居無いんのは、彼が地方議会とは言え、いろんな利害を持つ支持者に拠って立つ政治家だからなんでしょうね。

現政権の業績は、日本がその状態にまで辿り着いた事日本あります。 即ち、大きな節目に向がってるのだが、こうなったのは、勿論、日本古来の変節点に現れた様な、天・人・地に顕かな兆しが現れたと、思って居ます。

先ず、天の時ですが、何より戦後日本を陰で支配して来た、石油王DR「=David・Rockfeer」が、失脚~死亡したのが大きいが、その前兆として腹心のブレジンスキーが89年に死亡している事で、鉄壁を謳われたロックフェラー帝国に歪を生じた。

何故なら、彼の最後の仕事が、日本経済のバブル化~崩壊~日本の完全支配の手筈だった、処が、余りにも上手く行き過ぎて、目先に見た事も無い様な大金が流れだしたので、DRや祖にスタッフも、つい理性を失った部分が有ったのではないかと思います。

どんな人間にも寿命と言うものが着いて回りますから、寿命が尽きるタイミングこそ、天の時だと考えるべきでしょう。そして、 この天の時に呼応したかの様に、必要な人材が出現し、新たな世界を形成する勢力が連携し易い様な「地の利 (理)」が与えられるのです。

これが「天意」と言うもので、それを読み取れる人物子育ての、世界を動かして行くに相応しい人材だといえましう。

事実、DRの失脚と同時に、DRに拠って、排除されて居た安倍晋三が、総理大臣に返り咲き、親赤盾「=ロシチャイルド」政権を建てたが、この時、赤盾は、DRが惹き起こしたリーマンョックによって、世界の基軸通貨であるUS$が、自らのUS$の大増刷に拠って、ハイパ―・インフレを起こして、米ドルが紙くず同然になる危機に直面していた。

この事態を招いたリーマン・ショックを画策したのが、DRとそのスタッフで、このスタッフとは、現状DS勢力と総称されている米国の政財界の支配者だったから、この時点での認識のママの日本人に取っては、先ず、何故、彼らを仕分けするのかが、理解できないだろう。

然し、この時に赤盾は、100年来の重臣に裏切りに遭って、孤立して居たのである、つまり、それ迄は、日本はただの金儲けの駒に過ぎずしがにもかけていなかたが、突然起こった足元 を揺るがす危機に、人間不信と孤独感でいっぱいになって居たであろう。

処が、自分の姻戚に、日本人の政治家が、然も、首相経験者で、財政面にも明るい、しかもその時点で、世界のーでUS$に代われる信用力のある通貨と言えば、日本円しか無い事に気が着いた。

だから、麻生氏に総理大臣再登板を要請したが、既に齢70歳を超えて居たので、固辞され代わりに指名したのが安倍晋三だった、と言う訳である。

まぁ、俯瞰的に見れば、国際金融組織内の内向に過ぎないので、どちらが勝っても、日本に対する影響に然程の変化がある理由にはならないように思える。

然し、日本人は❓「自分自身の先進性についての認識が皆無」であるという自覚がなく、寧ろ、NHKを始めとするマスコミのWGIPに沿った侮日表現に拠って「遅れた野蛮な国だ」と言う、真逆の認識を持たされて居る事を知るべきである。

その他文明との差の所以は、偏に、文明の永さ、経験知の蓄積の差田と言って良いし、日本は、更に 前に進む努力を国民に奨励して居るが、他文明はこれまでの文明の遺産を食いつぶす事にしか興味が無いのである。

特に,DP「=ダイヤモンド・プリンセス」号への、シナ人富裕層の脱出を金で許した、プリンセス・クルlーズは、早くも、グランド・プリンセス号訪い受け入れた卯述べた卯の客船で沿う様の事態に陥って居る,。

是ではアメリカ人はシナ人の 拝金主義を嗤えませんし、国内でむいくぉ揮って居るインフルエンザの脅威14000/22000万人の中の大部分賀、武漢肺炎では無いかと言う疑いもあるという、入国制限を懸けた居のは日本の府では無いのか?

この先の差は広がる一方だろう。これが、是から栄えるものと滅びに向かう民族・文明の差で有る事っは言うまでもない。

この民族の生存の危機として位置付けても良い、未知の伝染病に対処するに、その民族の致命的欠陥とも言うべき特徴が良く出て居る。

例えば、シナ人は、拝金主義の上、自分だけはお金を積んで助かろうと考え、封鎖破りを、殊もあろうに、既成を管理監督視る立場にあるものがやって居る、是では、何の為の封鎖か分らない。

韓国は、御定まりの公的なものに逆行する、非科学的で、自分勝手な解釈の横行を政府が止められないという「救い難い」非文明病で自爆が止まらない。

双方とも、日本の対処を非難して居たが、2ヶ月近く経っての慈雨境を表す数字を見れば、その差は歴然としている。

その上で、管理不能状態に陥ったと見做される韓国のビザなし入国を止め、更に空海路の、入国手段をに厳正な規制を懸けた、これは、国会・国民を護る使命を持った為政者として、蓋し正しい措置である。

仄聞するに韓国が、この措置に「報復宣言」を出して居るが、相変わらず意味不明である。

マァ、滅びる気満々にしか見え無いので、放って置けば良いが、何をしでかすか分らない民族性を持っているので、公安や自衛隊は、余計な緊張を強いられる事に成ろう、迷惑な民族だ。

然し、今回の騒動で日本が得たモノは決して少なくない、先ずはマスコミの主体がますますハッキリした事、これは、TV朝日が自分から「ティシュやトイレット・ペーパー等、紙製品が今後不足する〉と、デナを流して置きながら、問題化すると「ネットで、デマを流した」と報道して、多くの人を呆れさせた。

それに、保守ブログで幾ら「緊急事態には、リーダー命令や判断に従うべき」と連呼しても、意味を理解出来というレベルが相当数居る事で、有事になったら大変な事態になる要因が潜在していることも分かった。

然し、国民の概ねは、マスコミのデタラメな報道にも拘らず、冷静に政府の指示を評価して居た野は大きな粋だった。

全くの私見だが、この騒ぎは3月中に終息宣言が出せると思う、否、そうで有ってほしい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 香港・マカオ・韓国はビザなし入国の特例も停止する | トップページ | 反日メディアは常に日本国民の不幸を望んでいるのですから »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31