無料ブログはココログ

« ひふみ祝詞(のりと) | トップページ | 「弱者のための政党」が生き残るためには弱者がつねに存在しなくてはならない »

2020年1月20日 (月)

韓国の訳の分からない主張に対して、日本が用意する回答は以下のものだけで十分だ

ーー以下newsusより抜粋編集

韓国の訳の分からない主張に対して、日本が用意する回答は以下のものだけで十分だ。

・1965年の基本条約で解決済み
・韓国が国際法違反状態を是正すべき
・国家間の約束が守れない国とは付き合えない
・他国の首脳や議会の発言一つ一つにコメントするのは控えたい

ーー

ーー1回戦

韓国は何度も解決法を提示しました!日本も、解決法を提示するべきだと思います。

ーー

“1965年の基本条約で解決済み”

ーー

問題は、解決してません!多少の合意や謝罪では、終わらない問題だと思います。

ーー

“1965年の基本条約で解決済み”

ーー

基本条約では、解決できない問題だったんです、日本政府にも、分かってほしいです!

ーー

“韓国が国際法違反状態を是正すべき”

ーー

国際法も大事ですけど、1番大事なのは被害者の気持ちだと思います!

ーー

“国家間の約束が守れない国とは付き合えない”

ーー

付き合えなくないです!韓国政府も協力するので、日本政府も協力しましょう!

ーー

“国家間の約束が守れない国とは付き合えない”

ーー

・・・。

ーー

終了~www 

ーー

ーー2回戦(選手交代して)

日本は反省しなさい!

ーー

「韓国が国際法違反状態を是正するべきです」

ーー

韓国では国際法よりも国内法の優先順位が高い。

ゆえに韓国との関係を続けたいなら、日本は韓国内の募集工に謝らないといけないんだ。

分かってるのかな?

ーー

「国家間の約束が守れない国とは付き合えません」

ーー

だが日本は韓国と付き合わなくてはいけない運命だ。

なぜなら日本のフッ化水素輸出先の大半が韓国だからだ。

経済的に依存しているわけだ。

ーー

「国家間の約束が守れない国とは付き合えません」

ーー

ところで失礼議長ムン・ヒサンの1+1+αという解決案についてはどう思う?

ーー

「他国の首脳や議会の発言一つ一つにコメントするのは控えます」

ーー

ならば日本と韓国の協議体についてはどうだ?

ーー

「他国の首脳や議会の発言一つ一つにコメントするのは控えます」

ーー

韓国政府が協議体に参加する意向を見せているが、日本政府は参加しないのか?

ーー

「韓国が国際法違反状態を是正するべきです」

ーー

国際法としての基本条約を守りながら、日本と韓国の間で解決法を模索するという話なんだが。

協議体を通じてだ。

ーー

「1965年の基本条約で解決済みです」

ーー

ーー

というわけで以下のような条件を設定してみた。

質問文に特定の単語が含まれる場合にこれらの回答を表示するという仕様だ。

・”解決”や”反省”、”謝罪”など ⇒
 ”1965年の基本条約で解決済み”

・”ホワイト国”や”輸出”など ⇒
 ”韓国が国際法違反状態を是正すべき”

・”関係”や”交流”、”友好”など ⇒
 ”国家間の約束が守れない国とは付き合えない”

・”慰安婦”や”旭日旗”など ⇒
 ”他国の首脳や議会の発言一つ一つにコメントするのは控えたい”

ーー

2番目のは、そういう使い方をしてもいいんですか?

フッ化水素の件で「日本も困る」と言われた場合には、ちょっと難しい気がします・・・。

ーー

実際には日本は何も困らないからな。

確かにテンプレが1つ足りなかった。

これで完成版としよう。

ーー

・”解決”や”反省”、”謝罪”など ⇒
 “1965年の基本条約で解決済み”

・”ホワイト国”や”輸出”など ⇒
 “韓国が国際法違反状態を是正すべき”

・”関係”や”交流”、”友好”など ⇒
 “国家間の約束が守れない国とは付き合えない”

・”困る”や”お互い”、”依存”など ⇒
 “日本は別に何も困らない”

・”慰安婦”や”旭日旗”など ⇒
 “他国の首脳や議会の発言一つ一つにコメントするのは控えたい”

ーー

それから同じ回答が3回以上続かないというような工夫も必要になるが、相手がひつこい朝鮮人の場合は同じ回答を繰り返すのもありだと思う。

以下は「です・ます」調で

・”解決”や”反省”、”謝罪”など ⇒
 “1965年の基本条約で解決済みです”

・”ホワイト国”や”輸出”など ⇒
 “韓国が国際法違反状態を是正すべきです”

・”関係”や”交流”、”友好”など ⇒
 “国家間の約束が守れない国とは付き合えません”

・”困る”や”お互い”、”依存”など ⇒
 “日本は別に何も困りません”

・”慰安婦”や”旭日旗”など ⇒
 “他国の首脳や議会の発言一つ一つにコメントするのは控えます”

« ひふみ祝詞(のりと) | トップページ | 「弱者のための政党」が生き残るためには弱者がつねに存在しなくてはならない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>韓国の振り切り方
News US が、言外に「死に馬韓国とは、モゥマトモに付き合い出来ない」との、主張が露骨に見えるが、別にそれで違和感を覚えないのは、私自身の既にそのレベルだからだろう。

昨日の「ナニワの檄おこおばちゃんのブログ」で、今韓国で「爆発的」に売れているという、韓国人の学者が書いた「反日種主義」なる本を紹介して居た。

そのダイジェストを読んで、あぁ、是は、韓国人が韓国人に向けて書いたもので、実は、5人の共著らしいが、あおの主旨は「韓国人に、病的な反日の反省を促すものだろう」と、こめんとしました。

ダカラ、日本人としては、飽く迄も、客観的な視点で観察して居れば良いダケの話で、是で、万が一、韓国内に、対日感情に対する反省が生じたとしても、それは、正常化にむけた 遠い道のりの第一歩に過ぎない、当に「何を今更」なのである。

コメントにも書いたが、日本が今韓国と話し合うべき事があるとすれば、それは、今は獄中にある、前大統領の朴槿恵女史が、13年の就任直後から、精力的に動いて、国会上梓~国会可決~法施行(15年7月)漕ぎつけた、所謂、在日帰還法とよばれる、殊に関する事だと思う。

戦後の日韓の間に問題として顕在しているのに、誰も手が付けられない事案の解決に向けた、韓国の国内法として現存する法の施行について、であろう。

昭和23年4月に端を発する、半島からの大量の密入国者の問題で、その総数は65万人だと言われて居た。

爾来、この難民は、日本国内では、違法移民であるのにも拘わらず、「強制連行」と言う明らかな嘘を、吹聴して、戦後のGHQ統制下で、武器を持てない治安体制を良い事に「朝鮮進駐軍」を自称して、日本中で無法の限りを尽くしたが、GHQは是を観て観ぬふりをしたが、これは、重大な国際的道義に反する事で有ろう。

この他にも、この当時のGHQの動きには、不可解な点が多く、米国内部の混乱の様子が観取できますね。

昭和25年6月に起った、朝鮮動乱(戦争)への米国の対応も、全く一貫性が無く丸で、初めて政権を握った開発途上国の様である。

其の裏には、戦争終結迄は、米国政治の主体になっていたのは共産主義勢力だったのに、その米国の左傾化の急先鋒だった、FDルーズベルトが、20年3月に急死してから、容共米国の様相が180°変って、強硬な反共国家になったことだろう。

だから、結果、共産シナ迄、巻き込んで合計死者数500万人とも言われる大戦争になったのに、その契機は、ソ連側の「勘違い」であった、というお粗末さでした。

こんな米国側のいい加減さの元に建てられた、大韓民国が、まともな、国家になる筈もなく、初代打倒量に仕立て上げられた李承晩は、狂信的反日氏王を持った政治家出、米国の言う事を全く聞かず、只管、反日に励んで居た、その結果が朝鮮戦争であるから、米国の失敗は、日本に機士の余り、人選を大きく間違えた事に有ると言えるでしょう。

その李承晩が犯した、非人道的な悪の所業は、何も、対日だけに止まらず、自国民にも向けられた。

李氏朝鮮時代の514年間、奴隷として、虐げられて来たが、日本の統治下で「土地持ち農民「=自作農」に生まれ変わった農民150万人を虐殺したのに、GHQは是も、黙殺しました。

良く、日本の戦前を非難して居る共産主義者が居ますが、実際に戦前日本が36年の統治下でお子なった事とは、大開墾事業や教育・医療機関の創設、鉄道や水道、道路、施設などのインフラ建設等々で朝鮮の近代化に勤めました。

日本が、毎年の国家予算の10%を割いて国号の意味もあり、同邦国を内鮮一体とする施策を採っていたのですが、これの何処が、欧米の言う植民地なのか?

つまり、帰化朝鮮人大橋巨泉が、云う様に、「日本の常識は世界の非常識」だったわけです。

現在の韓国人は、その事を知りつつも、態と、世界の常識に合わせるふりをして、日本を非難して居るダケの話。

それに、日本の国内に居る、戦後体制の中で「共産主義で飯を食って来た」所謂、職業サヨク賀、既得権権を護る為に騒いでいるが、それが、マスコミ全てを支配して居るので、厄介だと言う事です。

然し、第二次安倍政権成立以前の日本の状況を考えて看れば、「よく此処まで、取り戻せたモノだ」と思う。

然し反対に、韓国は、文在寅やその一味の、嘘の歴史をそのママ世界が信用しると、思い込んで居る様な、非常識を絵に画いたような驚くべき認識、驚くべき厚顔さを見せて同盟国の日米のみならず、世界中の国も驚かせ呆れさせたので、既に、韓国を信用する国は世界に一つもない

従い、政治・経済・外交・軍事の、いずれをとっても、回復不可能だろう、従い韓国は「既に死んでいる」のであって、遺され江居るのは、その後始末だけで有ろう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ひふみ祝詞(のりと) | トップページ | 「弱者のための政党」が生き残るためには弱者がつねに存在しなくてはならない »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31