無料ブログはココログ

« 自分が理解できないものは意味がないのか? | トップページ | 韓国の訳の分からない主張に対して、日本が用意する回答は以下のものだけで十分だ »

2020年1月19日 (日)

ひふみ祝詞(のりと)

1986年に「いろは歌の謎」という本が出された。

この本の内容と関連するのが、江戸時代の人形浄瑠璃や歌舞伎の演目「仮名手本忠臣蔵」だ。

「仮名手本忠臣蔵」の名前だけでは、今となってはその内容を想像することすらできない。

仮名手本は以下のように書かれており、読み書きを学びたいと手習いに通う子供たちはこれを覚えさせられていた。

いろはにほへと
ちりぬるをわか
よたれそつねな
らむうゐのおく
やまけふこえて
あさきゆめみし
ゑひもせす

この歌の各行の末尾を縦に読むと「とかなくてしす(咎無くて死す)」つまり冤罪で死んだという意味になる。

これで「仮名手本忠臣蔵」が、冤罪で切腹させられた殿様の敵討ち「赤穂浪士の物語」だということが分かる。

ーー

つまり江戸時代、「仮名手本忠臣蔵」の観客であった庶民は、仮名手本の暗号については良く知っていたことになる。

「いろは歌の謎」の著者は、文中で仮名手本には、もう一つの暗号があることを解き明かしている。

そしてこの巧妙な歌を作ったのは、恐らく歌聖の柿本人麻呂であろうと著者はいうのである。

ーー

しかし、この仮名手本の書き方だと「いろは歌」がまるで意味のない文字の羅列にしか見えない。

それで仮名手本を七五調で書き直すと、

いろはにほへと ちりぬるを(色は匂へど散りぬるを)
わかよたれそ  つねならむ(我が世誰ぞ常ならむ)
うゐのおくやま けふこえて(有為の奥山今日越えて)
あさきゆめみし ゑひもせす(浅き夢みし酔ひもせす)

という「いろは歌」が出現する。

「ん」を加えると日本語の48音のすべてを重複なく使った、(空海が詠んだとされる程の)仏教の教えを説いた意味のある文章であることが分かる。

ーー

48音を重複なく使った歌は、ホツマツタヱでは、「アワの歌」として知られている。

それは五七調で書かれており以下のようなものだ。

あかはなま いきひにみうく
ふぬむえけ へねめおこほの

もとろそよ をてれせゑつる
すゆんちり しゐたらさやわ

前半がイザナギ、後半がイザナミによって詠まれたのだという。

お分かりのように前半から後半にかけて、5音づつ「ア行、イ行、ウ行、エ行、オ行」と順に並び、やがて逆に「オ行5音、エ行4音、ウ行4音、「ん」、イ行4音、ア行5音」ときれいに音が並んでいることが分かる。

しかも例えば「生き日(霊)に身受く」とか「辺ね女男子穂の元ろそよ」と読めるところがあり、全体として何らかの意味がありそうにも読める。

ーー

ホツマツタヱには一音一音が神であるとの記述がある。

つまり「アワの歌」は、あ(天)と、わ(地)の間にある神々を示しており、声に出して歌うことで、それら神々を覚える(体内に取り込む)ことになる。

ホツマツタヱには、この歌を声を出して歌うと、発音がよくなり、体の芯から健康になると記されている。

ーー

また日月神示には、「ひふみ祝詞(のりと)」という歌が記(しる)されている。

これも、「ん」を加えると日本語の48音を重複することなく使って書かれていることが分かる。

ただしこの歌は3,5,7音づつ読まれ続けてきたのだという。

七五三は魔よけの数で有り、子を持つ親は子供がその年になると、子の厄除けのために宮参りをする。

「ひふみ祝詞」は厄除けに使われていたのであろう。

ひふみ よいむなや こともちろらね 
しきる ゆゐつわぬ そをたはめくか
うおえ にさりへて のますあせゑほ れけ 

おそらく、私にはわからないが仮名手本と同様、何らかの暗号を含んでいるのだと思われる。

ということは、もとの歌には、いろは歌のように、何らかの意味があったのかもしれない。

ーー

このままでは全くの意味不明なので、仮名手本と同時代に作られたと仮定して、七五調に変えて最後に「ん」を加えてみると、

ひふみよいむな やこともち
ろらねしきるゆ ゐつわぬそ
をたはくめかう おえにさり
へてのますあせ ゑほれけん

なんとも意味があるような無いような不思議な気持ちにさせられる歌になる。

« 自分が理解できないものは意味がないのか? | トップページ | 韓国の訳の分からない主張に対して、日本が用意する回答は以下のものだけで十分だ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>日本文明の仕込み歌
いろは歌は、空海の作として、 中学校の時に習った様な覚えがあります。 勿論国語の授業の時で、その時、この「仕込み」についても、説明が有りましたが、誰が仕込んだかについては、「諸説あって定かでは無い」と、明言しませんでしたね。

その、「とがなくてしす」 を、冤罪で処刑された事の告発であったなら、この歌を作ったとされる、空海が仕込んだ張本人である疑いが高いでしょう。

何故、其処に、実は渡来人であったと言われる柿本人麻呂が出て来るのか、彼が、この歌にメッセージが仕込まれて居る事を発見・解読したと言うのなら分るが、況や、時代が千年近くも下った、忠臣蔵を引っ張りだす等、質の悪い冗談にしか聞こえませんね。

でも、その意図が、江戸時代に、大評判を取った忠臣蔵を教材にして、子供達に「いろは48文字」を学習させる為に、用意されたエピソードで有ったのなら、素晴らしく趣向に富んだ試みだったと思いますね。

こうした、別の用途を持った文中二、或る規則性を与えて、メッセージを隠す、「仕込み文」は、日本では古くから行われて居た様で、その部門に天才的な才能を発揮したのが、柿本人麻呂です。

一説に拠れば彼の詠んだ歌を、「音韻変化の法則」というものを介して、朝鮮古語に、宛て嵌めてみれば、全く違った、意味の文が現れるので、彼は、当時の半島王朝の新羅が放った工作員の一人で、仲間内の交信に、「仕込み文」を多用したと言う説がありますね。ww

「発真つたえ」については、漢字渡来以前の列島で使われていた、百数十の種類の文字群の一つだと言う認識です。

その文字で一体何を伝えて居るのか、と言う事については、蘇我蝦夷が「乙巳の変」で、息子の入鹿を殺された後、自宅に逃げ帰って、自害して、自宅に在った書庫共々焼いてしまった、
即ち、書庫にまで火を放ったのは、蝦夷の復讐おであった。

何故なら、書庫の中には、大量の、様々な文字で書かれた、地方から、集めた、当時の日本語に解読済み/未解読の古代の日本史に関する文書が多量にあったのではないか? と私は推量致します。

ダカラ、大海人皇子は、天武帝になって、直ぐ、日本の古代史の編纂を始めたのだろうと、私は思います。

此処で思うに、何故、天智帝はこうした事業を行おうとしなかったのか、そして、明らかに、天智帝も、彼の息子である弘文帝も、親百濟であり、反海人族の施策を採ってい成す。

加えて、遡って皇極帝~上皇~斉明帝となった彼らの母親も、吉備豪族出身の所為か、皇室譜代の臣の大伴氏を当時は僻地で有る中部・東海地方に追いやって、過酷な、租庸調を課して、その力を削ごうとしています。

こうした、措置が、やがて、弘文帝が叔父の大海人皇子の討伐を命じると言う、「骨肉の争い」である、「壬申の乱」を起こしてしまうのでした。

こうした、従来の王朝を支えて来た勢力に対する排外的てきな施策が、戦いの前から、吉備と百濟からの豪族以外の地方豪族を敵に回す遠因ともなって、更には、吉備勢と百濟勢との折り合いが悪く、作戦も、失敗続きとなったので、大津王朝側は大敗を喫し、弘文帝は自死を遂げて居ます。

この戦いで、不思議に思う点が幾つかあります。 就中、固より、吉備勢は神武帝以来の友好的な豪族ですが、その元を遡れば、長江遺民の呉の勢力の子孫です。

加えて、桃太郎伝説に登場する「鬼」は、鉄が尽きた半島から移入した鉱労働者が匪賊化したものでしょう。

百濟と新羅は、不倶戴天の敵同士、そうした内訌の要素があるのに、数を確保する為だけに、連合、軍を組んだのですカラ、最初から、上手く行くわけが無い、百濟側も、自分達は、貴族だと言う意識っも強い上、相手が、実は、仇敵だとわかれば、そんな連中の指揮下に入る等、真っ平だとなっても不思議では無い

すると、最大の敗因は、こうした、内訌の存在を認識出来ず、只管、数を頼んだ弘文帝の人心掌握術の無さや、百濟と新羅対立の原因とその歴史美対する理解が出来ていなかったと思われます。

こう考えれば、正しい歴史って、本当に大切ですね。

この先の教育改革で、日本の歴学会が正常化する事が望まれますが、多くは、古代日本と半島、若しくは、大陸との関わりの中で、秘密にされて居る事や、国賊歴史学者が、歴史に織り交ぜた悪質なデマゴギーが、色々な謎を発生させていると、私は思います。

昨日のコメントに書きましたが、技術者ゃ研究者は、基本的に「正直」で無くては、物事が上手く捗りません。

因みに、日本文明のエートスといえば「職人」だと言われて居ます。 日本は不正直を嫌う社会なのです、例え、其れで、自分達が大損を蒙ってもぇす。

即ち、GHQにおもねって、出鱈目な歴史を吹聴する歴史学会の面々は、日本人である事を忘れている、或いは、最初から、斯様なものは、持ち合わせて居無い帰化人かのいずれかであろう。

そのの牙城である、東大文科を大改革し無ければ、日本の病はなおらないと、私は確信して居ます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自分が理解できないものは意味がないのか? | トップページ | 韓国の訳の分からない主張に対して、日本が用意する回答は以下のものだけで十分だ »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31