無料ブログはココログ

« どう考えても、北朝鮮でのウラン製錬とその濃縮作業があった、と言う話は「可能性」でしかないのではないかと思ってしまう | トップページ | そして、ページを読み進めていきながら、フト後ろを見ると精霊が立っているのではないかと思えるような錯覚に陥った »

2019年12月18日 (水)

まあこれから”裏切り者”韓国に何が起こるのか、何が起こされようとしているのかは注意深く見守る必要があるよね

ーー以下newsus2019/12/16より抜粋編集

以下はネットユーザーが書き込んだ【韓国フッ化水素横流し時系列まとめ】に日付を加えて一部表記を修正したものだ。

ーー

04年1月X日:韓国がホワイト国に追加される(※小泉内閣)
07年9月5日:イスラエルがシリアの北朝鮮製の原子炉を攻撃
13年11月24日:米英露など6カ国の協議でイラン制裁の一部緩和で合意
14年2月12日:韓国の金融機関に凍結されている原油代金の送金が問題になる(※今回の支払い問題の原点)

16年1月18日:米国や欧州が核合意を受けイラン制裁の解除を決める
16年6月X日:韓国の産業通商資源部が経済産業省との政策対話をキャンセル、以降3年間対話なし

18年4月以降:日・米・英・豪・加が南北朝鮮の瀬取り監視活動を開始
18年5月3日:イスラエルが安倍首相に靴の形をしたデザートを提供
(※日本がフッ化水素をイランに提供しているとして非難するもの)

18年11月5日:米国政府がイラン制裁を全面的に再開
18年12月2日:イラン、韓国と物々交換の取引をすることで合意
18年12月20日:韓国海軍が自衛隊のP-1哨戒機にレーダーを照射

19年3月中旬:フランスが南北朝鮮などの瀬取り監視活動を開始
19年4月18日:シリアで北技術者がイスラエルに空襲される
19年7月9日:イラン、ウラン濃縮度を20%まで引き上げると宣言
19年7月15日:イスラエル大統領が訪韓し黒塗りの刑法・賠償の章を贈呈
(※韓国が日本製フッ酸をイランへ横流ししていることがばれた)

19年8月28日:日本が韓国をホワイト国から除外
19年9月7日:イラン、ウラン濃縮度の20%までの引き上げを見送る

19年11月10日:イラン、ウラン濃縮度を5%に引き上げていると発表
19年12月12日:イラン、韓国に原油代金の支払いを強く要求する
19年12月19日:イランのロウハニ大統領が来日する

ーー

頑張りましたね…、元のリストと比べて、大分読みやすくなりました!

ーー

書かれていた内容はほぼすべて報道されたもので記録があった。

報道記事のタイトルに沿った書き方だったから検索で日付を探すのは簡単だった。

ーー

ボクが担当した2019年の方が、記録を確認し易すかったです…。

ーー

韓国がホワイト国に追加された日付そのものと日本と韓国が2016年6月に政策対話をした日付はどうしても見つけられなかった。

どちらもおそらく経産省の資料には明記されているはずだが、その資料を見つけるには時間がかかりすぎるのではぶいた。

ーー

ホワイト国追加は、2004年1月だったんですね…、もっと後だと思ってました。

ーー

経産省のパワーポイントにホワイト国の説明があって、そこに韓国の国名が明記されていたんだよ。

そのパワーポイントには2004年1月と年月までしか書かれてなかった。

ーー

韓国は、イラン制裁が解除された頃から、フッ化水素を横流ししてたんでしょうか?

ーー

2016年から2018年までの2年間にやりたい放題横流ししてたんだろうね。

原油代金の支払を、横流しをすることでお目こぼししてもらってたんだろう。

フッ化水素の価格自体はそこまで高くないから原油代とは釣り合わなかったものと思われる。

ーー

2014年の送金が問題になったという話については、この記事を参考にした。

2014年2月12日の記事で、3月にも支払われることになったとされていたが結局そうはならなかったわけだ。

ーーソウル 2014年2月12日 ロイター

韓国、来月イランに原油代金の送金開始=関係筋

銀行関係者によると、イランの核開発問題をめぐり国外で凍結されていた原油代金のうち、韓国の金融機関に凍結されている代金が来月イラン側に支払われることになった。

米英ロなど6カ国は昨年11月、イランがウラン濃縮活動の制限などを履行する見返りに、経済制裁を一部解除することで暫定合意した。

これに伴い、イラン国外で凍結されている同国産原油の売上金のうち、42億ドルが7月までにイラン側に分割で送金されることになっている。

ーー

関係筋が今月5日に明らかにしたところによると、日本がまず今月初め、イランに原油代金の送金を開始している。

韓国の送金額は不明だが、関係筋によると、イランは2013年末時点で、ウリィ銀行WOORIA.ULと韓国中小企業銀行(024110.KS)に合わせて最大56億ドルの資金があった。

別の関係筋によると、送金は3月の初旬と下旬の2回に分けて行われる。

ウリィ銀行と韓国中小企業銀行はコメントを拒否している。

韓国中銀と企画財政省の当局者は、イランへの送金についてはまだ何も決定していないと述べた。

https://jp.reuters.com/article/l3n0lh3pw-korea-iran-oil-payment-idJPTYEA1B06W20140212

ーー引用ここまで

関係筋がウソをついているのだと思います…。

ーー

瀬取り活動については外務省のサイトに各国の具体的な時期が書かれている。

時期が長く複数回に分かれているから詳細は明記しなかった。

2019年以降に活動を始めたのが明確なフランスだけ区別した。

ーー令和元年10月15日外務省ホームページ

「瀬取り」を含む違法な海上活動に対するニュージーランドによる警戒監視活動
・・・

https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_007923.html

ーー引用ここまで

韓国がホワイト国から除外されてフッ化水素に対する輸出管理が強化されてから、急にイランが濃縮レベルを下げたのは、ホントに分かりやすいですね…。

ーー

効いてる効いてるどころの騒ぎじゃないわなww 

それから黒塗りの刑法・賠償の章という話は初耳だったね。

これは大手マスコミでは一切報道されてないよな。

ーー

されてないと思います!イスラエルの大統領本人が、ツイッターで写真をシェアしてただけみたいです。

ーー

トーラーのなかの刑法や賠償について書かれた“BABA KAMMA”と呼ばれる章を送ったのが特に問題とされているね。

韓国は犯罪行為をしたから勉強しろという意味で贈呈したそうだ。

重大な警告ってわけだ。

ーー

安倍首相が靴のデザートを提供されたのは、今年だと思ってたんですけど、去年だったんですね…、これも、警告ですよね?

ーー

激しい憎しみを伴った警告だね。

この頃はおそらく日本が直接イランにフッ化水素を渡していると疑われていたんだろう。

ちょうど瀬取り監視が始まったのも同時期だ。

そこから1年余りの時を経て日本側はその疑いを晴らし、韓国の仕業(しわざ)だとイスラエルに理解してもらうことに成功したわけだ。

ーー

良かったです…。

ーー

イスラエルの皆さん、日本は、まさか韓国がフッ化水素をイランに横流ししているなど、考えもしなかったのです。

日本は韓国が横流ししていることが分かってすぐに韓国へのフッ化水素の輸出管理を強化しました!

ーー

まあこれから”裏切り者”韓国に何が起こるのか、何が起こされようとしているのかは注意深く見守る必要があるよね。

何らかの制裁措置がなされるはず、それはもはや日本一国でどうこうできる範疇を越えている。

それだけは韓国民にも深く理解してほしいと思う。

結論:韓国は”BABA KAMMA”を読み込み自らの過ちを後悔せよ

« どう考えても、北朝鮮でのウラン製錬とその濃縮作業があった、と言う話は「可能性」でしかないのではないかと思ってしまう | トップページ | そして、ページを読み進めていきながら、フト後ろを見ると精霊が立っているのではないかと思えるような錯覚に陥った »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>韓国の終焉 3
韓国の致命傷になったと思しき、フッ化水素の横流しの裏幕が見事に描かれて居て、非常に興味深い記事でした。

でも、契機になったのが、米国に拠るイランの核開発疑惑による経済制裁で、ドル建て払いの原油代金ですから、日本も韓国も従う他は無かったワケです。

すると、安倍首相がイランに急遽居っ他のは、先ずは、制裁緩和に元づく原油代金の支払い開始時期を、12月5日にすると伝える事、それに、以後は韓国への、フッ化水素の輸出は止める事をつげにいったのですね。

処が、韓国も原油代金を支払わねばならないのに、なんの音沙汰がない。

それで、ムスリムのトーラ―の刑法・ の章が送られてきて、イランが、可成り怒っている事は、間違いないので、韓国は、以後原油をイランから、買えなくなる可能性が高い。

フッ化水素を横流ししている子がバレて、激怒されたイスラエルエに続いて、イランからも、敵視される羽目になりそうだですね。

それに、既に、英・豪・NZ・仏は、韓国を国連安保理の議決事項違反の瀬取りを行って居ると確信を持たれて居るカラ、最早、西側の仲間ですら無いでしょう。

影響は、貿易額の極端な落ち込みになって現れて居るが、素の主犯を日本の所為にするあまり、世界からも孤立し始めて居る事に気付いて居無い。

韓国の国際的な孤立は、日を継いで深まっているが、全て、文在寅の思惑通りに事が運んでいると言う見方も出来る。

唯、彼と彼の取り巻く、朝鮮の政治工作員勢力の思惑が外れて居るのは、全て、日米に手の内を読まれて居て、先回りされて、計画を潰されているからであろう、勿論、彼らの中に、日米に情報を流して居るものが居るのだろう。

其れにしても、文の就任以来の極度の反日・反米姿勢は、謀略と呼ぶには、咋過ぎているので、その彼を高率で支持して居る国民も、韓国が日米同盟から離反して、共産化する事を国民が願って居る可の様に見えた。

就中、昨年暮れのFCSレーー照射事件では、韓国海軍までが、虚偽の報告をして、何とか、真実を隠蔽しようと下の二は、驚かされた。

事実は、朝鮮を脱走した兵士3名が、日本の能登半島に上陸を諮ったが、其れを韓国っ海軍が阻止して、その身柄を朝鮮側に引き渡して居る最中だった、という事です。

こうなると、朝鮮と韓国は、最早一体と見做すしか無くなって終いますね、脱北者も、最早、韓国に逃げるのではなく、日本に逃げて来たのが何よりの証です。

米国のトランプ政権は、この事件の発生直後からの一部始終を知っていたと思われまず。

だから、韓国の制裁に消極的で、アフガニスタンからの、派へ伊勢力の削減に反対した、マチス国防長官を更迭、在韓米軍のが装備している、高性能レーダーと、無人偵察機を、1月27日までに、日本の横田基地に移設したのですカラ、是で、韓国の米国側の味方が一人も居無くなった上、韓国の軍事的警戒ええベルは、格段に落ちたと言う事ですね。

米国の軍事面での、韓国切り捨ても、この時点で始まっていたと、考えるべきでしょうね。

処が、事態が煮詰まって来て、米韓同盟が有名無実化し始めると、既に、実態がなくなっているGSOMIAの破棄をほのめかして、日本側をけん制する様な、情報弱者振りを披歴して見せて、期限ぎりぎりに破棄し無い徒、前言を翻して見せる、混乱ぶりを見せました。

すると、途端に、韓国内で、反政権デモが湧きおこり、次第に大規模化していると訊くが、こんな事は、当に、夏炉冬扇の類であろう。

つまり、全く時宜を得て居無い、日米と韓国の関係は単は、盲、修復不可能な段階に有る金融機関でも、残って居るのは日本のみずほ銀行だけ、是は、単にトップが、韓国寄りの人間だからだろうが、預金者には迷惑な話である。

韓国は、完全な死に馬である、然も、普通は死肉を漁るスカベンジャーが、寄って来るモノだが、其れすら逃げ出して居るのだから、みずほ銀行のトップは、韓国と進駐する気なのかもしれませんね、www

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« どう考えても、北朝鮮でのウラン製錬とその濃縮作業があった、と言う話は「可能性」でしかないのではないかと思ってしまう | トップページ | そして、ページを読み進めていきながら、フト後ろを見ると精霊が立っているのではないかと思えるような錯覚に陥った »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31