無料ブログはココログ

« 民主党政権時代のように、「イ・ミョンバクの私兵」である人たちを国会議員に選挙してしまうと、またもや悪夢の時代になってしまう | トップページ | そのうちウォン紙幣を燃やして暖をとる光景が見れるかも、と言ってる人もいます! »

2019年12月 4日 (水)

朝日記者は「実はあの記事は作りもの、ラーメン屋の幟(はた)も自分で作って写真を撮った」と自供した

ーー以下「頂門の一針」より抜粋編集

松本市 久保田 康文さん採録

出典:『週刊新潮』令和元年(2019)12月5日号
【変見自在】忠実な犬:高山 正之

ーー

ずいぶん前に「百円ラーメンが消える」という朝日の広島県版のトップ記事が話題になった。

広島大学近くに老夫婦が経営する百円ラーメン屋があった。

学生の客で繁盛していた。

ところが3%の消費税が決まって材料費が値上がりし、もう百円では無理になった。

値上げしたら贔屓にしている学生さんに申し訳ないから店を閉めることにしたというお話。

ーー

竹下登の消費税が弱者の善意をもろに打ち砕いたと朝日新聞記者は主張したかったのだろう。

ーー

税金を払いたくない在日の支持者らに社会党委員長の土井たか子は消費税導入について「ダメなものはダメ」と言わせられていた。

その消費税導入の時の事だ。

タイムリーな記事だったから、店が閉じられる前に行きたい、何か援助できればと読者の反応の輪が広がった。

支局長も、いい話だ続編を書けと言った。

ところが記者はもじもじして「実はあの記事は作りもの、ラーメン屋の幟(はた)も自分で作って写真を撮った」と自供した。

ーー

一部どころか記事すべてが捏造だった。

ーー

朝日はどうしたか、頬被りしてお詫びも訂正もなし。

「記者の処分もなしで、彼は今、本社に上がって核問題取材班に入り、外国を飛び歩いている」

と烏賀陽弘道著『朝日ともあろうものが』にあった。

ーー

先日の朝日新聞に「核」取材班記者の田井中某がローマ法王の来日についての解説を書いていた。

ちょっと惹かれた。

もしかして件のラーメン記者がまたぞろ捏造記事を書いたのかと思いつつ読んだ。

本人かどうかは分からなかったが、核廃絶に取り組む法王の訪日の意義を語る記事には、ラーメン屋捏造に似たものを感じたのだ。

ーー

例えば「浦上天主堂は原爆で大破した」とある。

そして天主堂が交通事故に遭った風に書く。

しかし確かに被害は酷かったが、煉瓦造りの正面も外壁もほぼ残っていた。

広島の原爆ドームほどのしっかりした威容だったのだ。

ーー

しかしキリスト教国の米国には刺激が強すぎたようだ。

米国の強い要求で天主堂は取り壊された。

「大破」にはそれを隠すような狡(ずる)い作為を感じる。

ーー

天主堂ゆかりの永井隆博士の『長崎の鐘』にも触れている。

被爆の実態が克明に綴られていた。

「(占領軍)GHQの厳重な検閲の許で出版された。ただ日本軍のマニラ大虐殺の報告と抱き合わせだった」と。

しかしそれは嘘だ。

ーー

占領軍GHQは2年間も出版させなかったのだ。

その事実を記者は伏せ、寧ろ好意的に出してくれた風に書いている。

ーー

もっと問題なのは抱き合わせたマニラ大虐殺の方だ。

占領軍GHQは次の話を新聞に発表して掲載させた。

「昭和20年2月、日本軍がマニラで女を犯しまくり、市民10万人を殺した」と。

ーー

ところがこれは大嘘だった。

ーー

日本軍は米軍の総攻撃を前に市内のサントトーマス大に収容していた欧米民間人3500人を解放した。

戦火に巻き込まれないようにという日本軍らしい配慮だった。

するとその情報をどこからか得たのだろう、米軍はその翌日から非白人だけになったマニラ市に徹底した砲爆撃を加え、多くのマニラ市民を殺害したのだ。

米軍は自分で殺しておいてそれを日本軍のせいにしたのだった。

ーー

それをはっきり指摘したのはまだまともだったころの朝日だった。

占領軍GHQ発表に対し「我が軍はそんなことをしない」「証人を募って検証すべきだ」と書いた。

すると占領軍GHQは即座に朝日の幹部を呼びつけ廃刊を申し渡した。

ーー

ここからは邪推も入る。

占領軍GHQは「ただ今後、米国の犬になるなら今回は二日の発行停止で許そう」と言った。

田井中はそれを今も忠実に守っているつもりなのだろう。

ーー

彼は長崎に原爆を落としたB29ボックスカーを訪ねてオハイオ州の米空軍博物館に行く。

そこに「戦争を終わらせた」良い原爆投下機だとあった。

まだ原爆投下を正当化する米国人がいることに驚いて見せるが、それは余りにも世間知らず(ナイーブ)というものだ。

ーー

米政府はボックスカーも広島原爆の投下機エノラゲイも終戦後すぐ軍から除籍し、エノラゲイの方はスミソニアン博物館に譲渡している。

さらには原爆を作ったロスアラモスとハンフォド、オークリッジの施設を国立公園に指定し、その栄誉を讃えたばかりだ。

法王がどう説教しようとその根性は治らない。

そんなことも理解しないで米国を庇(かば)って見せる犬根性は日本人にとっては迷惑極まりない。

これではまだラーメン屋の嘘の方がましに見える。

« 民主党政権時代のように、「イ・ミョンバクの私兵」である人たちを国会議員に選挙してしまうと、またもや悪夢の時代になってしまう | トップページ | そのうちウォン紙幣を燃やして暖をとる光景が見れるかも、と言ってる人もいます! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

縦椅子様・日本国民様

 今日も素晴らしいブログ有難うございます。
≪朝日ラーメンのラーメン記事はラーメン記者の自作自演だった≫や、日韓の慰安婦問題も朝日のねつ造記事から端をはっしています。
 朝日新聞は一体何に忖度してこのような模造記事をだすのでしょうか?
 戦後GHQが駐留をしていた時、米国に不都合な記事を書いたときに、廃刊を命ぜられ、それ以来ちじみあがっているから…ともとれ、何かの力がかかっていることは、歴然としています。

日本国民さま、「ケネディ曰く」のご掲載ありがとうございます。
  その目には見えない隠密的手段を用いた陰謀について、1963.11.22.にダラスで銃弾に倒れられたケネディ大統領が警告されているのを日本国民様が、暗殺の原因は「ケネディ曰く」の内容にあったのではないかと「ケネディ曰く」を掲載してくださいまして、余りにも素晴らしい内容なので、その全文を載せさせていただき度思います。ご了承いただけますでしょうか?済みません。
ケネディ曰く:
 「秘密という言葉は自由でオープンな社会では嫌われています。我々は国民として本質的に歴史的に秘密の誓約書や秘密の手続きに抵抗しています。民主党による弾劾公聴会や秘密の証言者そして武装した守衛を使って大衆をしめだしながら大統領とつながりのある弁護士や国務省内部の人間が秘密裡に
証拠開示手続きにかかわっていることに注意をそそいでいるでしょうか。我々は、世界的に影響力を拡大する為に隠密手段に依存した冷酷な陰謀を実行し続けている彼らに立ち向かっています。彼らは、侵略ではなく潜入という手段、選挙ではなく転覆という手段、自由な選択ではなく脅しという手段、日中に軍を使う手段ではなく夜間にゲリラを使う手段をつかっています。彼らは膨大な人材、資源(軍事産業、金融機関、ニュースメディアなど)そして非常に効率的で緊密に連携した組織を動員し軍事、外交、経済、政治活動を行っています。彼らの計画は秘密裡に準備され、ミスは闇に葬られ、反対者は口を封じられ、活動費は制限なく、疑問や噂は報道せずということが明らかになりました」
 上記のとおり、ケネディが警告したことが、(暴力テロ集団)アンティファを使っている現在の民主党にもあてはまるはずです。1961年にケネディが警告したことが2019年にもあてはまるのです。このように米国はこのようなばかばかしい彼らの陰謀によってはめられてきたのです。
 ケネディは米国民の敵を見分けることができました。彼は、我々が立ち向かわなければならないディープステートについて完璧に説明していました。現在、オルターナティブメディアが解体されている理由がこれでわかります。-以上ですー
 ケネディ大統領の発された警告は、まさに私たちに発されたものだと言えます。この生命をかけられた警告を真摯に受け止め、ディープステートの大阪都構想への隠密関係を多くの人に知ってもらいたいとおもいます。
 11/22/63は1963年11月22日。ケネディ暗殺の日。過去へさかのぼり「暗殺を阻止してほしい」との死期の迫る友人の頼みに、
友人の店の奥に隠された「穴」のタイムトンネルを通じて、1958年から何度か試みるお話:スティーヴン・キングの超大作はそこまでして「ケネディ大統領の暗殺」を阻止したい気持ちにあふれており、私もこの暗殺を実行した闇の陰謀集団が許せないと思います。-以上  感謝です!!

>縦椅子様 本日も更新有難うございます投稿。
>>GHQと朝日が戦後やった事
帰化系のジャーナリストでも有る高山さんが、朝日の記事捏造体質について語るというのは、氏の日頃の保守的な言動を知って居るものには、別段奇異な事では無いだろうが、若い読者で、経歴・出自だけしか知らない読者層は、驚くかもしれない。

それは現在、国家の危急存亡の秋を迎えた韓国や朝鮮の形振り構わない反日のザマが、それ程酷く、在日朝鮮族の信用も地に堕ちて居るからだ。

然し、氏の語る、戦中・戦後の米軍の日本に対する、狡猾にして、卑怯極まりない、情報戦の数々に拠って、 戦後体制を造り上げたのは、紛れも無く、米国で有る事が分る。

然も、それは、戦前のコミンテルンの細胞だった、米国民主党のニューデイラー達だけでは無く、後継の共和党政権下のGHQでも、同じ事で有った事は、日本人は忘れてはならない事だろう。

つまり、彼らの道徳心と言うものは、日本人が自己を規制する際に用いるものとは、雲泥の差があると言う事である。

例えば、今は片られないが、氏が挙げた、「日本軍に拠る、マニラ大虐殺」と言う、大嘘がある。

日本軍が、戦時中を慮って、マニラ在留欧米人を1ケ所に収容して居たが、米軍の侵攻近しの報を得て、是を解放したら、マニラ市内には欧米人が残って居無い事を確認した上で、マニラ市内を砲撃で壊滅させ、有色人種の市民、10万人が犠牲になった。
p
そして、この虐殺行為を日本軍の仕業と喧伝したのである。

この様に、欧米人の正体は、狡猾にして、卑怯、残忍なのである、全ては、彼らが持って居る、キリスト教の神が教える「有色人種は、人類に非ず」を、以て「白人以外の人類は、全て、家畜か獣である」と信じて居るカラである。

戦後生まれの日本人は、ややもすれば、この事を忘れてしまいがちだが、戦後の朝鮮人の反日行動を見て看ぬふりをしたのは、米軍で有った事を、確り心に刻んで、「世界が、日本人と同じ道徳で動いて居る等と努々思わぬ事であろう。

と、高山さんは、言外に仰有りたかったのではないだろうか、つまり、戦後の朝日や朝鮮人の、反日行動も全て、米国の為せる業で有ったと、根異国の道徳心の無さを、告発したかったのであろう。

勿論、欧米が決めた、戦争法と言う道徳規範を守り抜いて、戦い抜いた日本人の先達を、証拠も挙げずに、只管金の為に貶めて、利得を得て来た、朝日新聞や読売新聞を筆頭とする、彼らに、全く罪が無いなどと、口が裂けても絶対に云居ませんがね。

然し、我ら、神道と仏教を社会道徳の基盤に持つモノは、釈尊に曰く「人の成仏を妨げる、最大の要因は、執着である」と説いて居ますから、既に75年近くが過ぎた今、蒸し返して、当時の米国を非難糾合した処で、当事者はとっくの昔に、あの世へ行ています。

そして、「最後の審判」とやらを、待って居るのだろうが、モーシェに、神が降ろしたと言う、十戒の中に、生前、違背して居れば、其れ形の罰が下るダケの事で、粗方は、宇宙の原質に戻されるて、2度と、生物としてこの世に、現れるっれる事は無いでしょう。

そして思うに、ゴルゴダの丘で死んだイエスやモウシェは、天啓を受けて居ただろうが、イエスの死んだ後、ゲッセネ派ユダヤ教徒の信者たちを、甦ったイエスに委託されたと自称して、キリスト教「=メシア教」を立ち上げたパウロは、決して神の天啓を、受けて居無いと思う。

ダカラ、パウロが、神の啓示に基づくイエスの゙教えを、ファリサイ風に、改竄したり、付加を入れて、その、世界宗教たる教えを変質せしめても、後世の人々は、ローマの愚民化策に拠って、その聖書すら満足に、読めなかったの、何をか況やであろう。

欧米社会の道徳律とは、斯くの如き低劣・悲惨なものである。

然し、面白い事に、此のパウロ神学と揶揄された部分を、sℋプッチ氏て居たのは、文字を読み書き出来た、特権階級だけと言う事であるが、その階層とは、ゲルマン族だけ、或いは、、パウロが死んで、千年も経てから、滅んでいたユダヤ教を復活させた、ハザール人も、その事実を知って居たであろう。

とすれば、ローマから現在までの欧州や白人支配の世界を造って来たのは、バチカンとゲルマンの王侯貴族、そして、その社会のカラクリを知っているハザール系の流民だと言う事に成ろう、ダカラ、都合の悪いハザール人は、欧州で嫌われ、こい民族抹殺の目に遭うのでしょう。

多くの白人層は、言われるが儘に、神を信じて、言われるが儘に、戦争に駆り出されて、王侯貴族の不労の生活を維持するべく、大した意味も無い戦争で、尊い命を捧げてきたのですね。

そして、此処ママの状態なら、白人種は、近い将来、多分あと100年もしない裡に、そのセゾンの危機を迎える弟子ね。

是を仏教では「因果応報」と言います、勿論、「自然の理」で有る事は言うまでもない。

ばら様>  日本国民です。

お気持ちの上でテンションが随分上がっていらっしゃるご様子とお見受け致します。

大阪に対する懸念材料の大元もいすれ弱体化するものですので、しばらくは「ご様子見」とされることをお勧めいたします。
ただ、後世に警告や忠告の目的で、周知させる意味は大きいと考えます。
 
『賢者は、歴史に学び、愚者は経験で学ぶ』とありますように、後世、仮に史実や忠告を無視し、ないがしろにするようなレベルに下がった時は、また同じ課題を学び直すこととなります。
案外、我々は同じ過ちを繰り返して来ているのやもしれませんね。
要するに落第の連続ということです。

真の卒業生は次のステージに上がって修行に励んでおりますので、地球上は同一課題を繰り返しているだけのステージかもしれません。

幼稚園は永久に幼稚園です。
生徒は卒園しても幼稚園には新たに入園してくる新幼稚園生を同じカリキュラムで教育する・・・・・

小学校に入学できるレベルに及ばない者たちは、落第を繰り返し、新入生とともに学び直す。

幼稚園が地球です。

幾度も地球に生まれてくる魂は新入生レベルから卒業まじかのレベル位の差異があるようです。

地球に修行に来る者たちの中には、“地獄”と人間界で形容されている階層からのリトライ組もいますようで、「ほんとにやり直す気あるんかいな」という者も数多。

“地獄”と称されるところはありませんが、人を騙すことが好きで、強欲で隙あらば人のものを奪うということが好きな者は、そういう類の集まる階層に移動します。

まぁタヒんでからのお話ですけど。

どこを向いても自分と同じレベルのワルばかりの世界。壮観ですね。
 
この世でしたら適当に不用心な善人がいっぱい居ますから、騙すことも楽しいのでしょうが、周囲が全員自分と同じワルしかいない世界って・・・それこそ地獄でしょうね。
油断も隙も無く、「いつ寝首を掻かれるか」といった世界ですし。 楽しくないですし、苦しいでしょうね。

逆に、思いやり深く、想像力もあり、利他の心を持つ者は、同じ次元の者たちのところに移動します。
この世のように、自分を害する者は居ないので、まさに極楽ですね。
そんな極楽と思える世界でも、長く居ると(飽きてくるし)向上心に突き動かされて、新たに物質界で修行することを切望するのです。

幾度も物質界に修行に臨み、ある程度向上している者は、己に負荷かけまくります。養成ギブスみたいなもんかな。

反対に低レベルのやり直し組は自身への戒めとしての負荷をかけます。
これが、土壇場でしり込みする者も多くて、逃亡する者も少なくないらしいです。つまり「因果応報」が恐ろしいのです。まぁ自身で自身を戒めるための内容を決めているんですけどね・・。意気込みだけはあったようですけど・・。

ですから、この世に生まれてきていること自体、素晴らしいことなのですよね。やる気ありまっせの証左なのですから・・・・。

大霊は常に向上することのみ、向上するという一種利己的願望のエネルギーと云ってもいいでしょう。
我々もその一部です。
その一部としてこの地球で日々研鑽しているというわけですわ・・。

しかしですね、母親の胎内から出でた瞬間に普通の人は記憶を全面的に遮断します。
ゲームでいう処のクリアです。

「この世がすべてだ」という感覚を持たせなければ修行になりませんからね。

あの世で自分と同じような者たちとの世界で過ごしていれば、ある意味「いい人」でいられますが、この世に来たことによって真のレベルが露わになるということもあるわけです。
ま、まぁそうだろうな、とも思います。

だから、この世がすべてと思うことで、何としても富を貪り、不老長寿を願うという心(魂)の醜さで、あの世で応援している仲間たちを失望させている方も少なくない事でしょう。

余談ですが、人が生まれ持った才能は、前世までに努力して
得たものに他ならないようです。
神様からのギフトなどと欧米では言われてますが、自身で培った
賜物です。誇っていいのです。
そしてまた伸ばしましょう。

本日の話題の朝日新聞ですが、朝日新聞のみならず他紙も、余すところなく米国サイドの計画に加担しているといっても過言ではなく。お得意の左右両建てで日本人を、そして世界中の人を掌上で操って来たということです。
最悪の事態になれば、深く事情を知る者は消されて、秘密を守ることに終始し、その後捨てられるでしょうね。「在日や反日日本人の罪業」として世間に公表されるのが落ちかもしれません。

在日朝鮮人などを日本に置いたのも米国側の計画です。
竹島の漁師拉致監禁殺害も、米国の指示ですね。
李承晩が米国亡命中にいろいろ吹き込まれた結果です。
すべて間接支配を布く計画目的の為ですね。

仮に揉めてもアジア人同士で傷つけあう、隣国同士の醜い争いと世間(世界)の人々に印象付けられますし、韓国は金融街にすべて乗っ取られていますし、北朝鮮では江沢民派経由で日本から簒奪した富をいただきます、してましたね。
彼らは北朝鮮を使って日本での諜報活動もしていました。
朝鮮人の伏兵を米国内で指導して、日本国内で反日活動に勤しむように図ったのも米国です。
米国民主党が主体になっていましたが、ソロさんが仰っているように、共和党も大概だったのも事実です。

そんな中、近年トランプが、共和党を乗っ取り、わがものにすることにに成功したとも云えるでしょう。

とにもかくにも、日本中に張り巡らされた権謀術策の網は、予断を許さぬほどに細かく複雑に絡み合っていることは現在も変わりはないですね。
それに惑わされるなと云う方が難しいのかもしれませんね。
安倍首相も、議会の進行を妨げる無能野党とのおつきあいの傍らに別会議での国益重視議題の進行に、心血を注ぎ、安全保障も含んだ外交のために足しげく外遊し、結果を出すことに邁進しております。

そんな情報をマスコミらは一切報じず、学級会のようにくだらない内容を殊更重要であるかのように報道し、安倍失脚のために画策する、ごみにも及ばぬ💩達ですね。

最後は下品にまとめてみました。(笑)

縦椅子様・日本国民様・ナポレオンソロ様

  素晴らしい方々に支えられ、テンションの上がる充実した日々を過ごさせていただいていますことを感謝いたします。
 アダムとイヴがエデンの園でサタンにそそのかされ、エデンの園から追放され、原罪を持つ者として流浪し、神にすがりますが、その神は、悪魔の変身したものだった。ちょっとしたことでも、懺悔することで、教会に弱みをにぎられ、罪の意識から逃れられないという、神の姿を借りたサタンの悪だくみは、全てを支配している:という夢で変な気持ちめざめましたが、今朝ブログ ナポレオンソロさまや、日本国民様のお心籠る素晴らしいコメントに見せていただき、勇気づけられ、やっとのこと平常心に戻ることが出来、安堵しました。有難うございます。
感謝申し上げます。  感謝!!

縦椅子様

 先ほど揚げましたコメント、掲載するにはふさわしくないサタンの夢なので、掲載を削除お願い申し上げます。
 こんな夢をみるのも、悪い悪魔が、最後のあがきをしているのでは、という希望的観測もできますが、削除を願えたらとおもいつつ、ご判断にお任せいたします。 よろしくおねがいいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 民主党政権時代のように、「イ・ミョンバクの私兵」である人たちを国会議員に選挙してしまうと、またもや悪夢の時代になってしまう | トップページ | そのうちウォン紙幣を燃やして暖をとる光景が見れるかも、と言ってる人もいます! »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31