無料ブログはココログ

« この国(朝鮮)を目して野蛮と評するよりも、寧ろ妖魔悪鬼の地獄国と云わん | トップページ | 要するに結論は「あの国とはかかわるな」である »

2019年11月 4日 (月)

愚鈍頑固で腹黒い輩、権勢に阿(おもね)って利をみては義を忘れる人等が秋の蝗(イナゴ)のように

ーー以下「宮崎正弘ブログ書評」より抜粋編集

老村著、夛田狷介訳『騒土』(中国書店)

老村はもちろん筆名である。

彼は、苦労を重ね、北京へ出て映像の企画にも携わったが、やがて引き籠もり創作に専念した。

そして支那人でなければ書けない、土着の物語の執筆に余生を賭けた。

ーー

評者(宮崎)は、いずれ文革の悲劇を支那人らしく壮大に悲壮に描いた作品が出てくるだろうと期待して、はや四十年を閲(けみ)した。

ようやく出てきたのだ。

『金瓶梅』や『紅楼夢』は土着の支那文学として知られている。

著者は、これらの小説の伝統的な技法を採用しながら『騒土』を書いた。

この中で筆者は、文革初期、北京から遠く隔れた、途方もない田舎に暮らした人々を活写する。

ーー

黄色の砂塵が巻き上がるような農村にも、ある日文革宣伝隊がやってきた。

僻地とは言え、村には、政治的人間やら軍人崩れやら、金持ちの妾やらがいる。

倫理観が希薄な所為か人々は本能のままに動き回る。

人々は無神だが迷信は信じている。

そんな滑稽なほど隠微で乱倫な人々の日常が描かれる。

ーー

読んでいくと、これが支那の農村の底辺で暮らす人々の実相だったのだ、と感嘆するに至る。

それにしても長い。

「生きていることを愉しむことだけが人生第一の喫緊事」

「(ゆえに)男は自分の女房を守らず、ひたすら他人の女房を盗むことばかりを考えている」

「女は婦道を守らず、いつだって良家の子弟を誘惑しカネをせしめようとする」

ーー

「(このような)世間から後ろ指を指される類の」

「愚鈍頑固で腹黒い輩、権勢に阿(おもね)って利をみては義を忘れる人等が秋の蝗(イナゴ)のように」

「上の方にはブンブン飛び回り、下の方ではぴょんぴょんはね回り」

「繁栄してきた」

ーー

そんな豊穣の郷(さと)が、荒廃し、

「残ったのは禿山と乾河(かんが、干上がった川)」

「耕地は荒れ果て、人里には雑草が生い茂る」

という時代を迎えるのだった。

ーー

巨大な虚無主義(ニヒリズム)が到来し、砂塵とともに全てを飲み込み砂塵だけを置いて去った。

題名の『騒土』は、騒ぎ乱れる、浮ついている、かる弾み、淫らなどの意味を掻き混ぜた、支那を象徴する語彙を選んで冠された。 

« この国(朝鮮)を目して野蛮と評するよりも、寧ろ妖魔悪鬼の地獄国と云わん | トップページ | 要するに結論は「あの国とはかかわるな」である »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>共産主義がシナに遺したもの
 昨日の私のコメント中に「改革開放政策で農村に精神的汚染が広がった」と言う、不満が上がった、と言う仄聞情報を書いたが、その実態の推移を書き現した様な本だと言う事でㇲね。

 其れにしても、著者のシナ人の老村氏は、兎も角、訳者の多田狷介(タダ・ケンスケ)さんの方も「狷介な人(ひねくれた考えの人)」を表す「狷」を使って居るので、大分ひねた感じがしますねww

 縦椅子様のダイジェストを読むと、直ぐに、ワイルド・スワンだの、大地の子に描かれて居た、シナの農村部の有り様の記憶が、甦ってきました。

 一言で云えば、「人倫の無い世界」だと言う事でしょう、宗教と言う寄り、因習を伴った迷信と言うべき習俗、道徳観を持ちようが無い、生存限界ギリギリの生活、それでも、家族が何とか生き延びようとして足掻いてるのが、共産主義が入ってくる前の生活だった。

 けれども、入って来てからも、農村の生活は、然程の変化もなく、相変わらず生存限界すれすれの生活が続いて居たと思います。

 唯、文革(文化大革命)と言う、大きな節目が有って、農村に労改「=労働解同所」と言う、文革で「ブルジョウワジー的」と、共産党に指摘された人々でしたが、殆どは、学校の教師とか学者と言った知識層の人達が、農村分に送られて来たのです。

 「タンアン」と呼ばれる、個人の評定書の内容が悪ければ、より劣悪な環境に置かれて、亡くなる人も多数いたから、文革とは、一種の文明の弾圧であり、破壊であると思って居ましたから、是を指導した共産党、否、毛沢東の何処が、先進的で理想なのかと思いましたね。

 その後、改革開放が軌道に乗って、外国の企業の様々な産生産拠点がシナ内部に造られてて、「農民工」と呼ばれる、土地を取り上げられて、生計の手段を奪われた農民たちがやむを得ず不慣れな仕事をしなければイケなくなった。

 其れから30年も過ぎましたが、農村の経済状態が好転した話は、聴いた事が有りません。 未だに、1日を100円以下で生活している人々が、数億人居るのです。

 実は、共産シナの改革開放政策の狙いは、この最大の人口を抱える農村部の人達の木庭威力を、攻め手中進国並みに上げる事で、シナを世界一の消費圏にする事だったのでしょうが、そんな、「他人が得をする為に、自分の利益を得る機会を失う」等と、愚かしい事を肯じる事が、シナ人に限って有るわけが無いでしょうに。

 だから、シナの共産主義派「失敗するべくして失敗した」のですが、そんな見通し等、利に敏いシナ人が、見抜けないわけが無い。

 然も、固より、宗族主義で、社会で共有する利益を護為に尽くす「=奉公心」が端から存在し無いシナ人が、何を置いても、自分の利益を優先的に考えるのなら、あらゆる公職は、収賄の権利にしか過ぎないだろう。

 共産党の幹部自身が、利権で得た巨額の「盗んだ国富」を海外に蓄財して、剰え、自身も家族ともども、シナから亡命・脱出して、その持ち出した国富の合計額が、既に、159兆円を超して居ると言う仄聞情報もある。

 其処へ共産シナの元幹部である、江沢民が現役時代に創り上げた、利権システムや人脈を駆使して、米国の金融筋と結託して、米国の知的財産(知財)を片っ端から盗み出して、開発費無しで、安い最新機器を量産して売りだしたから、忽ち、米国市場はシナ製品で溢れかえる事に成った。

 流石に、この現象に音を挙げた米メーカーの声に、米国政府の、DS勢力外の人々が、密かに調査を始めて、終に、シナ製の電子機器には、「バックドア」と呼ばれる、盗聴発信装置が仕掛けられている事を突き止めた。

 そして、昨年の10月4日に、満を持した形で、ペンス副大統領が、ハドソン研究所に聴衆を集めて「シナに対する宣戦布告」を行った。

 米支貿易戦争の開始で有った、米国は、この戦争を始めるに当たり、周到な先読みと準備をして、必勝を確信して始めたものと思えます。

 唯、調査を始めた時は、正面の敵が、一体誰なのかが判らなかったが、其れを、上海派+DS勢力+民主党と北京政府の2つで有る事が、分かったから開戦宣言に踏み切ったのだろう。

 それも最初の裡は、共産主義そのモノに対する攻撃が主体では無かったと思うが、シナ社会の酸鼻な実態が、明るみに出て来るに随い、共産主義云々では無く、シナ社会そのものが、人類に取って、「この世の地獄」で有る事が、明らかとなって、兎に角、現状の醜悪・極悪な共産党支配を終わらせなければ、地獄は終わらない、と判断したのだろう。

 そういう実態を知りもしないで、シナの窃盗科学技術だけに、目を向けて、シナ礼賛を未だに続けて居る、「経済評論家」が居るが、インチキ商売も、ここに極まれりである、完全に情報筋の選択を間違えて居るとしか云い様が無い。

 然し固より、事実上経済で世界制覇していると言って良い、赤盾主催の、国際金融資本は、その正体を決して表には出さないし、世界のマスコミに、その名前を使いう事すら赦して居無いのだから、其処を、陰謀論としか見て居無いレベルでは、本当の事は分らないだろうし、この先の予測もたつまい。

 況や、厳しい情報統制が布かれているシナの農村部の惨状等、知る由も無い事だろう。オソラク、その惨状は想像を絶するものになって居ると思う。

 共産主義がシナに遺したものとは「この世の地獄」ではなかろうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« この国(朝鮮)を目して野蛮と評するよりも、寧ろ妖魔悪鬼の地獄国と云わん | トップページ | 要するに結論は「あの国とはかかわるな」である »

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31