無料ブログはココログ

« 米、「一帯一路」に対する代替案を発表 | トップページ | 共産支那への経済制裁を阻止してるのはゲイリー・コーン(元ゴールドマンサックス社長)ですよー »

2019年11月13日 (水)

香港で学生が警官に銃で撃たれる動画が拡散されている

ーー以下「松山昭彦ブログ」より抜粋編集

香港でまた丸腰の学生が警察官によって射殺された。

11月10日、香港で学生が警官に銃で撃たれる動画が拡散されている。

https://twitter.com/takenoma/status/1193719473196294144

この映像は世界に伝えるべきでしょう。

ーー

民族性は時代が変わってもまったく変わらないことを証明している。

かつて百数十人もの日本人女性を大衆の前に引きずり出して、全裸にして輪姦して、そのまま殺害した通州事件を起こしたのが、この支那人である。

支那・朝鮮人は、こういうことを今でもやる民族だということを忘れてはいけない。

ーー

しかしこういう動画はすぐに削除される。

https://twitter.com/chowtingagnes/status/1193768570993295360

https://twitter.com/HKnewsJP/status/1193688582176686080

今や香港警察は、市民を守るのではなく、「殺してもいいから市民を北京に従わせろ」という北京からの指示に従っているのだろう。

ーー

米国はじめ各国から、香港のこの現状に対する非難が多い。

しかし日本政府や日本の既成メディアから非難する声は小さすぎてほとんど聞こえない。

来年春の国賓扱いの習近平に配慮しているからか。

ーー

ならば本末転倒である。

習近平は、香港をこんな状態にして、チベットやウィグルの民族浄化や臓器売買をしている、その張本人ではないか。

我々が出来ることは、せめて香港の実態を拡散して、一人でもこの現状を多くの人に知ってもらうことである。

« 米、「一帯一路」に対する代替案を発表 | トップページ | 共産支那への経済制裁を阻止してるのはゲイリー・コーン(元ゴールドマンサックス社長)ですよー »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます、
>>情報弱者のブロガーの悲劇
 この松山昭彦さんと言うブロイが―が発信している情報は、確かに起こって居る現実を伝えて居る点では、貴重かもしれないが、情況の解釈は、マス・メデイアの代行でしか無く、習近平が、シナ人の他民族の弾圧・虐殺を平気でやる民族の代表の様に思って居る事が丸分りで有る。

 それをネタに、習近平を国賓として日本に招待した安倍政権を、非難しようとして居る様に思える。

 ならば、訊くが、とランプ大統領と習近平は、ウイグルでの200万人以上に及ぶと言われている「臓器の生体バンク化」が伝えられてから、一体、何度差しで会談しただろうか?

 その会談の俎上に、一度でも、此の件が上がって居れば、マスコミは、大きく取り上げただろう、と私は思うが、それが起っていないのと何故か?

 そういう疑問を持ち、推理と言うか判断を全く出来無いのは、マスコミが伝える情報に何の疑いも持って居無いカラだろう。 こう言う人は、ブログで時事に関する事を論うべきでは無い、只、滑稽なだけで有る。

 でも、この反応や主張は、大方の自分を保守側だと任じて居る人々を代表する様なモノで、おそらくご本人も、米国がシナ政府の香港対応を批判したのを確認して、自信満々で、シナ政府の自由社会への弾圧を告発した心算なので有ろう。

 だが、香港問題は、表面に出た事象を具さに看て居ても、そん簡単な事では無い事が分る。

 例えば、香港行政庁長官のキャリー・ラムは、この問題の発端となった、「犯罪者引き渡し法案」を提出した本人だが、出した表向き位の理由は「香港は「犯罪者が逃げ込む場所」として、永年悪用されて来たので、其れを改めようとした」だろう、然しこれを額面通りに於け取っている香港市民はいるまい。

 何故なら、香港警察自身がシナ政府の代執行者であるなら、香港内部で、処分出来る問題で、態々本土に渡す様な法案は不要であろう。

 北京政府が是を提出する様に、ラム氏に命じたのは、香港の行政内部の機能がどう働くかを観察する為だった、と見るべきなので、北京派、香港行政者を信用して居無かったと言う事に成りますね。

 それに、最初の香港市民の反応も余りに過剰だった、初めて上がったイシューで、未だ周知も行き届いていないのに、100万人を超す民衆が集まったと言うのは、明らかに異常である。

 そしてデモの規模は、ドンドン膨れ上がって、ラム長官が「法案を取り下げる」と、云い出したと思ったら、それから1か月も経たない裡に「取り下げたのは、嘘だった」事が、リークされて、再び、大規模デモが起きて、今度は、デモ隊側に火炎瓶や手製爆弾と言った、殺傷力のある「武器」を使用する傾向が現れた。

 是を、公平な目で見て居て「民主社会を護る戦い」だと感じるのなら、相当のアホである。 機動隊側は、何等「武器」の使用はして居無いのに、デモ隊が是をやれば、機動隊側が「危険制圧行為」を採るのは、当たり前である。

 こんな事は、60~70年代に日本では、日常茶飯事の様にあった事で有るから、この時代を知って居るものならこうした知見は、持って居るだろう。

 明らかにデモ隊が狙って居るのは、機動隊の「危険性居圧行為」を発動で有って、其れを行って、もし、デモ隊側に死傷者が出れば、思う壺で「第二の天安門」とマスコミが囃したてるだろう。

 この松山さんは、その「お先棒を担いでいるに過ぎない」のは、明らかでしょう。

 因みに、マスコミが伝えない情報に拠れば、香港は、固より、北京政府やトランプ政権と対立をして居る、上海派「=元主席の江沢民を得いう州とする派閥」が、江主席時代から、築き上げた米国内部の売国勢力であるDS「=Deep State (国内国)」勢力、そして、民主党勢力の本拠地の一つであり、隣の深圳市も、既に、本拠地化しているが、総本山は、NYのウオール街である。

 この勢力とシナに拠る「米国乗っ取り計画」が発覚して、昨年10月4日に、ペンス副大統領が、ハドソン研究所で、数満員の嘲笑の前で、シナの乗っ取り計画の全貌を明かし、その知財窃盗の状況を具に挙げて、その悪意に満ちた計画に対し、敢然と宣戦する事を表明したのである。

 然し、日本のマスコミは、是を戦争だとは伝えず、米支貿易交渉と、しか云って居無いので、相変わらず、シナが米国市場を席巻して、毎年大量のドルを稼ぎ続けるか、の様な印象操作をして居たが、米支戦争の本当の目的は、共産シナの統治を終わらせる事にある。 

 ダカラ、シナは、米国市場からは完全に締め出される筈である、米支戦争で、和解して現状続行と言う選択肢は、有りえないのである。

 但し、DS勢力が、未だ尻抜けをやって居る事が、仄聞情報としてありますが。

 処が、戦後のGHQが仕組んだ体制の延長に、DS勢力が居る事から、シナ・朝鮮を使ったDR「=デイビッド・ロックフェラー」が布いた、日本抑制方針で、国際金融資本の組織内で失脚した⒓年6月まで「国家の主権」の主要な部分を行使出来無かったが、この方針に逆らった、或いは、の無視したモノは、何れも、汚名を着せられて失脚、或いは、急死している。

 マスコミは、その裏面を良く知って居るので、真実を知って居ても、報道出来ないし、亦、自分達の既得権を否定する結果となりかねないので、真実を報道する気も最早内でしょうね。

 松山さんが、右寄りで有ろうが左寄りで有ろうが、ネットで、時事を語る心算なら、この位の裏事情は知ってかないと、情弱者と言う、恥を晒すだけになる、と思いますね。

https://twitter.com/P10514505/status/1193718978373275648

意味が分かりません。
実弾ではなさそう?撃たれた人が逃げていく?7:50~
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=506613646588079&id=117540932243292&_rdr

https://twitter.com/jasyolge/status/1193797858559852544
周庭さん、切り取りのデマツイートはいい加減でやめませんか。日本人を侮っているとしか思えません。

皆さん、こちらがフルバージョンです。ご確認下さい。

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=506613646588079&id=117540932243292&_rdr

23:49 - 2019年11月10日

 
 ただのテロじゃね???
 
警察の銃を奪おうとしたことが確認されている。
街に放火する連中に対し、『銃を奪われそうになっても発泡するな』と思うなら、日本共産党と非常に親和性が高そう。
https://twitter.com/i/status/1194266257840754691

志位和夫
@shiikazuo
· 11月11日
「香港 警察がデモ参加者に発砲 21歳男性が重体」
香港警察によるデモ参加者に対する実弾発砲に強く抗議する。この間の香港政府による抑圧的措置、およびそれに全面的な支持を与えている中国政府の対応に強く反対する。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/2019

中国政府vs香港人じゃなくて
香港当局vs暴徒の構図。
日本人の9割が分かってないと見た。

※中国vs英、米の守銭奴 が大正解!!

なんとしても、人民解放軍を引きずり出したいが、習に読まれてるから、より過激になってると云った処。

高須氏と仲のおよろしい猫組長は、ご自分の薄汚い金の安全の確保が出来たたらしく、香港に対して冷たく言い放つ発言してるし、所詮極道は極道だな。(唾棄)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 米、「一帯一路」に対する代替案を発表 | トップページ | 共産支那への経済制裁を阻止してるのはゲイリー・コーン(元ゴールドマンサックス社長)ですよー »

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31