無料ブログはココログ

« パヨクも悲鳴あげてる? | トップページ | 共産主義の終末 »

2019年11月 1日 (金)

「ソフトバンクショック」というキーワードを、大手ネットサイトでも普通に目にするようになってきました

ーー以下newsusより抜粋編集

「ソフトバンクショック」というキーワードを、大手ネットサイトでも普通に目にするようになってきました・・・。

ウィーワークに1兆円を支援するという話が出た辺りから、株価がドンドン下がって、先週には4000円を割り込んでしまいました!

有利子負債比率も急激に増えてるせいで、社債の価格も発行以来の最安値になってしまった。

どうなってしまうんでしょうか?

ーー10/28(月) 7:01配信 現代ビジネス

株価急落、いよいよ「ソフトバンク・ショック」を警戒すべきワケ

ソフトバンク「売り」が始まった!

カリスマ経営者の孫正義氏が率いるソフトバンクグループで、ここへきて「異変」が起き始めた。

発端は、ソフトバンクグループ傘下の「10兆円ファンド(ソフトバンク・ビジョン・ファンド)」の投資先である米ウィーカンパニーをめぐるトラブル。

ウィーカンパニーは『ウィーワーク(WeWork)』を運営するシェアハウス大手で将来有望視されていたテックカンパニーだが、ここへきて資金繰り問題が急浮上。

それが出資元であるソフトバンクグループの経営を直撃しているのだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191028-00068065-gendaibiz-bus_all

ーー

大手ネットサイトでも”ソフトバンクショック”という見出しが躍るというのはジョークでしかないね。

自社からも見放され始めたんだろうか?

ーー

確かに!でも、心配しない人はいないと思います・・・。

ウィーワークへの1兆円支援を決めてから、ドンドン株価が下がってきてるんです!

ーー

Softbankの株価には2種類存在する。

株式コードが9984“Softbank Group Corp”の方だね。

日本で一般的にソフトバンクの株価の話をする場合はこっちだ。

もう一つは”Softbank Corp”で株式コードは9434だ。

ーー

日経平均の構成銘柄には日本の景気に左右されない企業も多数含まれている。

日経平均が上昇すると、韓国株も上昇する。

サムスンなんかは特にそうだ、もはや韓国企業とは言えない状態が続いているからな。

ーー

KOSPIを今見てみたが、やはり2,112のドラえもんラインを越えられずに足踏みしている様子が伺えるね。

韓国が過去志向に執着しているからこそ意識して買い入れることを躊躇してしまうんだろう。

ーー

ブルームバーグさんでも、少し詳しい記事が出てるんです!

ソフトバンクグループの有利子負債比率がドンドン増えてて、孫社長が決めた危険水域に達しようとしてるみたいです。

ーー10/26(土) 15:40配信 Bloomberg

ソフトバンクGの巨額債務への懸念再燃-ウィーワーク支援で

ソフトバンクグループがシェアオフィス事業を手掛ける米ウィーワークへの95億ドル(約1兆円)規模の支援策を23日に発表すると、同グループの巨額な債務負担に関する懸念が再び強まり、株と債券は値下がりした。

支援策の規模はソフトバンクGの投資ポートフォリオ全体から見ればそれほど大きくはないものの、懸念が深まっているのはレバレッジへの影響だ。

アナリストらは、ソフトバンクGによるウィーワークの経営権取得の結果、借入金比率の指標である総資産有利子負債比率(LTV)は上昇すると予想する。

ただ、アナリストの大半は、LTVがソフトバンクGの孫正義会長兼社長の目標を下回る水準にとどまるとみている。

クレジットサイツのシニアアナリスト、メアリー・ポロック氏はリポートでソフトバンクのウィーワーク支援の発表について、「基本的にソフトバンクGにとってクレジットネガティブだ」と指摘した。

孫氏はLTVを25%未満にとどめたいと述べているが、ポロック氏はLTVが22.8%まで上昇するとの見通しを示した。

25日時点のLTVは18%。

ソフトバンクG広報担当の小寺裕恵氏は、社の財務方針は変わっていないと語った。

ーー

また、事情に詳しい関係者がソフトバンクGは傘下のビジョンファンドが大口の株式を保有するウィーワークやウーバー・テクノロジーズなどの価値急減を反映させるよう、少なくとも50億ドルの評価切り下げを計画していると語ったことも、投資ポートフォリオの価値を巡る懸念を拡大させた。

ソフトバンクGが9月6日起債した社債の価格は発行以来最安値を付け、社債保証コスト(CDS)は1月以来の高水準となった。株価は25日までの週に6.6%下落と、この2カ月半で最大の下げとなった。

ジェフリーズのアナリスト、アツール・ゴヤール氏は25日、ソフトバンクGの投資判断を「ホールド」に引き下げた。同グループを調査するアナリスト19人のうち、「ホールド」に評価したのはゴヤール氏を含め2人だけだった。

原題:SoftBank’s Financing for WeWork Rekindles Market Concern on Debt(抜粋)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191026-72019811-bloom_st-bus_all

ーー

なるほどね。

株だけじゃなく社債も発行来最安値となって、CDSまでも高水準になってきてしまってると。

あらゆる面で不穏な兆候が見え始めてるわけだ。

ーー

ソフトバンクグループの株価は、先週に3970円台を付けて、4000円を割り込んでしまったんです!

これは、今年1月以来の安値だと思います・・・。

ーー

今年の4月と7月に数年来の高値を更新するかに見えてからは下がる一方だね。

典型的なダブルトップになってしまった。

まだ危機は表面化していないものの、これからが株価崩壊の入り口のように見えてならない。

ーー

Softbank Groupは日経平均株価の構成銘柄でしょうか。

ーー

Yes. 今日の時点でソフトバンクグループの構成比率は3.82%で、日経平均全体では2位だ。

1位はユニクロで有名なファーストリテイリング(9983)で10.51%。

ーー

一部だけ英語って、ヘンな感じがしますね・・・。

ーー

こちらの構成比率は何に基づいて決定されていますか。

なぜFast Retailing Co., Ltdのみが10%超という高い比率になっているのでしょうか。

ーー

うっ…。その理由は全然知らない。

当たり前のように受け入れていて疑問に持つこともなかった。

少し時間をもらえますかね?

ーー

優先度は低いですが、可能であればすぐに答えを出せるとよいかと思います。

小さな点にも疑問を持つことは大切です。

ーー

どうして銘柄数が「225」なのかが、ボクはむしろ気になります!

ーー

悪いがこの話を明るみにするのは時期尚早という判断だ。

1年後になったら教えてやってもいい。

ーー

賠償判決2周年のタイミングでこの話は解禁するよ。

なぜ日経平均株価が225銘柄なのか、勘のいい読者は気付いているとは思うが一応今は伏せておく。

来年の今の時期ならば問題ないという判断を今からしておこうと思う。

ちなみに今日もう1つ出てきた”ある数字”がヒントだ。

ーー

私からはこちらの報道を共有します。

間もなく11月となりますが、トランプ氏が求める第1段階の合意に向けた署名の準備が間に合わない恐れが生じてきました。

ーー10/30(水) 2:19配信 ロイター

米中の暫定通商合意署名、11月APECに間に合わない恐れ

米中通商協議を巡る「第1段階」の合意文書署名が、チリで来月開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)に間に合わない可能性が出てきた。

米政府当局者が29日、明らかにした。同時に双方の合意が崩れたわけではないとも強調した。

この当局者は「チリで署名できないとしても、合意が崩れたわけではない。単に準備ができていないだけだ」と指摘。

「われわれはチリでの署名を目指しているが、一部の文言が整っていない。ただかなり進展はしており、チリで文書に署名できるよう期待している」と語った。

ーー

トランプ大統領のほか、ムニューシン財務長官ら政府高官も米中協議は進展しているとの見解をこれまでに表明。

ホワイトハウスのディア報道官は「大統領が数週間前に表明した通り中国と第1段階の合意に達した。チリで署名できるよう、文書の最終決定に向け米中はともに取り組んでいる」と述べた。

APEC首脳会議は11月16~17日に開催される。

香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストによると、米中首脳はAPEC首脳会議に合わせて通商合意を最終決定するとみられているが、具体的な日程はまだ決定されていない。

政府当局者は「すべてが円滑に進めば」米中首脳は11月17日に通商問題を巡る中間合意に署名する可能性があると述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191030-00000012-reut-cn

ーー

何とも言えない微妙な記事だな…。

だが無視はできないというか。

ーー

「一部の文言」が問題になってるなら、そのせいで合意が決裂するような気がします・・・。

前にも、そういう事がありましたよね?

ーー

交渉が山場を迎えているとか言っておきながら中国がいくつかの条件に合意しなかったことで決裂した、みたいな話がもう何回ループしたか分からない。

その繰り返しで徐々に興味も失われて覚えておこうという意識も低下したから何もかも忘れてしまった。

ーー

ちょっと(笑) 記憶力を、取り戻しましょう!

ーー

ソフトバンクの件で、ネットユーザーの反応をみたんですけど、孫社長は公的資金の注入を狙ってるのではと言われてますね・・・。

国交省のプロジェクトに参画しているそうです。

それから、ソフトバンクグループが不調なのに、日経平均株価が好調なのは、潮目が変わったのではと言ってる人もいます!

ーー

韓国がユニクロをピンポイントで不買対象に指定してたのはそれが理由かもね。

ソフトバンクグループが崩れかかっている今、ユニクロも同様に崩せば日経平均株価そのものに打撃を与えられると判断した可能性がある。

ところがうまくいかなかったから、今度はCMを慰安婦にこじつけて再び不買を焚きつけようとしたと。

ーー

確かに!

それ以外に、ユニクロだけが狙われる理由ってあまりなさそうですよね・・・。

ーー

というか公的資金?

そんなふざけた救済プランがあるのかよ…。

もし実現したら朝銀の二の舞じゃないか。

いくらソフトバンクショックで日本経済に影響が出るとはいえ、それだけはやってほしくないね。

しっかりと事業そのもので稼いで日本経済に貢献してくれ。

« パヨクも悲鳴あげてる? | トップページ | 共産主義の終末 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>風雲児孫正義
 知り合いの在日の子が、「俺、孫さんを尊敬している」と言って居たので、「ソフトバンクもソロソロ、その孫さんのお蔭で、ヤバそうだよ」と言うと「否、あの人は危機になると真の力を発揮するんですよ、大丈夫です。」とか、言って居ました。

 然し、今日のダイジェストを読んで「挽回するにしても、何処をどう、つついた良いのかすら予想も着かない」状況ですね。

 おまけに、財務省からも狙い撃ちにされているのは、「利益1兆円なのに、納税額0円」と言う日本の納税秩序を破壊する迂な真似をtやって居るカラ、国税庁を通じて、財務省が制裁に向けて動き始めた、と言う仄聞情報が流れて居ますね。

 ダカラ、ウイーへの1兆円の投資の意味する処が「経営権の取得」に有って、孫氏が、米国で「シェア・ハウス事業」と言う、特殊な不動産業を、行き詰まらせた創業者に代わって行う心算なのか、それとも、単に陥穽に落ちただけなのかは、今後の展開を見なくては分らないが、世間は、後者だと見て居ると言う事でしょう。

 唯、この人は、確かに頭の良い、然も、考え方が奇抜で柔軟な人だと思いますが、台頭する契機になった、創業期のyahooの只同然の株式を大量に買い込んで、その株が、インターネットを始めとする、PCの急速な普及に伴い、大化けした事に端を発すると言うまことしやかな話が有る。

 然し一方で、こうしたPC関連事業は、今や米国産業の中心企業になったGAFAには、全て、国際金融資本からの資金提供が有る事が知られている。

 就中、米国ウオール街の金融勢力、所謂DS勢力とは、密接に繋がって居るので、DS勢力を敵とも定めたトランプ政権が、彼らの租税回避を止めさせる方法を、G7の議題に、俎上した位ですが、孫氏の日本での祖税回避も、その例に倣ったものと考えれば、孫氏の背景も想像が着くのではなかろうか。

 ダカラ、この国税庁・財務省vs孫正義の戦いは、取りも直さず、赤盾vs DS勢力の代理戦で有ると考えると判り易いけれど、News US も、一応,メデイアの一員と言う事で言及を避けて居るのだろうか? 兎に角、此の件に関しては、事態を見守る他は無い様に思います。

 もう一つ話題に、上がって居る、米支間の貿易交渉でㇲが、是はトランプ側の戦略の一環でしょう。

 何故なら、現状シナは、最大の米国市場を失いつつある現状で、この事態を抱か出来る如何なる方法も持って居ませんから、こうして居る間にも、シナの事態の悪化は進行しているのですカラ、決定を先送りする事で、共産シナは、更なる譲歩をするしかありません、

 こう言う状況に有る事位、シナ側も重々承知の筈、そして、最終的には、共産党がシナの施政権を諦める迄続く或いは、ギリギリ追詰めた処で、交渉が始まるだろうと思います。

 この辺りは、米支戦争の2重構造を承知さえして居れば、判る事なんですが、其れを表に出さずに、話に整合性を持たせようとするメデイアの涙ぐましいww努力が、窺えて、つい、嗤って終いました。

 もう、どうでも良い話ではありますが、韓国内での「日本不買運動」で、同じ「日本の韓国系企業」である、ユニクロだけが、攻撃の対象になって居るのが、可笑しいとか、日本経済に対するダメージの大きさを慮って、公的資金の投入が有ると課、噂が有る様です。

 私の考えですけれど、先ず、財務省が「納税秩序の保全」の為に、SBG制裁を決めたのなら、余程の外的な力が懸らない限り、公的資金の投入は無いと思います。

 それでも、もし、其れが実施されるとしたら、赤盾とDS勢力の手打ちの恐れは出て来るので、安倍・トランプチームは、一転危機的な状況に陥るでしょうね。 まあ、米支戦争の進展状況から言えば、有りえない事ですが。

 どの途、韓国の先行きは、韓国処分がもう決まって居るのだろうから、在韓米軍の引揚開始のタイミングで、一体何が起きるかが、この先の見物と言うだけで、色々な「嫌がらせ」は、無視してよいと思って居ます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パヨクも悲鳴あげてる? | トップページ | 共産主義の終末 »

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31