無料ブログはココログ

« 相手が朝鮮人の場合は、日本人を相手にするようにはいかない | トップページ | 共産主義活動家はリベラリスト(自由主義者)とは最も遠い存在である »

2019年9月26日 (木)

はっきりいってやる。毎日新聞。お前はアホだ。

ーー以下「正しい歴史認識ブログ」より抜粋編集

ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

毎日新聞2019年9月20日 09時00分(最終更新 9月21日 16時27分)

2020年の東京五輪・パラリンピックで、旭日旗の持ち込みを巡って日本と韓国が対立している。

過去にはサッカーの国際大会でも騒動があった。

ところが、五輪・パラリンピックに先立って20日に日本で開幕するラグビー・ワールドカップ(W杯)ではなぜか話題に上っていない。

組織委は持ち込みを禁じていないのにだ。

韓国が出場していないということだけでなく、その背景にはラグビーというスポーツの文化が深く関わっていそうだ――。

【田畠広景、白川徹】

この記事は有料記事です。残り2157文字(全文2371文字)ご登録日から1カ月間は100円

ーー引用ここまで

騒動を起こしているのは朝鮮(韓国)人だけ。

というのもこれは、朝鮮(韓国)人がずっとやってきた「やり方」だからだ。

ーー以下「ねずブログ」より抜粋編集

朝鮮人らは、立場が悪くなったり、悪事が露見したりすると、ありとあらゆる言い訳を並べ立てて、自己正当化を図り、さらには必死になって「論点ずらし」をしてくる。

「論点ずらし」に対し、「それはそうだね」と言おうものなら、その一点を声高に主張して、いつのまにか自分を「被害者」に仕立て上げる。

毎度まったく同じ「やり方」なので、彼らの手口として覚えておくといいでしょう。

ーー引用ここまで

この日章旗の問題も、2012年のロンドン五輪サッカー日韓戦後に朝鮮人選手が、政治的プラカードを掲げて問題になった。

それを朝鮮人選手は「観客席に旭日旗が見えたから」と「論点ずらし」をして問題を有耶無耶にしたのが発端。

朝鮮(韓国)人の「やり方」に乗ってしまうとは、毎日新聞は、さすがに「あほバカ間抜け」といわれるだけのことがある。

朝鮮(韓国)人らが旭日旗を「掲揚するな」と騒げば騒ぐほど、朝鮮(韓国)人の異常さが世界中の人たちに知れ渡り、日本にとっては有利になる。

ーー

かれらが誠実ではないということをよく知っている日本人は、サムスンやヒュンダイ等の韓国企業の製品を買おうとはしない。

何しろ在日朝鮮(韓国)人が買わないのだから、日本人が買わないのも当然である。

ーー

日本企業は長年にわたり誠実な仕事ぶりが世界中で評価され信用されるようになった。

するとサムスンやヒュンダイは、自社製品を売るための宣伝に、まるで日本企業であるかのような印象操作を繰り返した。

朝鮮(韓国)人らは日本企業であるかのように装うことで、日本企業が築き上げた信用を横取りしようとしたのだ。

ここにきて、朝鮮(韓国)人の企業であることがばれ出して、世界中で売り上げを落としつつある。

ーー

それではなぜ、20日に日本で開幕したラグビー・ワールドカップ(W杯)で、旭日旗騒動が起こっていないのか。

それは、韓国人らはラグビーをしないからだ。

だから殆ど見たり注目したりしていない!

ーー

私は高校の時にラグビーをしていたので、今でも日本代表の試合は必ず会場やJ SPORTSオンデマンドで観ている。

しかし日本代表の試合で日本人が旭日旗を掲げているのを観た覚えがない。

前回2015年にイングランドで開催されたラグビーW杯など海外での日本代表戦では外国人の方が旭日旗を使って日本代表を応援してくれているようだ。

実際、「ラグビー発祥の地」【トゥイッケナム・スタジアム】(イングランドのロンドン郊外のトゥイッケナムにあるラグビー専用競技場)のグッズ売り場では、旭日旗や旭日旗Tシャツが販売されている。

ーー

したがって、毎日新聞の見出しにある『ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?』の正解は、韓国が出場せず、朝鮮(韓国)人が見ていないからだ!

ーー

https://twitter.com/gerogeroR/status/1174922510044807169?s=20
もへもへ@gerogeroR
ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立 - 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20190919/k00/00m/050/356000c

はっきりいってやる。毎日新聞。お前はアホだ。
韓国がラグビーW杯に出場してないからだよ。それ以外に理由などない。
午後2:45 · 2019年9月20日

ーー

ところが、毎日新聞は「韓国が出場していないということだけでなく、その背景にはラグビーというスポーツの文化が深く関わっていそうだ」と意味深なことを書き、以下は有料としている!

いったい、毎日新聞記者は、何を言いたいのか?

毎日新聞の有料部分も併せて読むと、どうやら毎日新聞は「ラグビーの各国代表選手が国籍主義ではないことと、観客席もチーム別に分けられていないからだ」と言いたいようだ?!

アホか?!

そんなことは旭日旗とは全く関係ない!

ーー

ラグビーの各国代表が完全な国籍別になっても、今のまま国籍主義でなくても、韓国人どもは旭日旗に似たモノを持っているだけで喧嘩を売ってきたではないか!

ーー

356名無しさん@恐縮です2019/09/23(月) 12:10:11.89ID:2YccHGF20>>368>>595
記事の全文読んでも意味不明だな。
国籍不問だから旭日旗を持ち込む必要が無いと言いたいのかな。実際は外国人が持ち込んで応援してくれてるんだが、毎日はこじつけが酷い。
https://livedoor.blogimg.jp/specificasia/imgs/7/2/72a611a4.png

ーー

毎日変態新聞は、読者を騙そうとする詐欺グループのようなものだ!

韓国は、これまで旭日旗や似たようなデザインを見つければ、見境なく難癖(イチャモン)を付けてきている!

それがなぜラグビーワールドカップでは起こっていないのか、その理由について毎日記者の記事は全く説明になっていない。

旭日旗で応援することに対して「韓国人が嫌がることをするな」などと言っている連中には、旭日旗Tシャツを着て応援している多くの白人たちに対してもそう言ってみろと言いたい。

« 相手が朝鮮人の場合は、日本人を相手にするようにはいかない | トップページ | 共産主義活動家はリベラリスト(自由主義者)とは最も遠い存在である »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>三日三悪メデイアの凋落
 ↑の朝日・毎日・中日に限らず、日本のメデイアは、主流が新聞の時代から、完全にWGIPの対日政策に迎合した記事を書いてきました。

 今や、メデイアの主流は、TVに移りましたが、新聞社がTVのキー局を経営・支配しているので、報道は新聞と同じものに、ならざるを得ないし、TV局の報道関係の主要ポストは、アナウンサー以外は、全て、親会社の新聞からの人材で賄って居ますね。

 ダカラ、日本では、新聞本体の売り上げが、全盛期の1/3位になって居るのに、未だに、記事には、~新聞と言うネームを冠しますね。 私は、もう、是を止めて、他の方法に変えるべきだと思います。

 新聞を読もうにも、この頃、喫茶店にも置いて居ない店の方が多くなっていて、実態が掴めないのですが、購読している層が高齢者に集中しているので、内容も同じく「思考の慣性力」に沿ったものでしょうから、真実は1㎜も書いて居無いwwと、TVを見て、そう言いきれますねww

 彼らには、日本を取り巻く世界の大きな変化が、彼らに取って致命的に都合が悪いのです。 その変化の主なものは、DR「=デイビッド・ロックフェラー」の死と、ロックフェラー一族の、世界の表舞台からの退場です。

 その何処が、都合が悪いのかと言えば、DRが戦後70年間に亘って築いて来た戦後体制(レジーム)は、未だ健在ですが、現在の安倍政権は、その改革を、この政権の第一スローガンにして居るカラです。

 結局、政権から「排除宣言」を受けたに等しい状態にあると言う事だし、その上、第一次安倍政権を、07年にDRの指示で、メデイア・スクラムを組んで、放送法違反を無視して、安倍降ろしをやった事を、我々国民が、記憶して居るカラでしょうね。

 マスコミの首魁になって居るのは、WGIPの宣伝媒体として、TVの日本普及と引き換えに、1ドル=360円だった、昭和20年初頭に、当時の国家予算網の10億ドルもの予算を米議会に認めさせた正力松太郎の読売新聞です。

 朝日・毎日・中日は、終戦時は、戦前のレガシー・メデイアと見做されてGHQから弾圧を受けて、倒産の危機に有りました。

 つまり、DRが戦後体制を築いた中核になったのは、読売新聞だと言う事ですが、その証拠に、その流れを汲む読売の現経営陣の大久保好男社長が、安倍政権が「放送法改正法案の検討」を発表した15年に、「安倍政権倒閣宣言」を公にして居ますね。

 マスコミには、こういう裏事情がある事は、もう、ネットでは、常識として一般化していると思うのですが、この事情を全く理解できない頭の人が沢山居るのには正直驚かされます、特に、昭和10年代生まれの世代は、判って居る人とそうで無い人の格差が酷いですね。

 新聞は、三日だけが、悪いと思って居るが、メデイアの世界構造を知れば、寧ろ当然と、納得できると思いますが、この世代の方は、直ぐ、「陰謀論」と片付けて、良くて半信半疑ですね。 此処にも、メデイア信仰が根強く残っていると感じます。

 さて、旭日旗の話ですが、毎日の論説は「韓国消滅」は、前提に置かずに云って居る、つまり「今迄の日韓関係がこの先も続く」心算での話でしょうから、読む価値は全くありませんね。

 2か月前に「韓国消滅確定」を公言したら「在り得ない」とか、「影響力が落ちるダケ」とか、此処にも、思考慣性力の影響を感じる発言が多かった事を思いだします。

 物事が変わる時は、或る日を境にサッパリ変わるものですが、例えば、維新の様に「戊申の役」みたいな事が有れば、理解し易いけれど、事件や変事が起っているのは、海外で、然もそのニューㇲは、前述の戦後レジーム勢力に、日本人を刺激しない様に、且つ、日本人の殊勿れ主義をくすぐる様に、編集されているので、こうした記事になるのは、当然でしょう。

 然し旭日旗に関しては、固より、朝鮮人の「思い着きの嫌がらせ」でしかないのは、端から分り切って居る事なので、ラグビーのワールド・カップで騒ぎになららないのは、当たり前の事で、是を毎日が「有料」で記事にするなんて、笑止千万、幾ら経営不振だと言っても「貧すれば、貪する」と言う他は無いですね。

 さあ、放送法の改正法案の国会上梓が、次第に近づくにつれ、メデイアの態度がどの様に変化して行くか、この先が見物です。

 特に韓国消滅が決定的になり、その後、朝鮮、ロシア、シナの三国の竹島に関する、直接・間接の干渉も、予想されますが、この時に、レガシイメデイアが、如何なる立ち位置を採るかも、注目しましょう。 

 この内外共に緊迫した時期に、対する安倍政権の閣僚布陣が、河野防衛、茂木外務、荻生田文科、高市総務の人事は、見事だと言って良いでしょう。

 勿論、自ら「あと1期だけ余分にやる」と言って居たのですカラ、再来年の9月には、総理を降りるのでしょうが、そんな短時間で改革が終わるとは誰も思って居無いでしょうから、「もう、1期」のリクエストが出て来る可能性が高いですが、小泉進次郎が首相候補なんて、色ボケBBA共の妄想でしかない。 

 為政者足るは、人に好かれる人柄・多様な才能・柔軟な思考・断じて行う決断力・・と言った総合力が備わって居ないと、後は、運任せになって終いますカラね。

 それに、日本はもうDR支配下に有った様な「首相は、誰でも構わない」状況では、無くチャンとした目標を持った人でないと、熟せませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 相手が朝鮮人の場合は、日本人を相手にするようにはいかない | トップページ | 共産主義活動家はリベラリスト(自由主義者)とは最も遠い存在である »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31