無料ブログはココログ

« 中国から多くのアメリカ企業が撤退するだろう | トップページ | この点からすると、今の自由主義者・リベラルも過去の共産主義国指導者と本質的に同じ思想を持っていると考えざるをえない »

2019年9月 3日 (火)

日本人は、朝鮮人らが国を挙げて、日本人に対して三跪九叩頭の礼を行えと要求しているとは考えもしなかった

ーー以下[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019年09月02日 ]より抜粋

麻生氏、韓国に声高める

 「こちらは痛くもかゆくもない、やはり韓国に対しては助けても教えてもかかわってもいけない、それが第一だ」 

22日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)が軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了を発表すると、「政権ナンバー2」の麻生太郎副総理兼財務相はこのように述べたという。

ーー引用ここまで

ーー以下「ttensanブログ」より抜粋編集

朝鮮人の喧嘩のやり方について繰り返し書きます。

朝鮮人には対等という関係はありません。

あるのは上下関係だけです。

朝鮮人らの喧嘩はその上下関係を決めるものです。

ーー

お互いが周囲に相手の悪口を言い合う。

そこには客観性も公平性も公共性もない。

そして周囲の感情に強く訴えて、周囲に悪いと非難されだした方が負けということになる。

負けた方は、相手にもうやめてくれと言って、自分が相手より下であることを認める。

このようにして上下関係が確定することで口での言い争いは終わる。

ーー

しかし喧嘩はそれだけでは終わらない。

負けた方は、謝罪するだけではなく相手の客観性も公平性も公共性もない一方的な要求をのまなければならないのです。

つまり、朝鮮人らは、客観性も公平性も公共性もない嫌がらせを平気でやってくる。

ーー

日本人の場合、「それは根拠のない嘘だ」と証拠を提示して切り捨てる。

それで相手も納得して終わる。

ただ、必ず手心を加えて相手にも生き残る余裕を与えます。

実際にいままでずっとそうやってきました。

これが朝鮮人相手にもなされてきたのが大問題なのです。

ーー

彼らの勝負は、どちらが上かを決めることだからです。

朝鮮人らは、自分が発したデマを、日本人が全否定しないで朝鮮人らが生き残れるように配慮したことにつけ込んできた。

デマを告げ口して、周囲の支持を得て、勝者になろうとしてきた。

ーー

朝鮮人に対しては、生き残る隙を与えてはいけないということになります。

徹底的につぶしておかないといけない。

そして上下関係をはっきり認識させることが必要なのです。

ーー

支那人はこのことをよく認識していて、朝鮮支配を確実なものにしてきた。

歴代の支那皇帝は、朝鮮を支配するために、使者を派遣していました。

朝鮮王は、毎年その使者を迎恩門で迎えた。

その際使者は、朝鮮王に、三跪九叩頭の礼(さんききゅうこうとうのれい)をさせていたのです。

ーー

三跪九叩頭の礼というのは、跪(ひざまず)き石板に頭を3回打ち付ける、その際音が出ないとやり直しです。

それを3回繰り返す。

とても屈辱的なもので、英国人は清の皇帝に三跪九叩頭の礼を要求され拒否し、それがアヘン戦争につながっています。

ーー

日本人には朝鮮人であろうが誰に対してであれ、こんな要求はしてこなかった。

日本人は、誰であれ、よいところがあると考えているからでした。

そして対等の関係になろうとしてきた。

ーー

ところが朝鮮王は支那皇帝に対して三跪九叩頭の礼を千年にもわたって繰り返してきた。

朝鮮人らは、日本が降伏した際、戦勝国民を僭称した。

だから日本人に対して、上位にあることを認めさせようと必死になった。

日本人は、朝鮮人らが国を挙げて、日本人に対して三跪九叩頭の礼を行えと要求しているとは考えもしなかった。

ーー

これが朝鮮人らが、反日宣伝運動(キャンペーン)をし続ける理由だった。

ーー

それでは上下関係での上位を認めよと迫る朝鮮人に対して日本人はどのように対処するべきなのか。

そのためには朝鮮人の特性を知る必要がある。

1、朝鮮人らは、息をするように嘘を吐く
2、・客観性がない(証拠を提示しても認めない)
・公平性がない(スポーツ試合が成り立たない)
・公共性がない(危機に際しては責任者が真っ先に逃げる)
3、・約束をまもらない(条約、協定を結んでも無視される)
・信頼という概念がない(平気で不正をする、残飯を使いまわし、食品に痰や唾を入れる)

ーー

つまり朝鮮人らは近代的思考ができないと考えて対処すべきだということが分かる。

約束が守れないので、国と国との約束もまもらない、だから朝鮮人にとって都合が悪いと考えると日韓基本条約も請求権協定も無効だと言ってくる。

自由も民衆政治も法治も人権も朝鮮人には理解できないと考えるべきなのだ。

ーー

もうこんな人たちとは付き合ってはいけない。

日本人が相手であれば「大人げない」といって決してしないような対応を朝鮮人に対してはあえてなすべきなのです。

日本国の名誉と国益を守る事については妥協をしてはいけないのです。

ーー

朝鮮人が嘘をついたり、約束を守らない場合は、それを指摘しても、彼らは自己弁護し論点をずらし「差別だ」と被害者になろうとしてくる。

だから、話し合いは無駄で有り、彼らが、約束を反故にするたびに、また嘘を吐くたびに、与えている便宜を一つ一つ断固たる態度で無効にしていく。

つまり彼らとの関係を切っていく。

そして「教えず、助けず、関わらず」にもっていく。

彼らの文化はそのほとんどが日本由来ですので、日本とのかかわりが無くなっていけば、そのうち朝鮮人同士で自傷行為を繰り返す李氏朝鮮時代に先祖返りしていくはず。

日本人はそれを生暖かく見ているだけにするのです。

« 中国から多くのアメリカ企業が撤退するだろう | トップページ | この点からすると、今の自由主義者・リベラルも過去の共産主義国指導者と本質的に同じ思想を持っていると考えざるをえない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>日本流韓国処分
 読んでみて感じるのは、安倍さんが採った対韓三原則の措置は、韓国人に取っては致命的なものだったと言う事が分りますね。

 相手は、道理も常識も通じない唯の野獣ですから、言う事を聞かそうと言うのなら、実力行使するしかないのです。 そうで無ければ、無視するしか無い、居ないモノとして、その存在を徹底的に否定するしかない、と言う事です。

 大体、こういう社会は、自然に内訌が発生して、自己崩壊して行くモノでしょう、この朱子学を社会の道徳規範に据えた、シナの明王朝も、270年程度で、主に内訌が原因で滅びて居ます。

 処が、李氏朝鮮は、明を亡ぼした女真族「=満州族」は、朝鮮の主筋に当たる民族ですカラ、当然朝鮮人は格下として扱いますから、三跪九叩頭の礼を要請したのは、部族内では最下位の朝鮮族なら当然の事ですが、其れを、異文明人の英国人に要請したと言うのは、清の皇帝の不見識も度が過ぎて居ると言うものでしょう。

 極東の地に有って、生存権ギリギリの生活をして居たモノが、イキナリ、世界が平れ伏す様な、文化大国の皇帝になったのだから、世界で一番偉いのだと、錯覚しても、したが無い事でしょう、然し、英国人も「黄色い猿の皇帝に、屈辱的な事をさせえられそうになったから」即、戦争を仕掛け、然も阿片を使って、国民をボロボロにするなんて、悪辣なやり方で報復するのは、とても、文明人のする事では無いと思いますね。

 まあそれは、兎も角、日本流の韓国処分は、韓国の主要産業の破綻とか、黙って居ても自爆している部分も大いにあって、現状も着々と進行中の様ですが、この現実の変化に、着いて行けていないのがマスコミ難が丸分りですね。

 ニュースは韓国関連の報道ばかりなのに、肝心の韓国のこの後についての、解説や予想を発現する人間はいませんねww 

 流石にこの時期、安倍政権のメンバーの上げ足を取ろうとする手合いも居ませんね、今やれば、報道者が国籍を疑われますから、云えないでしょうね。 まあ、三日三悪新聞は、別ですが、もう、其れを読む人間は、固より、朝鮮系か反日でしょう。

 日本に取っての最大の関心事は、韓国消滅辞に、大量の難民が発生する惧れが有り、その難民が目指すのは、日本の可能性が高いと言う事です。

 日本は、現在でも日本に居る在日「=不法移民」は、約300万人と、帰化済みの朝鮮族、凡そ300万人がいるのですが、この500万人を、逆に引き取ってほしい処なんです。

 この難題を安倍政権は如何なる手段で切り抜けるのかが、此処2、3か月の焦眉の的になるでしょうね。 勿論、マスコミには、1㎜も期待していませんがね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国から多くのアメリカ企業が撤退するだろう | トップページ | この点からすると、今の自由主義者・リベラルも過去の共産主義国指導者と本質的に同じ思想を持っていると考えざるをえない »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31