無料ブログはココログ

« だがやがて日本の知識人における「パリ熱」は去った | トップページ | もともと、米国は共産主義を忌み嫌う国である »

2019年9月20日 (金)

単に文句をぶつけるだけというのは恥ずかしい限りです

ーー以下「ttensanブログ」より抜粋編集

テレ朝の記事から。

【「信用できない」東電が停電地域で説明会…住民不満】

停電が続く千葉県で東京電力が住民向けに説明会を開きました。

不満の声が次々と上がっています。

なぜ停電が長引いているのか…。

ーー

16日午後、東京電力は停電が続く地域で住民説明会を開きました。

約3100軒が停電している千葉市緑区では当初、おおむね3日以内に復旧するとされていましたが、最新の発表では復旧は最長で今月27日。

あと、約10日ほどかかると修正され、住民は不安を訴えています。

ーー

15日夜に激しい雨となった千葉県。

停電の影響でポンプが止まって大量のイセエビが死んだ蓄養場では、鹿児島から応援に来た九州電力が夜通しで発電。

電気を送っていました。

ーー

台風15号の影響で発生した大規模な停電から1週間。

停電の影響でごみ処理施設が停止し、災害廃棄物がたまり続けています。

環境省では他の市や町でごみを処理できるように調整しています。

ーー

停電から復旧したことで新たな問題も発生。

電気が通じたことで漏電などが起きて火事となる、いわゆる「通電火災」です。

損傷した電気コードや電気機器などの通電には注意が必要です。

ーー引用ここまで(2019/9/16 ANN)

東京電力としては今まで散々いじめられてリストラまでやって、いろいろ足りない中で、復旧作業を急いでいる。

その作業の中には、倒木一つにも持ち主の許可を取らなきゃいけないというのがある。

私有地にあったら許可なしに撤去したりすると、後から賠償請求ふっかけられかねないのです。

ーー

おまけに倒木で電線を巻き込まれていたりするものだから、感電等のリスクも確認する必要がある。

つまり逐一チェックしてからでなければ作業指示が出せません。

そういう中で必死に復旧のために仕事をしている。

そんな中、説明会を開けと要求されて開いてみれば一方的に文句を言われるだけ。

復旧作業をされている皆さん、東電の責任者の皆さんには、「悔しい気持ちいっぱいで有りましょう」本当に同情します。

ーー

で、この一方的に文句を付けるだけの人たちに疑問をもったのです。

説明会を要求してきたのは、無責任でわがままな自称住民とやらでした。

以下のツイートをご覧ください。

https://twitter.com/jcpchiba/status/1173434655028105216

ーー

日本共産党千葉県委員会 @jcpchiba
返信先: @ykabasawaさん

ツイッターをごらんの該当ご地域のみなさま。
かばさわ市議より。

千葉市緑区で東電説明会。

停電地域のご近所のかた、連絡手段がある方にお声かけをお願いします。
15:00からだそうです。

#千葉市
#緑区
#土気中学校
#誉田東小学校
#東電説明会
d0044584_13421377.jpg

ーー

つまり共産党が動員をかけていたのでした。

共産党は、絶対に自分には責任がなく、なにもかも他者に責任を見いだす。

彼らなら、こうした無責任で理不尽な文句を一方的にぶつけまくっても不思議ではない。

だから説明会も、極めて不毛な内容になったことも納得です。

ーー

たとえば私有地の倒木対策では、東電の復旧作業を進めやすくするために、自治体が交渉し東電が責任を取らないようにできる形を作るとか。

そういう事に参加者側から提案が出るなどすれば意味があったでしょうけど。

単に文句をぶつけるだけというのは、復旧する気がないと考えられるわけで、恥ずかしい限りです。

« だがやがて日本の知識人における「パリ熱」は去った | トップページ | もともと、米国は共産主義を忌み嫌う国である »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます
>>破壊主義の共産主義者
 千葉の台風15号の被害は、台風自体の規模が大きかった事は確かですが、ほんの数時間房総半島を通過しただけの被害としては、余りに深刻だと思って居ました。

 私は、鹿児島の指宿の出身ですカラ、子供時分には毎年、大型台風が襲来して、台風一過の後片付けは、夏休みの恒例行事の様な感じでしたね。

 でも、電柱が軒並み倒れると言う経験は、約10年間の滞在で、2,3度しか経験がありません。 大抵は、庭に植えて居る4~5mに成長したバナナが、夜中に強風で倒れる位で、中学生になった頃は、暴風雨のすさまじい音も、安眠を妨げるものではありませんでしたww

 ですから、千葉の被害復旧が長引いて居ると聞いて、普段、台風が来ないので、インフラ対策が出来て居無いのだろうと、思って居ました。

 こう言う時に、シナ人のレン4が「何百年に、一度来るかどうかわからない災害に、そんな大金を投じるのは、ばかげて居る」とか、暴論を吐いた事を思いだします。

 「流石は、歴史に学べないシナ人だけの事は有るなあ」と、でも、このレン4の意見に同調する日本人、特に東京人は少なくありませんよね。 私はダカラ、東京人の大部分は、日本人では無くなっていると思って居ます。

 其れは選挙結果を看たら分る事ですよね、あの山本太郎が70万票、原発事故の張本人の管直人が未だに国会議員をやっているのですから、如何に、左翼勢力が強い処かが分ろうかと言うものです。

 けれども、東京の原住民には、罪は有りませんが「好い加減にしろ、其れでもお前らは日本人か?」と、怒鳴りつけたくなります。

 私が、知っている東京在住の地方からの出稼ぎ~定住組にも、碌な奴はいません。 昔は結構、骨の有る奴が居たんですけどね。 今は「浮かれ者の都」一色っていう感じで、すっかり「軽薄な左翼の東京人」に成って居る感じですね。

 所謂「日々の競争に飲み込まれて、目先の事しか考えて居無い」連中です。 で、何でも反対になるその底意には「どうせ、俺一人が反対したからって、何も変わりはしない」と言う安直な意識があると思います。

 それが、今頃、共産党支持にまわっているのでしょうが、共産党にちょっとでもマトモな成分があれば、「少量の毒素は、却って薬になる」のかもしれませんが、選挙妨害や、道交法、刑法違反を重ねて、平気な共産党には、マトモな成分を見出す事は出来ません。

 自然の風水害は、日本列島に棲むモノ生き物にとっては。宿命的なものだし、同時に、すでに、現状を保つ上での最適なストレスになっていると思って居ます、つまりは、最早、日本人で有る為には風水害は、必要なストレスなのです。

 ですから、風水害に対する普段の備えを万全にする事が、何より大事で、電柱1本でも九州の様に、コンクリート製にするとか、大都市で行われている、CAPTAIN SYSTEM=地中に電選やインフラを埋設する」を推進する事が必要でしょう。

 すると電柱そのものを無くす事が出来ますし、立木も、折れにくく根を深く張るタイプの倒木し難い品種に変えるとか、出来る工夫はやるべきですし、住民側も、その支援として電線が通って居る界隈の災害時の復旧工事を妨げない、公の為に資する土地の権利運用が望まれますね。

 勿論、其処に着け込んだ犯罪には、厳罰を下すと言う、防衛策も必要でしょう。

 こうした対策は、大きな災害を受けた後なら、簡単に進めて行けるのですが、被害にもあっていない裡に、自分の権利を侵害されると怒り始めるのは、誰かに誘導されている徒しか思えませんね。 「悪魔のささやき」それが、共産党です。

 彼らの最終目的は「現状の破壊」唯それだけです。 壊れて廃墟になった土地に一体何を建設するのか、全くビジョンを持って居無いのです。 だから、逆に分かり易いし、反対の為の反対と分って居てもそれらしく聞こえて居ましたね。

 処が、その依代にして居た共産シナや反日韓国が、国家消滅の危機に成り始めて、一体何の為に反対するのかが、不透明になり始めて居ます。

 「夢と理想の共産主義国を造る」と言う、目標が、達成する前から、ドンドン崩れ始めて、今や、残って居るのは、キューバとベトナム位。 その両国共、国内での政治犯への弾圧は厳しいものが有ると仄聞します、是では、共産主義=全体主義国家の証明にしかならず、説得力の無い事この上ないww

 いい歳を扱いても、共産主義運動をやっているのは、唯の慣性力の為せる業で、他に知らないからやって居るダケ、逆に、「こんな人生を歩んでハイケナイ」と言う反面教師みたいなものなのですが、自分の頭でモノを考えられない次元の連中は、同じ道を辿るしかないのでしょうね。

縦椅子様
 今日も素晴らしいブログ有難うございます。
この度のの台風15号で甚大な被害にあわれた方々に心からお見舞いを申し上げます。台風から一週間もたちますのに、停電で、生活機能が麻痺し、回復の見込みが立たない状況で、御不自由な生活を余儀なくされておられ、本当にお気の毒で、早く一刻も早く、通電することをお祈りいたします。
 去年大阪も9月4日台風21号に見舞われ甚大な被害をうけました。昼間の台風であったため、トタンや屋根瓦がびゅんびゅんとんできて壁に突き刺さります。それに屋根が風にあおられて、3度ほど大きなドスン音を立て、基にもどる時の音には生きた心地はしませんでした。瓦がずれたので、全ち面張り替えでしたが、昨年末には何とか直していただき助かりました。
 公園の大木もずたずたに倒れ、公園局の方々が、数日かかって取り除いてくださいましたが、公園の入り口の私有地から大木が倒れ、公園の入り口をふさいで、危険な状態になっておりましたが、私有地ということで、公園局の人は、勝手に撤去できず、長い間放置されていました。その時の風速は60m以上だったそうです。
 今回も大きな杉の大木が、電柱を巻き込んでなぎ倒されている様子から見ますともっとひどい瞬間風速だったに違いありません。このような状況を回復すべく東電の方々は、日夜奮闘なさってくださっている、本当に頭が下がります。どうか事故の無いようにお祈りします。
 このような大規模な台風が世界各地で起こっております。なすすべもなく翻弄された状態になっています。地球が怒っているのか、それとも他の要因なのか、調べる必要があるように思います。
 古来から日本は地震や風災害に助け合って、生き延びてきた実績があります。皆さん、身体に気をつけてください!ご無理をなさいませんようにお祈りします。

「コンクリートから人へ・・・」の弊害だね。
インフラ整備を怠れば、つまり自治体・政府が財政出動を怠れば、国民は貧し、窮します。
結果、市井の民は憤りや不満を抱き、不信感を吐露する。 
「いいねぇ・・こうして結束力を欠いた状況と環境が出来上がる。」(これが目的)
共産主義が云々という思想、主義。
イデオロギーでものを語ること自体。無意味である。

イデオロギーで政を決めている国なぞどこにもない。
貧しい弱者のみがイデオロギーの罠に嵌ってしまう。

金の亡者たちが、己が権勢を維持、誇示するために、その傀儡たちが世界中で蠢いてきた結果でもある。

イデオロギーを笠に着た金の亡者たちの目論見に気付かず、マスコミの愚民用に劣化させた情報を鵜呑みにしてはいけない。

日本国国民の結束力は高い。
結果として、日本より、便利で、緻密で、安全な社会は存在しない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« だがやがて日本の知識人における「パリ熱」は去った | トップページ | もともと、米国は共産主義を忌み嫌う国である »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31