無料ブログはココログ

« 日本が韓国を「普通の国」として扱いはじめた | トップページ | どのような人間関係でも、どのようや組織などの社会システムでも、必ずどこかに至らないところがあるものです »

2019年9月30日 (月)

ええっ?じゃあ、韓国はアルゼンチンみたいになってしまうんですか?

ーー以下newsusより抜粋編集

韓経:ハンファケミカル、200億円のサムライ債発行断念
9/26(木) 9:58配信 中央日報日本語版

韓国化学業界の看板企業であるハンファケミカルが日本でサムライ債(外国企業が日本で発行する円建て債券)の発行を断念した。

韓日対立の余波により両国間の金融取引も冷え込む兆しを見せている。

ーー

25日の投資銀行業界によると、ハンファケミカルは来月末を目標に準備してきた200億円規模のサムライ債発行計画を白紙化した。

7月に日本の輸出規制で韓日貿易紛争が触発されてから韓国企業が日本で資金調達に失敗した初めての事例だ。

この会社は11月末に満期到来予定の200億円相当のサムライ債を償還するため今年初めから円建て債券の発行を準備してきた。

ーー

ハンファケミカル関係者は「長く発行を準備してきたが韓日間の緊張がますます高まり日本で投資需要を確保するのは難しいと判断した」と話した。

同関係者は「満期となるサムライ債の償還資金はドル建て債券を発行するなど他の方式で調達するだろう」と説明した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-00000018-cnippou-kr

ーー引用ここまで

あれ?これって、もしかして日本の報復措置ですか?

ーー

思わず俺も小躍りしながら飛び付いたが、記事の中身を見る限り韓国企業が自ら発行を断念したという話のようだ。

ーー

サムライ債の満期が、11月末に来るんで、200億円のサムライ債を発行しようとしたんですか?

ーー

金額が一緒だから借り換えだね。

償還に応じて新たなサムライ債の発行を今年の初めから準備してきた。

それが、今年の末も視野に入り始めた9月末という段階になって白紙になったわけだ。

ーー

償還って事は、返済するって事ですか?

ーー

10年債、5年債という言葉のとおり10年後や5年後には満額を返さなくてはいけない。

借り換えができれは問題にはならないので、ハンファケミカルはこの借り換えに失敗したという形になるね。

ーー

リボ払いをしていたのに、ある日突然残金を支払ってほしいって言われるような物ですか?

ーー

身近な例えだとそうなるなwww 

ーー

今までは償還日に再度お金を借りるという仕組みで実質返済額をゼロにすることができた。

もちろん利息は払い続けなくてはならない。

それが、借り換えることができなくなった。

つまりハンファケミカルは200億円をどこか別の場所から持ってこないといけなくなったわけ。

償還日は11月末だ。

ハンファケミカルが2カ月で200億円を用意できるか、できなければデフォルトになりかねないことになる。

ーー

紛れもない借金の踏み倒しだからな。

これまでサムライ債がデフォルトになった国家はアルゼンチンだけだ。

ーー

ええっ?じゃあ、韓国はアルゼンチンみたいになってしまうんですか?

ーー

通貨危機発生のフラグが立つことになる。

日本は優良な貸し手で金利も恐ろしく低い。

さらに日本円はハードカレンシーのために米ドルとの交換もたやすい。

共産支那は香港ドルを介して米国からドルを調達していた。

韓国も日本を介して米ドルや他の通貨の決裁をしていたというわけだ。

サムライ債の発行に失敗すること自体が重大な事件と言えるね。

ーー

そうなんですね。

他にも、韓国の輸出入銀行が12月末に750億円分の満期を迎えるみたいです。

これも、断念するんでしょうか?

ーー

まずサムライ債の発行には主幹事が必要だ。

当然この主幹事には日本の証券会社が絡むことになる。

ところがこの韓国経済新聞の記事に”主幹事”の単語がないんだ。

都合悪い事実を隠したまま断念したことだけを強調しようとしてるんじゃないかという懸念はあるよね。

ーー

「主幹事」って、サムスンバイオの記事で出てきたので、分かります!

サムライ債も、勝手には発行できないんですね。

ーー

当然だ。

日本の投資家から巨額の資金を集めるとなればそれなりの責任が伴う。

サムライ債を発行するに値する企業かどうかは当然審査される。

その結果ハンファケミカルは不適切と判断された可能性があるってわけだ。

ーー

ボクも、そんな気がします。

いきなりサムライ債の発行を断念するなんて、何の理由もないのに、ヘンです!

ーー

“サムライ債 主幹事”でGoogle検索をかけるといくつもの事例が見つかる。

日経新聞の記事などで東南アジアのマレーシア、インドネシア、フィリピンなどの事例が取り上げられている。

ーー以下日経より抜粋

マレーシア政府のサムライ債、野村が主幹事外れる
選定過程に課題残す
2019/1/23 20:30

【シンガポール】マレーシア政府は2019年前半に発行する総額2千億円の円建て外債(サムライ債)の共同主幹事を発表した。

市場関係者を驚かせたのは、当初有力視されていた野村グループが入らなかったことだ。

直前に野村が発表したマレーシア株式を格下げするリポートの内容が、リム・グアンエン財務相の怒りを買ったとの見方が根強く、選定過程に課題を残した。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40369090T20C19A1EE9000/

ーー

インドネシア、サムライ債1770億円発行 アジア最大
2019/5/16 20:08

【ジャカルタ】インドネシア政府は16日、公募円建て外債(サムライ債)の発行条件を決定した。

3年債、5年債、7年債、10年債、15年債、20年債の6本立てで、総額1770億円を発行する。

インドネシア財務省によると、発行額は昨年フィリピンが発行した1542億円を超え、公募サムライ債としてアジア最大になるという。

発行額の約4割強を占める5年債は利率が年0.83%で、今回新たに発行する償還期間の長い15年債と20年債はそれぞれ1.55%と1.79%となる。

いずれも5月22日に発行され、主幹事はSMBC日興証券、野村証券、みずほ証券、大和証券が務める。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44903560W9A510C1FF8000/

ーー抜粋引用ここまで

日本の証券会社は、東南アジアに力を入れてますよね!

それは分かります。

韓国には、200億円の借り換えも応じなくなってしまったんですね・・・。

ーー

端的に解釈すればそうなる。

韓国に回していたお金をそのまま東南アジアにシフトするというか。

日本国民の感情としても韓国にお金を渡すなという合意(コンセンサス)が形成されつつあるよね。

ーー

ネットユーザーは、反日の韓国がどうして日本に資金調達を求めるのかが、不思議だと言ってます!

ムン・ジェイン政権が目指す脱日本計画とはかけ離れてますよね?

もし発行されたとしても、貿易優遇国(ホワイト国)から外れてお先真っ暗の韓国企業なんて、誰も買わないんじゃないかって。

200億円分のドルは、どうやって用意するんでしょうか?

ーー

米ドルを安く手に入れられる手段としてサムライ債があった。

サムライ債以上に安く入手できる手段があるとも思えないよな。

200億円というのはサムスンの営業利益とかに比べれば小さな額に見えるが資本家でもそうそう出せる金額じゃない。

ーー

ムン大統領が国債を海外の機関に売り付けて、予算を増やして何とかするんじゃないかって言われてます!

でも、韓国国債を買う国なんて、そこまで多くないですよね。

あと、記者の書き方が悪くて、サムライ債を使うのをやめたのか、それとも断られたのかがはっきりしないって文句を言ってる人もいます!

ーー

そこはわざと書き方をぼやかしたんだよ。

日本に断られたなんて書いたらそれこそ明日にでも通貨危機が起こりかねないからね。

韓国自ら断ったかのように書いて現状を糊塗したんだ。

俺はそう解釈している。

ーー

じゃあ、やっぱり日本の韓国制裁が始まってるんですか?

ーー

見えない(ステルス)制裁かもね。

というか今までの鉄スクラップやら石炭灰やらも全部そうかもな。

実際には先に日本が輸出規制をかけたのを、韓国が輸入検査強化したと言い張って主客転倒させていたとしても不思議はない。

韓国航空会社の日本路線廃止だってそうだ。

日本の空港が先に廃止を韓国に通達したのを、韓国はむしろ我々が廃止を決めたんだと言い張ってるのが真相かもしれない。

ーー

ええっ?それはちょっと突拍子もなさ過ぎるのでは?

ーー

想像でしかないがな。

だがそう考えると日本不買運動で韓国ばかりが打撃を受けているという話の説明がつくんだよ。

義理の親に勘当されたことを認められない義理の息子が、むしろ自分から家出してやるんだと豪語して貧乏な旅へと出発することになったというか。

ムン・ジェインの脱日本計画ってまさにそうじゃん。

ーー

ムン大統領は、心から日本の影響を脱したいと思ってて、日本製品や日本に関する事を排除してるんです。

ーー

建前上はそれでいいけどな。

というか韓国が破綻する最後の日までその建前を維持し続けてもいいと思う。

韓国民にとっては、絶望したまま破滅するよりは幸せだと思うからな。

危機を目前にしたダチョウが目隠しをして危機を見ないようにするように最後まで現状を見ないで夢を見たまま消滅するのもいい。

日米はそれで何も困らない。

« 日本が韓国を「普通の国」として扱いはじめた | トップページ | どのような人間関係でも、どのようや組織などの社会システムでも、必ずどこかに至らないところがあるものです »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます
>>改めて感じる戦後体制の酷さ
 韓国経済は、もう末期的様相を呈し始めた様ですね。 韓国とは永年みっせつなかんけいにあった日本の金融機関が、韓国企業を相手にしなくなり始めて居ると言う事です。

 然し、今迄何故韓国と付き合って居たかと言う理由を考えれば、背後にDS勢力を始めとする国際金融勢力が、控えて居たからだと言うのは誰が考えても分る事すぁう。

 その後ろ盾が無くなれば、日米の市場を失った韓国の現在の信用度合いは、最早、先進国とは言い難く、中には、ASEAN各国より、評価が低い処もある位だと言う話が、このサムライ債の比較で、はっきりしましたね。

 韓国経済は、次々と手足をもぎ取られて行く様な状態だけれど、韓国は、自らの選択でそうした様に、ふるまって居るのは、既に、通貨暴落の瀬戸際に立っていて、臨界点の1US$=1200ヲンを何回も超えて、都度国が買い支えしている状況ですカラね。

 この2年に亘って、こう言う事態を招くような事をやって居る文在寅大統領も、その政権を構成している閣僚も、政治家としては、正気の沙汰では無い様な事を平気でやってるが、国民は全てこれ黙認しているかの様に、日韓両マスゴミは、国民に危機を伝えない。

 韓国社会は、世論の同調圧力が非常識なレベルな程高く、天然の情報統制社会だと言えるが、就中、反日に関しては、その傾向が、更に倍化する様です。

 「其れなら国交断交したら?」と、誰しも思うのだろうが、中身を覗くと、「日本の庇護無しには、とても、生きて行けない経済の国」なのです。

 こんな不自然な話は、世界にもそうそうありませんから、この状態を創り上げた外力が働いて居たと、考える他は無いですね。 両国民の意志を無視して、こんな不均衡なバイアスを懸けて、文句の一つも出ない様な勢力って、ホントに限られて居ますよね。

 私は、可成りの確信を以て、其れはDR(デイビッド・ロックフェラー)と、DS(Deep State)集団の仕業だったと、言えると思います。 

 オソラク、2012年以前の様に、DRが健在な裡なら、日本では石破茂が総理大臣になっていたに違いなく、韓国は、朴槿恵の代わりに、もっと日本に強硬的で、シナの上海派の米国侵略を進行させる為に協力的な人材を、大統領に着けただろう。

 処が天は、日本を見捨てなかった。 このDRが先ず、国際金融資本と言う組織の中で⒓年6月に、失脚したのである。

 その理由と言うのが、組織の長である赤盾(ロスチャイルド)の核心的資産は、「基軸通貨US$の発行権」を持って居る事だったが、リーマン・ショックで生じた、6京円「=6万兆円=600兆ドル」と言う巨額の債務で、世界のUS$の流通量を不足にして、信用不安を惹き起し、以て、US$に代わる基軸通貨を建てる陰謀を、DRが目論んで居た事が、赤盾に発覚して終った事です。

 是で、DRとその一族は、私財没収の上、組織を追われたばかりか、DRの後継者と目されて居た甥は、12年の裡に亡くなり、DRも14年に、3度目の心臓移植が上手く行かず、この世を去っています。

 この事象こそが、日本に夜明けを齎したと言える事だったと、私は今でも確信して居ます。

 以後の世界で起こった事と言えば、米国FRBに拠る千年分のドルの増刷、DRに降ろされた安倍政権の復活に続いて、「政治素人」のトランプ米国大統領の誕生「=民主党、DS勢力の敗北」、朝鮮に拠る核恫喝、そして、米支戦争(貿易、経済)の勃発でしょう。

 それに、日本がDR支配の桎梏を外されて、分かった事は、日本が既に、、米国や韓国のみならず、EUやASEAN等、世界にとっても、重要な役割を果たして居る国で有る事が、様々な事象を通して分ってきました。

 是は、一部の企業人やジャーナリストからは、盛んに発信されて居た事だけれども、先ず、マスコミが取り上げず、日本のネガテイブな面だけを伝えて居るダケでした。

 故に国民は、色々なポジテイブな事を知っても、マスコミに拠って、ネガテイブな思考土壌しか形成して居無いカラ、「政権が、国民を裏切って居る」としか考えない。

 是は即ち、「日本の権力も腐敗して居るのだあ~」とか言う、往年のマルキスト過激派の様な考えで、しかない。

 確かに、日本の権力は腐敗して居た時期が有ったが、その多くは、朝鮮系の帰化人政治家に拠るモノだったし、それを敢えて報道しないマス・メデイアも、在日・反日勢力、即ち、朝鮮族だったと言う訳である。

 その典型が、帰化2世朝鮮族の小泉純一郎首相だったろう。 彼は、今でも、韓国の10基の原発には目を瞑り、日本の福一原発の事だけで、原発を全廃せよと、日本経済を貶める活動をして居る。

 こう言う土壌が出来上がった時期とは、90年代の前後が最も酷く、自民党から大勢の朝鮮族議員が離党して新進党なる新政党を立ち上げた時期だろう。 

 マスコミは、自民党の金権体質を盛んに批判して居たが、その後、ハーフの朝鮮人鳩山由紀夫が建てた、民主党には、鳩山の母方の実家の石橋家が経営する世界のタイヤメーカー「ブリジストン」から大量政治資金が流れ込んで居た事は完黙して居たし、是に、旧社会王議員が群がる様は、当に、金権体質そのものでは無かったか?、

 日本のこうした政治腐敗の原因も元はと言えば、DRにある。 と言うのは、幾ら日本の議員が色々議論を重ねても、DRの鶴の一声で、統べて無かった事にされて終う。 

 例えば、85年のプラザ合意の時点でも、日本企業は、DRに忖度した心算で、NYのロックフェラ―センターを購入したが、米国のマスコミの扱いが悪かった為に、DRの怒りを買い、有ろう事か、それが日本に向いた。

 日本経済のバブル現象もその破裂も、全て、DRの指令を受けて大蔵省がやった結果である。

 正に日本は、DRに振り回されて来たと言って良い、DRは日本に取って漬物石の様な存在だったと言えるでしょう。

 ダカラ、DRの消滅が是だけの変化を齎したと言えるのです。 この先、DRやDS勢力の無い世の中を考えて行かねばならいませんが、その為には日本国民が、自らの手に政治を取り戻す事が何より大事だとおも居ますね。

サムライ債と言うのは、外国企業が日本ではこうする円建て債券との事ですが、発行するからには売り切る目処のある債券だと思っていましたけれど、これが発行断念に追い込まれるという事もあるのだと知った次第です。

発行するからには、これが発行断念になるというのは企業ひいてはその国の金融の信用を無くす事になると思うのですが、韓国と企業はそれを予測できなかったのかと考えます。

韓国がこれまで反日政策でありながらも日本に頼り切ってきた事は、国際的にも知られてきたと思いますが、文在寅大統領の反日振りは度を超していました。
このことを、企業は予測できなかったのかと思います。

それから、これはサムライ債とは異なりますが、韓国がドル不足になったときに韓国の財務部長が日本に来て金融機関からドルを直接借りてきた事もありますから、今回もこれと同じ感覚が合ったのかと思いました。

しかし、今回のサムライ債の発行断念で、韓国はいよいよ日本の金融機関から見捨てられる覚悟をしなければならないと思います。
昨日のジム・ロジャース氏から、直接借りれば良いと思うのですが、彼は儲けるためになら貸すでしょうが、自転車操業のためになら余程の金利を要求するでしょう。
ましてや、韓国が日本の鼻を明かしたいなどといった際には、韓国のために、自分の財産を危険にさらす気は毛頭ないとの態度を示すと思います。

いずれにしても、韓国と韓国企業は日本の恩をないがしろにして、単なる打ち出の小槌と扱った事を後悔すると思っています。
日本が海乱鬼の本性を見せ始めたのかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本が韓国を「普通の国」として扱いはじめた | トップページ | どのような人間関係でも、どのようや組織などの社会システムでも、必ずどこかに至らないところがあるものです »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31