無料ブログはココログ

« 日支友好を掲げた政治戦争 | トップページ | 日本人すべてをブタ呼ばわりするところに韓国の闇がありますね »

2019年8月29日 (木)

韓国には竹島に居座る権利など全くない

ーー以下「産経主張2019.8.27 」より抜粋編集

日本固有の領土竹島を、韓国は、日本が敗戦で連合国軍によって武装解除されているどさくさに、不当に略奪した。

韓国は、25日、その竹島(島根県隠岐の島町)とその周辺で、昨年のおよそ倍の規模となる軍事演習を行った。

日本としては、この韓国の行為は到底容認できない。

韓国は一日も早く竹島から出て行くべきなのだ。

ーー

軍事演習は、「独島防衛訓練」から、「東海領土守護訓練」に名称変更され、海軍と海洋警察の艦艇約10隻、空軍の戦闘機など航空機10機が参加して行われた。

海軍のイージス艦や陸軍の特殊部隊の参加は初めてである。

ーー

文在寅政権が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めてから3日後の8月25日に実施された。

韓国大統領府報道官は「日本だけを考えて決めたわけではない」と語ったが、対日挑発の意図は明らかである。

日本政府は韓国政府に対して事前に中止を求め、演習が始まってからはすぐに抗議した。

だが、韓国側は、それを無視しており、止めるそぶりも見られない。

ーー

日本側から見ると、韓国政府の取っている行為は、日本を軍事的に挑発するもので有り、自国と地域の安全保障に逆行するものと言えよう。

北朝鮮は、韓国に主なねらいをつけた新型の短距離弾道ミサイルや多連装ロケット砲の発射を繰り返している。

その回数は7月25日から数えて7度にも及んでいる。

ーー

日米韓は、安全保障上協力が必要であるのに、韓国政府は、日韓をつなぐ軍事情報包括保護協定GSOMIAの破棄を決め、竹島演習で日本を挑発した。

これは北が攻めてきても日米は協力しなくてもよろしいという態度で有り、国の存続に責任ある政権のふるまいではない。

トランプ米大統領はG7で「韓国の態度はひどい。賢くない。彼らは金正恩(朝鮮労働党委員長)になめられている」と語った。

ーー

韓国にとって軍事的な脅威は北朝鮮ではないのか。

文政権の日韓基本条約や請求権協定を無視する行為や今回の軍事演習は、日韓関係にとどまらず、米韓関係にも亀裂を生んでいる。

韓国は、北朝鮮に原油の瀬取りを許し、戦略物質の一つ・フッ化水素酸の国連制裁国への横流しをしていた。

それらの行為に対し、日本は輸出管理を強化したが、それは当然であろう。

ーー

瀬取り行為を監視していた日本の哨戒機に対し韓国軍艦がレーダー照射をした。

また韓国は22日、日米韓の安全保障を担う軍事情報包括保護協定GSOMIAを破棄した。

そして25日、韓国は竹島で軍事演習をした。

これらについては日本には実害はない。

ーー

しかし、28日0時から、韓国は日本のホワイト国から除外された。

もうサムスンの半導体製造ラインは高純度フッ化水素酸が入らないため休止し、韓国経済の1/4を担うサムスンの業績不振予測で韓国ウォンや韓国株価指数は下落し続けている。

日本世論は韓国の異常な反日行動には制裁が必要だとし、日本政府による韓国のホワイト国からの除外措置に賛成している。

韓国政府には出来そうもないが、韓国政府はこのような結果をもたらした原因について反省し、自国の真の敵はどの国なのかについても頭を冷やして考えてみるべきなのだ。

« 日支友好を掲げた政治戦争 | トップページ | 日本人すべてをブタ呼ばわりするところに韓国の闇がありますね »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>韓国の竹島侵攻と高校球児派遣
 産経新聞の記事でも、未だ韓国は、迷妄の中に居て、異様な状態にあるかの如く、書いて居るが、この表現が、日本のマスコミの限界なのかと思う、事実関係だけで挙げて記事を書いて居るのは、冷静だと言える。

 然し、竹島上陸を含む海域での大規模演習は、咋な、日本への恫喝で有る事も明らかではないか、是では、まるっきり隔靴掻痒の如しである。 何故そうした見解が、書け無いのだろうか?

 日本の三悪日紙「=朝日・毎日・中日」は、この事実を国民に伝えないか、韓国を擁護して、日本に原因があると決め付ける記事を書くから、産経が一番マトモだといえるのだが。

 然し、この大規模軍事演習は、韓国が、何処の国を敵国と思って居るか、と言う答えだし、竹島が、日本の領土で有る事を考えれば、純然たる領土侵攻だと言える。 つまり、奇襲を演習だと言い張り、その実、宣戦布告をして居るのと何ら変わりはない。

 こんな状況なのに、高野連は、日韓の様々な交流イベント勝ち医師になる中で、先の甲子園球場で行われた、全国選手権の予選から参加した選手の中から選抜して、この時期に韓国で野球をするそうだ。

 然し、韓国民を刺激しない様にと、日の丸を着けないのだそうだが、大体、この切迫した状況の危険さを、高野連の幹部が、全く理解して居ない事に驚かされた。

 こんな敵性国とのイベントは、危険だから、普通は中止にするのが常識ではないか?。

 今は、韓国で何が起きても、驚くに値しない状態なのである、勿論、軍事クーデターも、北朝鮮の軍事侵攻も含めての話だから、如何に半島に米軍が居ようと、否、米軍に取って、このイベントが開催されて居る間は、動けないと言う、ハンデイ・キャップを課す事に成ろう。

 すると、もし、米軍に危険が及ぶ様な事態に成れば、米軍派、何の躊躇いも無く、その危機を解消する術を執る、例え、高校球児が其処におてもである。 是は、広島にも長崎にも、米国人我居たのに、原爆を投下した事から、間違いない事で有る。

 この派遣の責任者だと言う竹中事務局長の顔が、TVに出てきたが、温和そうな小柄に見える老人だったが、こうした危急時の状況判断が出来無い人に、重要な判断を任せては、イケないと思う。

 そして、「日の丸を着けない」と言う案が出て来たのなら、現在、韓国の反日が酷い事も、知って居たのであろう、なのに、「派遣は、今回は取り敢えず見送り、イベントは中止」では無く「日の丸を着けない」だけで、OKと言う、決定を下したのは、如何なる理由だろうか?

 一番疑わしいのは、このイベントの主催者からの、実効への圧力だが、それがが誰かは知らぬ。 然し、周りのスタッフの危機認知の見識も、非常に疑わしい。 事実、周りでは、数多の民間レベルの交流イベントが、中止になっている事は周知の事実だろう。

 日本人の劣化現象だとしか、感じませんでしたね。

 兎に角、こうした状況で、韓国は、1㎜も信頼できる相手では無い事を我々は、肝に銘じるべきです。 纏まった時に、大きな、同調圧力が、働いて居るのは観察して居たら、気が着く筈、個人ベースの信用云々では、ありません。

 朝鮮人は極めて暴徒化し易い集団だから、過去のデモが暴徒化して悲惨な結果に成って居るのです。 そんな処に、子供達を遠征させるなんて、非常識だとは思わないのか、選手の父兄や野球関係の中に懸念を呈する人はいなかったのか?

 何も起らずに、無事に帰って来る事を祈るのみですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日支友好を掲げた政治戦争 | トップページ | 日本人すべてをブタ呼ばわりするところに韓国の闇がありますね »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31