無料ブログはココログ

« 彼らの悪事を見つけたとき、言い訳に反論することなく、粛々と関係を打ち切っていくのが彼らに対する正しい対応の仕方です | トップページ | よって韓国のパニック市場は9月開始とみている »

2019年8月24日 (土)

韓国との機密情報交換なんて百害あって一利なしだ、ぶっちゃけ理想の展開だよ

ーー以下newsusより抜粋編集

韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄
8/22(木) 21:43配信 毎日新聞

韓国政府は22日、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄することを決めた。

韓国政府は、日本政府による安全保障上の輸出管理の手続きを優遇する対象国「グループA(ホワイト国)」からの除外措置の撤回を求めたが、受け入れられなかったため踏み切った。

ーー引用ここまで

えっ?

日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)昨日8/22破棄されたんですか?

ーー

韓国ポータルサイトの記事の雰囲気がもう破棄に傾いていたからね。

日本がホワイト国除外を取り下げない限りGSOMIA更新もないという論調は日本語圏の記事では見つけることができなかった。

ーー

初動は昨日の夜6時頃です!アクセスランキングに出てくるのは、その1時間後位だと思います・・・。

ーー

青瓦台、GSOMIAを延長せず
8/22(木) 18:21配信 朝鮮日報日本語版

青瓦台は22日午後3時から国家安全保障会議(NSC)常任委員会を開き、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を延長しない方針を固めた。

キム・ユグン青瓦台国家安保室長次長は同日、「政府は韓日間の軍事機密情報の保護に関する協定の終了を決定し、協定に基づき延長通知期限内に外交ルートを通じて日本政府にこれを伝える予定」と語った。

政府は同日、日本側に協定終了を書面で通知したものとみられる。

協定は終了通報後90日間は有効だ。

ーー引用ここまで

韓国は、ホントに貿易の問題を安全保障の問題にすり替えてしまったんですね・・・。

韓国にとって日本のホワイト国除外は安全保障上の重大な問題に該当するそうだからな。

それなら韓国も日本をホワイト国から除外する!とか強がりを言ったのは何だったんだっていう話になるね。

ーー

やり返したなら、最後まで貫いてほしいです。

チグハグだと思います!

ーー

日本政府は外交ルートを通じて抗議はしたものの、基本的には日米でしっかり情報交換すれば影響がなく困るのは韓国だけという日本政府高官の意見も添えられている。

その意見を否定して見せる親韓派の中谷元・元防衛相の意見も書かれているが、俺は日米だけで何も困らない説の方を支持している。

―ー

この発言をしたのは、誰なんでしょうか・・・?

ーー

日本政府としては怒っているふりをして韓国に拳を振り上げる一方で、内心ではその拳をこっそり下ろしてガッツポーズをしてるはずだ。

よって匿名での発言が安全というわけ。

ーー

それって、アメリカも同じなのでは?

ーー

建前上は怒ってることにしないと同盟国としての立場がないからな。

だが韓国経由で機密が漏れていることを知っている米国も気持ちは同じだと思う。

韓国が安全保障上の機密を共有したくないというのだから明らかに自滅でしかないからな。

ーー

北朝鮮のミサイルは、もう日米には飛んできませんよね・・・。

キム委員長は、日本や米国を狙う事には興味がないと思います!

ーー

そういうこと。

韓国の安全保障のためにミサイル情報を提供していたとも言えるが、それが3カ月後の11月25日から難しくなることで韓国消滅の危機が現実のものになりつつあると言える。

ーー

ネットユーザーは、素晴らしい決断だと絶賛してます!

ジーソミアで日本の安全保障上の機密が漏らされていたし、日本に近づかないでほしいって。

韓国人らが北朝鮮主導の統一を望んでいないのであれば、後悔するのは韓国人自身なのでは、という雰囲気です!

ーー

大喜びなのは日本国民だよね。

韓国との機密情報交換なんて百害あって一利なしだと誰でも思うからな。

実際には韓国からの情報提供もあったようだが、それらの情報交換は主に韓国を守るためになされていたことだ。

もともと韓国からの情報は信頼できないものだらけだったので、来なくなっても基本的には何も困らない。

ーー

韓国側からの破棄を望んでいたですよね?

ーー

ぶっちゃけ理想の展開だよ。

これで在韓米軍撤退に向けて大きく前進したことになるからな。

韓国自ら米国を追い出すという展開は平成時代ならば考えられない流れだ。

それもあって我々は早くからGSOMIAの破棄条件について確認していたはずだ。

ーー

過去ログを調べてみたら、6月17日の記事でその話になってます!

まだどこも報道してなかった気がします。

ーー

なるほど。

きっかけは長嶺大使がGSOMIAに署名した時にカメラを床に置かれて腕組みパフォーマンスをされた時の話だったね。

仲裁委設置の期限を前にして長嶺大使が韓国側と話し合った内容は何だろうかということについて話している時にカメラパフォーマンスの話題になったと。

ーー

先見性あり過ぎです・・・。

ボクは、その時は大した問題にはならないと思ってました。

ーー

仲裁委とかもう何だっけ状態だよね。

長嶺大使は任期満了で帰国だし、岩屋防衛相はもう存在感をすっかり失ってしまった。

ちなみに韓国側ではGSOMIA破棄を求める声は今年の初頭から断続的に出ていたようだ。

日本の”低空威嚇飛行”はGSOMIAに従った行動ではないという理由でだ。

ーー

韓国の人達が、北に併合されるという理想に向かって突き進むなら、ボクは止めたくないです!

むしろ全力で応援したいと思います!

ーー

日本は不要だ!情報交換はいらない!と日米の存在がなければ北に併合されるという現実を見ようとせずに強がって見せる。

な、韓国は日米にとってもはやどうでもいい国になってしまっただろ。

日米から離れてくれるならそれに越したことはない。

韓国が北朝鮮に吸収されても日米は何も困らないからな。

« 彼らの悪事を見つけたとき、言い訳に反論することなく、粛々と関係を打ち切っていくのが彼らに対する正しい対応の仕方です | トップページ | よって韓国のパニック市場は9月開始とみている »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>韓国に拠るGSOMIAの破棄は理想の展開
 私は、この文大統領の決断を観て、「此奴は、DS勢力が遣わした、金大中・廬武鉉の系統を引き継ぐ、政治工作員だと確信しましたね。

 彼の使命は、日米離間を謀って、日本を再び戦前の様に、世界で孤立させて、今度こそ、亡ぼす事に有った、と思います。

 ですから「50年も前の国家間合意を蒸し返す愚行(英国カラの批判)」や、殊有る毎に、咋な、侮日の姿勢を見せて、日本人の対韓感情を悪化させていたのだと思います。

 然し、其れに拠らすとも、既に日本では、韓国の本音が次第に知られて行く裡に、近年の嫌韓から、避韓、そして、拒韓へと進化して居ました。

 マスコミが、日韓友好促進の建前から「韓国に不都合な情報」は報道し無かったマスコミも、街頭アンケートで、日韓関係の悪化~絶縁の可能性すら否定し無くなったのは、其れだけ日本の世論の常識が、拒韓になっていると言う事でしょう。

 まあ、今迄の日韓関係の支配構造の主だった、DS勢力も、赤盾勢力に追い詰められて、半分白旗を挙げて居る様ですカラ、マスコミの資金に拠る支配力も、落ちて居るのではないかと、つまりは「もう、それ処では無い状況」なのかもしれませんね、ww

 それに韓国がGSOMIAを破棄したのは、現状の状況で、GSOMIAで韓国が背負う、使命の中核になる「朝鮮の監視」も、その内容から考えて、韓国軍の実力では無く、在韓米軍の力に拠るモノと推察されます。

 その肝心な施設になる「高性能レーダー」は、今年の1月27日迄に、韓国の平沢基地から、日本の横田基地へ、移設されて居ますからね。

 つまり、現状では、韓国がGSOMIAに入って居ると言うのは、形骸化して居るワケです。 ダカラ、破棄したのでしょうが、是は、明らかに日米に拠る、誘導で有る事は論を俟たないでしょう。 安倍さんもトランプ氏も、腹黒いですねww  日米が口を揃えて、破棄を批判したり、残念がって居ますが、結果を見れば、米韓同盟解消への、大きな一歩だとも言えるでしょう。 

 是は、GSOMIA の実効が有る/無しではなく、韓国の旗幟の如何を問う、政治的な踏み絵だったのですがねえ。ww

 あちこちの保守サイトを覗いてみると、今迄には決して使わなかった、「韓国消滅」が、幾度も使われる様になっており、多くのウオッチャーがGSOMIAの行方を「韓国消滅への最後のクオリファイだった」と見て居た事が、判りますね。

 まあ、朝日もニュース・ステーションで、匙を投げた様ですカラね。www

 問題になるのは、韓国処分ですが、是は、米支戦争の後始末である、シナ処分やドイツ処分とは、違って、全く重要視され無い、でしょうが、その結果は、「銃弾無き戦争に拠る国家の消滅」と言う、歴史上稀有なものになるでしょうね。

 「朝鮮主導にして、韓国を吸収する」統合のやり方なら、正恩が初代大統領若しくは初代国王と言う事ですが、韓国には、反文勢力が、2千万人位は、いますからね。 

 小競り合い程度の紛争が起こる可能性は有りますが、軍隊同士の戦闘なんて、朝鮮族マインドでは、考えられませんね。

 政体の違う国同士の国家統合の例は、過去に、ドイツとヴェトナムが有り、東ドイツと、南ヴエトナムが、吸収されて居ます。

 ヴェトナムは、北が戦争に勝ったが故ですが、東ドイツは、東西に分断されて居たベルリン市民が、分断していた壁を壊すと言う、民衆の力が契機になっています、どちらの国民も、国家意識や独立意識が強いので、ヴェトナムは、共産主義体制乍、伝統的な反シナ体制を維持し順調の様です。

 一方ドイツは、EUの盟主になる程に復活しましたが、シナブームに乗って、シナの投資~生産拡大(侵略拡大)路線に、巨額の投資をして居ましたから、シナの経済破綻が起こると、偕老同穴で、国家規模の経済破綻が目の前になっています。

 然し、韓国は、この何れのパターンにも、与する事は無いでしょうね。 何故なら、朝鮮族は、自ら国を建てた事が無いカラです。

 元になった李氏朝鮮王朝も、その実態は、クーデターに拠る、王権簒奪でしか無く、明と言う大国に臣下の例を取って、自ら属国化し、1封建領主となったダケの事で、然も、彼は女真族の末端支族で、謂わば、外来人ですからね。

 随い、今後も韓国や朝鮮がそうで有った様に、国民無視の独裁政治しか、望めないでしょう、例え,統一そのものは、上手く行っても、長くは続かず、シナ処分で独立するであろう、シナの東北部の旧満州に吸収されて、凡そ700年の時を経て、元の女真族に還るのではないかと思って居ます。

 満州は、この30年で、人口が3倍になるなど、勢いが有る地域で、ロシアが、国境を超えて来る人口侵略を警戒している様ですカラね。是に、沿海州と朝鮮半島が、我がものになれば、侮れない国に成るかもしれませんね。

縦椅子様、ブログの更新をありがとうございます。

韓国政府のGSOMIAの破棄には呆れる他ないのですが、韓国政府はこれに関連して、米国が「破棄したことに失望した。」とされて慌てているのですけれど、米国政府が日本に対して貿易管理について「韓国をホワイト国に戻せ」と言うことを、期待していたとしか思えません。

これは、韓国政府が米国に「米国が失望するのは当然だが、重要なのはこの機会を韓米同盟が一段階アップグレードする切っ掛けにすること」と言ったのは、「米国が日本に韓国をホワイト国に戻すように言ってくれたら、今後の韓国はこれまで以上に米国の言うことを聞きます。」と言う意味にしか捉えられないのです。

更に、韓国政府は大統領演説で「日本は感謝もない」と述べたのですが、これの真意は「韓国がGSOMIAを破棄する程に怒っているのだから、早くホワイト国に戻せ。」と言うことだと思います。

以上、何れも韓国時事ニュースによるものですが、これらを考え合わせますと、韓国はGSOMIAを破棄したことによる影響など何も考えていず、考えているのは只管ホワイト国に戻したいとのことだけだと思います。

言うまでもなく、日本は韓国との貿易に於いて、半導体材料の輸出で韓国の使用内容が不明であり、これの説明を問い合わせても回答がなく、3年間も放置されたことから今回の処置に踏み切ったのですが、韓国はそのことを忘れてではなく、意図的に無視しに留まらず、更にこれまで通りに無制限に輸出することを要求しているのです。

ですから、韓国にとって半導体材料の(無制限の)輸入は、GSOMIAの破棄よりも重要であることを示していると考えた方が良いし、この件に関して、韓国は冷静は判断をしているとは到底思えないので、
日本はこれの理由をもう一度検討、検証すべきだと思います。

勿論、米国は韓国の半導体材料の使用が産業用だけでないことを知っており、これを北朝鮮やイランに輸出(横流し)していることも分かっているのでしょうけれど、韓国に於いても核兵器を開発している可能性も、疑う必用だってあるのかも知れないと思います。

尤も、文在寅大統領が北朝鮮に、脅かされているだけかも知れませんけれど・・・・・・・。
半導体材料の輸入制限の撤廃に、これだけ拘る理由は何かと、想像しています。


本来ならばGSOMIAの破棄について、韓国は何を考えているのかとGSOMIAの安全保障に掛かる重要性について考えなければならないと思いますが、今の韓国なら、日本から半導体材料を無制限に輸出させるためなら、何でもやりそうな気がします。

先ほどの投稿で、「韓国に於いても核兵器を開発している可能性も、疑う必用だってあるのかも知れないと思います。」と、書きましたけれど、これの可能性はないですね。

空想が暴走してしまいました。
この部分について、撤回させていただきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 彼らの悪事を見つけたとき、言い訳に反論することなく、粛々と関係を打ち切っていくのが彼らに対する正しい対応の仕方です | トップページ | よって韓国のパニック市場は9月開始とみている »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30