無料ブログはココログ

« 香港市民は、英支共同声明の下で自由の権利を享有している | トップページ | 奈良の都は当時としては世界的な大都市であった »

2019年7月 9日 (火)

そこでトランプ大統領は、日本に韓国へのフッ化水素輸出をやめさせるために、「日米安保条約は不平等だ」と言って見せたんです

ーー以下news usより抜粋編集

ーーホルムズ海峡で日本籍タンカーが攻撃された

ボクが一番言いたいのは、どうして日本のタンカーが攻撃されたのかについてです!

イランに紛れた韓国の工作員がやったのでは、という話も間違いではないと思います。

ーー

安倍首相のイラン訪問中にタンカー攻撃があった。

それで喜ぶのは韓国という話か?

当時は韓国政府も一応懸念を表明してたと思ったが。

ーー

安倍首相に、余計な詮索をしないように警告したって言われてるんです!

その前に、どうして安倍首相がイランに行ったのかについても、あるネットユーザーの推測が書かれてました。

ーー安倍首相は何しにイランへ?

欧米諸国は、韓国がイランと北朝鮮に日本のフッ化水素を横流ししてるのではないか、それを、日本が容認してるんじゃないかと疑っている!

それで安倍首相が焦って実情を聞きにイランに向かった。

韓国の工作員が、その動きを警告するため、その時に攻撃をしたんだと思います。

ーー

フッ化水素の韓国への輸出を止めたら許さないってことか?

ーートランプ氏の「日米安保条約是正すべき」発言の真相について

そうだと思います!

それで日本は、イランに攻撃されたとは認めなかった。

そこでトランプ大統領は(日本に韓国へのフッ化水素輸出をやめさせるために)「日米安保条約は不平等だ」と言って見せたんです!

ーー

そういうことか!

やはりイラン絡みでの日本の対応に不満があったわけだ。

ーー

トランプ氏から日米安保条約破棄をちらつかされて、日本の奥の院は緊迫、その対策について大議論となった!

G19(韓国をはぶいている)の各国との会談で、イランに戦略物資を横流しするような韓国をホワイト国から削除することを約束した。

それが、今回の対韓戦略物資制裁で、それで欧米からの批判をかわしたみたいです。

ーー

推測としては悪くないね。

トランプがG19前に変節した理由がそれか…。

完全なる誤解だったな。

で、日本も無事イラン制裁側に回って何とか日米同盟の解消は回避できたと。

ーー

アメリカとしても、戦略物質を日本に握られてるので、こういう形でしか日本にやめさせられなかったんだと思います!

ーー

日本の中にも、イランの協力者がいるのでは?

間違いなくいるだろうね。

ーー

イランにウォン口座を閉められた後も、物々交換が続けられてると推測してる人もいます。

フッ化水素で原油の代金を支払ったと言ってる人までいるんです!

実際ムン・ジェイン政権になってから、日本からのフッ化水素輸入量が激増しています。

イラン産原油が禁輸になったとしても、韓国がホントに輸入を止めてるかは分からないですよね?

ーー

今のところ韓国で目立った発火事故も起きてないしガソリン絡みでの報道がないからな。

イラン産の安い原油を引き続き輸入している可能性はありうるね。

« 香港市民は、英支共同声明の下で自由の権利を享有している | トップページ | 奈良の都は当時としては世界的な大都市であった »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>RPC統制下の報道について
 私も、このNews US は、リストに挙げて、屡々読んで居ます、軽い対話形式で、読みやすい部分は買えるのですが。やはり、RPC統制に沿った議論なので、確定して居ない現実を、色々組み替えて、話を繋げている様な感じは、割と、良心的なTV局の良心的な、アンカーマンと同じ「技巧」を感じますね。

 此のフッ化水素不正輸出の話はの胆になるのは、北朝鮮は、兎も角も、イラン政府内の、誰が「核兵器開発を推進しているのか?」と言う処だと、思いますね。

 「安倍さんが何故、イランに突如訪問したのか、目的は何だったのか?」と言う疑問が呈されて居ますが、此処で事実をおさらいして看れば、安倍さんが会ったのは、権力が政治と宗教の2重構造のイランの其れぞれの最高指導者の、ロウハニ大統領と、宗教指導者もハメネイ師だった筈。

 この二人に、核開発の有無を訊いても、即座に否定するダケでお終いでしょうね。 ならば、行く意味は有りません。

 行くのなら、イランと米国間で問題になっている「核開発疑惑」についての、イラン側の裏事情を訊き出す事、つまり、DS「=Deep State」からの調略は一体誰に向けられているのを、確認し、イラン政府が直面している、反政府勢力、特に、前大統領のラフサンジャニの様に、極度の反米思想を持った勢力の状況を訊き出す事でしょう。

 是は、相談する相手が皆無の2人に取って、干天の慈雨に等しい、有り難い訪問だったと思います。

 その一方で、米国の主張は、「誰が、主導しようが、イランが核兵器を持つ事には、反対する。 このママ開発が進めば、開発出来ない様に、経済制裁を強化する措置を講じる他は無くなる」と言う事を、伝えに行ったと言う事でしょうね。 

 つまりは、現状確認以外の事はして居ないのですが、是も、日本とイランの相互信頼関係が無くては、出来無い芸当ですね。

 安倍さんの様な役割を果たせる人間が、昔のイラン・米国間に居たら、パーレビ王制が崩壊し、狂人ホメイニ師の常軌を逸した行動で、少なくない死者を出した、米大使館占拠事件も、最悪の事態は、回避出来たカモ知れません。

 今でも、この役目を果たせるのが、安倍さんしかいないと言うのが、世界の現状なのでしょうね、白人・青人文明の溝は深いですね。

 然し、安倍さんが、平和を守る為には「一身を捨てても構わない」と言う程の覚悟を持って居るのは、それが日本の伝統精神だからで、その根底には「国は、歴代国民の魂の集積である」と言う考えが、常識として有るカラですね。

 比べるに、現在の韓国は、既に国家としての態を成して居ません。 その原因は、韓国国民に、「国家意識」と言うものが皆無で、彼らが、それを意識する時は、決まって、反日言動をして居る時ですカラ、韓国は、日本の陰になる事でしか、国家を意識出来ない、いわば、国家自体が妄念の産物であると言う事でしょう。

 所詮、妄想だと思って居るカラ、嘘も平気で言うし、理屈に合わない事をしても、恥じ入る事が無い、全部妄想内の出来事だからです、そして、他人が自分をドゥ評価しているの下も、関係なしに、目先の自分の利益に飛びつくから、世界から信用を失っているのです。

 何処を看ても、この先、国を維持して行ける要素がありません。 ダカラ、米国からも見捨てられて、国際金融勢力のハゲタカ共に、10年懸けて食い物にされ、最後に残って居た「蜘蛛の糸」の様な、日本の救いも、「国連決議違反」を犯して、自分から切って終った。 

 News USは、ホルムズ海峡での2件のタンカー爆破事件を、この愚かな韓国人の犯行と言い出して居ますが、彼らには、タンカーを爆破したと言われている、地対艦ミサイルも、吸着水雷も、扱える技術も無ければ、その用意もありません。 其処に、この推論の無理があり過ぎる。

 イラン内で、核開発を進めて居るのは、DS勢力の後押しを受けた、ラフサンジャニ1派や反シーア派等の、反体制勢力でしょう。 彼らの仕業であると言う容疑の蓋然性の高さから、当然取りざたされる筈なのに、全くそれが出てこないのは、現実が私の推論に近い証拠です。

 然し、この推論の殆どが、当たっているとすれば、今のイラン政府のガバナビリティの低下は相当なものでしょう。 其れは、既に、イランが核開発をして居るのは、既成事実の様に、マスコミに報道され始めて居ますからね。 まるで、現体制が公認で核開発をして居る様に伝えて居ます。

 是も、DS勢力の仕業と考えるべきで、イランと米国間に、熱戦を起こさせて、その分、自分達への攻撃を緩和させようとして居ると思われます。 すると、DS側の追い詰められ方も末期的だと言う事でしょう。 香港の一件を看ても、形振り構わなくなり始めて居ますからね。

 DSと赤盾「=ロスチャイルド」側の攻防の様子は、水面下の資金の流れや株価・為替の変動等で類推するしかないので、細かい動静は判りませんが、言えるのは、金融世界での争いでは、資金量が多い方が必ず勝つということです。

 ダカラ、DS側が破綻して、赤盾の軍門に降るのは、時間の問題でしょうが、今のDSは、リーマン処理の際に、赤盾に選抜された連中ですカラ、ペナルティは、殊の他厳しいと思いますね。 

 DSの配下に居ると思われる、日本のマスコミ関係者も、ソロソロ、首を洗って置いた方が宜しいのでは?

イスラエルの圧力もあると思います。
ネタニヤフ首相の国連演説2015.10.02
https://www.dailymotion.com/video/x3chfuk
ttp://freezzaa.com/archives/4809

今、彼らが恐れている事・・
それは、パンドラの箱が開かれてしまう事。北朝鮮、イラン関連も含めて、必死の攻防状態。
先に申し上げましたが、世界の90%のマスコミ、つまり、情報筋を握られている事を鑑みると、そんな中から、抜粋した情報がどれだけアテになるのだろうか・・

逆手にとって、裏読みなど含めて類推しないと、思うつぼである。
過日、表に出て来ている情報を自身で云々と云ったご意見を戴いたことがあるが、どんなフィルターに通すのかによってみいだされる結論は違ってくるであろう。
味覚の「甘味」に関して、砂糖の甘味なのか、合成甘味料の甘味なのか、食味経験なしで何故判別が出来る???と同じ理屈である。

数十年を費やして、己の頭で考えない国民に育成する教育を受け続けさせられた日本人。
受験勉強は記憶力が全てのような類。そして公式に当てはめて答えを導く教育。何一つ、自身の頭で起承転結の流れを構築させずに解答へ誘う。

一種の洗脳ですね。

そんな境遇でも日本人は新たな側面を見い出せてきたわけですから、おかしな洗脳教育を受けていなければ・・・・・
彼らの怖れる処と相成っていたことでしょう。
是非とも、雁字搦めに括って、弱らせておきたい民族でしょうね。脅威ですから。

本題に戻りますが、まとめサイトも最近あまりに・・・・・なので訪ねなくなりましたね。
たまに、何をかき回しているのかと偵察(?)にはいきますが、「そっ閉じ」です。

要するに、相当偏向気味に誘導する情報が散見されていると云うことです。かく乱戦法に近いかな。

海外からの情報も含めて、悪しざまに罵られている方サイドが実は・・・という見方をする方が正解に近いかもしれません。

アベトラ勢力(笑)の拡大によって、すでに敵はEUのみの情勢に陥っているといっても過言ではないようですし・・・ね。

縦椅子様、ブログの更新をありがとうございます。

余り陰謀というものは好きではありませんが、この日本タンカーの爆発事故は何処の陰謀かと思います。
幸い乗組員にけが人はなかったのですが、此も出ないように計画されたのだと思います。

日本が人を、大切にする事を知っていたことは、良かったことでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 香港市民は、英支共同声明の下で自由の権利を享有している | トップページ | 奈良の都は当時としては世界的な大都市であった »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31