無料ブログはココログ

« 少なくとも、公職立候補者の経歴には、「出生地」、「主たる生育地と年数」は明示されるべきでしょう | トップページ | 杉本鉞子(すぎもとえつこ)著『武士の娘』(ちくま文庫) »

2019年7月28日 (日)

支那人らのなす事すべてが不誠実なのだ

ーー以下「中韓を知りすぎた男ブログ」より抜粋編集

私は多くの中小企業が、支那共産党が日本人にその呼称を強制した中国に出て行って、無茶苦茶な法律や脅しに縛られて撤退できずに食い物にされている事実を知っている。

しかしこれらの事実を日本のメディアは一切報道してこなかった。

というのも日本メディアこそが日本の中小企業家に中国へ行けば儲かると宣伝していたからだった。

今や日本メディアは日本人からの信用を失って、日経でさえ読むと馬鹿になると言われるに至っている。

ーー

なぜこのような事が起こるのだろうか?

ーー

古来、日本人は漢文を読み込むことで、支那人に対して「同文同種」の民族として理解してきたからだ。

しかし、それは単なる日本人の思い込みであり、大いなる誤解で有り、間違いであった。

日本人は、事実でない思い込みを基に日本メディアを信頼し行動したため、極めて甚大な被害を受けてしまった。

ーー

漢文や漢詩は2000年以上前の漢民族が作ったものであった。

ところが現在支那には、歴史(記録)では何回も騎馬民族に征服され、漢民族などいなくなっていた。

つまり漢民族ではない騎馬民族が現代支那(中国)を構成しているのです。

秦や漢時代の支那人は、もはや居ない。

ーー

日本から出て行った中小企業は途中で支那人に幻滅し、彼らとの合弁事業に見切りを付け、撤退していった。

日本の言論・メディアは、在日・反日勢力によって支配されており、テレビでは、「支那人も普通の人間である、話し合えば、お互い理解し合える」と宣伝している。

しかし、支那人の辞書には日本人が使う「信用、信頼」を意味する単語は存在しない。

支那人は、相手が誰だろうと、相手の弱点を発見すれば、容赦なくそこに攻撃を仕掛けて来る。

ーー

多くの日本人は、「信用と信頼の社会」を築いてきたので、契約書などなくても相手に不利になるような行為はしない。

しかし支那人には、日本人が考えている「信用、信頼」は通用しない。

支那人は、自分の利益になるのであれば、契約書に書かれていないことを見つけ、それを実行してくる。

だから、信用第一の日本式経営が通用すると考えている日本の経営者は、支那人との合弁企業経営に行き詰ってしまう。

ーー

というのも他人から付けこまれる前に、他人の弱みに付け込めというのが、支那人の行動原理だからだ。

ーー

巨大な人口、広大な土地という点から言えば、この世界には中国と肩を並べる国はないはず。

だから普通の日本人は、このような巨大な国家の人民は気宇壮大、巨大な包容力、厳密な規律を持っていると考える。

ところが支那人は全く正反対なのです。

ーー

よそ者に対してだけでなく、仲間に対してさえ思いやりがなく、猜疑心と敵愾心が強い。

しかもよそ者を平気で欺く、他人の立場を考えることがなく、他人の死活をかえりみることはしない。

彼らが信用するのは同族のみ。

さらには自発的に秩序を守ろうともしない。

だから支那人がいるところ、必ず混乱が起こる。

ーー

人間は、最低限度の生活さえ維持できなくなると、羞恥心がなくなり、さらに下がっていくと、社会秩序が保てなくなる。

支那では騎馬民族による征服を何千年にも渡って何度も繰り返された。

支那人らは、略奪による貧困生活から生まれた卑屈な性格を一層卑屈なものにしていった。

だから支那社会では、「信用、信頼」関係が築けず、彼らが主張する歴史(彼らとは全く無縁なのだが)を通して、汚職と不正が絶えることはなかった。

ーー

極論すれば支那人らのなす事すべてが不誠実なのだ。

支那人社会というのは、約束を守る人間がバカとみられる社会なのだ。

人を騙して利益を得ることが人生の成功と考えられている社会。

そんな社会で、支那人と一緒に仕事をすることは日本人にとっては苦行以外の何物でもない。

健康に良くないのだ。

日本人が支那人と付き合っていくことは「骨折り損のくたびれ儲け」であり、永遠に無理だ。

« 少なくとも、公職立候補者の経歴には、「出生地」、「主たる生育地と年数」は明示されるべきでしょう | トップページ | 杉本鉞子(すぎもとえつこ)著『武士の娘』(ちくま文庫) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>シナ社会にある絶望
 私が寄稿している辻本貴一氏は、大阪の中小企業の社長さんですが、90年代にシナに進出しましたが、もう、80年代からいろいろ勉強して居た様ですね。

 ダカラ「何時でも、危険あ時には、引き揚げられる」方法を考えて居たとの事、その所為で、進出してから3年足らずで、投資した分を取り戻し、残る期間で利益を出したそうdす。

 総合商社の部長から、「シナに騙される経営者は沢山知って居るが、シナ人を騙した経営者は始めて看た」とか、皮肉を言われたと、云って居られましたね。

 然し日本国内と違い、世界は価値観や習俗が全く異なる、異民族の坩堝の様な処が多いのですから、進出するなら、辻本さん位の警戒心を持つのが、当然だろうと思います。

 其処を新聞やTVの情報に頼ろうとするのが、如何にも、昔の日本人らしい、然も、肝心な契約条項が書いてあるのに、真剣にそれを読まずに、金を払って勝者に任せると言うのでは、当に「鴨が葱を加えて、鍋まで背負って居る」様な状況ですね。

 私は、そうして騙された日本人達に同情する気には、なれませんね、辻本さんの話を読んでいったら、彼らの多くは、繊維関係の業者で、所謂「糸偏景気」で大儲けした連中で、その後も、改革開放後のシナの製品を輸入して居たのですが、その仲介をしたのが、件の総合商社です。

 曰く、「20億円の累世期赤字を出した」と言う話でしたが、それもその筈「シナの製品の不良品は、商社の責任」だったのですから、止めたくても止められないママずるずると299久円も赤字が・・ですから、陰で相当な悲劇があったでしょうね。

 ダカラ半分は、散々旨い汁を吸って来た、メーカーへの商社の報復だと思って良いと思います。 他人の恨みは怖いもので、其れに日本人もシナ人も無い話でしょうし、仰有る様な特質のシナ人に懸れば、更に、罠に嵌めて、骨の髄までしゃぶりつくしたのでは、無いだろうか、と他人事乍ら、背筋が寒くなりますね。

 我々は、生きて居る裡に成長・向上する為に、下生して居るのですが、この世では、ナノもカモが、常に、生々流転し、無常に出来て居ますから、人の一生は死ぬまで、否死んでからも、変化をし続けます。

 それは自分の現世的な評価は、他人がするモノだからで、そうなるのですが、死んでしまうと変化が起らないので、死んだ時のママでしょうが、自分の本体である魂は、生きて居る間に得の修行で得た、様々な経験知や悟りや理解で、色々な桎梏や執着から解き放たれているので、拠り軽やかな心になっています。

 就中「皆の為に生きる」事に目覚めた人は、自分の魂の向上の為に、この世を送っているのですカラ、新たな我慾や我執で、おも二を背負い込む事は無いでしょう。

 シナ人にも現代日本人にも足りないのは、斯うした、伝統の東洋的な、死生観や価値観だと思います。 西洋人やシナ人の様に「汚い事をしようが、人を騙そうが、金を儲けたものが勝者だ」と言う考え方には、自と限界があります。

 それは、考え方が似たもの同士だから、相手の欠陥もすぐに解る。 当に「狐とタヌキの化かし合い」の世界になりますから涯が無い、この世界を抜け出さない限り、心の平安が訪れる事は無いでしょうね。

 でも、シナに進出するのに、何も、心の平安なんて求めていなかったのでしょうが、騙されても、「好い勉強になった」と、笑い飛ばせるなら、其れ形に大したものですがね。ww

「中韓を知りすぎた男ブログ」の辻本氏は関西で中小企業を経営されてきた方で、1990年代の中国に進出した日本企業が、中国政府や権力者に騙されて苦労していた時代に、ご自分が工夫した方法で企業収益を上げて引き揚げることが出来た人です。

あの時代、日本企業はマスコミの中国進出や政府の勧奨に誘われたり、利益や人材不足のため、中国に行けば儲かると信じていたのですが、それから10年後、無事に日本に引き揚げることが出来た企業はどれだけいたのかと想像するのですが、国やマスコミが宣伝する程の量はなかったように思います。
企業はマスコミと国に、ある意味で騙されたと思っています。


私はご多分に漏れずで、中国の歴史小説が好きでした。
理由はくだらないことですけれど、出てくる兵隊の数が10万人単位であるとかは、日本の小説にはない桁の数字であり、島国に見られない大陸の雄大さに憧れた部分があったのです。

しかし、今考えてみると中国の小説は、全て白髪三千丈の世界であり、日本語で言えば嘘ばかり、大言壮語だったりでした。
そう思うと、日本の関ヶ原の戦いの凄いこと、当時の世界で双方18万人を超えた超えた戦いなどなかったのではないかと思っています。

そう考えるとき、実際の中国は嘘から始まる世界ですから、民間企業が進出するのは並大抵の危険があったのではないかと思います。
日本の企業の経営状態が良いときでも、海外に進出する企業があったときには、その相手国の状況を知らせることは必要だと考えるのですが、中国への進出は国が勧奨しても、その危険性に対していかなる体制であったのかと思います。

此は、1990年代に東南アジアで大きな成果を収め、発展していた企業が、何故か倒産したヤオハンのことを考えるからで、進出した後に頻繁に法律を変えられ、経営に苦しんだ企業をみるとき、その後に中国に進出した企業に、日本の政府が中国の危険性を教えても良かったと思うのです。

それを、民間のことだから国は知らないというのは、余りにも日本の経済を忘れていると思います。
勿論、これは民間が国の言うことを、聞かなければならないというのとは違います。民間の質問に答えれば良いと思うことですし、その質問に答えられる程度の準備が欲しいと言うことです。


日本の法律は性善説から出来ていることが多いので、経営者の人達だって、そうであることが多いと思うのです。
そう言った人に、外国の危険性だけでも知っていただければ、被害を減らせるのではないかと思うのです。

縦椅子様
 
 素晴らしいブログ有難うございます
≪今や日本メディアは日本人からの信用を失って、日経でさえ読むと馬鹿になると言われるに至っている。≫ーーと同じ内容の指摘がYAHOO!ニュース(7・28)で作家でジャーナリストの門田隆将氏によってなされていました。
 「どうして日本の新聞が韓国の味方をするのでしょうか」と氏は講演際、そんな質問を受けるという。最近、新聞の中身を検証したり、ウヲッチする人が「増えている」おり、日本の新聞が持つ病巣ー韓国問題に対する新聞の欺瞞を指摘している。
 「朝日によれば、半導体材料の措置に加えて、韓国を「ホワイト国」から外す手続きを進めていることは(韓国だけでなく日本経済の足も引っ張りかねないうえ、日韓関係をただす確たる展開もない)という」報道だーー
「ホワイト国」除外それでも韓国に沿う論陣を張る新聞という病-というタイトルでの記事を見つけましたので、掲載致しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 少なくとも、公職立候補者の経歴には、「出生地」、「主たる生育地と年数」は明示されるべきでしょう | トップページ | 杉本鉞子(すぎもとえつこ)著『武士の娘』(ちくま文庫) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31