無料ブログはココログ

« ミスリードにまんまと利用され、周辺国に影響を与え、米国の怒りを買った | トップページ | この歌は、「白菊と霜の見分けがつかない阿呆」の歌などではない »

2019年5月 5日 (日)

朝鮮研究者は「朝鮮には文化もなければ歴史もない」と言って、あきれ嘆く

ーー以下「ttensanブログ」より抜粋編集

在日・反日勢力が支配する反日政党の立件民主党の記事から。

【安定した皇位継承 立民が各党に協議呼びかけへ】

安定的な皇位継承を確保するため、立憲民主党は、女性宮家の創設や、男系男子に限られている皇位継承資格を女性や女系の皇族に拡大することも含め、今後、具体的な論点を整理し、各党に協議を呼びかけることにしています。

一代かぎりの退位を可能にするための特例法が、おととし成立した際、審議に当たった衆参両院の委員会では、安定的な皇位継承を確保するための課題や、女性宮家の創設などについて、政府に対し、速やかに検討することを求める付帯決議を可決しています。

これを受けて、立憲民主党は、党内に設置した検討会で議論を行っており、女性宮家の創設や、現在の皇室典範で男系男子に限られている皇位継承資格を女性や女系の皇族に拡大することも含め、具体的な論点を整理することにしています。

立憲民主党は、天皇の退位を、今回のような特例法ではなく、恒久的な制度にすることも検討する方針で、今後、各党に協議を呼びかけることにしています。

ーー以上引用(2019/4/30 NHK)

反日NHKが伝える所によると、立民は女系天皇を認めさせる為の協議を各党に呼びかけるらしい。

もうネット上では知らない人などいないくらいに、
男系天皇の存在こそが重要であること、
血筋の男系の人たちは10人以上も居ること、

つまり占領政策で廃止された旧宮家を復活すれば女系など誰も口にしなくなることが分かっている。

それなのに、立民はいまさらのようにこんな主張をしているらしい。

ーー

最近問題になった小室圭の件を考えれば極めてわかりやすい。

万世一系(男系)で続いてきた皇統が、女系を許した途端に小室圭のような存在が可能となる。

小室圭の母(出自が不明で関係者3人が自殺している)のような、皇室に全く敬意を抱かない、日本人離れした女が、息子を皇族の一員にしようとした。

そして、特権と金を手に入れようとした。

ーー

在日と支那・朝鮮人らは、日本の文化の源泉である皇室を破壊したくて、とにかく女系天皇を求めて来たと言っていいでしょう。

ーー

朝鮮人は、日本が敗戦して以来ずっと日本人を馬鹿にしてきた。

そして日本の優れたもののうち、自分たちがどうしても持てない「謙虚さと誠実」以外は全て朝鮮由来だと絶叫してきた。

しかし、朝鮮研究者は「朝鮮には文化もなければ歴史もない」と言って、あきれ嘆く。

残念ながらそれが朝鮮人の真実なのです。

ーー

だから朝鮮人らは、日本人が持つ、文化や歴史が羨ましくて仕方がない。

支那・朝鮮人らは、日本人が持つ文化の源泉が、皇室にあることを知って、隙あらば皇統を廃絶したい。

あるいは戦後日本社会を乗っ取ったように、もう、皇統を乗っ取つてしまいたい。

そう考えている輩(やから)が推し進めようとしているのが女系天皇を容認せよという運動なわけです。

ーー

平成最後の日に、御代替わりに便乗して日本人が嫌がる企てを公然と進めようとする。

それが在日・反日勢力が支配している、立件民主党であり、言論・メディアであるわです。

立件民主党を支持する人は、支那・朝鮮人らの侮日行為を支持し支援している人達です。

ーー

また、立件民主党の源流は戦前に共産党から内ゲバで分裂して誕生した日本社会党にあります。

そして彼らはやっぱり革命を、日本を破壊することを目指して活動しています。

日本社会党の基盤であった中核派や社青同はかつては共産党と対立していました。

しかし結局、共産党と同じで、日本をぶっ壊すことを目標にしている。

「俺の思い通りにならないものは壊せ」というわけです。

ーー

お前らには熊沢天皇がお似合いだ。

« ミスリードにまんまと利用され、周辺国に影響を与え、米国の怒りを買った | トップページ | この歌は、「白菊と霜の見分けがつかない阿呆」の歌などではない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難う御座います。
>>パヨク勢力の悪足掻き
 この処、御代替わり行事や、10連休の所為で、日本は平和な時間を取り戻して居る様に感じますが、立憲民主党は、何處までも、反日本、反国家に、徹しているんですね。 結局、共産主義革命の破壊願望からは、逃れられないと言うか、其れを無くしたら、自分達の存在意義も消滅してしまう、と言う危機感があるのでしょうね。 

 然し、一時は社会の40%近くが支持して居たと思われる日本社会党も、組合運動のマンネリ化や、内ゲバ、世界的な共産主義国家の失敗に拠る、退潮現象で、組合の組織率や社会党/共産党の支持者を減らして、今や、野党の底上げした支持率から看ても、実質20%にも届かない状況になって、既に、10年近くが過ぎようとして居ます。

 社会党系の野党である民主党は、支持の急落からの凋落傾向が止まらず、民進党に解消しますが、中身が変わって居ないのでは、話に成らない、この決定打になったのは、民主党政権が政権を取った時に見せた醜態、特に、その政治的無能ぶりと、政治家の資質を持った人材が皆無である事を、繰り返し見せつけた事に有りますね。

 唯それでも、名古屋で働いて居た09年~12年の間に、政権党で有った民主党支持を続けて居る、通って居た喫茶店の経営者夫婦を知って居ました。

 彼らは元は、東京出身なのだそうですが、親父さんの話は、その頃に、近くに有った工場で、田舎から出て来て、中卒で働いて居た女の子を、色んな手で騙して遊んだ話を自慢げにして居ましたが、選民意識が見えて、凄く嫌でしたね。

 本人は西洋仕込みの都会人気取りでしたが、猿が金冠を被って居る様な、滑稽さが漂って居ました。 社会主義運動を支持していると、口にして居ましたが、其れは、唯の当時の流行でしか無く、実は、「共産主義とは、何であるか」等には、全く興味が無いのは、「資本論」どころか「共産党宣言」の中身も、しらなかった事で明らかでしたね。

 まぁ昔から、思想的な変更の強い人は、猶更、いただけませんが、唯の「被れ」なのに、左翼を流行や格好でやって居る人が、「団塊の世代」には沢山居た様に思います。 

 そう言う人を入れての40%だったのですカラ、そう言った上澄みを捨てて終えば、20%処か、10%にも届かないのが、実勢で有ろうと思います。

 この情報化時代に、若年層で共産主義に被れる連中は、余程の変わりものか、日本人としての最低限持つべきものを、受け継いで居ない人なんでしょうね。 

 まぁ、前出の喫茶店のご夫婦の様な両親では、碌な人間は育たないか、逆に反発して、立派な人になっているかでしょうが、後者の場合、余程の事が無くては、家には、寄り付かないでしょうね。

 令和が始まって、未だ手付かずの状態と見て、盛んに、愛子内親王電荷を女性天皇に推戴しようと言う動きを、立憲民主党を中止にパヨクが広げて居ますが、湖の動きには、我々ねっと捕手が、丁寧に「なぜ、女系天皇や女性宮家は、皇統の存続に寄与しないのか?」を説明して行く必要があります。 

 是が、小泉純一郎の様な、剥き出しの「日本をぶっ壊す」朝鮮族思想の危険性は、寧ろ、分かり易いですが「皇統の危機の意味」を理解して居ないで、西洋式の男女同権を居りこんだ女系天皇や女性宮家の創設を支持して終う失態を犯してしまう人が多そうに思いますね。

 亦、其処をマスコミや朝鮮族は、狙って攻勢をかけてきます。

 然し、この事象は、安倍政権が戦後政治体制に、日本を取り戻す、意味でも、障害となっている人々で有る事は、論を俟ちません。 こうした現象が、咋になると言う事は、その分、こうした勢力が追い詰められていると言う事でも有ります。

 既に野党の政治家の行う演説の聴衆は、特定団体の特定年齢層だけに、成って居ます。

 そして、TVで、如何にも多くの人が集まって居るかの様に、カメラ・ワークで見せて居る事も、既に視聴者にバレて居ます、野党の動静を事細かに伝えるのは、世間がそれだけ注目して居るカラでは無く、TVがそう言う現実を演出して居るのだと、言う事も多くの国民がモゥ知って居ます。

 大抵のニュース解説は、RPCを未だに守って居るので、画竜点睛を欠いたものになっているのは言うまでも無く、情報を収集する手段としては、全く無効です。 是は個人的な感想ですが、世の人も同じであるらしく、TVの視聴率は長期低落傾向をだっすることができません。

 反対に、今迄40%を切って、ややもすれば30%を切る様な、支持率を耐えられていた亜b政権の支持率や安倍さんに対する支持率が、55%と50%と、現実感を取り戻して居ますが、ネガティブなキャンペーンを続けて行けば、自分達の信用度合いが低下するだけだと言う、TV局側の諦めに過ぎません。

 然し、時既に遅く、彼らの信用低下は、不可逆な域に達して居たのに、永年それを改めて居なかったのですカラ、今更、と言う感じですね。 斯うした悪足掻きで、次は何をやらかして来るのか、愉しみに俟つ事に致しましょう。

縦椅子様、ブログの更新をありがとうございます。

>【安定した皇位継承 立民が各党に協議呼びかけへ】

安定的な皇位継承を確保するための方策が、女性宮家の創設なのですか?

日本の天皇が126代も続いてきたのは、皇室が漫然と後継者を見つけてきたものではありません。皇統を維持するための苦労は、並大抵のものではなかったと思います。

これが分かりやすい事例として、孝謙天皇のときに現れた道鏡の場合、和気清麻呂が宇佐神宮で神託を確認しなかったら、ヒョッとして皇統が断絶していた可能性もあったと思います。
尤も、日本のことですから、例え一時的に皇統を外れてしまっても、暫くすれば元へ戻るような復元性があると思いますけれど、わざわざ危険な方向を試されても困ります・・・・・・。
女系天皇が認められた場合、こんな道鏡みたいなものが出現してきたら大変です。

このようなことが起きないように、予め女系の天皇を除いているのですから、これを大切にしなければならないと思います。
現在の男系の天皇にしておけば、それで良いのではないでしょうか。
たった一度戦争に負け、その統治者が悪意で皇族を減少させたことに、現在の天皇陛下の継承順位が3人しかいないことになっただけですから、日本が敗戦による占領軍の統治から脱してから70年以上を経過した現在、全ての旧皇族とは行かないのかも知れませんが、いくつかの旧皇族に復帰していただけば、天皇陛下の継承者が現在の悠仁様一人に収斂されることはなくなると思います。

こう考えると、立憲民主党を始めとする左翼野党が、女系天皇に拘ることを不思議に思うだけです。
彼等は、日本の皇室を崩壊させることが目的の一つだと考えますと、成る程と思うのですが、冗談ではありません。

彼等の日本についての悪意を、完全に粉砕しませんと、落ち着くことが出来ないのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミスリードにまんまと利用され、周辺国に影響を与え、米国の怒りを買った | トップページ | この歌は、「白菊と霜の見分けがつかない阿呆」の歌などではない »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31