無料ブログはココログ

« 日韓基本条約は講和条約ではない | トップページ | なんで死に顔まで微笑みやがりますか »

2019年4月10日 (水)

空海は縄文である

ーー以下「宮崎正弘ブログ書評」より抜粋編集

夢枕貘、岡村道雄『縄文探検隊の記録』(集英社インタナショナル)

夢枕貘は、夢想ともいえる幻想、神秘、陰陽道を描くユニークな作家である。

その彼が、考古学者たちと日本各地の縄文遺跡をめぐり、本物の縄文土器や縄文遺物を探検していく。

椎名誠のおふざけ半分の冒険的無謀生活とはまったく趣を異にする。

ーー

奧松山縄文村歴史資料館名誉館長・岡村道雄氏ら、考古学者らとともに、石斧を実際に使ってみるようなこともする。

探検とは言え、「縄文人は一体どのように暮らしていたのか」縄文人の生活を学術的に探るための、まじめな探検なのである。

ーー

著者らは、縄文人の暮らしを縄文遺跡の現場に求めて、そこで、土偶を拝観し、石斧で木を切り、土器を手に取り、寄せ鍋をつくって食べてみる。

そして考古学者たちと真摯な討論を展開している。

これらの討論の中から、縄文人の暮らしが如実に想像でき、教えられたこと多であった。

ーー

要点を以下に箇条書きにしてみる。

「(岡村)縄文人は洪水のときに浸水する怖れのある低地には住居を造っていない」

「(しかし)水や魚は利用したいので、河岸段丘のようなところの上のほうの、日当たりの良い高台(を選んで集落を作った)」

ーー

食生活の中心は鍋、つまり「寄せ鍋」だ。

「(石蒸し料理とか)石皿で木の実やエゴマの種を混ぜてクッキーのように焼いて食べていた」

「食材からでたダシと塩分、キハダ(ミカン科の落葉高木)やサンショウの香辛料もあった」

「(岡村は)日本料理の源流は、まさに縄文の鍋だ(と言う)」

ーー

夢枕貘は趣味が昂じて釣り小屋を建てたとき囲炉裏をつくった。

そう言うと、岡村が次のように説明したのだった。

「(縄文時代の)大きな住居になると、入り口から見て炉の奧側、すなわち横座にあたるところに祭壇があります」

「そこから男性のシンボルを模した石棒や徳利型の土器などが発見される」

つまり家の祭壇の前で酒盛りをしていたと想像できると。

ーー

縄文人が装飾で用いたのは翡翠(ひすい)である。

激しい地殻変動によって生まれた翡翠の産地は糸魚川(いといがわ)が有名だが、夢枕が「翡翠の流通センターのような機能を持つ特別な村」が糸魚川ではなかったのかと問えば、考古学者の木島勉(糸魚川教育委員会)氏が答える。

「村の中でも特殊な立場の人」

「個人が愛用した装身具というよりは、集落、あるいはエリアにおけるその人のステータスを示す象徴のようなもの」

宝石は希少性が重要であり、それが翡翠だったという。

ーー

黒曜石も信濃が産地として有名だが、これらの加工工房があり、黒曜石の鉱山が営まれ、運搬を担って物々交換に出掛ける行商集団もいた。

伊豆諸島神津島産出の黒曜石が、後期旧石器時代(紀元前2万年)の南関東の遺跡で発見されている。

つまり「縄文職人」と「縄文商人」がいたということになる。

翡翠の流通範囲は広範で、北は礼文島から南は沖縄まで普及した。

ーー

漆による工芸、加工なども、つい先日まで大陸から渡来した技術と考えられてきた。

青森県の縄文遺跡「是川遺跡」から、独特の技法で黒漆、赤漆で作られた鉢、皿、文様を施した弓などが夥しく出土したのだ。

つまり日本は、漆工芸を文化にまで高めた先進国であったことになる。

ーー

「(岡村は)櫛や耳飾りなどの装身具、漆を濾した布などさまざまな漆関連品が出土しました」

「いわゆる亀ヶ岡文化圏に属する地域です」 

是川遺跡と言えば合掌土偶(国宝)、亀ヶ岡からは「遮光土偶」が出土して全国的に有名な縄文遺跡である。

ーー

支那の河母渡遺跡から6500年前のものが発見された。

それゆえ是川遺跡で見つかった漆器等は、従来支那から輸入されたと言われていた。

「ウルシの木自体は日本列島に自生していなかった」と考える鈴木三男(東北大学名誉教授)も、「漆文化は日本のほうが古い」「(支那からの)移植の目的は樹液を利用するためだった」と苦しい説明をしている。

ーー

いま一つが瀝青(アスファルト)である。

道南で産出し津軽海峡を南下したが、流通範囲は狭く、また接着剤としては松ヤニや漆で代用できたので西日本には普及していない。

だが現在およそ東北弁が通じる範囲では広くアスファルトが普及し、土器の接着剤として使われていた。

「石匙と呼ばれてきた突起が付いたナイフや嘴状石器も、基部にアスファルトがまんべんなく付着したものが見つかった」(岡村)

アスファルトは接着剤の他に防腐、船の防水、あるいはウルシと混ぜて黒漆の光沢剤としても使われた。

ーー

さて本書では空海の真言密教と縄文時代の信仰との強い類似、その関連性が熱心に語られる。

「草木国土悉皆成仏」は、もともと涅槃教にある言葉だが、空海は、この真理こそは仏教普及に役立つと思いついたのだ(と考えている)。

夢枕貘が最後に次のようにまとめている。

ーー

「僕はこの言葉に出会って、日本の神の歴史は縄文にまで遡れるはずだと直感しました」

「空海には日本古来の『記・紀』以前の神々がどのように生まれ、崇められてきたかということがおそらく直感的にわかっていた」

「古い神々と仏教の整合性をはかる根本原理を、この言葉(草木国土悉皆成仏)に見つけた」

そして夢枕獏は、「(だから)空海は縄文である」と結語するのである。

« 日韓基本条約は講和条約ではない | トップページ | なんで死に顔まで微笑みやがりますか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難う御座います。
>>先縄文~縄文の研究
 おぉ、夢枕獏さんと言えば、一時期売れっ子になった小説家でしたね。 でも、私はその頃、仕事が殺人的に忙しくって、作品を読んで居ませんね。

 只、彼の本を原作とした漫画も書かれて居て、そちらは、良く読んで居ましたから、仏教にやたら詳しくて、面白い歴史観の人だなぁと、思って居ました。

 この20年位、形を潜めて居るので、生死すら疑って居ましたww 歌手の村下孝蔵みたいに、何時の間にか、死んでいたって事もありますからね。

 然し、日本の縄文時代と言うのは、やはり、世界中でも特殊だと思いますね、先ずは、日本列島が位置している場所が、世界の大陸島の東の縁にあって、その東は太平洋と言う世界最大の大洋が広がって居て、その北赤道海流が大陸島にぶつかって、北へと流向を変えた黒潮と、北極海から流れ出た酷寒の親潮とが、列島の東端の沖合で、ぶつかって居る処だから、古から、世界で有数の漁場だった。

 日本の縄文期に争いが少ないのは、災害の多さの中で人々は、己の卑小さを思い知り、互いに力を粟汗無ければ生き残れない事を学んだからだと思うが、縄文期の主たる生業で有った、漁労・海産も、一人では為し得ない生業で、多くの人の糊口を凌ぐ為には、死の危険を冒しても、出漁する事も日常茶飯事で有ったと思われます。 そして、其処にも「皆の力を借りねば、やって行けない事」と言う真理が有る事を、学びます。

 南からの黒潮は、様々な民族が文化や習俗を携えて、北からの親潮は、豊富な動植物のプランクトンを含んだ「生命の塊」を運んだ、その上、日本列島近海には、北からベーリング海、オホーツク海、日本海、東シナ海、そして南シナ海迄、5つの島嶼に囲まれた内海を持って居たので、つい、1万2千年前迄は、この5つの内海が、現在は列島になって居る島嶼部に包接された、巨大な内陸湖の様な地形になって居たとも考えられます。

 そして何より、日本列島は海と言う、天然の要害に囲まれていて、然も、その気候は、今でもそうですが、夏の風水害、冬の豪雪とに加え、火山の爆発、巨大地震、津波、高潮・・と、人間の日々の営みなど、一瞬に粉砕し跡形も無くなるのは、科学文明が発達し、災害が起る仕組みも解明され、防災措置や意識が向上した現代人も、毎年少なからぬ犠牲者を出して、経験して居る事で有るから、古代人の自然の猛威に対する恐怖感は、想像を絶するものが有っただろう。

 日本は、色々な面で恵まれて居るが、ならば、日本列島は、欧州での大ブリテン島の様に、紀元前から、大陸勢力の支配下に置かれて居た筈ですが、それが起って居ない事が、最近の研究が進捗する毎に明らかになって来ている。

 例えば、1万6千5百年前の長江中流域で見つかった、稲は、熱帯産の原種に近かったが、6千年前の河姆渡遺跡の稲は、品種改良した温帯ジャポニカ種で有ったが、同時期に日本でも同じ種類の稲を作って居た事が分って居ます。

 日本には、その原種からその種に至る迄の中間種も発見されている?そうだから、稲に関しての大陸との交流は、日本列島と大陸が、地続きだった1万2千年以前からあり、寧ろ、日本の方が、文明が進んで居た事に成る。

 是は、従来の「文明は南や西から来た」と言う考えを、ひっくり返してm「文明は全て、日本列島発のモノで、寧ろ、文明は日本を起点として居る」と言う事に成ろう。

 稲の話については、実は、著者が最も書きたかった事だったが、稲の中間種が発見されたと言う確実な情報が無いので、敢えて書いて居ないだけだと思うが、私の様な市井の名も無い人間なら、書いても許されると思って居ますww

 然し、翡翠、黒曜石、瀝青、漆と、縄文の産物が、古代日本の文明の深さと、その行動域の広さを、次々に証明していて、既に、2万8千年前迄に遡って居ますが、何れも、北陸・関東・東北・北海道に、その発信源を置いたものです。 

 然し、九州にも、縄文とは別系統と思しき貝紋土器と言う、縄文土器よりも古い時代に、土器を使用してたと思われる文明があり、その最古は種子島の3万5千年前の炊事場の跡と思しき遺跡が、出て居ます。

 本土九州の方でも、7400~6900年前に活動して居た、薩摩半島の沖合20kmの海底に有った、鬼界火山が、終局的爆発を起こして、巨大な火砕流を伴った大津波を発生させて、南九州全域を呑みこんだが、当然ながら、この層の下から、一番古いもので、28,000年以上前(西多羅が迫遺跡)の畑の跡が見つかって居ますから、この先、南の方からも、様々な遺跡や遺物が出て来て、最古は、12万年前の氷期以前の文明の遺跡が出る事も期待して居ます。

 最後に、空海について、獏さんが、空海の真言密教と縄文の神の密接な関係について、深く関心を持ち、「草木国土悉皆成仏」と言う、この世に現れて居る自然、そして人間を含む国土は、是即ち成仏して神となる、即ち、地球そのものがご神体である、と言う考えに行き着いたのは、空海が1200年も前に、既に、古の日本は、若き日に空海が学んできた、シナ文明、或いは、天竺文明よりも、深淵で、神に近い事を直感的に知って居たと、獏さんも気着いて居ると思われますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日韓基本条約は講和条約ではない | トップページ | なんで死に顔まで微笑みやがりますか »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31