無料ブログはココログ

« 日本を分断する足掛かりに大阪の地を利用されてなるものか | トップページ | 米国政治の現状は、共和党vs民主党という二大政党を考えていたのでは解けない »

2019年4月 6日 (土)

「令和」が採られた万葉集の歌を詠んでみる

ーー以下「ねずブログ」より抜粋編集

「令和」という元号が、『万葉集』から採られたことが話題になっています。

それは、万葉集巻五、梅花の歌32首併せて序から採られたのだそうです。

以下に原文をお示しし、日本語として詠んでみたいと思います。

ーー

 「初春令月 気淑風和 梅披鏡前之粉 蘭薫珮後之香」

この歌は、大伴旅人が太宰府の長官だった天平2年(730年)正月13日に、旅人の屋敷で行われた歌会で出詠された歌です。

歌の作者は、大伴旅人とも山上憶良ともいわれていますが、はっきりと特定はされていません。

つまり、作者不明の歌ということになります。

万葉仮名で記録されており、日本語で、恐らく五七調で詠まれているはず。

ーー

令月・・「令」は天命を授かる意があり、旧暦2月の異称で、何事をするにもよい月とされる。
気淑・・「淑」は、しとやかとかおだやかという意味で、気がおだやか。
梅披・・「披」は披露宴などにも用いられる漢字で、訓読みは「ひらく」
鏡前之粉「粉」は鏡の前の粉とあるので、この場合お化粧用の白粉(おしろい)のこと
珮後之香「珮(おびだま)」は、女性が着物の帯や胸につける飾りの玉。

ーー

旧暦の正月ですから、いまでいうとまだ寒い2月の初め頃になります。

その寒い時期に、この歌は「初春令月(しょしゅんれいげつ)」と歌いだしています。

旧暦2月は今の3月中旬で、春の始まりを迎えるという表現がなされ、それはちょうど梅の花が開花する頃になります。

その旧暦2月のことを、当時の人たちは「令月(れいげつ)」と呼称していました。

ーー

「令(れい)」は「りょう」とも読みますが、令嬢、令息という言葉の意味通りに、ひらたくいえば「良い月」という意味になるのです。

しかし「良月」と書かずに「令月」としているので、「令」に特別な思い入れがありそうです。

ーー

「令」という字は、神々の意思のもとに傅(かしづ)く姿の会意象形文字です。

ですからこの字には『神々の御意思」として「良い」いう語感があります。

つまり2月(いまの3月)に花が開くのは、素晴らしい神々の御意思なのだ、というわけです。

ーー

そして「令月」というのは、古くから「何をするにも良い月」とされてきたのです。

ーー

続く「気淑風和」の「気淑」の「気」は、運気とか大気とかで、それが「淑」と書かれています。

「淑」という字は、しとやかとかおだやかという意味ですから、「気淑」は、大気がおだやかである、という意味になります。

「風和」は、そのまま「風(かぜ)、和(やわら)ぐ」で、それまでの冬の冷たい風が、暖かい風に変わったことを示します。

従って「気淑風和」は、「大気はおだやかで、風が温かくなっている」といった意味になります。

ーー

「梅披鏡前之粉」にある「披」は、披露宴などにも用いられている漢字で、訓読みは「ひらく」です。

つまり梅が何かをひらいているわけです。

それを「鏡前之粉」、鏡の前の粉と書いている。

これは「白粉(おしろい)」のことです。

(平安貴族同様このころから貴族は男女ともに化粧をしていた?)

従ってこの梅は白梅で、白粉をつけたように咲いているという意味になります。

ーー

「蘭薫珮後之香」は、歌い出しの「蘭薫(らんかほ)る」は、白梅の良いかおりがしているしている状況を読んでいることがわかります。

「珮」というのは、女性が帯などに付ける匂い玉のことで、乾燥させた花などを小さな袋に入れて、その香りを楽しむものです。

これは「におい袋」のことで、今でも有りますね。

におい袋を忍ばせている女性が動くと、やさしい香りが後にただよいます。

つまり、におい袋を忍ばせた女性が通ったあとのように白梅の良い香りがしている、という意味になります。

ーー

以上の情景を考えて、詠んでみます。

初春(はつはる)の 令(よ)き月(つき)うらら 風なご(和)み 白粉(おしろい)のごと 咲く梅かほる 

ーー

「白粉(おしろい)のごと 咲く梅」は白梅ですが、「白梅」が咲くのは、まだ雪が降るときもある、冬の寒さが残っている、そんな時期です。

けれどそうした時期に咲く白梅の花は、春の到来を確信させてくれる。

ーー

「令和」は、この歌から「令(よし)」と「和(なごみ)」の二字をとって元号にしたものです。

初春の令月は、寒さが和(やわら)ぎ、梅の花が咲き、その香りが春を告げる。

「令和」は、日本人に春の到来を、(日本人が在日・反日勢力から日本を取り戻す時代になることを)確信させてくれる、見事な元号だと思います。

« 日本を分断する足掛かりに大阪の地を利用されてなるものか | トップページ | 米国政治の現状は、共和党vs民主党という二大政党を考えていたのでは解けない »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難う御座います。
>>新元号「令和」を味わう
 世の中には、へそ曲がりや悲観主義者が居て、保守を名乗りながらも、丸で、反日・在日勢力かの様に「令和」に決定した経緯にあれこれクレームを付けて居る連中が居したがこの騒ぎの元は「令和が決まる以前に、シナで商標登録をして居た」とかと言う話が。保守ブログ界隈であって、それを私が拡散したのが発端のようです。。 

 でも後に、其れは1昨年の話で、新元号の話の影も形も無かった時の事だと判って、「な~んだ」と言う話に成りましたから「事前に漏れた」と言う話が、論拠を失って終いましたね、空騒ぎを起こしたのは私なので、恐縮しなくてはイケない処です。 

 でも、この話に処するに、又もや、安倍政権の所為にして居るアホが居て、嫌な気分になりましたね。 是でも、保守の心算なのだと平生いっています。 そう言う、「嫌~な」話を読んだ後で、此処の話を読んで、気持ちが晴れました。

 九州討伐軍の司令官、大伴旅人の家に、初春だと言うので、呑み仲間が集まって、観梅の酒宴を張って居る。 其処で恒例の歌詠みが始まり、1等賞が、令和の基になった歌であり、歌いだしは、客人の山上憶良で、主の大伴旅人が、それを手直し、したが、細かい処は、皆がわいわい言って、その意見を取り入れて、皆で創った歌だったのではなかろうか。

 謂わば、「宴の産物」と言う風流この上ない話なので、誰が創ったか、なんて野暮な話は無しにしたと言う事だと思います。

 其れにしても、良い歌が出来たものですね。 殊に「令」の使い方が、絶妙で令月と言うのは、節分で厳しい冬が終わって、春風が吹き、春雨の洗礼を経て、花綻ぶ、今で言う3月中旬は、西行の、「願わくば 桜の下にて死なむ あの如月の望月の頃に」の如月は、当時は2月ですが、今の歴で言えば同じく3月ですからね。 昔から、3月と言うのは、愛されて居た月だったのですね。

 趣意は違いますが、この季節に造られたと私が勝手に思って居る西郷南洲翁の「天意を知れ」の歌を一つ紹介させてください。

      一貫す唯々の諾    従来鉄石の肝 
      貧居傑士を生じ     勲業多難に顕わる
      雪に耐えて梅花麗しく 霜を経て楓葉丹し   
      如し能く天意を識らば 豈敢えて自ら安きを謀らんや
 
 つまりは、何か難しい事を成し遂げようと考えるなら、困難にへこたれる事が有ってハイケナイ、寧ろ、困難を求める方向に向かう事が、より麗しい、大輪の花を咲かせる事になろう、何故なら、それが天「=神、自然」の意思だからだ、その天意を知れば、個の人生を艱難辛苦を、避ける様な生き方は、自分の大事な時間で有る人生を無駄にする事では無いか。

 生きるとは天の道に随い、自分のベストを尽くす事である。 結果は、時の運に拠るが、自分の生き方が正しければ、死んで残るものも世には多い。

 但し、間違えて居たと気付けば、直ちに改める事は、重要な責任を背負って居るものには、不可欠な事で、其れに拠って、自分が如何なる恥をかこうと、今迄築き上げてきた名声を一遍に失う様な事が有っても、亦、面子が潰れようと、怯まないのが、人間の器なのだろう。

 有名な歌なので、ご存じの方も多くいらっしゃると思いましたが、私が崇敬して止まない南洲翁が、甥に与えたと言われるこの歌に、翁が込めた「無私の心」が、折に触れ私の姿勢を正してくれるので、色々な意味で、スタートを切る、この時期に、詠むのに適した歌であると思って居ます。 失礼したしました。

>「令和」は、日本人に春の到来を、(日本人が在日・反日勢力から日本を取り戻す時代になることを)確信させてくれる、見事な元号だと思います。

日本人の未来に、良いことが来ることを予感している元号と捉えました。
「令和」は、素晴らしい元号だと思います。

しかし、この元号の発表後に誰が発案したのかとか、他の候補はどうだったのかとかの、マスコミの騒ぎ方はイヤになります。
発案した人らしい方をマスコミは追いかけていましたけれど、その人は答えなかったとのことです。

日本人の誰かが発案し、懇談会で有識者が決定したのです。
このような大切な事柄ですから、日本人なら慎重に考えて、けったいな結果にならないように注意したと思いますので、これを何十年間は大事に使って行きたいと思います(役所に提出する文書に、年号の記載欄がありますので。)。

嬉しかったのは、支那の古文書からではなく、日本の「万葉集」から取り上げたとのことで、これは安倍首相のgood jobです。

縦椅子様

 今日も最高に素晴らしいブログ有難うございます。
 
 「初春令月 気淑風和 梅披鏡前之粉 蘭薫珮後之香」

≪「令和」という元号が、『万葉集』の、「万葉集巻五、梅花の歌32首併せて序から採られたのだそうです。≫

なんという、優雅な気品のある歌なのでしょうか・・・

 次男は4月1日、仕事から遅く帰るなり、空(そら)という仕事場に閉じこもって何かをしています。
朝起きてみると、青色の富士山の中に「令和」の二文字が見事に描き入れられた絵が、机の上に置かれているではありませんか。
 次男はこの元号をとても気にいっており、このような絵を描いたのは、彼の歓びの表現なのでしょう。私までも嬉しくなりました。
「令和」の海外の英訳はOrder&Harmonyで政府が正式に出した
英訳はBeautiful Harmonyですが、
「『order』はちょっと冷たい感じがするようだけど・・・」と私が言いますと、
「そう言う人には、こう返したらいいよーCOOL JAPAN!-とね!}
 なんという熱の入れようでしょうか…私は言葉を失いました。
ちなみに、COOLという意味には「かっこいい」といういう意味があります。この元号のもとで日本の人々が「格好よく、なごやかに」生き生きと過ごせていけたらいいなと心から思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本を分断する足掛かりに大阪の地を利用されてなるものか | トップページ | 米国政治の現状は、共和党vs民主党という二大政党を考えていたのでは解けない »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30