無料ブログはココログ

« 「日本が否定している」(だから我々の主張は正しい) | トップページ | 朝鮮人らは日本人とは全く違った考えの持ち主なのである »

2019年3月 2日 (土)

これで恐らく、北での、金正恩の影響力が低下する

ーー以下「小坪しんやブログ」より抜粋編集

米朝首脳会談について、断片的な情報があるのみだ。

私は、「それだけで充分」以下のような分析が可能だと考えている。

ーー

北朝鮮は、米国に対し「経済制裁の解除」を求めた。

米国は、「完全なる非核化」を条件とし、「経済制裁の解除」に応じる構えを見せ、トランプはキムに非核化の準備を問うた。

ーー

キムは、予告通り、北部・咸鏡北道(ハムギョンブクト)豊渓里(プンゲリ)にある核実験場の坑道を爆破したと答えた。

ところがトランプは、さらに数か所の核実験場を取り上げ、それも破壊しろ、米の査察を受け入れろと迫った。

黙り込んだキムを見て、トランプは合意文書の公開を拒否し、会談は決裂した。

ーー

トランプはキムがかなう相手ではなかったのだ。

ーー

この会談はトランプの勝(かち)だ。

キムに「経済制裁が苦しい、解除して欲しい」と懇願させた。

これは北が米国に屈した格好であり、その上、北は米にはねつけられている。

しかも北にとって、非核化以外に制裁解除のすべがなく、苦しい現状が続く。

一方米は何も困らない。

だからこの状況は、米の勝(かち)である。

ーー

キムをベトナムまでおびき寄せ、世界中のメディアにさらし、なんの成果も与えずに放置した。

まるで米国が、キムをさらし者にするために意図的に演出した会談のように思える。

ーー

どうしてこのような演出が可能となったのか。

それは対北経済制裁が北に大きな被害を与えているからだ。

そこをにらみながら米国は、「制裁解除というカード」を見せて、キムをベトナムへと誘った。

その上でキムが到底受け入れないであろう「非核化」を条件として提示し続けた。

つまり決裂は予定の結末であった。

ーー

日本では、北は諜報戦に長(た)けていると考えられていたが、この結果を見れば少なくとも米国には全く歯が立っていない。

また、北朝鮮側に、有能な人材が居て、キムが彼らの忠告に耳を傾けていれば状況が変わったと考える者もいる。

つまり若気の至りで老練な部下の意見を受け入れずキムが「賭けに出た」というものだ。

しかし、政治は結果だ。

ーー

金正恩は、世界中に、何の成果も得られなかった指導者、完全な負け犬として晒された。

これで恐らく、北での、金正恩の影響力が低下する。

ーー

キムはトランプとの勝負にも自分の運への賭けにも負け、あとは経済破綻と体制破綻あるのみ。

ーー

意外にもこの結果に韓国が打撃を受けている。

北国内では、米朝合意をにらんで、景気の良い投資話が出ていて、韓国もそれに乗る形で、工業団地などへの投資に熱狂していた節がある。

これが雲散霧消したのだ。

さっそく韓国株価が暴落している。

しかし、日本国内の反韓の徹底ぶりからすると、反日では経済を立て直せない。

それを悟っても、もう手遅れだ。

« 「日本が否定している」(だから我々の主張は正しい) | トップページ | 朝鮮人らは日本人とは全く違った考えの持ち主なのである »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>日韓断交 5 米朝首脳会談
 1昨日終わった米朝首脳会談は、決裂、と言う結果だったが日本のメディア界、特にTVの報道では、一斉にこの決裂の原因を「トランプの失態・暴挙」と言う印象操作を行って居たし、日本がこの会談では、終始傍観者であったかのように報道して居た。

 正に、「マスコミの正体見たり」と言う気に成った。 ニュースの解説員が言って居る、一言反句が、ネットの情報弱者レベルだったのには、寧ろ驚いた。 例えば、「日本は蚊帳の外」と言う発言だが、是は、安倍さんがトランプと密接の情報小交換している状況から言って、ネットで言う情報弱者以下だろう。

 各企業のCM出稿担当者に云いたい、マスコミに対して「事実を踏まえた報道をする様に」と、報道と言うものに、憶測や想像が入って居ては、価値は下がるし、恣意を含んで居ると判れば、寧ろ、混乱を齎すので、害になるだけだ。

 と言う事は、ジャーナリズム世界の常識の筈、例えば、特定国に忖度して、都合の悪いニュースを流さないとか、流すタイミングを調整するとか、頻繁にやって居れば、気付いた国民は、メディアを信用しなくなってしまう。 

 是は、情報を商品として居る、マスコミの自殺に等しい行為であろう。

 マスコミが流して居ないニュースを挙げれば、昨年12月23日に起った、FCSレーダー波照射事件の裏側に、11月に起った金正恩暗殺未遂事件が有った。 実行犯5人中3人が軍の船を盗んで日本向けて脱走を図ったが、朝鮮からの依頼を受けた韓国軍に、日本のEEZ内で取り押さえられて、朝鮮に引き渡した、と言う事案である。

 是は、言うまでも無く、国際法で定められた他国のEEZ内に、軍船が義務付けられている自国旗も掲げないで、日本の管轄官庁への何の通達も無しに、侵入して、韓国にとっては敵正鵠の朝鮮の脱走兵の亡命を阻止したと言うのだから、是は、明らかに、韓国の旗幟に反する行為であろう。

 この事実は米国が監視衛星で、一部始終を監視しており、米国には既知の事案であり、ダカラ、国連と米軍から韓国軍部は呼び出しを受けて説明を求められたのであろう。

 つまりは韓国軍が採った行動の意味を説明しなければならなかったのだが、如何に取り繕おうとも、既に、世界の認識は韓国=朝鮮に成って居る。 これを知らないのは日本の情弱層だけで有る。

 モゥ一つ、今回のハノイの会談に出席した、金正恩は昨年6月のシンガポール会談に出席した人間とは明らかに別人だったが、是も、米側の強い要請が有って本物が出てきた可能性が有る。

 飽く迄、可能性に過ぎないのは、既に正恩の存在は、軍部のパペットに過ぎない、政策決定権の無い指導者である事が、軍部の強硬な拒否の前に、「核廃棄」出来なかったと言う、事実で説明できる。 

 米国との熱戦がより現実的になった今、亦、軍部の中に正恩を暗殺しようと言う分子が現れたのでは、正恩と言う独裁者の看板は、既に役目を終えて居ると考えても良い。 ダカラ、今の焦点は正恩が無事に朝鮮に戻れるのか、否、戻る気が有るのか?であろう。

 正恩の影武者は、15人居ると言う仄聞情報が有るが、それが事実でも、国内では、極一部の人間しか知らないだろう、ダカラ、暗殺未遂事件の標的に成った正恩は本物で、そのスケジュールや真贋を見分けられる処から考えて、事件を起こした5人組は、相当の上層の人間で有る可能性が高い。 既に、正恩の足許は、大きく揺らぎ始めて居るのである。

 そのタイミングで、暗殺された正男の息子を建てた「千里馬亡命政府」の設立宣言ダカラ、是は、CIAの仕事だと思いますね、 当然匿って居るのも、CIA、つまり、米国政府筋だから、この流れから考えて、ハノイの米朝首脳会談は、小坪さんが言うように、最初から決裂させる事は決まって居たと言う事ですね。

 其処まで読んだかどうかは知りませんが、昨日の韓国で言う、「1919派」が、100周年とする、3・1記念集会の几帳演説で、どんな反日演説をするのかと思って看て居たら、最後に、「日本とは真の友人になりたい」と、イケしゃあしゃあと宣ったのだから「流石朝鮮人だ、恥を知らんなぁ」とは思ったが、文の危機感も相当高まっているのではないのかと、思いましたね。 マァ今更、無駄ですがね。

 CIAが、描いて居る絵は、正男の息子を国王にして高麗王国、或いは帝国を仕立て上げ、韓国と統一国家として、是まで通り、米軍を駐留させた米国統治国家とする、 すると、人口7千万人の民主主義で中堅規模の経済基盤を持つ王国が誕生して、親日・親米国家として両国の市場を開放する。

 既に、世界企業に成って居るサムスンや現代、LG 等の大企業は、株式の所有者から言えば、既に米国企業なので問題は少ない、唯、朝鮮族の反日病は、改まらないだろうから取り敢えず、日本に居る不法移民の朝鮮族を韓国の後継国家である高麗こくに強制帰還させる。

 この展開なら、拉致被害者の生存者は、生きて帰って来れる可能性が高いので、日本にとっては、是が最上策なのかもしれない。

 この通りに成れば、正に、安倍・トランプコンビは、世界平和を守り通した英雄と言う評価も上がって来るだろうから、英系ロスチャイルドの支配下にある、ノーベル平和賞の受賞にノミネートされる可能性は高い。

 云って看れば、あの大量の難民を発生させ、欧州を致命的な混乱に陥れた、ヒラリー・クリントンが指揮した「アラブの春」作戦を、」大統領として看過した、オバマ大統領が、ノーベル賞に輝いたくらいだから、一歩間違えれば、世界戦争に繋がりかねない危機を回避した功績は、遥かに、偉大なものだと私は思いますがね。

縦椅子様、ブログの更新をありがとうございます。

金正恩はハノイの会談に向かうとき、既に己の各施設廃棄は米国が十分だと思っていると確信していました。此は、ハノイにまでゆっくりと、列車で向かう行幸列車を仕立てていたことでも理解できました。この帰りは当然として、トランプ大統領から経済制裁の全面的解除を勝ち得て、列車は主要都市で花火と大群衆に呼び掛けるつもりであったことが分かっています。

此が、トランプ大統領によって制裁の継続とされたため、思いもよらぬものとなったのですけども、ハノイでの会談前にはトランプ大統領が金正恩に、外交的な敗北とのイメージが作られていたことがマスコミと金正恩の勘違いを誘導した気がします。

考えてみれば、世界の最貧国が世界の覇権国に対して、条件をつけられるような立場ではないのに、何を勘違いしていたと思うのですが、これがマスコミの報道では抜けていましたから、北朝鮮も同様な勘違いをしていたのではないかと思います。


北朝鮮がまともな国なら分かるはずですが、金正恩の独裁国であるだけでなく日本の民団や朝鮮総連を含む在日は、日本のマスコミを牛耳っていますから彼等の希望を報道しています。
すると、北朝鮮は自分達の希望を正常な報道と捉えて、それが正しい判断だと確信したような気がします。
何時もの嘘(報道しない自由)で好きに報道していたため、自分で作った嘘に自分が引っかかった状態になってしまうと言う、馬鹿げた状態を作り出したのが実態ではなかったでしょうか。

戦後のGHQによる日本潰しを利用して、反日政策でマスコミを手に入れた在日が、自らの力で報道権力の見境がなくなったと思うのです。自己崩壊で、判断出来なくなったのです。
北朝鮮の国内がどうなっても、米国は困りません。

ついでに、金正恩の部下となった文在寅ですが、韓国が経済破綻を起こしても米国政府は困らないのです。米国の金融関係は韓国の財閥系の株を保有していると聞きますから、米国はその為に韓国の財閥を倒産させると損が出ますので、此に配慮するだけです。

後は、韓国に振り回されることに、嫌気がさしてきたと思います。
ベトナム戦争に協力したからと言って、もうその世代の米国人も、感謝は半分なくなっていますし(互いに協力して戦争を戦っていたとの共同意識も、ライダイハンの事実によってかえって足が引っ張られていたとなれば、感謝はアホだったに変わります。)、米国内は韓国人に食い荒らされている現状が、此から分かってくるでしょう。


韓国は最近の経済状況が悪化しているから、北朝鮮との連携で此を好況に変える要素にしたかったと思いますが、米国と北朝鮮が物別れになったため、日本を利用しようと考えるでしょうが、日本はこのところ韓国の身勝手さに嫌気がさしていますから、此をパスすると思います。
だって、企業が就職に応募してきた韓国人を採用したら、数十年後に慰謝料を寄越せと言われたのでは、馬鹿らしくて採用できません。
それに、日本の歴史を韓国の主張に合わせろと言われるのも、迷惑この上ないことで、日本の歴史は事実の積み重ねで、韓国のように夢と希望を後から繋ぎ合わせたものではないのですから、近隣国と言っても韓国の歴史を認識できません。
大声で嘘を繰り返す歴史は、日本に必用ありませんので、日本は日本の事実の歴史を国史として、国民が学べば良いのです。


支那の属国でしかなかった朝鮮王を独立させて貰った恩を忘れ、朝鮮を維持できないからと併合して貰った恩を忘れ、併合したからと日本は朝鮮で国土を開発しました。

社会基盤を整えて貰い、住民の教育基盤を整えて貰い、無法を要求する両班から奴隷を守ったことなどの恩を忘れたのが朝鮮人です。

尤も、朝鮮、朝鮮人は恩を与えられれば、与えられる程、より多くの恩を与えろと要求し、権利のごとく主張します。
しかし、これは本当のところ、権利でも何でも良いのです。
目的は、いかにして金か、貴重品を相手からせしめれば良い。
それが目的でした。
ですから、日本は朝鮮を助けず、教えず、関わらずで、彼等に付き合わないようにしなければなりません。

金の流れが事件を語る。

金一族の独裁政権 擁護してきたのは中国の江沢民派。

中国は北朝鮮を軍事的・経済的に支援する代わりに、
中国国内で何か不都合な問題が生じた時に、北朝鮮に
「緊迫した情勢」を演出させていた。

北朝鮮でミサイル発射実験など緊迫した状況を作り出せば、
中国は例えば臓器狩りといった人権問題に対する国際社会
からの注目や非難をそらすことができる。
北朝鮮問題とは、中国と北朝鮮の双方で立てたシナリオに
沿って行われてきた「演出」だったというのが正しい。
言い換えれば、北朝鮮の「有事」は、常に中国情勢とリンク
している。

北朝鮮で金政権が長期にわたり存続してこられたのは、長年、
中国共産党政権とこうした協力体制を取り、中国から全面的
な庇護を受けてきたからだ。

江沢民氏はその在任中に北朝鮮支援を積極的に進めたため、
ここ数十年間、金政権は実質的に江沢民派のコントロール下
に置かれている。
江派の周永康氏、曽慶紅氏、張徳江氏、劉雲山氏が金ファミリ
ーと密接な関係を築き、北朝鮮に対し、核開発を含む軍事支援
も密かに行ってきたことが、明らかになっている。

習近平国家主席が中国の最高指導者に就任して以来、中国と
北朝鮮の関係は冷え込む一方だ。これも、北朝鮮を支援して
きたのが江沢民派だったこと、そして江沢民派と習政権が対立
していることを考えれば自明のこと。

北朝鮮が過去に行った5回の核実験は、いずれも中国高層に
ある政治闘争が激化したタイミングで行われており、その陰
には、常に臓器狩りなど一連の法輪功弾圧問題があった。

つまり、千万単位の人の殺りくに係わる世紀の冤罪である法輪
功弾圧の責任追及から逃れるために、弾圧を主導する江派勢
力と弾圧に消極的な勢力(胡錦涛・習近平陣営)との生きるか死
ぬかのし烈な攻防が繰り広げられてきた。

北朝鮮の核の脅威にもっとも曝されているのは、韓国でも、日本
でも、アメリカでもない、

中国なのだ。

金正恩政権は江沢民派の傀儡である。

北朝鮮の核実験が、習政権に対する江派からの報復であり、
脅しであることは明らか。「我々はいつでも北朝鮮の核を切り
札に用いることができる」という江派の意思表示なのである。
中国国内で起きた胡習vs江の政治闘争と、北朝鮮が行った
核実験は、胡習VS江の政治闘争とリンクしている。

・第1回目核実験と、胡錦濤暗殺未遂事件と江派・陳良宇氏の罷免
・2回目核実験と、2度目の胡錦濤暗殺未遂事件
・3回目核実験と、習主席の「憲法夢」構想、労働教養制度の廃止
・4回目核実験と、習主席の「太上皇」批判
・5回目核実験と、北朝鮮への核開発技術流出疑惑による中国人
           女性企業家の逮捕

尚、金正日は、江沢民(上海閥)政権から多額の借金も追っていた。
正日は、本音として息子に中国に対する警戒を促していたとも聞く。

『金正男氏息子を救援した団体が「臨時政府」発足(産経新聞)』
金正男を殺したのは、江沢民派の周永康。
彼らは米国民主党と蜜月である。 その江沢民派が、今度は自分
たちが殺した金正男を利用して、金正恩を攻撃する。 史上最低
の人間たちだ。

長年、ドイツバンクの筆頭株主だった中国HNA(海航集団)の未
公開株に投資していた方々 ・・
・江志成  江沢民の孫。ゴールドマン出身。 金融資産50兆円。

・ジョージ・ソロス  不法移民ビジネスの資金源。

・衛留成  香港に諜報機関を作った曾慶紅の腹心。江沢民派。

中国HNAの上場で莫大な利益を上げようと企んでいたのが、
ゴールドマンサックス。 いわゆる、ウォール街と江沢民派、
ソロスによるインサイダー。

中国HNA、ドイツバンク、ゴールドマンサックス、江沢民上海閥、
ジョージ・ソロスに関する一連の上場益を目論んだインサイダー
について、日米のテレビ局にはプレスコードがかかっている。

その中国HNAの会長が、フランスで不審な死を遂げ暗殺疑義。
いわゆる口封じ。

中国HNA会長不審死事件の裏側を知る郭文貴が、トランプ大
統領の元参謀、バノンと反中財団設立。

その郭文貴が、ファーウェイと江沢民上海閥との関係をリーク。
『ファーウェイCFO逮捕の日に中国物理学の権威はなぜ急死した』

https://www.news-postseven.com/archives/20190107_833728.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「日本が否定している」(だから我々の主張は正しい) | トップページ | 朝鮮人らは日本人とは全く違った考えの持ち主なのである »

最近のコメント

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31