無料ブログはココログ

« 支那・朝鮮人が言うのだから、誠意を示すべきだなどという対応の仕方では、もうすでに負けているのだ | トップページ | 日本の多くの既成メディアは報道機関(エンジン)などではなく、宣伝機関なのである »

2019年1月30日 (水)

朝鮮人に対して日本人に対するように謝ると、永遠に謝罪と賠償を要求される結果になる

ーー以下「ttensanブログ」より抜粋編集

以下が在韓生活40年の産経・黒田勝弘氏が説明した韓国(朝鮮)人の交渉術です。

朝鮮人というのは100%自分が悪い内容であっても 「相手が悪い」 と押し切る。

自分たちの間違いを指摘されたら。

1)「相手の落ち度を嘘でもいいから大声で騒ぐ」

2)「相手に落ち度があるので自分の方が立場が上である」   

3)「立場が下の人間はたとえ100%正しくても間違っている、上の人間に逆らってはいけない」

1、がうまくいかない場合、周囲に有る事・無い事騒ぎ立てて、「我々は被害者ニダーアイゴー!!!」 をやる。

で、騒ぎ立てることで相手が混乱すると、論点をずらし、自分が被害者であるという話にしてしまう。

ーー

思い出してみてください。

旭日旗を戦犯旗だとやったのも

・サッカーアジアカップでキ・ソンヨンが日本人をバカにする。   

・差別行為に対して批判される   

・キ・ソンヨンがイギリスで人種差別に遭ったと論点をずらす

・そんな事実はないと英国のサポーター達が激怒   

・キ・ソンヨンが慌てて言い訳を変更

ーー

「スタジアムで旭日旗を振っている人がいた」「戦犯旗なのに」「見せてはいけない代物なのに」「悲しい気持ちになったのでやってしまった」   

・JFAはそれに一切抗議せず

・韓国マスゴミは旭日旗=戦犯旗の大合唱

・日本の外務省は一切の反論をせず放置

・韓国は、旭日旗=戦犯旗(人前で使ってはいけないもの)と既成事実化

ーー

これが反撃してこない相手に対する朝鮮人の通常の行動なのです。

支那共産党相手には決してやらない。

支那人は、こんなことをやったらそれ以上の制裁をしてくることが分かっているからです。

ーー【サッカー韓国代表「暴力」におとがめなし イランの「挑発行為」だけ処分の不可思議】 (2013/9/4 J-CAST)

サッカーワールドカップブラジル大会のアジア最終予選。

イラン対韓国戦で試合に勝利したイランチームが、試合後に韓国ベンチに挑発的ポーズを取った。

これに火病を起こした韓国チームスタッフがイランの選手に暴行を加えたという事件です。

実際には試合前に韓国チーム側は、イランのチーム側に人種差別を含む挑発行為をかなり露骨に行っていた。

という事情があったことが、イランチームに火をつけて勝利をアシストし、勝利したイランチームがそのことがあったため勝利を見せつけたという形です。

ーー

イラン側からは選手が殴られたのでFIFAに訴えましたが、韓国側はすぐさま韓国側こそ被害者ニダ、殴られたのはウリ達ニダ!とFIFAに訴えました。

そして恒例のギャーギャー騒ぐ行為に至り話をすり替えたわけです。

ーー

おまけにFIFAの名誉副会長は韓国人の鄭夢準です。

FIFAが下した裁定は 「イランが100%悪いわー、イランだけ処分な」 だった。

ーー

朝鮮社会では、絶対に非を認めてはいけない。

非を認めたら、その非に対して永遠に謝罪と賠償を要求される。

これを回避するために、朝鮮人らは、とにかく嘘をついてでも、大騒ぎしてでも 責任をごまかし、話をすり替えるという行動を取る。

もし相手が非を認めたが最後、相手に対して、永遠にその非をネタに謝罪と賠償を要求し続ける。

ーー

朴前大統領が「1000年経っても忘れない」と言ったように。

ーー

日本人はすぐに自分に非があると言って謝る。

これが相手が日本人であると、「どういたしまして、自分にもわるいところがあったから起こったので、どうかご心配なく」で終わる。

きちんと謝罪すれば終わる、それは日本人社会にだけ通用する行為なのです。

ーー

もし相手が朝鮮人であったのなら、決して謝ってはいけない。

面倒臭がらずに、相手の非をあげつらってとことん責め、謝罪と賠償を要求しなければならない。

朝鮮人に対して日本人に対するように謝ると、永遠に謝罪と賠償を要求され続ける結果になるからです。

« 支那・朝鮮人が言うのだから、誠意を示すべきだなどという対応の仕方では、もうすでに負けているのだ | トップページ | 日本の多くの既成メディアは報道機関(エンジン)などではなく、宣伝機関なのである »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>朝鮮族への必須の対し方
 この話は昔から朝鮮族と関わって来た夫々の民族が異口同音に言って居る事ですが、就中、一番接触が永かった、シナ人のものが、短くて、的を得て居ると思います、其れは、「朝鮮族に対するには、鞭と棍棒で処すべし、課題を与えて、出来なかったら鞭で叩き、もし云い訳や口答えをしたら、棍棒で死ぬほど殴れ、決して相手の云い訳など訊いてはならない、只管課題が出来るまで続けよ」です。 

 是では、朝鮮族を非人間的にしか扱って居ないではないかと言う反論をする人は、朝鮮族を使った事が無いからである、と断言している。曰く、「彼らを人間だと思うと、間違える」と、そして、「是は彼らが自分達の同胞に対して行って居る事そのモノだ」とも、云って居ましたね。 つまり、「目下のものは、人間扱いするな」と言う事なんです。 是が朝鮮族の社会常識だと、云って居るのです。

 その通りなんでしょうね。 ダカラ、戦後「赤狩り」を逃れて、済州島や半島から、逃げて来た被差別民が、既に、李承晩が失脚して半島に居なくなって、帰れる様になっても、絶対に帰りたがらなかったのは、韓国には社会常識として、棍棒と鞭を持った、管理者が待って居たのですから、逆に、日本は天国のような場所だったワケです。

 ダカラ、朴槿恵前大統領が創った、「在日帰還法」に、在日朝鮮人は、震えあがったわけです。 何せ、折角帰化しても、兵役を済ませて居なければ、帰化は無効だと言いだしたのだから、殆どの帰化朝鮮人は、本国に帰らねばならない。 

 この前、TVに出て居た在日の芸能人で、在日仲間で葉「兄貴分」と慕われている芸人が。「何故、朴前大統領は、弾劾されて、今は獄に繋がれているのか?」と言う質問に。「そりゃあ、トンデモナイ法律を作ったからだロ」と、正直に答えて居ましたが、それっきりTVには、登場して居ませんねww

 もぅ、韓国が国を失うのは仕方が無いと思うのは、韓国軍が国連から制裁決議を受けて居る朝鮮との決議やぶりの「瀬取り」を、然も、日本のEEZ内の能登半島が見える位置で、行って居たのだから、その中身が、「決して知られてはならないモノ」で有った事は、ほぼ確定的である。

 ダカラ、「小型の核弾頭」だの、「朝鮮の要人」だのと言う噂が飛び交っているが、オソラク、此の「瀬取り」の様子は、日本海の上空30万m上空の、監視衛星に積んだ、解像度1㎝四方のカメラで撮影されているから、米国には全部バレているだろう。 それが証拠に、その計画を知って居たと思しきマティス国防長官は、当蘇2月末だった任期終了を、1月1日に繰り上げられて、事実上の更迭されている。

 この状況を、韓国はどの様に受け止めているのだろうか、モゥ、ドン唖嘘Ⓦぴっても全部無駄であるし、如何なる謝罪も弁明の、聞き入れられないのは確定的である。 つまり、坐して死の宣告を待つしかない状態なのだ。 モゥ、韓国・朝鮮問題は米国にとって、「不可逆に終わっている」問題なんですね。 

 端から、朝鮮の工作員でしかない文在寅では、韓国が、終了する事に成るのは、決まって居た様な話で、逆に、「良くぞ1年以上も、持ったな」と言う感じがするが、マティスが、擁韓派で有ったとは、気が着かなかった。

 オソラク、自分か、子供の伴侶が、朝鮮族なのでは無かろうか。 然し、国防長官と言う多くの兵士や国民の命を預かって居る人間が。身内の甘言に、耳を貸す等有ってはならない話で、トランプも、そう言う惧れが一番ない人間だと思って気要したのだと思うのだが、裏切られましたね。

 未だマスゴミは、擁韓、親韓の、至誠を崩して居ませんから。マスメディアに対する勧告勢力の影響力は未だ健在なのでしょう。

 そうした坐日勢力を一人残らず半島に還そうとしている安倍さんも、表向きは、そうした勢力に気を使って居る様に見えます。

 其処を、単純と言うか、物事を深く考える少雨感が無いと言うか、批判して、「親韓派の安倍晋三は、売国政治家だから、政権を打倒しなくてはならない」とか、酷いのになると、「安倍は、グローバリストだから、今年の3月を過ぎたら、2百万を超す移民が大挙してやって来る」とか、妄想を保守ブログに書きにくる馬鹿者もいる。

 韓国にも、やれやれと言う感じだが、ネット論壇の方も、大した事は無いなぁ、と、日々ガッカリさせられていますね。 「日本人って、今豈程度が低かったんだなぁ」と、ね。

日本人は深謀遠慮の必要な事案に弱い、短気な国民性で
あるように思います。善悪の区別を己の心中に確立させて
いるので、世事に於いても、勧善懲悪はすぐさま成立する
ものと認識している。

ましてや島国でほぼ同一民族的価値観の中で長年歴史を
培ってきたものですから、致し方ないかと。

地球上の各地域の、あらゆる価値観と思惑の中で国体、
国民を守護するためには、ばか正直に善処ばかりは出来
ないでしょう。
そういった意味において安倍首相は、かなり世界の事情に
関しても調査し勉強されて来たようですし、
血筋に於いても情報を入手しやすく、お家柄というものの
価値の重要性が反映されていると感じます。

世襲政治家排除云々と云った騒動が昔日登っていたのは、
こういう安倍首相のような家柄の人間を日本の政に参加
させぬが為の画策であったとのかとも感じます。

愚民化政策も功を奏しており、お花畑な愚民に
落ちぶれてしまうと、とっさの出来事にも脊髄反射的な
言動が先に立ってしまいますね。

はよぅ、覚醒してや・・! (笑)


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 支那・朝鮮人が言うのだから、誠意を示すべきだなどという対応の仕方では、もうすでに負けているのだ | トップページ | 日本の多くの既成メディアは報道機関(エンジン)などではなく、宣伝機関なのである »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31