無料ブログはココログ

« 韓国は歴史を書き換えるので気をつけないといけない | トップページ | 共産主義運動とは「思想を道具に使って黒幕が政治目的を達成する運動であり、思想を実現する運動ではない」 »

2019年1月23日 (水)

日本人の善意を悪用する人たちで、長続きした人はいません

ーー以下「ねずブログ」より抜粋編集

1〜10までを数える際に、 「ひぃ、ふぅ、みぃ、よぉ、いつ、むぅ、なな、や、ここ、とぉ」 という言い方が昔から行われてきました。

また昔は、正月になると女の子たちは、羽子板(はごいた)で相手と一緒に、羽根(はね)を打つ毎(ごと)に次の数え歌で数えて遊んだ。

「ひとめ、ふため、みやこし、よめご、いつやの、むかし、ななやに、やつし、ここのえに、とおった」

日本語は、一音に意味のある言語です。

数詞(かぞへことば)には意味があります。

ーー

「ひ」 霊(ひ)のことで、何事も御霊が先です。
「ふ」 生(ふ)のことで、御霊(ひ)から生命が誕生します。
「み」 身(み)誕生するのが「身」です。
「よ」 世(よ)身が織りなす世です。
「い」 齋(い)「いつき」とも言います、不浄を清めた神聖なという意味です。
「む」 無(む)は神聖を意味し無であることによって億兆に心が通います。
「な」 菜(な)食のことです。
「や」 家(や)住まいです。
「こ」 子(こ)子供たちです。
「と」 戸(と)戸がひらきます。

この「ひふみよいむなやこと」は、

「たま(精神)」と「しい(肉体)」が玉の緒によって結ばれ、生まれ、

世間(社会)の一員となり、

神(自然)の存在を知り、行動を清め(律し)、社会に奉仕(自分を無と)し、

家を持ち子供を持って、新しい世帯を築いていく。

そのために私達は生きているというわけです。

(年老いて死ぬと玉の緒がほどけて「たま(精神)」は天に昇り星となり、「しい(肉体)」は地上に残り神となり、子孫を守る)

ーー

もちろん「ひ」は火、「ふ」は風、「み」は水を表すといった説もあります。

「九、十」の九は「苦」であり、苦を乗り越えることで「十」、すなわち「充足に至る」という説もあります。

他にも諸説あります。

ーー

日本語は、意味が八通りあると言われます。

八は霊数で「数え切れないくらいたくさんの」を意味しますから、やさしい解釈から奥深い解釈まで、幾通りもの解釈があるのです。

ーー

ですから、上に述べた数詞の意味は、そのなかの一つであるにすぎません。

ーー

数詞(かぞへことば)は、日本を知るための重要語の一つであることがおわかりになったと思います。

表面上の意味を読んで、それだけでわかった気になって思考停止に陥るのは、実にもったいない。

そこから更にもっと奥を極めていく。

それができる面白さを持つのが日本文化です。

ーー

その楽しさ、おもしろさのなかに、まさに日本を取り戻す鍵があるのだと思います。

ーー

もっと言うと日本には、縄文以来1万年以上に渡って続く文化があるのです。

その文化は私達の生活や人生に密着し、言霊となって日本文化を形成しています。

だから日本人は、諸外国から様々な文物が入ってきても、それを柔軟に消化していくことができる。

もし、元になる文化がなければ、ただ外国の文化に染まるだけです。

ーー

日本では、外国文化を採り入れる。

中にはかぶれる人もいるかもしれません。

かぶれたら、おそ松くんのイヤミのように、イヤミだなーと笑われるだけです。

ーー

日本人と接した外国人らは、日本人の善意と寛容さの前に、自分たちのわがままが通ると勘違いします。

キリスト教精神を持たない人や死んでも霊魂が残ると考えない人たちは、我が身の利益ばかりを望みます。

それで、日本人の善意を悪用し(ゴーンのように)巨利を得る人も出てきます。

ーー

しかし日本人の善意を悪用する人たちで、長続きした人はいません。

ことごとく自滅しているのです。

ーー

それはまるで頼山陽の「日本外史」にある「鎧袖一触(がいしゅういっしょく)」のようなものです。

日本の奥が深い文化の前には、目先の欲望など、まるで歯が立たないのです。

それが日本であり、日本の持つ底力です。

と言いましてもそれを日本人が見つけ出さないとどうにもならないのですが。

« 韓国は歴史を書き換えるので気をつけないといけない | トップページ | 共産主義運動とは「思想を道具に使って黒幕が政治目的を達成する運動であり、思想を実現する運動ではない」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>縦椅子様 本日も更新有難うございます。
>>日本文明への回帰が齎す、世界文明の進化
 ねずさんの日本語に対する奥深い知識と分り易い解説は、我々の次世代に対する日本文明の教育と共に、日本を履修する外国人達にとっても大きな意義のある事だと思います。

 日本文明は、列島の上で、激しい自然の中で生き延びる為に、1万年以上苦闘して来た我々の先祖が遺した、成果・結晶です。 然も地理的、気象・海象敵に、気流・海流の終着点、分節点の位置に有りますから、様々なものが流れつく、辿りついて来た場所でもありましょう。 

 ですから、現代の日本人のDNAだけを調べて、全てを語る事は出来ません。

 然も、縄文早期から数えれば、1万年ですが、草生期や先縄文期まで考えれば、1万6500~3万年、遺物ダケみたら12万年前にすら遡れるのですから、どの様な民族が、列島で暮らして居たか等、正確を期する事は出来ないと思いますが、DNA解析で、幾つかの新たな事実が確定した事は、否めませんがね。

 色々な民族の栄枯盛衰が此の列島の上で繰り広げられて来たのだろうと思いますし、我々が知り得たのは、未だほんの一部でしかない。

 然し、確実に言える事は、歴史は真実の積み重ねの記録で無ければならない、と言う事です。

 処が現在ですら、例えば、FCSレーダー照射事件でも、嘘を平気で吐き、其れを真実とする事を日常的にして居るので、既に社会常識に成って居る様な民族には、目先の利害だけの問題で終わって終いますが、今回の問題で韓国は、軍隊すら事実の報告の重大性を認識して居ない事が分りましたので、韓国軍の実力は、戦わず共、最低レベルだと判りました。

 それなのに、韓国軍には教訓一つ残って居ません。 是では国が無くなっても仕方ありませんね。

 そういう意味で、日本は島国と雖も、既に2700年近くの歴史を持ち、一貫した皇帝の元で、威力分離の政体を連綿と繋いで来たのは、世界の歴史上でも稀有な、事例で有りましょう。

 その源泉的な力となったのは、偏に、民と支配者相互の精神的紐帯であり、その行き着く処は、激しい自然の脅威に晒された人間たちが、互いの利己的な争いを止め、皆で力を合わせる事でのみ、大きな災害を乗り越える事が出来る、つまり、和の心の重要性に気が着いたからでしょう。 

 シナの文明も、BC9~8世紀頃の春秋時代には、孔子が現れて「秩序」を点が望まれて居る事を、人々に説いて回りましたが、部分的に受け容れられただけで、結局道徳的規範にしかなりませんでしたが、西洋の方は、その道徳的規範すら無かったので、戦乱は中世と呼ばれる千年続きました。

 ローマ人「=青人」が、採り入れたユダヤ教をアレンジしたモノ「=キリスト教」は、ユダヤ教の選民主義的で、民族の、エゴイズムの発露にしかなって居ません。 このママなら、使用文明は衰退して、消滅する事になりかねませんね。
 
 然し世界には、日本文明と言う、公を私に優先する文明が存在して居ます。 其処には、利己的な成分が存在して居なかったから、例えば、武烈帝を誅した大伴金村が、自身がその気になれば、王若しくは、帝に着く事が出来たのに、敢えてそうしなかったのは、帝を務めるには、民の支持が必要である事を誰よりも知って居たからで、資格を満たさないモノが帝になっても、世が乱れるダケで有ると知って居たからですね。 それは公の価値を知って居る者と言う事に成るでしょう。

 斯うした事例も、世界には稀有な事でしたが、日本人は、取り立てて金村を称揚したりしません。 其れは、金村の様な判断を下せるのが、「日本人として当たり前なのだ」と言う、先人達の意思表示で有ろうと思うのです。 ですから、逆に、武烈帝が如何に悪逆無道な帝であったとしても、臣の長足る金村が、主君を弑した大逆人であると言う見方からも逃れられませんが、先人は、其処も敢えて咎めて居ません。

 ですが図らずも、大逆の臣大伴の金村が、希代の忠臣にして、皇統維持の立役者として、称揚されても、もぅ良いのではなかろうか、と私などは思いますがね。

 不都合な事でも、現実に有った事は、克明に記されて居るのは、同時に、日本人は史書が、真実の積み重ねを記したモノで無ければ、後世の人間が誤った判断をする事を懼れたからであると確信できます。 故に、歴史書は何時の世も、最重要文書で有ったと言う事に成りますね。 曰く、「歴史こそ文明である」と言えましょう。

 然るに、現状の世界を見まわせば、自国の、或いは、民族の歴史を真実に拘って、重用している国は、限りなく少ないと言えましょう、殆どの白人国家派、欧州人が定めた世界史の記述のままが、史実だと思って居る。

 然し例えば、元が東欧諸国を200~400年も支配して居たが、その不都合な歴史は、殆ど世界二は知られて居ません。ですから、結果と原因に乖離が生じて居る部分は幾らでもあると思いますね。

 この点、日本と比べれば、西洋文明の歴史に対する価値観が低い、つまりは、その場限りで子孫の事は考えて居ないと言う、事でしょうね。 斯うした「未開さ」を、埋もれた歴史から掘り出して、問題の解決に資する事こそ、我々現代人に課せられた使命ではないだろうか、そうしないと世界文明は進化しません。

縦椅子様

 今日も素晴らしいブログ有難うございます。
≪数詞(かぞへことば)には意味があります。≫ーー
≪この「ひふみよいむなやこと」はー(年老いて死ぬと玉の緒がほどけて「たま(精神)」は天に昇り星となり、「しい(肉体)」は地上に残り神となり、子孫を守る)ー≫という深い意味合いを持つものであることを知らしめてくださいまして真にありがとうございます。本日のブログに救われる思いがいたします。厚く御礼を申し上げます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 韓国は歴史を書き換えるので気をつけないといけない | トップページ | 共産主義運動とは「思想を道具に使って黒幕が政治目的を達成する運動であり、思想を実現する運動ではない」 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31